Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: イングランド wikipedia
  1. イングランド - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イングランド

    イングランド(英: England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(英: country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。

  2. イギリス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イギリス

    イングランドは国際クリケット評議会(icc)のフルメンバーである。 クリケット・ワールドカップ は FIFAワールドカップ と 夏季オリンピック に次いで世界で3番目に視聴者数の多いスポーツイベントであり [84] 、自国開催の 2019年 大会では イングランド代表 が初優勝した [85] 。

  3. イングランド王国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イングランド王国

    イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。

  4. イングランドの歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イングランドの歴史
    • 古代
    • 中世
    • 近世
    • 関連項目

    ケルト人がイングランドに流入してきたのは紀元前7世紀頃と見られている。ケルト人は鉄器と共にヨーロッパにやって来ており、この遺物を調査することによって彼らがいつ頃グレートブリテン島にやって来たかが判る。しかしそれ以前にイングランドにも石器時代の存在は確認されており、ストーンヘンジなどの巨石による遺跡も残されている。これを建設した民族がどのような民族であったかはよく分かっていない。ケルト人は重量のある犂を使用して先史時代には手がつけられなかった土地を開墾し、紀元前1世紀にはブリテン島の総人口は25万人程度に達していた。 紀元前55年ローマのユリウス・カエサルが侵入、43年にはローマ皇帝クラウディウスによってグレートブリテン島の大部分が占領された。ただし、スコットランド、アイルランド地域にはローマの支配は及ばず、この地域のケルト人が度々イングランドに侵入してきたため、ローマ人によって現在のイングランドとスコットランドの境界付近に長城が建設された。ローマはこの地域をブリタンニアと呼んだ。これが現在のブリテン島の起源である。またブリタニア支配の拠点としてロンディニウムを建設した。これが現在のロンドンの起源となっている。又ローマ人は在地のケルト人をブリトン人と呼んだ。 ローマ人はブリテン島で痕跡が確認されているものだけでも約500か所のヴィラを営み、100か所のタウンを建設した。そして、それらを結ぶ総延長5000マイルを超える道路網や、カー・ダイク(英語版)のような溝渠を建設した。ローマ時代のブリテン島の総人口は50万人から150万人と諸説あり、正確な数はわからない。 5世紀になるとゲルマン人の侵入が始まりローマ帝国に混乱が広まった。ローマはブリタニアでの植民をあきらめて大陸へと引き返した。449年にアングロ・サクソン人がグレートブリテン島に侵入をはじめ、元々住んでいたケルト系住人はアングロ・サクソン人に征服され同化し、一部はコーンウォール、ウェールズ、スコットランドに押し出される形になった。ただしアングロ・サクソン系諸王国が形成されるまでのブリタニアには歴史記録が乏しく、正確なことはあまり分かっていない。

    ヘプターキー

    詳細は「七王国」を参照 グレートブリテン島に侵入したアングロ・サクソン人(アングル人・ジュート人・サクソン人)はノーサンブリア、マーシア、イーストアングリア、エセックス、ウェセックス、ケント、サセックスなどの7つの王国を建設し、覇権を争った。このイングランドに7つの王国が並立した829年までの380年間を七王国時代と言う。七王国時代の初めに有力だったのはアングル人の王国であった。そのため、ローマはこの地はアングル人の土地と言う意味でアングリア(Anglia)と呼んだ。このアングリアをアングロサクソン風に言うとイングランドとなる。8世紀には七王国のうちアングル人の王国マーシアにオファ王(在位:757年 - 796年)が登場し、イングランドに覇を唱えた。オファはフランク王国のシャルルマーニュと対等にわたり合い、西のウェールズとの境にオファの防塁(英語版)を築いた。七王国時代の最後に現れたのはサクソン人のウェセックスで829年にはウェセックス王のエグバートが統一を達成した。この時代の重要な考古学的遺跡は1939年に発掘されたサットン・フーで、イースト・アングリア王国の船葬墓である。

    ヴァイキングの侵入

    しかしこれと同時にデンマークのヴァイキングであるデーン人の侵入が活発になってきた。このデーン人の侵入に対抗してイングランドの中興を担ったのがアルフレッド大王である。しかしその後もデーン人の侵入は続き、1016年にはデンマークのクヌートによってアングロサクソンの王がイングランドから追い出され征服王朝であるデーン朝(北海帝国)が成立した。その後アングロサクソンによる王朝が復活したもの、デーンやドーバー海峡の対岸にあるノルマンディー公のイングランドに対する干渉はますます強くなってきた。

