Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: ウェストミンスター寺院 wikipedia
  1. ウェストミンスター寺院 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ウェストミンスター

    ウェストミンスター寺院 (ウェストミンスターじいん、 英語 :Westminster Abbey)は、 イギリス の ロンドン ・ ウェストミンスター にある、 イングランド国教会 の 教会 。

    • Palais de Westminster et l'abbaye de Westminster incluant l'église Sainte-Marguerite
    • 10.26 ha
    • Palace of Westminster and Westminster Abbey including Saint Margaret’s Church
    • 文化遺産
  2. ウェストミンスター寺院とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › ウェストミンスター

    ウェストミンスター寺院 (ウェストミンスターじいん、 英語 :Westminster Abbey)は、 イギリス の ロンドン ・ ウェストミンスター にある、 イングランド国教会 の 教会 。

    • Palais de Westminster et l'abbaye de Westminster incluant l'église Sainte-Marguerite
    • 10.26 ha
    • Palace of Westminster and Westminster Abbey including Saint Margaret’s Church
    • 文化遺産
  3. ウェストミンスター - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ウェストミンスター

    ウェストミンスターはウェストミンスター寺院およびウェストミンスター宮殿周辺の地域を示す名称である その名はシティ・オブ・ロンドンのセント・ポール大聖堂の西に位置する West Minster(西の大寺院または修道院教会)に由来し、これはすなわちウェストミンスター寺院である。

  4. ウェストミンスター宮殿 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ウェストミンスター
    • 歴史
    • 世界遺産
    • 参考文献
    • 関連項目

    ウェストミンスター宮殿のおかれているテムズ川河畔は中世を通して戦略上の要衝であった。すくなくともアングロ・サクソンの時代には既にこの地に何らかの建物が建設されていた。ソーニー・アイランド(英語版)として知られるイングランド中世にはカヌート王によって初めて宮殿として用いられるようになり、サクソン王朝の最後から2代前の王エドワード懺悔王はシティ・オブ・ロンドンの西、ソーニー・アイランドに宮殿とウェストミンスター寺院を建設した。時代が下るとこの周辺の地区はウェストミンスター(Westminster)と呼称されるようになった。これは西方の修道院(West Monastery)の省略形であると考えられている。1066年のノルマン・コンクエスト時にはウィリアム1世は一時ロンドン塔を自身の住居として定めたが、後にウェストミンスターへと移っている。これらサクソンやウィリアム1世により使用された建築物は現在残っていない。宮殿における最古の部分は次代のウィリアム2世により建造されたものである。 中世後期をとおしてウェストミンスター宮殿は王の住居であり続けた。イングランド政府が成立すると、公共施設の多くはウェストミンスター周辺に建設されている。議会の前身であるキュリア・レジス(Curia Regis, 枢密院)はウェストミンスター・ホール(英語版)に設けられた。1295年に設立された初めてのイングランド議会である模範議会も宮殿内で開催されている。このようにほぼ全ての議会は王の居住する宮殿内で開催されたが、何らかの理由により他の場所に設けられたことが数例ある。 1834年10月16日に発生した宮殿の火災(英語版)によって宮殿の大半は焼失した。ウェストミンスター・ホールおよびジュエル・タワー、聖スティーヴン礼拝堂の地下室、回廊のみが焼失を免れた。宮殿の再建を協議する王立の委員会が設けられ、ゴシックまたは新古典主義のいずれかのデザインで建設することを決定した。古典様式を好む人々はゴシックの粗野さは議事堂に似合わないと主張したが、キリスト教に基づいており好ましいとするオーガスタス・ピュージンを含む一派の計画が採用された。 1836年に委員会は97の計画案の中からチャールズ・バリー(英語版)の設計したゴシック・リヴァイヴァル様式のデザインを採用した。1840年に礎石が据えられ、貴族院議事堂は...

    登録基準

    この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。 1. (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。 2. (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。 3. (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

    佐々木英也 監修 『オックスフォード西洋美術事典』(第1版) 講談社、1989年。ISBN 406200979X。
    佐藤達生 『図説 西洋建築の歴史 美と空間の系譜』(初版) 河出書房新車、2005年。ISBN 4309760694。
    ニコラウス・ペヴスナー、小林文次, 山口廣, 竹本碧訳 『新版 ヨーロッパ建築序説』(第1版) 彰国社、1989年。ISBN 4395050832。
    「建築史」編集委員会 編著 『コンパクト版 建築史 日本・西洋』(第1版) 彰国社、2009年。ISBN 9784395008766。
    英国王室のロンドンにおける公式居住地
    • Palais de Westminster et l'abbaye de Westminster incluant l'église Sainte-Marguerite
    • 10.26 ha
    • Palace of Westminster and Westminster Abbey including Saint Margaret’s Church
    • 文化遺産
  5. ウェストミンスター大聖堂 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ウェストミンスター

    ウェストミンスター大聖堂 座標: 北緯51度29分46秒 西経0度08分23秒 ウェストミンスター大聖堂 (Westminster Cathedral) は、イギリス、 ロンドン 、 ウェストミンスター のフランシス通り42番地SW1に位置する カトリック教会 。

