Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: イギリス wikipedia
  1. イギリス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イギリス

    グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 (グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、 英語: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland )、通称 イギリス は、 ヨーロッパ 北西岸に位置し、 グレートブリテン島 、 アイルランド島 北東部その他多くの島々からなる 立憲君主制 国家 。

    • 1.3%
    • 244,820 km 2 ( 76位 )
  2. United Kingdom - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › United_kingdom

    The United Kingdom (UK) or Britain, officially known as the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland, is a sovereign country in north-western Europe, off the north-­western coast of the European mainland.

  3. England - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › England

    England is part of the United Kingdom, a constitutional monarchy with a parliamentary system. There has not been a government of England since 1707, when the Acts of Union 1707, putting into effect the terms of the Treaty of Union, joined England and Scotland to form the Kingdom of Great Britain.

    • +44
    • dd/mm/yyyy (AD)
  4. Reino Unido - Wikipedia, la enciclopedia libre

    es.wikipedia.org › wiki › Reino_Unido

    oficialmente Reino Unido de Gran Bretaña e Irlanda del Norte (United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland) nota 2 o de forma abreviada RU (en inglés, UK), es un país soberano e insular ubicado al noroeste de la Europa continental.

  5. イギリスの歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イギリスの歴史

    イギリスの歴史 (イギリスのれきし)は、 イングランド 、 ウェールズ 、 スコットランド 、 アイルランド (現在では 北アイルランド のみ)より構成される連合王国( イギリス )の歴史である。

  6. イギリス連邦 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イギリス連邦
    • 歴史
    • 加盟国の一覧
    • 非加盟国
    • 関連項目
    • 外部リンク

    前史

    19世紀には世界最大の帝国として覇を唱えていた大英帝国は、20世紀に入るとアメリカ合衆国やドイツの追い上げによって国力の優位は次第に小さなものとなっていった。こうしたなか、19世紀後半以降イギリス本国は世界各地の入植型植民地の権限を強化していき、特に白人が人口の多くを占める植民地に自治権を与え、自治領(ドミニオン)とするようになっていった。1867年、英領北アメリカ法によって3つのイギリス北米植民地が連邦を組み、カナダとしてドミニオン化したのを皮切りに、1901年にはオーストラリア大陸の6植民地が連邦化してオーストラリア連邦が成立し、1907年にはニュージーランドとニューファンドランドが、1910年には南アフリカの4植民地が合同して連邦化し南アフリカ連邦が成立した。これらの自治領とイギリスとの間には1887年から協議機関として植民地会議が開催されていたが、1907年にはこれは帝国会議と改称され、帝国会議に出席できる自治領は「植民地」(Colony)ではなく「ドミニオン」(Dominion)と呼称するようになった。この動きの中で、1911年にはオーストラリアとカナダが独自の海軍創設...

    始まり

    1931年、イギリス議会におけるウェストミンスター憲章(英: Statute of Westminster)において、イギリス国王に対する共通の忠誠によって結ばれた、それぞれが主権をもつ対等な独立国家の自由な連合体と定義され、イギリス、アイルランド自由国(のちに脱退)、カナダ、ニューファンドランド(のちにカナダの1州となる)、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦をメンバーとして発足した。この時点では旧来のドミニオンの連合に過ぎず、白人自治領の連合体としての性格を持っていた。また、この時点においては旧来のイギリス帝国はいまだ存続しており、帝国とコモンウェルスが併存する体制を取っていた。

    ブロック経済化とその崩壊

    成立期は、ブロック経済としての側面を強める傾向にあった。1929年に始まった世界恐慌はコモンウェルスにも甚大な被害をもたらしており、こうした中でイギリスは従来取っていた自由貿易主義を放棄し、他国からの輸入に関税をかけた一方で、コモンウェルス内においては1932年のオタワ協定において相互に関税率を引き下げ、連邦内の貿易を促進する政策を取った。この関税は帝国特恵関税と呼ばれ、これによってポンド圏(スターリング・ブロック)が成立した。ただし、経済的にアメリカと非常に強い関係にあったカナダはこのブロックには加入していなかった。逆にイギリスと非常に強い経済関係にあったアルゼンチンはこのブロックに加入するなど、コモンウェルスとスターリング・ブロックの範囲は完全に一致していたわけではない。この帝国特恵関税およびスターリング・ブロックは第二次世界大戦中に崩壊し、以後コモンウェルスが経済ブロック化することはなかった。

