Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: ジュール・ド・ポリニャック wikipedia
  1. ジュール・ド・ポリニャック - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ジュール・ド

    ジュール・オーギュスト・アルマン・マリー・ド・ポリニャック ( フランス語: Jules Auguste Armand Marie, prince de Polignac, 1780年 5月14日 - 1847年 3月2日 )は、 フランス の 王党派 政治家、貴族。

  2. ジュール・ド・ポリニャック (1746-1817) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ジュール・ド

    アルマン・ジュール・フランソワ・ド・ポリニャック ( Armand Jules François, comte puis 1er duc de Polignac, 1746年 6月7日 クレー=スイイ ( 英語版 ) - 1817年 9月21日 サンクトペテルブルク )は、 ブルボン朝 末期フランスの貴族、廷臣、軍人。

  3. ポリニャック - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ポリニャック

    ジュール・ド・ポリニャック - フランスの貴族、政治家。フランス復古王政で外相や首相を歴任した。ヨランドの次男。 エドモン・ド・ポリニャック (英語版) - フランスの作曲家。ジュールの長男。 ウィナレッタ・シンガー - エドモンの妻。

  4. Wikizero - ジュール・ド・ポリニャック

    www.wikizero.com › ja › ジュール・ド

    WikiZero Özgür Ansiklopedi - Wikipedia Okumanın En Kolay Yolu . ジュール・オーギュスト・アルマン・マリー・ド・ポリニャック(フランス語: Jules Auguste Armand Marie, prince de Polignac, 1780年 5月14日 - 1847年 3月2日)は、フランスの王党派政治家、貴族。

  5. 02/01/2021 · ジュール・ド・ポリニャック ジュール・ド・ポリニャックの概要 ナビゲーションに移動検索に移動同名の父については「ジュール・ド・ポリニャック (1746-1817)」をご覧ください。

  6. ジュール・ド・ポリニャックの知名度 - 知名度.net

    jp.知名度.net › detail › ジュール・ド

    ジュール・ド・ポリニャック Wikipedia ジュール・オーギュスト・アルマン・マリー・ド・ポリニャック(Jules Auguste Armand Marie, prince de Polignac, 1780年5月14日 - 1847年3月2日)は、フランスの王党派政治家、貴族。

  7. ジュール・ド・ポリニャック (1746-1817) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 13:49 UTC 版) ナビゲーションに移動 検索に移動

  8. 08/06/2021 · ジュール・ド・ポリニャック 外部リンク Some genealogical information concerning the Polignacs.公職先代:ジョゼフ=マリー・ポルタリー(英語版)伯爵外務大臣1829年 – 18...

  9. ジュール・ド・ポリニャック ジュール・オーギュスト・アルマン・マリー・ド・ポリニャック(, 1780年5月14日 - 1847年3月2日)は、フランスの王党派政治家、貴族。極端な反動政治を行ったフランス復古王政期の首相。

  10. ポリニャック公爵夫人ヨランド・ド・ポラストロン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ポリニャック公爵
    • 出生と結婚
    • 外見
    • ヴェルサイユ
    • ポリニャック一族
    • 王家のガヴァネス
    • 革命

