Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: ハノーファー選帝侯 wikipedia
  1. エルンスト・アウグスト(ドイツ語: Ernst August, Kurfürst von Hannover、1629年11月20日 - 1698年1月23日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の一人でカレンベルク侯(在位:1679年 - 1698年)。1692年に選帝侯となってからはハノーファー選帝侯と称された。また、オスナブリュック司教でもあった(在位:1661年 - 1698年)。 父はカレンベルク侯ゲオルク、母は ...

  2. ハノーファー王国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ハノーファー王国

    国歌: Heil Dir, Hannover! ハノーファー王国 ( ドイツ語: Königreich Hannover )は、現在の ドイツ 北部、 ニーダーザクセン州 に存在した国家。. 1803年 に フランス に占領された ブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領 が領土を回復し、 1814年 の ウィーン会議 によって王国に昇格することで成立した。. ドイツ連邦 の加盟国となり、 1866年 に 普墺戦争 に敗れて ...

    • 正式名称
    • 地理
    • 歴史
    • ハノーファー選帝侯

    1692年、神聖ローマ皇帝レオポルト1世は大同盟戦争の戦功により、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家のカレンベルク侯エルンスト・アウグストを選帝侯の地位を与えた。選帝侯の追加には反対もあり、選帝侯の地位が帝国議会によって正式に承認されるのはエルンスト・アウグスト死後の1708年だった。カレンベルク侯領の首都ハノーファーは選帝侯領の別称となったが、正式にはKurfürstentum Braunschweig-Lüneburg(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領)の名称を使用した。

    選帝侯領は現北ドイツ(英語版)のニーダーザクセン州の大部分を占めていた。1692年に選帝侯となった時点では、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク諸侯領のうちカレンベルク侯領をはじめゲッティンゲン侯領、グルベンハーゲン侯領(英語版)を領土とした他、ディープホルツ伯領(英語版)とホーヤ伯領(英語版)も選帝侯領に含まれた。 1705年、伯父であり、舅でもあったリューネブルク公ゲオルク・ヴィルヘルムが死去したことにより、選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒはリューネブルク侯領(ツェレ)とザクセン=ラウエンブルク公国を相続した。1715年にはデンマーク=ノルウェー王フレデリク4世からブレーメン=フェルデン公国(英語版)を購入(1719年のストックホルム条約で確認される)、これにより内陸国であった選帝侯領が北海への出口を得た。 1700年、選帝侯領には(帝国直属(英語版)のプロテスタント領と同じように)改良暦が導入された。改良暦はプロテスタント側がローマ教皇グレゴリウス13世の名前を避けるための呼び名であった。導入の結果、ユリウス暦2月18日の後をグレゴリオ暦3月1日が続いた。

    グレートブリテン王国との関係

    1714年、ゲオルク・ルートヴィヒがグレートブリテン王に即位したため、選帝侯領とグレートブリテン王国が同君連合を組んだ。1719年に元スウェーデン領のブレーメン(英語版)とフェルデン(英語版)を実質的に購入したことにより、選帝侯のドイツにおける領土も拡大した。 ゲオルク・ルートヴィヒは1727年に死去、息子のゲオルク・アウグストが後を継いだ。1728年、皇帝カール6世はゲオルク・アウグストにザクセン=ラウエンブルクを正式に与える代わりに、封建制での義務を課した。 ゲオルク・アウグストは1731年にはハーデルン(英語版)も獲得した。ハーデルンはザクセン=ラウエンブルクの飛地であり(1689年以降は帝国により保管されていた)、ゲオルク・アウグストはハーデルンを隣のブレーメン=フェルデンに併合した。しかしカール6世の許可を得ることは難航し、ブレーメン公国とフェルデン侯国のゲオルク2世への割譲の承認は1733年までずれ込んだ。ゲオルク・アウグストは1728年と1733年の承認で400年間の伝統である等族の維持を誓った。 カール6世死後のオーストリアの継承問題では、フランスの勢力の伸長を危...

