Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: グレートブリテン王国 wikipedia
  1. グレートブリテン王国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › グレートブリテン王国

    グレートブリテン王国(グレートブリテンおうこく、英語: Kingdom of Great Britain )は、1707年合同法によりイングランド王国(ウェールズを含む)とスコットランド王国が合同し成立した王国。グレートブリテン島全体を支配した、歴史上最初の国家である。

  2. グレートブリテン及びアイルランド連合王国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › グレートブリテン

    グレートブリテン及びアイルランド連合王国 (グレートブリテンおよびアイルランドれんごうおうこく、 英語: United Kingdom of Great Britain and Ireland )は、 1801年 に グレートブリテン王国 と アイルランド王国 が合同して成立した 王国 である。

  3. グレートブリテン王国とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › グレートブリテン王国
    • 概要
    • 君主
    • シンボル
    • ギャラリー
    • 関連項目

    1603年にステュアート朝のジェームズ1世/6世がイングランドとスコットランドの王を兼ねて以来、両国は同君連合の関係にあったが、アン女王時代の1707年合同法により、両国の議会は統一されて一つの国家となった。ただし、1999年にスコットランドの自治拡大政策によってスコットランド議会は復活することになる。 アイルランド王国も1694年以降、イングランドに実効支配されていたが、このときは合同しなかった。1254年以降、イングランド王室の個人領地になっているチャンネル諸島と1765年にマン島購入法(英語版)で王室属領になったマン島も王国に合同しなかった。 1776年にアメリカ合衆国が独立戦争でアメリカ合衆国側の勝利、独立し、1789年にフランス革命が勃発すると、アイルランドにおいても革命政権との連携があり、それが1798年のアイルランド反乱(英語版)を引き起こした。この反乱は鎮圧されたが、再発防止のために首相ウィリアム・ピットが1800年合同法を成立させた。これにより、王国は1801年にアイルランド王国と合同し、新たにグレートブリテンおよびアイルランド連合王国が成立した。

    ステュアート家

    1. アン(在位:1707年 – 1714年) - 1702年から1707年までイングランド女王、スコットランド女王およびアイルランド女王

    ハノーヴァー家

    1. ジョージ1世(在位:1714年 – 1727年) 2. ジョージ2世(在位:1727年 – 1760年) 3. ジョージ3世(在位:1760年 – 1801年) - 1801年から1820年まで連合王国国王

  4. グレートブリテン王国とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › グレート・ブリテン
    • 概要
    • 君主
    • シンボル
    • ギャラリー
    • 関連項目

    1603年にステュアート朝のジェームズ1世/6世がイングランドとスコットランドの王を兼ねて以来、両国は同君連合の関係にあったが、アン女王時代の1707年合同法により、両国の議会は統一されて一つの国家となった。ただし、1999年にスコットランドの自治拡大政策によってスコットランド議会は復活することになる。 アイルランド王国も1694年以降、イングランドに実効支配されていたが、このときは合同しなかった。1254年以降、イングランド王室の個人領地になっているチャンネル諸島と1765年にマン島購入法(英語版)で王室属領になったマン島も王国に合同しなかった。 1776年にアメリカ合衆国が独立し、1789年にフランス革命が勃発すると、アイルランドにおいても革命政権との連携があり、それが1798年のアイルランド反乱(英語版)を引き起こした。この反乱は鎮圧されたが、再発防止のために首相ウィリアム・ピットが1800年合同法を成立させた。これにより、王国は1801年にアイルランド王国と合同し、新たにグレートブリテンおよびアイルランド連合王国が成立した。

    ステュアート家

    1. アン(在位:1707年 – 1714年) - 1702年から1707年までイングランド女王、スコットランド女王およびアイルランド女王

    ハノーヴァー家

    1. ジョージ1世(在位:1714年 – 1727年) 2. ジョージ2世(在位:1727年 – 1760年) 3. ジョージ3世(在位:1760年 – 1801年) - 1801年から1820年まで連合王国国王

  5. イギリス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › グレートブリテン

    グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 (グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、 英語: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland )、通称 イギリス は、 ヨーロッパ 北西岸に位置し、 グレートブリテン島 、 アイルランド島 北東部その他多くの島々からなる 立憲君主制 国家 。

  6. Category:グレートブリテン王国の人物 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Category:グレート

    グレートブリテン王国の政治家‎ (2サブカテゴリ、47ページ) カテゴリ「グレートブリテン王国の人物」にあるページ このカテゴリには 40 ページが含まれており、そのうち以下の 40 ページを表示しています。

  7. グレートブリテン王国 - Wiktionary

    en.wiktionary.org › wiki › グレートブリテン

    Retrieved from "https://en.wiktionary.org/w/index.php?title=グレートブリテン王国&oldid=47979212" Categories : Japanese terms spelled with 王 read as おう