    ジャン・フランソワ・ガブリエル・ド・ポラストロン伯爵(1722年 - 1794年)とその最初の妻ジャンヌ・シャルロット・エロー・ド・ヴォークレソン(1726年 - 1756年)の間の長女として、ルイ15世治下のパリで生まれた。貴族の子女は複数の洗礼名を授けられる習いであり、ヨランド・マルティーヌ・ガブリエルと名付けられたが、最も後ろにあるガブリエルで呼ばれた。ポラストロン家は由緒ある名家だったが、その高貴な家柄にもかからわず、ガブリエルが誕生したころには借金まみれになっており、暮らしぶりは豪華さとは程遠いものだった。 父は南仏ラングドック州ヌエイユ(英語版)、ヴネルク(英語版)及びグレピアック(英語版)の領主だった。ガブリエルが非常に幼い頃、両親はパリでの生活が経済的に苦しくなり、所領のある田舎のヌエイユ城に引っ込んだ。3歳の時に母が亡くなると、父の姉のアンドロー伯爵夫人マリー・アンリエット・ド・ポラストロン(1716年頃 - 1792年)の手許で養育され、相応の年齢になると修道院の寄宿学校に入った。 1767年7月7日、17歳の時にジュール・ド・ポリニャック伯爵と結婚する。婚家ポリニャック家は実家ポラストロン家と同様、「毛並み」は良いが経済的には手元不如意であった。夫の主な収入源は所属する第1竜騎兵連隊(フランス語版)から給与として支給される4000リーヴルだった。

    現存する肖像画の大半が彼女の際立った美しさを伝えている。ある歴史家は、E・ヴィジェ=ルブランの手になる肖像画の中のガブリエルについて、「穫れたてのいい香りのする果物みたい」と形容している。ガブリエルは暗めのブルネットの髪、目立って白い肌、そしておそらく非常に珍しいことだが、「ライラック色」とか「スミレ色」と形容された、薄紫色に光る眼を持っていた。 ガブリエルに関する同時代人の批評をまとめたある現代史家に要約させれば、彼女の物理的な外見は次のようになる。

    宮廷女官となった義妹のディアーヌ・ド・ポリニャックの招待を受け、ガブリエルと夫は1775年のある日、ヴェルサイユ宮殿鏡の間で行われた公的なレセプションに出席した。そこで彼女を初めて紹介された王妃マリー・アントワネットは、ガブリエルのあまりの美しさに衝撃を受けて目が「眩み」、ヴェルサイユに永住するよう彼女に懇願した。ヴェルサイユ宮廷で暮らすことは非常に高額な出費を伴ったため、ガブリエルは自分の夫には宮廷に部屋を維持するだけの収入がないと正直に答えた。新しいお気に入りを自分のそば近くに置いておきたい王妃は、すぐさまポリニャック一族の抱える借金を清算してやり、ガブリエルの夫に実入りのよい官職(王妃主馬頭の襲職権保有者)を与えた。 ガブリエルは王妃のアパルトマンの近くの快適な部屋を与えられた。彼女はさらに王妃と仲の良い王弟アルトワ伯爵と友人になったし、他ならぬ国王ルイ16世が、有力門閥間の権力闘争とは無縁の新しい妻の友人の出現に安心し、王妃がガブリエルと友情を育むことに賛成してくれた。しかしガブリエルの登場は、国王夫妻の他の側近たちからは反感を持たれた。特に王妃の聴罪司祭ヴェルモン(フランス語版)神父、及び王妃と実家との連絡役を務める駐仏オーストリア大使メルシー伯爵は強い敵意を抱き、メルシーは王妃の母親マリア・テレジア皇后に宛てた手紙に、「こんな短い期間にこんな巨額の金がただ一つの家族にあたえられたためしはありません」と書き送った。 カリスマと圧倒的な美貌をそなえたガブリエルは、瞬く間に王妃のごく内輪の取り巻きサークル「プチ・キャビネ(petit cabinets)」の最有力者となり、彼女の同意がなければ「プチ・キャビネ」の仲間入りをすることはほぼ不可能となった。ガブリエルは多くの友人たちから、洗練されており、立ち居振る舞いが優雅で、愛嬌があって、楽しませてくれる人、という評判を得ていた。 王妃の恐ろしいほどの気前のよさのおかげで、ポリニャック家の一族は例外なく美味しい思いをした。しかしこの依怙贔屓をかさに着た一族の富貴と贅沢、そして宮廷を牛耳るかのような傲慢さは、多くの貴族家門の怨嗟の的となる。さらにポリニャック家に対する王妃の寵愛は、一部の平民(特にパリ市民)や自由主義を信奉する貴族たちが王妃を憎悪し、誹謗中傷を始める原因の一つとなった。 1780年はガブリエルと...