    七年戦争

    北米植民地戦争の1つであるフレンチ・インディアン戦争(1754年 - 1763年)の最中、イギリスはフランスによるハノーファー侵攻を憂慮した。ゲオルク・アウグストはプロイセンのフリードリヒ2世と英普同盟を組み、北米での戦争を大陸ヨーロッパの七年戦争と連動させた。 1757年夏、フランスがハノーファーに侵攻、ゲオルク・アウグストの息子カンバーランド公ウィリアム・オーガスタス率いるイギリス・ハノーファー連合軍をハステンベックの戦いで破ってブレーメン=フェルデンまで追い込み、9月18日のクローステル・ツェーヴェン協定で降伏させた。しかしゲオルク・アウグストは協定を承認せずに戦い続け、プロイセン、ヘッセン=カッセル方伯領やブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領の援軍の助力を借りてフランスの占領軍を追い出した。 1777年にはプファルツとバイエルンのヴィッテルスバッハ家が統合されたことにより、ヴェストファーレン条約の規定に基づいてプファルツ選帝侯の選帝権が消滅した。これによりブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯の序列は8位となり、選帝侯位に付随する宮中職が帝国旗手長から内帑...

    ナポレオン戦争

    第二次対仏大同盟(1799年 - 1802年)において、ナポレオン・ボナパルトはプロイセンにイギリスの大陸ヨーロッパ領を占領するよう促した。1801年、プロイセン軍2万4千はハノーファーに侵攻し、侵攻を全く予想しなかったハノーファーは抵抗せずに降伏した。4月、プロイセン軍はブレーメン=フェルデンの首都シュターデに到着、10月までそこに留まった。イギリスははじめプロイセンの侵攻を無視したが、プロイセンが親仏の武装中立同盟(当時、デンマーク=ノルウェーやロシア帝国が加入した)に参加すると、イギリスはプロイセンの船を拿捕し始めた。1801年のコペンハーゲンの海戦の後、同盟は解体し、プロイセンは軍を撤退させた。 1803年2月25日の帝国代表者会議主要決議により、選帝侯はオスナブリュック司教領(英語版)を獲得した。オスナブリュック司教は1662年以降、2代ごとにハノーファー家出身の人物が就任していた。 イギリスが今度は同盟国を持たずにフランスに宣戦布告する(1803年5月18日)と、フランス軍は5月26日にハノーファーに侵攻した。7月5日のアルトレンブルク協定により、ハノーファーは敗北を...

    カール4世の金印勅書の規定により選帝侯領は不可分と定められていた。すなわち、領土の拡張はできるが、領土を分割相続することは禁止されていた。これはブラウンシュヴァイク=リューネブルクで多くの公国が成立した結果をもたらした分割相続の伝統と相反するものであった。継承は男子長子相続制をとったが、当時ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家が採用したサリカ法に反するルールであったため、この変更は帝国の承認を必要とした。継承法の変更は1692年、皇帝レオポルト1世によって承認された。 神聖ローマ帝国は1806年に解散されたが、ゲオルク3世の政府は解散が最終決定であるとは考えず、1814年まで選帝侯とブラウンシュヴァイク=リューネブルク公を称した。

  3. 選帝侯 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 選帝侯
    • 名称について
    • 歴史
    • 選帝侯の一覧
    • 宮内官

    選「帝」侯とは言うが、法的には彼らが有するのは「ローマ王」の選挙権であって、皇帝の選挙権ではない。ローマ王は東フランク王から連続する君主号であり事実上神聖ローマ帝国の君主でもあるが、さらに神聖ローマ皇帝として即位し戴冠されなければ皇帝ではないからである。このため、「選挙侯」とも呼ばれるが、研究者によっては「選定侯」と呼ぶ者もいる。「選定」との語は、当時のローマ王の選挙手続において「選挙」(Wahl)と「選定」(Kur)が法的に区別されており、選帝侯が担ったのは後者であったことによる。なお、1508年にマクシミリアン1世が教皇に戴冠されることなく皇帝を称し、その後の皇帝もこの例にならうこととなったため、実質的には「選帝侯による選出」イコール「皇帝即位」となった。 選帝侯の「侯」は侯爵ではなく「諸侯」(皇帝に従う封建領主)を意味している。なお、実際の地位は王・公・宮中伯・辺境伯・方伯・大司教であった。しかし、時代が下がると選帝侯の地位そのものが領主の称号のように扱われるようになった。