    ノルマン・コンクエスト

    こうした状況の中でエドワード懺悔王が嗣子のないまま死亡すると、その後王位についたエドワードの義弟ハロルド・ゴドウィンソンに対して1066年、ノルマンディー公ギョームとノルウェー王ハーラル3世がトスティを擁して異議を申し立て、ノルウェー軍はイングランドに侵入したが(スタンフォード・ブリッジの戦い)、ハロルドはこれを撃退した。ノルマンディー公軍に対してはヘイスティングズの戦いに敗れ、ハロルドは戦死した。ロンドンを占領したギヨームはウェストミンスター寺院においてイングランド王に即位し、イングランド王ウィリアム1世を名乗った。これによりアングロサクソンによる王統は途絶え、征服王朝としてノルマン朝が成立した。ノルマンディー公ギヨームによる一連のイングランド征服をノルマン・コンクエストと言う。 ノルマン朝は征服王朝であり、そのため国王の権限がはじめからかなり強かった。これはイングランドにおいてもっとも早く絶対王政が確立した原因のうちの一つになっている。ギヨームはイングランド王ウィリアム1世としてはフランス王と対等な王であるが、フランスにおけるノルマンディー大公ギヨームとしてはフランス王の臣下...

    イングランド王に即位したヘンリー・テューダーはヘンリー7世を名乗った。百年戦争とバラ戦争によってイングランド国内の貴族、騎士層は疲弊しており、相対的に王権は強まった。従って以降のテューダー朝の歴史はイングランドにおける絶対王政の時代でもある。貴族、騎士の代わりにイングランドの国政に影響力を持つようになったのは、王の側に官僚として仕える廷臣、そして大商人であった。

  5. England - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › England

    England is a country that is part of the United Kingdom. It shares land borders with Wales to its west and Scotland to its north. The Irish Sea lies northwest of England and the Celtic Sea to the southwest. England is separated from continental Europe by the North Sea to the east and the English Channel to the south.

    • +44
    • dd/mm/yyyy (AD)
  6. イングランド共和国とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › イングランド共和国
    • イングランド共和国(1649年 - 1653年)
    • イングランド共和国(1659年 - 1660年)
    • 改革派対保守派
    • 出典

    ランプ議会(1648年 - 1653年)

    ランプ議会は、ニューモデル軍と独立派が結託した1648年12月6日のクーデター(プライドのパージ)によって、長期議会の中の長老派を閉め出して形成された。1649年1月30日のチャールズ1世処刑の前後に、ランプ議会は共和制の法的基盤を固める数条の法律を可決させ、王政・枢密院・上院(無制限の行政・立法権を持っていた)が廃止され、枢密院の代替として作られた国務会議(または国家評議会)が王の行政権のほとんどを引き継いだ。国務会議のメンバーはランプ議会によって選出され、ほとんどは下院議員であった。しかしながら、結局のところランプ議会は軍の協力に依存しており、議会と軍とは不安定な関係が続いていた。

    ベアボーンズ議会(1653年7月 - 12月)

    ランプ議会の解散は、クロムウェルと軍の一元的支配で速やかに執行された。選挙を行える執政権力を持つ存在は無かったが、クロムウェルは軍事独裁を全面に出すことは好まなかった。従ってクロムウェルは軍をコントロールするため軍の指名者によるベアボーンズ議会(聖者議会、指名議会とも)を7月4日に召集、議会を通じて統治を行った。 ベアボーンズ議会は元ランプ議会のメンバーと対立し、「下層の」者の議会だと非難された。しかし実際は、140人のうち110人を超えるメンバーが下級ジェントリ以上の階級出身者で(バプテストの商人プライズ=ゴッド・ベアボーンは議会の不名誉なニックネームの由来となったがむしろ例外的な存在である)、ほとんどは教養を身につけていた。 ベアボーンズ議会は、それぞれの議員を指名した士官ごとのさまざまな視点を反映したものとなった。改革派(約40人)にはコモン・ローと宗教勢力の領地の排除を狙う第五王国派の中核などが含まれていた。穏健派(約60人)は現在のシステムの改善を考えており、事案ごとに改革・保守派につくこともあった。保守派(約40人)は以前の体制を維持しようとした(コモン・ローがジェン...