    ガブリエルは夫との間に4人の子を生んだ。 1. アグラエ・ルイーズ・フランソワーズ・ガブリエル・ド・ポリニャック(1768年 - 1803年) - 愛称「ギシェット(Guichette)」、1780年ギーシュ公爵アントワーヌ=ルイ=マリー・ド・グラモンと結婚。 2. アルマン・ジュール・マリー・エラクリュス・ド・ポリニャック(1771年 - 1847年) - 第2代ポリニャック公爵、王政復古期の王室主馬頭。 3. ジュール・オーギュスト・アルマン・マリー・ド・ポリニャック(1780年 - 1847年) - 第3代ポリニャック公爵、王政復古期のフランス首相、現在のポリニャック公爵の先祖。 4. カミーユ・アンリ・メルシオール・ド・ポリニャック(1781年 - 1855年) - 伯爵、王政復古期のフォンテーヌブロー宮殿総監、モナコ公アルベール2世の先祖。 ガブリエルが王妃の寵愛を得て以降、夫ジュールの大叔父にあたるメルシオール・ド・ポリニャック(英語版)枢機卿の失脚後長く権力から遠ざかっていたポリニャック家(英語版)は、再び宮廷で重きをなすことができた。 一方、実家のポラストロン家(フランス語版)とその親類縁者も、ガブリエルのおかげで宮廷で華やぐことになった。父のポラストロン伯爵(後に恐怖政治下でギロチンの犠牲となる)はベルン駐在大使に取り立てられた。腹違いの弟妹も次々に条件の良い結婚をした。 1. ドニ・ガブリエル・アデマール・ド・ポラストロン(フランス語版)(1758年 - 1821年) - ポラストロン子爵。1780年、女子相続人ルイーズ・デスパルベス・ド・リュサンと結婚。妻は王弟アルトワ伯爵の愛妾となった。 2. マルティーヌ・アデライード・ド・ポラストロン(1760年 - 1795年) - 1780年、ギヨーム・ド・ドゥ=ポン子爵と結婚。ドゥ=ポンはフランスの盟邦プファルツ=ツヴァイブリュッケンの公爵カール・アウグストの従弟。 3. アンリエット・ナタリー・ド・ポラストロン(生没年不詳) - ベルナール・ド・ラ・トゥール・ド・ランドルトと結婚。 ガブリエルの母親代わりだった伯母アンドロー伯爵夫人マリー・アンリエットは、若い頃にマダム・アデライードの養育係女官をしていたが、当時14歳の王女にポルノ小説を読ませたことを王女の兄ドーファンに見とがめられて宮中を...