  6. 無名戦士の墓 (イギリス) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 無名戦士の墓
    • 起源
    • 選定、到着と儀式
    • その後の歴史

    無名戦士の墓は、1916年にデビッド・レイルトン(英語版)牧師によって最初に着想された。彼は西部戦線で従軍牧師として活動していた時、鉛筆で「無名のイギリス兵」と書かれた粗い十字架の墓を見かけた。 彼は1920年にウェストミンスター寺院の首席司祭(英語版)に、フランスの戦場にいた身元不明のイギリス兵を、何十万人もの帝国の死者を代表して、ウェストミンスター寺院の「王たちの間に」正当な儀式をもって埋葬する事を提案する手紙を書いた。この着想は首席司祭と首相デビッド・ロイド・ジョージによって強く支持された。

    遺体の手配はケドルストンの初代カーゾン侯爵に委ねられ、礼拝と場所の準備を行った。相応しい遺体は様々な戦場から掘り出され、1920年11月7日の夜、フランスのアラス近郊にあるサン・ポル=シュル・テルノワーズ(英語版)の礼拝堂に運ばれた。遺体はジョージ・ケンダル牧師に迎えられた。墓地登録調査局のL・J・ワイアット准将とE・A・S・ゲル中佐は、単独で礼拝堂に入った。その後、遺体はそれぞれユニオン・フラッグに覆われた4つの普通の棺に入れられた。2人の将校はどの戦場から兵士が来たのか知らなかった。ワイアット准将は目を閉じ、棺の一つに手を置いた。他の兵士たちは再埋葬されるためにケンダルによって連れ去られた。 その後、無名戦士の棺は礼拝堂に一晩安置され、11月8日の午後、警備下で移送され、ケンダルの護衛のもと、軍勢とともに、シュトゥ・ポルからブーローニュの古城内にある中世の城までのルートに沿って移動した。この日のために、城の書斎はシャペル・アルデンテ(英語版)へと姿を変え、レジオンドヌール勲章を授与されたばかりのフランス第8歩兵連隊の中隊が一晩見張りに立った。 翌朝、2人の葬儀屋が城の書斎に入り、棺をハンプトン・コート宮殿の樫の木の材木で作った棺に入れた。 棺には鉄の帯が付けられ、国王ジョージ5世が王室のコレクションから個人的に選んだ中世の十字軍の剣が上部に取り付けられ、「王と国家のために1914年から1918年にかけての第一次世界大戦で倒れたイギリスの戦士」という碑文が刻まれた鉄の盾が頭上に置かれていた。 棺は6頭の黒馬に引かれたフランス軍の馬車に乗せられた。午前10時30分、ブーローニュのすべての教会の鐘が鳴り響き、フランス騎兵隊のトランペットとフランス歩兵隊のビューグルがオー・シャン(フランスのラスト・ポスト(英語版))を奏でた。その後、地元の1000人の学童たちが先導し、フランス軍の分隊が護衛する1マイルに及ぶ行列は、港に向かって下っていった。 棺が駆逐艦ヴェルダン(英語版)の通路に運ばれる前に、岸壁でフェルディナン・フォッシュ元帥は敬礼し、ボートスワインズ・コール(英語版)とともに乗船した。ヴェルダンは正午前に停泊し、6隻の戦艦の護衛と合流した。 棺を積んだ船団がドーヴァー城に近づくと、元帥級の礼砲19発で迎えられた。棺は11月10日に西部ドックのドーヴァー海洋鉄...

    埋葬から1年後の1921年10月17日、この無名戦士はジョン・パーシング将軍の手からアメリカ軍最高の武勲勲章である名誉勲章を授与された。1921年11月11日には、アメリカの無名戦士(英語版)にヴィクトリア十字章が授与された。 1923年4月26日にエリザベス・ボーズ=ライアンがヨーク公アルバート(後の国王ジョージ6世)と結婚した時、彼女はウェストミンスター寺院で無名戦士の墓に花束を捧げた。 1915年にルーの戦い(英語版)で戦死した兄のファーガス(英語版)(その名はルー・メモリアル(英語版)にも行方不明者として記されていたが、2012年には新たな墓石がヴェルメルズの採石場に建立された)への敬意を表しての献花だった。 現在では寺院で結婚した王室の花嫁は挙式翌日、墓にブーケを供える様になり、公式の結婚式の写真はすべて撮影されている。また、ヨーク公アルバート王子とエリザベス・ボーズ=ライアンの結婚式のために特別な赤絨毯で覆われなかった唯一の墓でもある。 2002年に没する前、エリザベス王太后は無名戦士の墓に彼女の花輪を置くことを希望した。王太后の葬儀翌日、娘のエリザベス2世女王が花輪を置いた。 イギリスの無名戦士は100名の最も偉大な英国人の世論調査で76位となった。慈善団体であるLMS=パトリオット・プロジェクト(英語版)は、「無名戦士」の名を冠した新しい蒸気機関車を作っている。この新しい機関車は、新しいナショナル・メモリアル・エンジンとしてイギリス在郷軍人協会(英語版)によって承認されている。この機関車を作るための公募が2008年に開始された。無名戦士号は、休戦100周年の1年遅れの2019年1月までに完成する予定であった。 70カ国以上の国家元首が無名戦士を追悼して花輪を捧げている。 無名戦士の埋葬から100周年の当日、エリザベス女王、チャールズ皇太子、ボリス・ジョンソン首相が出席した記念式典がウェストミンスター寺院で行われ、BBCによって全国に向けて生中継された。桂冠詩人(英語版)のサイモン・アーミテージ(英語版)が書き下ろしの詩「The Bed」を朗読した。