    もしもリチャード・クロムウェルが父の政策を維持できる能力があったならば、護国卿政はその後も続いた可能性がある。だがリチャードの主な弱点は、ニューモデル軍の信任を得られなかったことにある。1659年1月にリチャードが第三議会を召集しながら4月に軍の圧力で解散したことは、リチャードが軍に対抗出来ないことを示していた。 リチャードの就任から7ヶ月後、ニューモデル軍の長老派はリチャードを追放し、5月7日にランプ議会を再招集した。チャールズ・フリートウッドが安全保障委員会(Committee of Safety)と国務会議のメンバー、および軍の7人の理事の1人に選ばれたが、実質的な権力は軍の権威を軽視する、内戦前の流れをくむ議会に握られていた。8月12日、共和国はジョン・ランバート将軍と数人の士官を罷免し、代わりに下院議長の権限の元、フリートウッドを軍の評議会の長官として任命した。その次の日ランバートは議会を閉鎖して議員を締め出した。8月26日、フリートウッドとランバートをメンバーとする安全保障委員会が設立された。ランバートはイングランド・スコットランド両軍における少将に任命され、フリートウッドは将軍となった。安全保障委員会の強い命令によってランバートはスコットランド方面軍司令官であったジョージ・マンクと会い、議会との折り合いをつけるように命令された。 ジョージ・マンク将軍はオリバー・クロムウェルの下で任命されたスコットランド方面軍司令官であり、スコットランドから軍を南下させているところであった。ランバートの軍は彼を見捨てて逃亡をはじめ、ランバートはほぼ単独でロンドンへと戻った。1660年2月21日、マンクはプライドのパージによって「隠遁していた」長老派を復帰させ、新しい議会のための準備を整えさせた。フリートウッドは指揮権を奪われ、議会の開催前に出頭し、みずからの行為に責任を取るよう命じられた。ランバートは3月3日にロンドン塔へと送られたが、1ヶ月後には脱獄した。ランバートは共和国側に立って内戦を再燃させるべく、グッド・オールド・コーズ(Good Old Cause:ニューモデル軍の正当化のための、共和制賛美論)の支持者に対し、エッジヒルの戦いに参加するよう呼びかけた。だがランバートは、恩赦目当てに裏切ったリチャード・インゴルズビー大佐によって再び捕まった。長期議会は3...

    議会の大部分は、イングランド内戦の中で社会統制が乱れた際に発生した改革派グループを支援していた。また、ニューモデル軍の成立によって意図せずに新たな政治的権力が生み出されてしまった。当然これらのグループは共和国に対して政治的な期待を抱いていた。

    ^ House of Commons Journal Volume 8, 8 May 1660
    ^ Pepys Diary 23 April 1661.
    ^ House of Commons Journal Volume 8, 30 May 1660
  7. イングランド王国とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › イングランド王国
    • 初期
    • ノルマン朝
    • プランタジネット朝
    • 百年戦争
    • 薔薇戦争
    • テューダー朝
    • ステュアート朝

    ウェセックス王国がイングランドの覇権を握り、アゼルスタンが927年にイングランド全土を統一して成立した。 デンマークのヴァイキングであるデーン人の侵入が活発で、1016年にエドマンド2世はデンマーク王国のクヌートと奮戦したが、エセックスのアッサンダンの戦い(英語版)で決定的な敗北を喫した。戦いの後に両王は和平交渉をし、エドマンドがウェセックスを、クヌートはテムズ川の北を領有することになった。この時同時に、どちらかが死んだ時は生きている方に領土を譲るという同意により、1016年にクヌートがイングランド王に即位し、征服王朝であるデーン朝(北海帝国)が成立した。

    1042年にクヌートの息子カヌート3世が死去すると、エドマンド2世の異母弟エドワード懺悔王が即位してサクソン系の王朝が復活したが、最後のサクソン系の王ハロルド2世が1066年にヘイスティングズの戦いでノルマンディー公ギヨーム2世に敗れて戦死した。1066年のクリスマスにギヨーム2世はウィリアム1世として即位し、ノルマン朝が成立した。 ヘンリー1世は娘のマティルダを後継者に指名したが、1135年に甥のスティーヴンがロンドン市民と自らの弟ウィンチェスター司教ヘンリーにカンタベリー大司教を説得させ、彼等の推戴を受けてイングランド王に即位した。その後、マティルダとの間で長く内戦が続いた(無政府時代)。最終的に、スティーヴンの終身王位の承認と引き換えにマティルダの息子のアンジュー伯アンリを養子に迎え、王位継承者とすることで両者は和解した。

    協定の通り、1154年にアンリがヘンリー2世としてイングランド王位を継承し、プランタジネット朝が成立した。 ヘンリー2世はフランス王国の国王ルイ7世と対立しながらノルマンディー公位やアンジュー伯領を受け継ぎ、ルイ7世の王妃であったアリエノール・ダキテーヌと結婚して彼女の相続地であるアキテーヌ公領を支配下に入れた。しかし、ジョンの時に大陸領土を喪失し、アキテーヌの中心地であるガスコーニュのみが残った。アキテーヌは元々諸侯の力が強く、彼らは強力なフランス王より弱体化したイングランド王の支配を好んだためとされる。 エドワード1世は1276年以後ウェールズ公国に侵攻し、1282年にはウェールズ大公ルウェリンを滅ぼし、ウェールズ全域を征服した。そして1301年には王太子エドワード(後のエドワード2世)を新しいウェールズ大公(プリンス・オブ・ウェールズ)に封じた。以後、この称号はイングランド王太子に与えられるようになった。このようにして、ウェールズはイングランド王国の一部となった。

