Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 3.620 resultados de búsqueda
  1. Anuncios
    relacionados con: 大ロンドン wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron luxuryhotelsguides.com el mes pasado

    2022ロンドンホテル・10選. 安心の人気ホテル

    The closest thing to an exhaustive search you can find - SMH

  3. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  1. 日本語では、大ロンドンとも称されることがある。 32の ロンドン特別区 [注 1] および シティ・オブ・ロンドン [注 2] で構成される、33の 地方行政区画 に組織されている。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › ロンドンロンドン - Wikipedia

    大ロンドン庁 • 地方議会: ロンドン市議会 • 市長: サディク・カーン(労働党) • 市長官邸: シティ・ホール • イギリス国会 - ロンドン議会 - ヨーロッパ議会: 74選挙区 14選挙区 ロンドン選挙区: 面積

    • 概要
    • 日本への影響
    • 参考文献

    この計画ではロンドン地域を同心円状に、内部市街地-郊外地帯-グリーンベルト-周辺地帯と捉えている。中心部の既成市街地では一定の高人口密度を認めるが、郊外地帯では人口の過密を抑制し、その周辺の都心から20~30キロ圏はグリーンベルトとして開発そのものを抑制する。そして、ロンドン周辺では受け入れられない人口は、さらに外側の周辺地帯にある既存都市を拡張すると同時に、8箇所に新都市を建設し、人口の受け皿とする。 この計画は、スティーブニッジやハーロウなどのニュータウンを生むとともに、グリーンベルトとされた地域では、開発が厳しく規制されることとなった。1968年に計画が見直され、「大ロンドン開発計画」が策定されている。

    日本で首都圏の復興を進めるために策定された1950年代の首都圏整備計画には、大ロンドン計画の強い影響を見ることができる。東京都区部等の市街地を既成市街地として過密化を抑制し、その周辺に近郊地帯(グリーンベルト)を設定し、人口と産業はさらに周辺の衛星都市に分散を誘導する、という計画である。 しかし、グリーンベルトは、イギリスのように開発を抑制するのではなく、建ぺい率を低く設定して緑を残すという方法で、開発を抑制できないだけでなく、違法建築の乱立を招くこととなった。この経験から、1968年に制定された都市計画法においては、都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域に区分するという方式が考えられることとなった。 日本で代表的なニュータウンは、大阪の千里ニュータウンと、東京の多摩ニュータウンである。しかしこれらのニュータウンは事実上失敗作となっている。その理由は、ハワード氏が提唱した田園都市構想にならって行われた大ロンドン計画では、衛星都市の周りには、グリーンベルトを設置し、都市同士がスプロール現象などによって一つにならないようにすることと、職住近接。すなわち、職を作ることであり、『ニュータウン』の名前にふさわしく、新たに独立した生活空間を築くことでもある。この二つの大原則を守って作らなかったため、日本のニュータウン計画で作られた、大阪の千里ニュータウンも東京の多摩ニュータウンも、単なる都心部へ働きに行く人たちのベッドタウンにとどまってしまったため、少なくとも本家の大ロンドン計画の理念に鑑みれば失敗作と言わざるを得ない。

    Gallion, Eisoner: "The Urban Pattern"(邦訳『アーバン・パターン』日本評論社、1975年)
    • History
    • Geography
    • Governance
    • Demography
    • Economy
    • Religion
    • Education
    • Twin Cities
    • External Links

    The term Greater Londonhas been and still is used to describe different areas in governance, statistics, history and common parlance. In terms of ceremonial counties, London is divided into the small City of London and the much wider Greater London. This arrangement has come about because as the area of London grew and absorbed neighbouring settlements, a series of administrative reforms did not amalgamate the City of London with the surrounding metropolitanarea, and its unique political structure was retained. Outside the limited boundaries of the City, a variety of arrangements has governed the wider area since 1855, culminating in the creation of the Greater London administrative area in 1965. The term Greater London was used well before 1965, particularly to refer to the Metropolitan Police District (such as in the 1901 census), the area of the Metropolitan Water Board (favoured by the London County Council for statistics), the London Passenger Transport Area and the area define...