    現在の加盟国

    英連邦王国は太字で記載。

    元加盟国

    1. アイルランド(1931年加盟、1949年脱退、旧称・アイルランド自由国) 2. ジンバブエ(1980年加盟、2002年資格停止、2003年脱退、旧称・ローデシア=ニアサランド連邦→南ローデシア→ローデシア→ジンバブエ=ローデシア) 3. ニューファンドランド(1931年加盟、1949年カナダの連邦政府に加盟)

    かつてイギリスの支配下にあった非加盟国および地域

    1. アフガニスタン 2. アメリカ合衆国 3. アラブ首長国連邦 4. イエメン 5. イスラエル 6. パレスチナ国 7. イラク 8. エジプト 9. オマーン 10. カタール 11. クウェート 12. スーダン 13. ソマリア 14. バーレーン 15. ミャンマー 16. ヨルダン 17. 香港

  7. イギリス帝国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イギリス帝国
    • 概要
    • 名称
    • 歴史
    • パクス・ブリタニカ時代の帝国臣民とヒトの移動
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    "empire"あるいは"imperial"という言葉はさらに古くから使われてきたが、一般にイギリス帝国という場合、始まりは16世紀あるいは17世紀とされる。その正否は問わないことにしても、国外への拡張という事実のみに着目すると、1585年のロアノーク島への植民が、また、実際に成功し後世への連続性をもつという点からすると、1607年のジェームズタウン建設が、それぞれイギリス帝国の開始点となる。いずれにせよイギリス帝国が帝国としての実体を備えるには北米植民地とカリブ海植民地の設立が一段落する17世紀半ばを待たねばならず、イギリス帝国が「イングランドの帝国」でなくなるには1707年の合同を待たねばならない。 17世紀から18世紀にかけての帝国はイギリス第1帝国あるいは旧帝国とも呼ばれ、19世紀以降の帝国、特に19世紀中葉以降に完成するイギリス第2帝国と比べると、アメリカおよびカリブ海植民地中心、重商主義政策による保護貿易、およびプロテスタンティズムによる紐帯の3点を特徴としている。航海法や特許会社の独占など重商主義的政策による保護貿易は、脆弱であったイギリス経済と植民地経済を保護すると同時に結びつける役割を果たした。また、名誉革命以降のイギリスは国内外のカトリック勢力を潜在敵と見なしており、当時の帝国はフランス、スペインといったカトリックの大国を仮想敵とした「プロテスタントの帝国」と考えられていた。 その後、アメリカ独立戦争の後イギリス帝国はインドへと重心を移し始める。1760年代より進行した産業革命により、イギリス経済は次第に保護を必要としなくなり、自由貿易へと方向転換していった。19世紀前半のイギリス帝国は自由貿易さえ保証されれば、植民地獲得を必ずしも必要とはせず、経済的従属下に置くものの必ずしも政治的支配をおこなわない非公式帝国を拡大していった。この時期のイギリス帝国の方針は自由貿易帝国主義と呼ばれる。 19世紀半ばになるとドイツ、アメリカといった後発工業国の経済的追い上げを受け、またフランスやドイツの勢力伸張もあり、イギリスは再度、植民地獲得を伴う公式帝国の拡大を本格化した。インド帝国の成立を以て完成する新帝国はイギリス第二帝国とも呼ばれる。帝国主義の時代とも言われるこの時期ではあるが、イギリスは自由貿易の方針を堅持していた。ドイツなどの保護関税政策に対し...

    フランス植民地帝国などの講学上の呼称ないし俗称と異なり、British Empireは英国の本土のみを指すUnited Kingdomに対して、本国と植民地を含めた全領域を指す語としてイギリス政府により公式に用いられた。 日本では永らく「大英帝国」の訳語が使われてきたが、現在、歴史学で多く用いられるのは「イギリス帝国」という表現である。ほかにも、もとイングランドのポルトガル語形に由来する「イギリス」という曖昧かつ「正しくない」とされ得る表現でウェールズ・スコットランド・アイルランドも包含した連合王国(および植民地)を指すことを避け、より原語に忠実な「ブリテン帝国」も使われ始めている。また単に「帝国」とも呼ばれる場合もある。「大英帝国」という語も書籍の標題などでは従来と変わらずに使われるが、本文中では基本的に常に鉤括弧を付けて「大英帝国」と表記される。 学問以外の領域では標題に限らず、特にイギリス帝国全盛期以降を指して「大英帝国」が一般的に使われている。また「大英帝国」から派生して"British"の訳として「大英」の語がしばしば用いられている。最も有名な例では"the British Museum"に対応する「大英博物館」、および同博物館図書室が独立し成立した"the British Library"を指す「大英図書館」が挙げられる。一方で"the British Council"は「ブリティッシュ・カウンシル」と呼ばれ、"British Commonwealth"は学問・非学問領域を問わず「イギリス連邦」「英連邦」と呼ばれており、"British"に対応する訳語は必ずしも固定されていない。 "British Empire"の訳語として「大英帝国」が使われ始めた細かい経緯ははっきりしていない。大まかな経緯としては、Great Britain(大ブリテン)を「大英」と訳したものであると考えられるが、Great Britainはもともとは島(グレートブリテン島)の名前であり、このGreatは別名小ブリテンのブルターニュ(フランス)と区別してのことである。これが転じて大英帝国と呼ばれるようになったのは歴史意識が背景にあるとの指摘 があり、これによれば"Great Britain"と"British Empire"が結合した背景には文明開化期から日英同盟締結時にかけて...