    エドワード3世は、1328年にカペー朝の断絶を受けてフランス王に即位したヴァロワ朝のフィリップ6世に対して自身のフランス王位継承権を主張した。フィリップ6世はスコットランド王国と呼応して、1337年にアキテーヌ領没収を宣言し、ガスコーニュに軍を進めたため、エドワード3世はフランスに宣戦布告した。これにより百年戦争が開始された。1346年、ノルマンディーから上陸したイングランド軍はエドワード黒太子の活躍もあり、クレシーの戦いでフランス軍に大勝した。また、1356年にはポワティエの戦いでもフランス軍に勝利した。1360年には両国の和議が成立し、エドワード3世はフランス王位継承権を放棄する代わりにガスコーニュ、アキテーヌ、カレー、ポワトゥー、ギーヌなどの広大な領土を獲得した。 その後、シャルル5世の巻き返し、ペストの流行による国内の疲弊もあって、カレー、ボルドー、バイヨンヌを除いたフランス領土を失い、1375年のブリュージュ(ブルッヘ)の和議によってイングランド・フランスの戦争はいったん終結した。1376年に黒太子が、1377年にエドワード3世が亡くなった後は孫のリチャード2世が即位したが、リチャード2世はアイルランド遠征から帰還途中、ウェールズとの国境でクーデターを起こした従弟のヘンリー・ボリングブルックに敗れて逮捕され、ボリングブルックがヘンリー4世としてイングランド王に即位し、ランカスター朝が成立した。 1414年、ヘンリー5世はフランス国王シャルル6世に対して、イングランドで反乱を起こしたオワイン・グリンドゥール(オウエン・グレンダワー)に援助していたことへの賠償及び、フランスの派閥のブルゴーニュ派・アルマニャック派のそれぞれに支援を与えていたことへの代償という理由で、領土割譲とフランス王位を要求した。これを拒否したフランスに対し、ヘンリー5世はブルゴーニュ派と組んで長期休戦状態にあった百年戦争を再開し、フランス遠征を行った。1415年にヘンリー5世はアジャンクールの戦いで大勝し、フランス軍主力を壊滅させた。1420年にはヘンリー5世とシャルル6世の娘キャサリン(カトリーヌ)と結婚、両国王の間でトロワ条約が結ばれ、シャルル6世の死後にヘンリー5世がその後継者になるとされた。 1422年にヘンリー5世の子ヘンリー6世がイングランド王位とフランス王位を継いだ。イ...

    百年戦争の敗北後、イングランド国内はヘンリー6世支持のランカスター派とヨーク公リチャード支持のヨーク派に分かれて対立を深め、セント・オールバーンズの戦い (1455年)で両派間に火蓋が切られ、薔薇戦争が始まった。以後30年間、内戦がイングランド国内でくり広げられる。1459年のブロア・ヒースの戦いに勝利し、王位を目前にしたヨーク公リチャードは、1460年のウェイクフィールドの戦いで戦死した。 ヨーク公リチャードの嫡男エドワードはセント・オールバーンズの戦い (1461年)で勝利し、ヘンリー6世を退位させて国王エドワード4世となり、ヨーク朝を成立させた。しかし、1470年にエドワード4世は側近のウォリック伯リチャード・ネヴィルと対立・追放され、ヘンリー6世が復位した。エドワード4世は1471年に反撃してバーネットの戦いでネヴィルを討ち取り、テュークスベリーの戦いでランカスター派に勝利して復位し、王位は息子エドワード5世が継承したが、議会はエドワード5世の王位継承の無効を議決し、エドワード5世の叔父のグロスター公リチャードが推挙された。グロスター公はリチャード3世としてイングランド王に即位した。 ランカスター派のリッチモンド伯ヘンリー・テューダーは、1485年にボズワースの戦いでリチャード3世を撃破し、ヘンリー7世として即位し、テューダー朝が成立した。ヘンリー7世は1486年にエドワード4世の娘でエドワード5世の姉エリザベスと結婚し、ヨーク派の取り込みを進めたが、まだその支配は完全ではなく、ランバート・シムネルが「国王エドワード6世」を称し、リチャード3世の支持者が味方して王位獲得の軍を起こす。しかしシムネルはストーク・フィールドの戦いで敗れ、捕らえられた。こうして薔薇戦争が終結した。