    Greater London includes the most closely associated parts of the Greater London Urban Area and their historic buffers and includes, in five boroughs, significant parts of the Metropolitan Green Belt which protects designated greenfield land in a similar way to the city's parks. The closest and furthest boundaries[clarification needed] are with Essex to the northeast between Sewardstonebury next to Epping Forest and Chingford and with the Mar Dyke between Bulphan and North Ockendon. Greater London is also bounded by Hertfordshire to the north, Berkshire and Buckinghamshire to the west, Kent to the southeast and Surrey to the south and southwest. The highest point is Westerham Heights, in the North Downs and on the boundary with Kent, at 245 m (804 ft).Central government has implemented small boundary changes. The greatest were the 1969 transfers of Farleigh to Surrey and Knockholt to Kent. Others have included exchange of two Thames islands with Surrey and adjustments during the 1990...

    Greater London Authority

    Greater London is under the strategic local governance of the Greater London Authority (GLA). It consists of an elected assembly, the London Assembly, and an executive head, the Mayor of London. The current Mayor (not to be confused with the Lord Mayor of London) is Sadiq Khan. He is scrutinised by the elected London Assembly, which may amend his annual budget (by two-thirds majority) but otherwise lacks the power to block his directives. The headquarters of the GLA, previously at City Hall i...

    UK Parliament

    London is divided into 73 Parliamentary borough constituencies, formed from the combined area of several wards from one or more boroughs. Typically a boroughis covered by two or three constituencies.

    Status

    The London region does not have city status granted by the Crown. The Cities of London and Westminster within it have received formal city status.[note 1] Despite this, Greater London is commonly regarded as a city in the general senses of a conurbation and a municipality. A Lord Lieutenant of Greater London is appointed for its area, excluding the City of London. For the purposes of the Lieutenancies Act 1997, this area is defined as a county. The term "London" usually refers to region or to...

    With increasing industrialisation, London's population grew rapidly throughout the 19th and early 20th centuries, and it was the most populated city in the world until overtaken by New York in 1925. Its population peaked at 8,615,245 in 1939. There were an estimated 7,753,600 official residents[clarification needed] in mid-2009.[failed verification] London's wider metropolitan area has a population of between 12 and 13 million depending on the definition of that area. According to Eurostat, London has been the most populous city and metropolitan area of the European Union. The region covers an area of 1,579 square kilometres. The population density is 4,761 people per square kilometre, more than ten times that of any other British region. In terms of population, London is the 25th largest city and the 17th largest metropolitan region in the world.[when?] It is ranked 4th in the world in the number of US dollar billionaires residing in the city. It ranks as one of the most expensive...

    This is a chart of trend of regional gross value added (GVA) of Inner London at current basic prices published (pp. 240–253) by Office for National Statisticswith figures in millions of British pounds sterling. Eurostat data shows the GDP of Inner London to be 232 billion euros in 2009and per capita GDP of 78,000 euros. This is a chart of trend of regional gross value added of Outer London at current basic prices published (pp. 240–253) by Office for National Statisticswith figures in millions of British pounds sterling. Eurostat data shows the GDP of Outer London to be 103 billion euros in 2009and per capita GDP of 21,460 euros.

    The largest religious groupings are Christian (48.4%), Muslim (12.4%), Hindu (5.1%), Jewish (1.8%), and Sikh (1.5%), alongside those of no religion (20.7%). The United Kingdom has traditionally been Christian, and London has a large number of churches, particularly in the City. St Paul's Cathedral in the City and Southwark Cathedral south of the river are Anglican administrative centres, while the clerical head of the Church of England and the worldwide Anglican Communion, the Archbishop of Canterbury, has his main residence at Lambeth Palace in the London Borough of Lambeth. Important national and royal ceremonies are shared between St Paul's and Westminster Abbey. The Abbey is not to be confused with nearby Westminster Cathedral, the largest Roman Catholic cathedral in England and Wales. Religious practice in London is lower than in any other part of the UK or Western Europe and is around seven times lower than American averages. Despite the prevalence of Anglican churches, weekly...

    Publicly funded education has been administered through 33 LEAs, which correspond to the City of London and the 32 London boroughs, since the 1990 enactment of the Education Reform Act 1988. From 1965 to 1990, 12 Inner London boroughs and the City of London were served by the Inner London Education Authority. The introduction of comprehensive schools, directed by Circular 10/65 in 1965, was mostly followed in Greater London; however, 19 grammar schools have been retained in some Outer London boroughs, with Sutton having the most with five, followed by Bexley with four and others in five other boroughs. In these boroughs the state schools outperform the (relatively few) independent schools. In inner London, private schools always get the best results and are larger in number. At GCSE and A level, Outer London boroughs have broadly better results than Inner Londonboroughs. At GCSE, the best borough is Kingston upon Thames, closely followed by Sutton. Both boroughs have selective schoo...