    1782年、王家のガヴァネス(王家養育係主任女官)だったゲメネ夫人が、投資詐欺に巻き込まれた夫の破産スキャンダルのために辞職した。王妃はゲメネ夫人の後任にガブリエルを任命した。この人事は、(次代の王を育てる)その役職の重要さを考えるとポリニャック家のような平凡な家柄の者が務めるのは分不相応だ、ということで、またもや宮廷人の反感を買った。 新たに得た地位に付帯する特権により、ガブリエルはヴェルサイユ宮殿内に13の部屋から成るアパルトマンを与えられた。この特権自体は宮廷儀礼の範疇に収まる措置であったものの、13という部屋数の多さは常に人口過密のヴェルサイユ宮殿にあっては前例のないことだった。王家のガヴァネスに割り当てられるアパルトマンの部屋数は通常4部屋から5部屋ほどであった。ガブリエルはまた、1780年代に小トリアノン宮殿の敷地内に造営された王妃の田園風の隠遁所「王妃の村里」の中にコテージを与えられた。 ガブリエルの結婚生活は因習的な貴族同士の結婚であり、夫と心が通うこともなく、家庭は幸福とは言えなかった。長年、夫の遠縁で近衛部隊所属の陸軍大尉だったヴォドゥロイユ伯爵(英語版)と愛人関係にあると見られていた。一方で、ガブリエルが仲間入りした世界では、ヴォドゥロイユは暴力的すぎ、礼儀をわきまえなさすぎるため、2人の交際は相応しくないと周囲からは思われていた。ガブリエルがヴェルサイユ宮廷に来てから産んだ下の息子たちは、実父はヴォドゥロイユだと噂されていた。しかし、ガブリエルとヴォドゥロイユとの間の関係がどのような類のものだったかについては一部の歴史家の間で議論になっており、2人の関係に性交渉が介在したかについて疑問が呈されている。このプラトニック説は近年、カトリックの歴史作家エレナ・マリア・ヴィダル(英語版)によって復活した。恋人同士と言われ続けていたにもかかわらず、人を巧みに操るヴォドゥロイユを王妃が毛嫌いし、ヴォドゥロイユの存在が自分の得た地位を脅かす恐れが生じると、ガブリエルは何のためらいもなく彼を見捨てたからである。 ヴォドゥロイユとガブリエルの間で交わされた手紙は現在のところ発見されていないが、それは2人の関係が絶えたころにはお互いをもう必要としなくなっていたためなのか、それとも政治的配慮から2人のやりとりを隠して行っていたためなのかは、判然としない。もし...

    1789年初夏に三部会から自由主義派の憲法制定国民議会が分離してフランス革命が勃発すると、王妃とポリニャック夫人の結合は再び強まったかに見えた。ガブリエルはヴェルサイユ宮廷内の超王党派として活動し、王弟アルトワ伯爵と共に同派の中心人物となった。ボンベル(英語版)侯爵は、ガブリエルがたゆむことなく反革命の活動に専心していたと証言している。彼女はボンベルの政治上の師ブルトゥイユ男爵及びアルトワ伯と一緒になって、革命派に人気のある財務総監ジャック・ネッケルを罷免するよう国王を説得すべきだ、と王妃を掻き口説いた。しかし彼らの努力が実らぬうちに、7月14日パリでバスティーユ襲撃事件が起きてネッケルは引責辞任した。 バスティーユ襲撃後、暴徒化したパリ民衆はポリニャック一族の殺害を声高に求めるようになった。ガブリエルはヴェルサイユに留まることを望んだが王妃の説得を受けて7月16日の夜、家族でヴェルサイユを離れた。馬車に乗る際に受け取った王妃からの言付には、当座の生活費代わりの500ルイ金貨とともに、次のような手紙があった。 召使に変装したガブリエルは逃避行中、サンスで御者に正体を見破られるなど危険な目にもあったが、何とか無事にスイスに到着した。その後、彼女は家族と共に放浪生活に入り、トリノ、ローマ、ヴェネツィア(この地で彼女は長男をバタヴィア帰りの成金の娘と結婚させた)を経由してウィーンに落ち着いた。1791年6月のヴァレンヌ事件の際には低地地方の国境地帯で国王一家の到着を待っていたと言われる。1791年7月には、コブレンツのエミグレ亡命宮廷に姿を現し、並み居る貴婦人の中で最も華やかな装いをしていたと記録されている。1792年のヴァルミーの戦い後にこの亡命宮廷が解散すると、再びウィーンに戻った。 ガブリエルはスイス滞在時すでに病気になっており、その後数年間ほぼ間違いなく病と闘っていた。1793年12月、ガブリエルは44歳の若さで世を去った。遺族は突然の心臓発作で亡くなったと発表した。大半の歴史家は死因は癌だったとしているが、王党派の歴史家だけは死因は結核だったとする傾向がある。

  1. Anuncios
    relacionados con: ジュール・ド・ポリニャック wikipedia