    ヘンリー7世は百年戦争、薔薇戦争で疲弊した諸侯を抑圧して絶対王政を推進し、海外進出にも積極的で、その政策はヘンリー8世、エドワード6世、メアリー1世、エリザベス1世に受け継がれた。テューダー朝の時代にイングランド国教会が成立した。 1541年、ヘンリー8世が形式的にはアイルランド議会の決議に基づき、それまでの称号であったアイルランド卿に代えてアイルランド王を自称し、ヘンリー8世以後は歴代のイングランド王がアイルランド王の称号を兼ねることとなった。アイルランドは以後イングランドからの入植と支配の強化が進んでいった。

    1603年のエリザベス1世の死によりヘンリー8世の血筋が絶える。ヘンリー7世の血を引くスコットランド王ジェームズ6世がジェームズ1世としてイングランド王に迎えられ、イングランドにおけるステュアート朝を創始し、イングランド王国とスコットランド王国は同君連合となった。 ジェームズ1世の跡を継いだチャールズ1世は国教会をスコットランドにも導入しようと試みた。この試みは長老派の勢力が強かったスコットランドにおいて大反発を受けて、大反乱となった。1640年、スコットランドの反乱鎮圧のための戦費を得る目的で11年ぶりに議会を招集したが、議会は国王批判の場となった(短期議会・長期議会)。1642年、チャールズ1世は反国王派の5人の議員を逮捕しようとして失敗、議会派と王党派の内戦が勃発した(イングランド内戦、清教徒革命)。 内戦は当初は互角、あるいは王党派が優位であったが、オリバー・クロムウェル率いる鉄騎隊の活躍で王党派が各地で打ち破られ、1649年にチャールズ1世は公開処刑で斬首され、イングランド・コモンウェルスとなった。この体制は次第にクロムウェルによる軍事独裁政権という状態になり、クロムウェルは1653年に議会を解散させて終身護国卿となった。 しかし1658年にクロムウェルが死去すると、跡を継いだ息子のリチャード・クロムウェルは間もなく引退し、護国卿政は短い歴史に幕をおろした。長老派が1660年にチャールズ2世を国王に迎えて王政が復古した。チャールズ2世の死後、弟のヨーク公ジェームズがジェームズ2世として即位したが、1688年の名誉革命で亡命し、議会はメアリー2世とオラニエ公ウィレム(ウィリアム3世)夫妻を共同国王に指名した。ウィリアム3世は1694年、アイルランド王国を実効支配下に置き、属国とした。 ウィリアム3世が1702年に没すると、アンが即位した。アンは最後のイングランド王国・スコットランド王国の君主であり、ステュアート朝最後の君主でもある。1707年に、イングランド王国とスコットランド王国の合同法が成立し、ジェームズ1世以来100年余りにわたって同君連合を結んできた両国は、正式に統合されてグレートブリテン王国になった。

  8. イングランド銀行 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イングランド銀行
    • 概要
    • 近代
    • 現代
    • 機能
    • 建築
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1690年、同行成立以前から、フォンテーヌブローの勅令でフランスから流れたユグノー資本が英国債の売れ行きに貢献していた。4年後に創立したとき、世界は大同盟戦争とウィリアム王戦争、そしてザームエル・オッペンハイマーの活躍する大トルコ戦争のさなかにあり、同行は政府への貸付を主要な業務とする商業銀行であった。多くのユグノーが毎年の選挙で理事となった。1697年の同行第4次利払いリストによると、ウーブロン家をはじめとする移住の早かったユグノーは同行の15%を支配した。後発組にはテオドール・ヤンセンやトーマス・パピヨンなどがおり、彼らが先行組から同行の株式を譲りうけ、しかも英国債の約1割を所有した。 同行は政府を通してイギリス東インド会社・ハドソン湾会社などへも貸付を行っていた。ユグノー出身で6代目総裁のジェームズ・バトマン(James Bateman)はロンドン市長と南海会社副社長を務めた。 18世紀後半、将来ネイサン・メイアー・ロスチャイルドの義父となるレヴィ・バレント・コーエンをふくむユダヤ人が、最初アムステルダムにいながら、やがてロンドンに定住するまで、東インド会社の破綻した事業を買収していた。 1800年8月から1816年8月までの各16ヵ年においては年平均60万ポンドの割引収入をあげて準備金を蓄え[注釈 2]、イングランド銀行は1816年に金本位制を採用した。やがてロスチャイルドが台頭し、各国の外債発行とイングランド銀行の準備金補填に関わった。銀価格低下の時期にアルフレッド・ド・ロスチャイルドが理事を務め、19世紀末の不況に対応した。 第一次世界大戦ではJPモルガンが戦時国債の独占代理人を務めた。1934-1935年、イングランド銀行は植民地の中央銀行設立に関わった。第二次世界大戦後は財務省法官(Treasury solicitor)が政府のために100%保有するところとなった。しかし大きな権限縮小を免れ、金プールの運営に参画した。 オイルショック後のセカンダリー・バンキング危機では金融機関の救援に奔走した。1997年に財務省から金利設定の権限を委譲される一方、翌1998年には債務管理庁と金融サービス機構に各種権限を移譲した。