    The GLA has twin and sister city agreements with the following cities. For Borough twinning, see List of twin towns and sister cities in England#London.

    • 歴史
    • 区の一覧
    • 関連項目
    • 外部リンク

    創設

    1930年代半ば頃から、大ロンドン地域はカウンティ・バラ(英語版)、ミューニシパル・バラ(英語版)、アーバン・ディストリクト(英語版)、メトロポリタン・バラ(英語版)の4種の地方政府当局から構成されていた。大きなカウンティ・バラは全ての地方行政サービスを提供していた上に、通常はカウンティ・カウンシルにおいて与えられる権力を有していた。ミューニシパル・バラおよびアーバン・ディストリクトの当局はより少ない権力しか持っていなかった。この状況はカウンティ・カウンシルが初等教育や図書館運営のような機能をミューニシパル・バラとディストリクト・カウンシルに委譲できたことにより、より複雑化し、各サービスがバラバラに実施されることになった。ロンドン地方政府の改革により、この取り決めを調整しようとした。 グレーター・ロンドンにおける地方政府に関する王立委員会(英語版)が1957年に設立され、1960年10月19日に報告書が公表された。その報告書の中で、10万人から25万人の人口を持つ52の大ロンドン特別区 (Greater London Boroughs) が提案された。これは、その時点で存在してい...

    グレーター・ロンドン・カウンシル

    1965年から1986年までの間、ロンドン特別区は二層構造の行政組織の一部であり、グレーター・ロンドン・カウンシル(GLC) と権限を共有していた。権限と機能の分割は、GLCが消防・救急・水害対策・ゴミ処理などの広域サービスを担当する一方で、ロンドン区議会が社会的ケア・図書館・共同墓地・ゴミ収集などの個人向けサービスを担当することを意味した。1986年4月1日にGLCが廃止され、それまでGLCが提供していた、下水処理などの幾つかのサービスに関する権限を区議会が得ることになった。インナー・ロンドン教育当局は臨時の当局として存続したが、1990年に廃止され、インナー・ロンドンの区議会が地元の教育当局となった。

    グレーター・ロンドン・オーソリティー

    2000年、ロンドン市長とロンドン議会で構成されるグレーター・ロンドン・オーソリティー(GLA) が設立された。戦略的な当局として、GLAは主要な幹線道路計画戦略など、限られた権限のみを区議会から吸収した。

    区の名称にロンドン特別区 (London Borough) を含まない区が全部で4区ある: シティ・オブ・ウェストミンスターと、キングストン・アポン・テムズ、ケンジントン・アンド・チェルシー、グリニッジの3つの王室特別区(英語版)である。

    • 設立の背景
    • 設立
    • 権限および機能
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1986年、保守党のサッチャー政権により、グレーター・ロンドン・カウンシル (GLC) が廃止された。GLCの廃止にあたって、その戦略的な機能は、中央政府またはロンドン特別区の各カウンシルから選ばれたメンバーによる合同協議会により統制される団体へと移管され、行政サービス機能の一部も、カウンシル自体に委託された。 その後14年間は、ロンドン全体を包括する単一の行政体は存在しなかった。この当時の労働党は決して、GLCの廃止を支持することもなかった。そして、改めて市全域から構成される行政府を設立する方針を固め、2000年にグレーター・ロンドン・オーソリティーを設立する運びとなった。

    労働党は、直接選挙で選ばれた市長およびそれを監視する公選の議会の双方により構成される、単一の政府に関する政策方針を採用した。このモデルは、アメリカの都市を基にしたものであるが、一部分はかつてのGLCに少しは類似させるように意図して作られた。1997年の総選挙で労働党が勝利した後、1998年3月、その政策の概要が「A Mayor and Assembly for London(ロンドンのための市長および議会)」という表題でホワイトペーパーにまとめられた。 ロンドン特別区カウンシルでの選挙と並行して、GLAの設立の是非を問う住民投票が1998年5月に実施され、投じられた票の72%が設立に賛成するものだった。そして、1999年グレーター・ロンドン・オーソリティー法が英国議会を通過し、同年10月に女王より勅許を受けた。論争となった選挙運動の中で、当時の首相トニー・ブレアは市長選でリビングストンが党公認の候補となるのを阻止しようとした。これに対して、リビングストンは無所属の候補として出馬する姿勢を示し、2000年3月に労働党から離脱した上で市長選に出馬し、初代ロンドン市長に当選を果たした。こうして当選した市長と議会議員は、権限を実際に引き継ぐまでの移行期間を経て、2000年7月3日のGLA設立とともに、正式にそれぞれの職に就任した。