  7. 聖マーガレット教会 (ウェストミンスター) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 聖マーガレット教会

    聖マーガレット教会 (The Anglican church of St Margaret, Westminster )は、 イギリス ・ ロンドン にある イングランド国教会 の教会 。 ウェストミンスター寺院 と同じ敷地内にあり、 英国議会 が議場をおく ウェストミンスター宮殿 の教区教会である 。

    • Palais de Westminster et l'abbaye de Westminster incluant l'église Sainte-Marguerite
    • 10.26 ha
    • Palace of Westminster and Westminster Abbey including Saint Margaret’s Church
    • 文化遺産
  8. 西洋建築史/ウエストミンスター寺院

    www.kenchiku-gallery.com › seiyo › s016

    ウェストミンスター寺院 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ウェストミンスター寺院 (Westminster Abbey) は、イギリスのロンドンウエストミンスターにあるイギリス国教会の教会。

  9. 本当に人が埋葬されているの?. イギリスの世界遺産「ウェストミンスター寺院」まとめ. 今回は、イギリスにある「ウェストミンスター寺院」をご紹介します。. 英王室のウイリアム王子とキャサリン・ミドルトンさんの結婚式で有名になった寺院です ...

  10. 星室庁 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 星室庁
    • 絶対王政の重要機関として
    • 清教徒革命と廃止
    • 脚注
    • 参考文献
    • 関連項目

    「星の間」はエドワード3世時代に作られ、そこで王政庁(後に国王評議会、枢密院に発展)などが置かれて国政を行い、民衆の苦情などを処理していた。行政機構が成長・複雑化するとしだいに行政/司法が分離され、15世紀にはもっぱら刑事裁判を行う場となっていた。 しかしそこに至る経緯は複雑で、1487年、ヘンリー7世が薔薇戦争の戦後処理を行う場として活用した組織は名前が似ている星室評議会で、この組織は国王評議会内部における司法機能組織で、分化・独立した訳では無い。開会場所も星の間と星室庁と同じ点が多く紛らわしいことから混同されがちだが、星室庁が整えられたと考えられる時期はヘンリー7世の息子ヘンリー8世の時代の1540年代とされる。 国王評議会から分離・組織された枢密院の司法機能が独自の組織として制度されたのが星室庁の始まりで、大法官トマス・ウルジー、トマス・クロムウェルらが星室庁の権限を強化した。構成員は枢密院とほとんど変わらなかったが、枢密顧問官改革の結果、以下のような特徴をもつ裁判所となり、国王の支配を維持する重要な機関となった。 1. あらゆる事件を扱うことができた。特にコモン・ロー(慣習的な法)では扱えない事件には星室庁が対応した。 2. 死刑以外のあらゆる刑(鞭打ち、手足切断、投獄、罰金など)を課することができた。 3. コモン・ロー裁判所(王座裁判所など)と異なり、陪審員は不要であった。 4. 貴族の専横などを裁くことができる唯一の裁判所であった。 これらの特徴から星室庁は評価が高く、コモン・ローの欠陥を補うエクイティ(衡平法)の確立を促した。

    しかし、チャールズ1世親政時代(1629年 - 1640年、個人支配(英語版)または専制の11年(Eleven Years' Tyrrany)と呼ばれる)には国王の意にしたがわせる手段として使われた。国王布告を強制したり、カンタベリー大主教ウィリアム・ロードがジョン・リルバーンやウィリアム・プリンを厳罰に処したことは不評を呼び、特にチャールズ1世が星室庁を使って気に入らない報道を規制するという事態(「星室庁印刷条令」の改定)に及び、星室庁の人気は地に墜ちた。清教徒革命の時期の1640年に短期議会で批判され、翌1641年に長期議会によって高等宗務官裁判所と共に廃止された。それは清教徒革命(イングランド内戦)を経て王政復古が到来した1660年になっても変わらず、仮議会は高等宗務官裁判所共々廃止されたままにしておき、復活することはなかった。 後にデイヴィッド・ヒュームは、星室庁廃止を法の支配の樹立に向かう画期としている。現在も"Star Chamber"という言葉は「密室での決定」「恣意的な判断」という意味を含んでいる。

    今井宏編『世界歴史大系 イギリス史2 -近世-』山川出版社、1990年。
    松村赳・富田虎男編『英米史辞典』研究社、2000年。
    塚田富治『近代イギリス政治家列伝 かれらは我らの同時代人』みすず書房、2001年。
  1. Anuncios
    relacionados con: ウェストミンスター寺院 wikipedia