    ユグノー金融と三角貿易

    1694年、軍事費を調達する目的で創設[注釈 3]。スコットランド人のウィリアム・パターソン[注釈 4] と財務府長官のチャールズ・モンタギューによる。イングランド王国政府の銀行として同年7月27日のウィリアム3世・メアリー2世の勅令により認可された。初代総裁はジョン・フーブロン。証券市場の成立などの改革も進められた。1695年10月にジョン・ロックが銀貨の改鋳について建議した。ロック案は閣議決定されて、12月17日に法案となった。ロックは27日にFurther Considerations Concerning Raising the Value of Moneyという論文を発表した。翌年1月に法案は裁可も得て成立した。 1699年、イギリスが清から広東貿易を許される。1720年、南海泡沫事件。 1734年、イングランド銀行はスレッドニードル街の現在地へ移転した。かつてはポールトリー街のグローサーズ・ホール内にあった。 1750年、長期国債の発行権を独占する[注釈 5]。1764年、砂糖法。 1772年、いわゆるエアー銀行が倒産。アダム・スミスの『国富論』執筆に影響した。 17...

    国際金融家ロスチャイルド

    1807年、大英帝国内での奴隷貿易が禁止される。バルト海貿易で富を築き、当銀行理事を務めたジョン・ソーントンは、息子ヘンリや総裁を務めたサミュエルらとともに奴隷貿易廃止法案に尽力していた。この禁止は帝国内の経済に長期的な打撃となり、1815年恐慌と1819年恐慌の背景となった。 1816-1817年に兌換が部分的に再開され[注釈 7]、1823年で全面的に再開された。1822年にハプスブルク家がロスチャイルド一族全員に男爵位を授与している。このころ外債が洪水のように契約されていた。ロスチャイルドは請負人として最も活躍した[注釈 8]。ロスチャイルドはロンドンの投資家の関心を呼ぶためにスターリング・ポンド建て外債の利率を定めていた。また、1823年と1825年に代理商取引法が制定されたことは契約を促したが、取引所の利害関係を混乱させた。 1823年6月、国庫委員会の議事録にネイサン・メイアー・ロスチャイルドが登場する。同年3月すでに、フランスが総額1億2000万フランの公債を発行するにあたり、ジャコブ・マイエール・ド・ロチルドがシ団を組織し引受けた。アッシニアの担保に財産を没収され...

    国際流動性に向かう投機

    1833年の新特許法でイングランド銀行券が法貨となる。同年、クラウン・エージェンツ[注釈 13]が政府により創設される。 1839年、マンチェスター商業会議所が、それまでの3年間における金利の恣意的な変更が為替相場を乱高下させたと主張。勢いづいていたチャーティズムを政府は翌年4月にかけ弾圧。また、この年に国内電信が敷設される。 1844年、改正されたピール銀行条例(当時の呼称は英蘭銀行条例、イングランド銀行条例)により中央銀行となる[注釈 14]。鉄道狂時代が続く。 1851年、ロスチャイルド商会が貴金属精錬所を設立。この年、ドーバー海峡横断ケーブル開通。翌年にロスチャイルドの精錬所はイングランド銀行で2番目の公認精錬所となる。 1854年、高利禁止法が撤廃される[注釈 15]。1856年、パリ宣言で私掠船の放棄が謳われる。 1857年恐慌。アメリカ株を中心に市場が弱気となる。イングランド銀行は単独で割引を継続。11月20日だけで100万ポンド近い法定限度超過。追ってピール銀行条例が停止した。同条例は再びイングランド銀行条例として存続し、以後、イギリスが世界の実質的な手形交換所と...