    機能的な組織

    GLAの権限が及ぶ地域では、その交通、警察、消防および救急、ならびに開発および戦略的計画を担う。これらの公共サービスは、GLA本体から直接に提供されるわけではなく、GLAの傘下にある4つの機能的な組織を通して、市長および議会の施政方針の下に実行される。以下にその4つの組織を示す。 1. ロンドン交通局 (TfL) – 公共交通機関、主要幹線道路、交通マネジメント、ロンドン・コンジェスチョン・チャージ(英語版)等、ロンドンの交通体系の大部分を管理・運営する責務を負う。 2. ロンドン市長公安室(英語版) – グレーター・ロンドン内で警察業務を執行するロンドン警視庁を監督する。2011年警察改革及び社会責任法の制定および施行を受け、2012年1月を以て、ロンドン警察局(英語版)が担っていた業務を引き継いだ。 3. ロンドン消防・緊急時計画局(英語版) (LFEPA) – ロンドン消防庁を監督し、緊急時対応計画を調整する。 4. ロンドン開発公社(英語版)(LDA) – ロンドンを跨いだ開発を担う。 2005年11月、GLAは自身の権限について調査・評価した諮問文書を公表し、ごみ処理、...

    • 概要
    • 日本への影響
    • 参考文献

    この計画ではロンドン地域を同心円状に、内部市街地-郊外地帯-グリーンベルト-周辺地帯と捉えている。中心部の既成市街地では一定の高人口密度を認めるが、郊外地帯では人口の過密を抑制し、その周辺の都心から20~30キロ圏はグリーンベルトとして開発そのものを抑制する。そして、ロンドン周辺では受け入れられない人口は、さらに外側の周辺地帯にある既存都市を拡張すると同時に、8箇所に新都市を建設し、人口の受け皿とする。 この計画は、スティーブニッジやハーロウなどのニュータウンを生むとともに、グリーンベルトとされた地域では、開発が厳しく規制されることとなった。1968年に計画が見直され、「大ロンドン開発計画」が策定されている。

    日本で首都圏の復興を進めるために策定された1950年代の首都圏整備計画には、大ロンドン計画の強い影響を見ることができる。東京都区部等の市街地を既成市街地として過密化を抑制し、その周辺に近郊地帯(グリーンベルト)を設定し、人口と産業はさらに周辺の衛星都市に分散を誘導する、という計画である。 しかし、グリーンベルトは、イギリスのように開発を抑制するのではなく、建ぺい率を低く設定して緑を残すという方法で、開発を抑制できないだけでなく、違法建築の乱立を招くこととなった。この経験から、1968年に制定された都市計画法においては、都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域に区分するという方式が考えられることとなった。 日本で代表的なニュータウンは、大阪の千里ニュータウンと、東京の多摩ニュータウンである。しかしこれらのニュータウンは事実上失敗作となっている。その理由は、ハワード氏が提唱した田園都市構想にならって行われた大ロンドン計画では、衛星都市の周りには、グリーンベルトを設置し、都市同士がスプロール現象などによって一つにならないようにすることと、職住近接。すなわち、職を作ることであり、『ニュータウン』の名前にふさわしく、新たに独立した生活空間を築くことでもある。この二つの大原則を守って作らなかったため、日本のニュータウン計画で作られた、大阪の千里ニュータウンも東京の多摩ニュータウンも、単なる都心部へ働きに行く人たちのベッドタウンにとどまってしまったため、少なくとも本家の大ロンドン計画の理念に鑑みれば失敗作と言わざるを得ない。

    Gallion, Eisoner: "The Urban Pattern"(邦訳『アーバン・パターン』日本評論社、1975年)
  1. Anuncios
    relacionados con: 大ロンドン wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron luxuryhotelsguides.com el mes pasado

    2022ロンドンホテル・10選. 安心の人気ホテル

    The closest thing to an exhaustive search you can find - SMH

  3. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!