  8. イギリスの国旗 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ユニオン・ジャック
    • 概要
    • ウェールズの意匠
    • スコットランド独立運動
    • 使用例
    • 歴史的な旗
    • 関連項目

    イングランドの国旗(白地に赤い十字のセント・ジョージ・クロス)と、スコットランドの国旗(青地に白い斜め十字のセント・アンドリュー・クロス)が、イングランドとスコットランドの同君連合時代に組み合わされて作られた。さらにアイルランド王国との合同でグレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立した際、アイルランドの国旗と称してアイルランドの有力諸侯だったキルデア伯(フィッツジェラルド家)の旗(白地に赤い斜め十字、セント・パトリック・クロス)が組み合わされた。中国では、米字旗(旗の意匠の漢字は米が類似している)と呼ぶことがある。 セント・アンドリュー・クロス旗の青地は、スコットランド国旗ではブルーだが、ユニオンフラッグではダークブルーになる。またセント・アンドリュー・クロスとセント・パトリック・クロスが重なり合ってしまわないように、ユニオンフラッグではセント・パトリック・クロスの斜線が反時計回りに若干ずらしてある(カウンターチェンジ)。このためイギリスの国旗は上下左右で非対称となり、表裏の区別がある。

    イギリスの4つの構成体のうち、ウェールズは13世紀末という早い時期にイングランドに服属し国権の一体化が進んでいたため、国旗の中にウェールズの国旗の意匠が取り入られることがなかった。その後、政府と議会の成立にまで至ったウェールズの国民意識の復興に伴い、イギリスの国民統合の観点からウェールズのシンボルとなっている「赤い竜」の意匠を取り込むべきとの主張が一部から提起されている。 この主張に対し、ユニオンフラッグがあまりにも定着しすぎていること、他国の国旗の意匠に入っており影響がイギリスのみならず他国に及ぶこと、何よりも3つの十字架と赤い竜ではデザインがあまりにもかけ離れ過ぎているので整合性の取れた国旗を作るのは難しいこと、などが指摘されている。 2007年、『デイリー・テレグラフ』がウェールズの意匠を取り入れた旗の試案を募集したところ、当時の首相ゴードン・ブラウンの顔と竜とを組み合わせたり、欧州連合の旗を組み合わせたりと、英国民からブラックユーモアに富んだ作品が多く投稿された。英国内だけでなく、日本からも複数の作品が投稿され他の意匠とともに掲載された。その後の投票によると、1位はノルウェー人からの投稿作品、2位は日本からの投稿作品となったが、そのどちらもが日本のアニメーションを題材(1位の作品には天元突破グレンラガンの「グレン団」の意匠が、2位の作品にはゼロの使い魔の「ルイズ」が描かれている)とした作品だった。

    2014年9月18日に、スコットランドのイギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)からの独立の是非を問う住民投票が開催されることが決定すると、「もしスコットランドが独立すると、イギリスの国旗は変更されるのではないか」ということが現実味を帯びてきた。 もしユニオンフラッグから「スコットランドの国旗の部分を外す」と、赤白青の三色のうち青の部分が消えるために、300年以上親しまれた旗の意匠が大幅な変更となる。スコットランド独立の是非は政治や経済分野での議論もなされているが「国旗の変更」のほうも「ウェールズの旗の緑を入れてはどうか」「黒に金十字の『聖デイヴィッドの十字』を入れたらどうか」など、「新国旗案」がイギリスのメディアで取り上げられた。

    ユニオン・フラッグの意匠は、イギリスの国旗としてだけではなく他の旗にも使用されている。また、オーストラリアやニュージーランド、以前のカナダなどイギリス連邦所属で親イギリス的な国では、ブルー・エンサインやレッド・エンサインをベースとして国旗を作っていることもある。 1. ? 市民用海上旗、レッド・エンサイン、縦横比=1:2 2. ? 政府用海上旗、ブルー・エンサイン、縦横比=1:2 3. ? 軍艦旗、ホワイト・エンサイン、縦横比=1:2

    ?イングランド王国からの旗
    ?スコットランド王国からの旗
    ?1651年~1658年(イングランド共和国)
  9. グレートブリテン王国の旗とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › グレートブリテン

    グレートブリテン王国の旗とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。

  10. イギリスの国章 - Wikipedia

    ja.m.wikipedia.org › wiki › イギリスの国章

    イギリスの国章(イギリスのこくしょう、Royal coat of arms of the United Kingdom)は、イギリス国王の個人的な紋章である。 イギリスの国章 他の種類 政府紋章 詳細 使用者 エリザベス2世 採用 1952年 クレスト A golden lion, royally crowned and standing on a royal crown; gold and ermine mantling 盾 Quarterly: 1 and 4 England, 2 Scotland, 3 Ireland; quarters for England and Scotland are exchanged in Scotland. サポーター A ...

  1. Anuncios
    relacionados con: グレートブリテン王国 wikipedia