    狭かった国際金融市場

    1880年からのボーア戦争では、植民地政府などのために次の金融機関と組んで、非難を浴びながらも国債発行の代理人となった。モルガン・グレンフェル、ベアリングス銀行、ロスチャイルド、JPモルガン 1890年、デフォルト寸前の[注釈 16]ベアリングス銀行を救済。同行の損失を秘匿しつつ、政府・シ団と組んで保証基金を設置、450万ポンドの外債をとりつける。やがて公衆の知るところとなり、1893年恐慌に発展する。[注釈 17] 1895年、横浜正金銀行の指図でか、イングランド銀行は下関条約の賠償金を市場に放出。資金は供給過剰となる。[注釈 18] 1899年、インドを金為替本位制とする。インドは植民地であり、世界的な銀消費国でもあった。1ポンド=銀貨15ルピーとした。前もってブリュッセルで国際通貨会議が開かれていた。飢饉に困ったインド人が銀製品の装飾品を売ることで銀価の低落が起こらないように、それから税収を安定させるために、植民地政府は世界で初めて本格的な灌漑事業をインドに展開した。 1901年、ルピー銀貨の鋳造益を充てていたインドの金本位準備をロンドンへ移送。翌年、インド政庁管轄の紙幣準...

    国際化するスターリング・ポンド

    1914年7月30日に4%だった金利を翌日に8%へ、8月1日には10%まで一気に引き上げ。特許状は停止せず。第一次世界大戦中はJPモルガンがイングランド銀行で発行する戦時債券の独占代理人であった[注釈 22]。日本の鈴木商店(双日の前身)に巨額の融資を行った。 1919年4月、金本位制離脱。1925年9月に復帰する。この離脱期間に世界恐慌の第一波が起こる。国際カルテルが流行。 1924年10月、JPモルガンと引受地域を分担しドーズ公債を起債。翌年5月、政府が借款を受ける。 1928年、ヴィッカース・アームストロングの合併を援助していたのが実現。大蔵省紙幣とイングランド銀行券の発行が統合される。 1929年9月26日、世界恐慌の直前に金利引き上げ。FRBが6.0%であったが、イングランド銀行は5.5%から6.5%に。 1931年8月1日、フランス銀行とニューヨーク連邦準備銀行から5千万ポンド借り入れ。9月21日に金本位制離脱。金解禁していた日本からは10-11月に各月とも1.3億円超の正貨が流出した。 1934年、ニュージーランド準備銀行ができる。翌年、カナダ銀行とインド準備銀行が...

    国際流動性の危機

    1954年、ロンドン金市場再開。1939年の開戦以来。同市場で南アフリカ準備銀行の代理人を務める。ロイ・ブリッジという為替ディーラーの仲介で国際決済銀行と以下の諸点を確認。イングランド銀行への事前の照会や合意がなくても国際決済銀行は南ア銀行とイングランド銀行金庫室=ロンドン金現物市場で取引をする。国際決済銀行は南アフリカから週あたり最高10万オンス以上は購入しない。その最高額を引揚げるときは事前に通知する。1957年、ポンド危機。公定歩合7%に上昇。1958年、他のヨーロッパ主要国とともに、非ドル地域で保有するポンドに限り交換性を回復した。 1962年初め、金プールの代理人として参加国[注釈 26] 中央銀行に承認される。認められる前は、金プールの前身となるシンジケートにおいて、そこから使用した正金の量をイングランド銀行は毎月末ニューヨーク連邦準備銀行に報告し、そのあとイングランド銀行がシンジケートの誰に保証金を支払わなければならないかNY連銀の指示を待った。 1964年、1966‐1967年、ポンド危機[注釈 27]。1966年、クラインワート・ベンソン・ロンズデール(現ソジェ...

    オランダ資本の凋落

    創立時から当分は事実上の財務省として機能した。政府に対する直接融資、国債の引受と消化もこなした。 1701年の株主は1903人であったが、このうち107人が総裁の資格たる4000ポンド以上の株式を保有していた。その107人は、創立時の出資者を多数ふくむ[注釈 34]。ユグノーはセファルディムを参加させるようになった。筆頭はソロモン・デ・メディナ[注釈 35]。総裁資格をもつ107人のうち、およそ9分の1がユダヤ人であった。メディナとスペイン系のシルバ家[注釈 36]は同行で大口の地金売りであった。 1750年オランダ人は、イングランド銀行・東インド会社・南海会社株の国外保有分について78%を支配した。1751年では、3294人の議決権を有する同行出資者のうち約1000人がオランダ人またはフランダース人であった。総裁資格のある者495人のうち、少なくとも105人がオランダ人であった。10年ほどするとアムステルダム銀行で信用危機が起こった[注釈 37]。スイスの株式保有者で4000ポンド以上にのぼったのはベルンが最初。ケンブリッジ大学の31あるカレッジで最古のクレアカレッジも株式を保...