    植民地以前・「帝国」の伝統

    イングランド王権が帝国を名乗り始めるのは、植民地獲得よりも大きくさかのぼる。欧州における「帝国」(インペリウム)のもともとの意味は、教皇などの王国外権力から独立していること、ならびに複数の国・勢力を支配下に治めていることである。イングランドにとってのインペリウムにあたるのは、スコットランドの併呑と宗教改革である。七王国時代、アングロサクソンの有力な王たちは、他部族を支配するうえで「アングル人の帝国」を名乗り、時折自らを皇帝と称した。ヘンリー8世時代、「イングランドは帝国である」と1533年に宣言した(上告禁止法)のは、教皇の権力をイングランドから除くことを目的にしていた。こうしたインペリウムは、ヨーロッパ各地で教皇から独立せんとするために、または近隣勢力を征服するための大義名分として機能した。スコットランドを併合して「グレイト・ブリテンの帝国」を築こうという主張は伝統的にイングランドのなかで存在していた。

    北米・カリブ海植民地進出

    17世紀までのイングランド対外進出は、アメリカ植民地建設とインドを主としたアジアでの商業活動が行われた。この時期の重商主義政策では、王が設立許可を出した会社が主役だった。インドではイギリス東インド会社、アメリカではハドソン湾会社、アフリカの王立アフリカ会社などである。これら特許会社とよばれる組織が貿易を独占した。 アメリカ大陸植民地のはじまりは1585年 または1607年 である。17世紀に入るとピルグリム・ファーザーズとよばれる移民、および貧困・犯罪を理由に送り込まれた者たちにより植民地は広がりをみせた。前者は国教会の信仰体制に不満を持った急進プロテスタント――いわゆるピューリタン――が信仰の自由をもとめて新大陸に移民した者たちである。大まかにいって北部(マサチューセッツ・コネティカットなど)にプロテスタント、南部(メリーランドなど)は国教会・カトリックに色分けされる。後者はより数が多く、年季契約奉公人として新大陸に送り込まれた。年季契約奉公人たちは当初、南部植民地の煙草プランテーションや、カリブ海植民地の砂糖プランテーションで労働力として用いられたが、ベイコンの反乱などにより...

    アジア進出

    イギリスは1600年に東インド会社を設立してアジアに進出し、ジャワ島東部のバンテンに拠点を置いて香辛料貿易への食い込みを図った。またマレー半島のパタニ王国やタイのアユタヤ、日本の平戸にも商館を置いて交易を行ったが、いずれもオランダ東インド会社との競合に敗れて敗退した。 このためイギリス東インド会社はインドに注力し、1612年にスラトに商館を設置したのを初め1639年チェンナイ(マドラス)、1668年ムンバイ(ボンベイ)、コルカタ(カルカッタ)にも商館を設置した。インド貿易は成功を収め、これらの商館は次第に要塞化して周辺のインド諸侯を影響下におくようになった。この頃フランスもインド東海岸のポンディシェリを拠点にインドに支配を拡大させており、英仏はインドで対立を深める。欧州で七年戦争(1756年-1763年)が起こるとインドでも英仏間の戦争が始まり、ロバート・クライヴはプラッシーの戦いでフランス側のベンガル太守軍を破り、ベンガルの領域支配に乗り出した。七年戦争の結果、フランスはポンディシェリなどに非武装の商館を置くことは認められたが、政治的にはインドから敗退した。こうした中、東インド...