    ロンドン手形交換所

    1864年、イングランド銀行はロンドン手形交換所に加盟、同行宛に加盟銀行が直接振替指図書を振り出し交換尻を決済できるようになった。なお、イングランド銀行は本店宛の支払請求に対しては本店で払った。 1944年までに国内ロンドン外支店は17店舗をつくっている。このうち14は中央銀行としてスタートするまでに設立され、そのうち5つは大不況の始まるまでに閉鎖されている。この数は同時期の大陸系中央銀行と比べると少ない。実は準備率も同様である。産業革命を先駆けたイギリスの金融市場は大陸より手形制度を早く発展させた。それでイギリスの銀行は一般に預金通貨の発行高が大陸系銀行よりも高く、イングランド銀行も例外ではなかった。そうした中でイングランド銀行がベアリング危機等でベイルアウトするときは、ロンドン手形交換所加盟銀行と連携した。欧州の国際決済銀行ネットワークを小さくしたようなものがイギリスにはずっと早くできていたことになる。イングランド銀行にとり加盟銀行はよほど可愛いと見える。1930年8月9日、ロイヤルバンク・オブ・スコットランドは加盟銀行ウィリアムズ・ディーコンズ・バンクWilliams De...

    20世紀末からの在り方

    現在は1998年イングランド銀行法で制定された諸機能、つまり物価安定の維持と英国政府の経済政策支援を遂行する。まずたとえば、①イングランドとウェールズにおける通貨発行権(UKポンド参照)をもつ[注釈 40]。②政府の銀行であると共に「最後の貸手」として銀行の銀行である。さらに③外国為替と金準備を管理し、政府の証券(国債)を登録するが、④政府統合基金の運営も行う。 中央銀行という範疇を超えて機能している可能性が疑われている。イングランド銀行は国際決済機関セデルに数十の匿名口座を持っていた。セデルは内緒で①金融機関の支店が②国際金融市場で決済する便宜のために、匿名口座を開いていた。イングランド銀行が匿名口座を持つ場合、述べた①②のいずれにもあてはまらない。 金融サービス機構(Financial Services Authority)は、1997年10月に発足して翌年イングランド銀行から金融機関監督権限を移管されたが、(LIBORなど)幾たびのスキャンダルを経て、2012年金融サービス法(Financial Services Act 2012)にもとづき2013年4月に廃止された。金融...

    1694年創立当初の建物は、始めサンプソン(生没年不詳)によって1732~34年に建設され、1788年からソーン(1753~1837)によって長期にわたる建造が行われた。ソーンの建物は当時としては驚くほどに簡素な窓のない壁で囲まれ、天窓から採光するという特異なものであり、外壁はコリント式のピラスターで区画されておりムーアゲイトに向かう角のみ、ティヴォリのヴェスタ神殿を模したティヴォリ・コーナーがある。内部はソーン独特のネオ・クラシシズムを示すドームをかけた空間が並ぶが、コンソル公債局はその初期の部分で、大きな柱間、特異な櫛形のアーチ、浅い交差ヴォールト、単純なベンデンティヴ、カリアチッドに支えられたガラス・ドームという類例のない独創的な比例を持つ構成である。1818~23年の配当局Davidend Office も、同様の構成から成る室内であるが、そこでは、モールディングがほとんどなくなり、柱とペンデンティヴが一つの滑らかに連続した局面で作り上げられ、カリスチッドは倍の高さになり、ガラス張りのドラムで囲まれ、ガラス・ドームは高く上昇して、より統一ある空間に発展している。ソーンはこの時期のイギリスの主導的建築家で、ペイールやピラネージ(1720~78)の図集から刺激され、フランスのルドゥーに似て、より繊細でピクチャレスクなネオ・クラシズムを創造していった。イングランド銀行のロトンダのプロジェクトに、ほとんどアール・ヌーヴォーと言ってよい独創性と優雅さを備えている。だが、これらは現在のイングランド銀行、特に外観は、ベイカーによる増改築(1930~40)で著しく損なわれてしまっている。

    官報『英蘭銀行公定歩合、他』大蔵省印刷局、1890年。
    井野瀬久美惠 『大英帝国という経験』 講談社、2007年4月、ISBN 978-4-06-280716-6
    日本建築学会『西洋建築史図集 三訂版』彰国社 2018年1月10日
    ウォルター・バジョット - 1877年に短期資金調達手段として商業手形に似た大蔵省証券(Treasury bills) を発案。
    オールド・バンク・オブ・イングランド - 旧イングランド銀行の建物に入っているパブ
    ウィキメディア・コモンズには、イングランド銀行に関するカテゴリがあります。
  9. Elizabeth I - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Elizabeth_I_of_England

    Wikipedia® is a registered trademark of the Wikimedia Foundation, Inc., a non-profit organization. Privacy policy; About Wikipedia; Disclaimers; Contact Wikipedia; Mobile view; Developers; Statistics; Cookie statement

  1. Anuncios
    relacionados con: イングランド wikipedia