    イギリス帝国の住民(帝国臣民)は人種・肌の色を問わず、帝国内での自由な移動・居住を保証された。 この移動と居住の自由は同時代の植民地帝国や近代国家にみられない特性であり、非ヨーロッパ系住民でも自己利害のために有効に活用できた。 インド独立運動の指導者として高名なガンジーも3年間ロンドンに留学し、法廷弁護士の資格を取得している。その後ガンジーは南アフリカのナタールへと渡りインド系労働者の権利擁護に尽力した。当時ナタールでは3万5000人のインド系住民が帝国臣民として居住していた。 1860年代以降ナタールではインド系年季契約労働者が導入され現地のプランテーション経済を支えていた。またインド系商人も南アフリカ内部の流通業に進出、現地経済を支えた。帝国内部での自由な移動と居住の保証が大英帝国隆盛の大きな要因となった。しかし20世紀になると白人系植民地では白人至上主義が台頭。移民の排斥が進むとともに帝国内での自由な移動が阻害され、帝国は世界帝国としての特性を失っていくことになる。

    デイヴィッド・アーミテイジ『帝国の誕生──ブリテン帝国のイデオロギー的起源』平田雅博・岩井淳・大西晴樹・井藤早織訳、日本経済評論社、2005年6月。ISBN 4-8188-1763-5。 - 原タイトル:The ideological origins of the British Empire。
    『イギリス史 2 近世』今井宏編、山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年8月。ISBN 4-634-46020-3。
    今関恒夫『バクスターとピューリタニズム 17世紀イングランドの社会と思想』ミネルヴァ書房〈Minerva歴史叢書クロニカ 6〉、2006年12月。ISBN 4-623-04653-2。
    『ラテン・アメリカを知る事典』大貫良夫ほか監修、平凡社、1999年12月、新訂増補。ISBN 4-582-12625-1。
    石井摩耶子『イギリス帝国』 - コトバンク
    『大英帝国』 - コトバンク
  8. イギリス王室 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イギリス王室
    • 公務
    • イギリス王族の人物一覧
    • イギリス王室の財産
    • 結婚
    • 王朝の系譜
    • 関連項目
    • 外部リンク

    イギリス王室が抱えている公務は、毎年3000件以上にのぼる。 2016年現在、イギリス王室で公務を分担する王族は20人を数える。王室で生まれた王子や王女はもとより、男性王族に嫁いできた女性たちもすぐに公務に携わるようになる。この20人の王族のうち、実にその半数の10人が女性王族で、彼女たちだけで900に近い団体の長を務めている。

    狭義の王族のリスト

    英国で現在、陛下または殿下の敬称を名乗っている、もしくは名乗る権利がある人々は、次の通りである。女王のみが Her Majesty を冠して呼ばれ、その他はウェセックス伯爵の子供を除き His/Her Royal Highness の敬称を冠して呼ばれている。エディンバラ公爵は、1917年の勅許状が定めるプリンスではないが、前述のとおり、特別に出された勅許状により1947年に殿下 (His Royal Highness) の敬称を、1957年にプリンスの身分を賜った。 ウェセックス伯爵夫妻の長女ルイーズ及び長男ジェームズは、1917年の勅許状によると、王子・王女の身分と殿下の敬称を名乗る権利を持っているが、ウェセックス伯爵夫妻の結婚時に、夫妻の希望を汲む形で、エリザベス2世が「ウェセックス伯爵夫妻の子供は、王子・王女の身分と殿下の敬称を名乗らない」と宣言したため、この身分と敬称を用いない。ルイーズは、The Lady Louise Windsor(ルイーズ・ウィンザー令嬢)という一般的な伯爵の娘としての呼称で呼ばれている。ジェームズは、ウェセックス伯爵の継嗣として、「セヴァーン子...

    広義の王族のリスト

    次の人物は、1917年の勅許状によると王子・王女の身分が与えられず、殿下の敬称を名乗る権利がなく、実際に名乗っていないが、王族として扱われることがある。 1. サセックス公ヘンリー王子の子供 1.1. アーチー・マウントバッテン=ウィンザー- サセックス公夫妻の長男・王位継承順位7位 1.2. リリベット・マウントバッテン=ウィンザー-サセックス公夫妻の長女・王位継承順位8位 1. ベアトリス王女の家族 1.1. エドアルド・マペッリ・モッツィ- ベアトリス王女の夫 1. ユージェニー王女の家族 1.1. ジャック・ブルックスバンク - ユージェニー王女の夫 1.1.1. オーガスト・ブルックスバンク- ユージェニー王女夫妻の長男・王位継承順位12位 1. アン第一王女の家族 1.1. ティモシー・ローレンス - アン第一王女の夫 1.1.1. ピーター・フィリップス- アン第一王女とマーク・フィリップスの長男 1.1.2. オータム・フィリップス - ピーター・フィリップスの妻 1.1.2.1. サバンナ・フィリップス- ピーター・フィリップス夫妻の長女 1.1.2.2. アイ...

    米国フォーブス誌によると、バッキンガム宮殿や王冠などの国有財産を除く、エリザベス女王の個人資産は、5億ドルと推計されている。また、イギリスの国有財産であるバッキンガム宮殿の資産価値は50億ドル、王室が所有する不動産の価値は100億ドルと推計されている。 イギリス王室はランカスター公領(Duchy of Lancaster)とコーンウォール公領(Duchy of Cornwall)の二つの王族公領を所有している。 Duchy of Lancasterは462km²の広さがあり、2011年においてその価値は3億8319万ポンドと推計されている。また、2011年においてDuchy of Lancasterの利益は1338万ポンドであった。 Duchy of Cornwallは540.9km²の広さがあり、2010年においてその価値は6億7700万ポンドと推計されている。また、2010年においてDuchy of Cornwallの利益は1720万ポンドであった。 1997年、トニー・ブレア労働党政権のコスト削減により王室専用ヨットのブリタニア号 HMY Britannia)を退役させ、エリザベス女王が公衆の面前で涙を見せる場面があった。

    イギリス王室の場合には、(日本の皇室とは異なり)女性王族が結婚により「臣籍降嫁」し、それ以降は基本的に公務に携わらないということはない。 現女王の長女であるアン王女は、英国オリンピック委員会総裁など340もの団体の長を務め、年間の公務も600件を超える。これは兄チャールズ王太子に次ぐ多忙さを意味する。

    ウェセックス王国、ノルマン朝、プランタジネット朝、ランカスター朝、ヨーク朝、テューダー朝、ステュアート朝、ハノーヴァー朝、サクス=コバーグ=ゴータ朝、ウィンザー朝、イングランドとの合併前のスコットランド王国、ウェールズ、その他フランス、ドイツ等の血筋が脈打っている。 ジョージ1世からエドワード7世まで 1. ジョージ1世 (イギリス王)(1660-1727)- エルンスト・アウグスト (ハノーファー選帝侯)とゾフィー・フォン・デア・プファルツの子 2. (婚族)ゾフィア・ドロテア・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク 1. 1.1. ジョージ2世 (イギリス王) 1.2. (婚族) キャロライン・オブ・アーンズバック 1.1. 1.1.1. フレデリック・ルイス 1.1.2. (婚族)オーガスタ・オブ・サクス=ゴータ 1.1.1. 1.1.1.1. キャロライン・マティルダ - デンマーク王クリスチャン7世の妃。 1.1.1.2. ジョージ3世 (イギリス王) 1.1.1.3. (婚族) シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ - メクレンブルク=シュトレーリッツ公子カール・ルートヴィヒとエリーザベト・アルベルティーネ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンの子 1.1.1.1. 1.1.1.1.1. ヨーク・オールバニ公フレデリック- 軍人。 1.1.1.1.2. ジョージ4世 (イギリス王) 1.1.1.1.3. (婚族)マリア・フィッツハーバート(英語版) 1.1.1.1.4. ウィリアム4世 (イギリス王) 1.1.1.1.5. エドワード・オーガスタス (ケント公)- 四男。 1.1.1.1.6. (婚族)ヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールド 1.1.1.1.1. 1.1.1.1.1.1. ヴィクトリア (イギリス女王)(1819-1901) - エリザベス2世の高祖母 1.1.1.1.1.2. (婚族) アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)- ヴィクトリア女王の従兄 1.1.1.1.1.1. 1.1.1.1.1.1.1. エドワード7世 (イギリス王)- エリザベス2世の曽祖父 1.1.1.1.1.1.2. アレクサンドラ・オブ・デンマーク キャロライン・オブ・アーンズバック 1. ヨハン・フリードリ...

    The Royal Channel - YouTubeチャンネル YouTubeに開設された王室公式チャンネル。
  9. Brexit - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Brexit

    From Wikipedia, the free encyclopedia. For other uses, see Brexit (disambiguation). Brexit ( / ˈbrɛksɪt, ˈbrɛɡzɪt /; a portmanteau of "British exit") was the withdrawal of the United Kingdom (UK) from the European Union (EU) and the European Atomic Energy Community (EAEC or Euratom) at 23:00 31 January 2020 GMT (00:00 CET ).

  1. Anuncios
    relacionados con: イギリス wikipedia