    ローマ王(ドイツ王)の選挙は1198年から1792年まで行われた。1198年、ローマ教皇インノケンティウス3世はヴェルフ家及びホーエンシュタウフェン朝のローマ王位争いについて、ライン川流域の4人の選帝侯、すなわちマインツ大司教、ケルン大司教、トリーア大司教、ライン宮中伯の賛同が不可欠であると定めた。ライン宮中伯の選帝権はバイエルン公と交代で行使された。 1257年以来、選帝侯会議は上記の4人とザクセン公、ブランデンブルク辺境伯の合計6人によって占められ、これに1289年、ボヘミア王が加わって7選帝侯となった。1356年にカール4世が発した金印勅書によって、この顔ぶれと選挙の手続き、選帝侯の特権が法的に確定した。なお、カール4世の当選に貢献したマインツ・ケルン・トリーア大司教の功績を称えて、ライン宮中伯をふくめた4選帝侯領でライングルデンが鋳造されるようになった。 1485年にザクセン公であったヴェッティン家はエルネスティン家とアルベルティン家に分裂する(ライプツィヒの分割)。エルネスティン系の選帝侯ヨハン・フリードリヒは1531年に結成されたシュマルカルデン同盟の主導者の一人となり、1546年には皇帝カール5世に宣戦布告した(シュマルカルデン戦争)。シュマルカルデン戦争において、ヨハン・フリードリヒは、又従弟に当たるアルベルティン家のモーリッツの裏切りによって、1547年のミュールベルクの戦いに敗れて捕縛され、テューリンゲン地方を除いて所領を剥奪された。戦後、モーリッツは皇帝からザクセンの領地と選帝侯を授かる。これ以降、ザクセン選帝侯位はアルベルティン家が継承してゆく。なお、シュマルカルデン戦争の戦後処理の苛烈さに不満を抱いたモーリッツはカール5世に反旗を翻すが、皇太弟フェルディナントとパッサウ条約を結んで和解している。 1618年のプラハ窓外投擲事件をきっかけとして新教派のベーメン貴族達はプファルツ=ジンメルン家のプファルツ選帝侯フリードリヒ5世を新国王に選出する。これにより、ベーメン・プファルツ戦争が生じる。1623年、ベーメンを平定してフリードリヒ5世を追い払った皇帝フェルディナント2世は、フリードリヒ5世のライン宮中伯位と選帝侯位を剥奪し、同じヴィッテルスバッハ家のバイエルン公マクシミリアン1世に与えた。この行為は帝国諸侯の反発を買うことになったが、1...

    金印勅書以降に選帝権を与えられた諸侯

    ライン宮中伯(ライン・プファルツ伯) 1. 1623年、バイエルン公に領土と選帝権を奪われたが、1648年にヴェストファーレン条約でオーバープファルツを除く領土を回収した上で新たな選帝権と内帑長官の宮中職を獲得した。ただしこの選帝権はバイエルン公と同君連合した時点で失われると定められていた。1777年、ライン宮中伯カール4世フィリップ・テオドールがバイエルン選帝侯位を継承し、これによりライン宮中伯としての選帝侯位は消滅した。 ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公) 1. 宮廷所在地からハノーファー選帝侯と呼ばれることもある。1692年に選帝権を獲得した(但し、帝国議会に承認されるのは1708年)。宮中職は初めは旗手長、ライン宮中伯の選帝権の消滅後は内帑長官。1714年以降グレートブリテン王国と同君連合(ハノーヴァー朝)。

    選帝侯はそれぞれ、席次に対応した名義上の上位帝国宮中官職を持っており、皇室の一員とされた。3人の聖界選帝侯は全員、神聖ローマ帝国を構成する3王国の大書記官長(ドイツ語: Erzkanzler, ラテン語: archicancellarius)の官職を持っており、マインツ大司教はドイツ大書記官長、トリーア大司教はガリア=ブルグント大書記官長、ケルン大司教はイタリア大書記官長の官位をそれぞれ持っていた。それ以外の世俗選帝侯については以下に保持した宮中職位とそれを示す個別の紋章(世俗選帝侯は皇帝の即位式のパレードの際にレガリアを掲げる役を与えられており、献酌侍従長(杯)を除いて担当する宝物を選帝侯としての紋章の意匠として組み込んでいた)の一覧を記す。

  4. ハノーファー君主一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ハノーファー君主一覧

    ゲオルクの息子であるエルンスト・アウグストは1692年に選帝侯位を獲得し、それは居住地であるハノーファーに因んでハノーファー選帝侯と呼ばれるに至った。

  5. ジョージ1世 (イギリス王) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ジョージ1世
    • 生涯
    • 崩御後
    • 称号と紋章
    • 子女
    • 脚注
    • 参考文献

    幼年期

    ジョージは1660年5月28日に神聖ローマ帝国のハノーファーで生まれた[注釈 5]。ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公子エルンスト・アウグストとゾフィー・フォン・デア・プファルツの間に産まれた。ゾフィーは母エリザベス・ステュアートを通じて祖父のイングランド王ジェームズ1世の血を引いていた。 ジョージが生まれた時点で、父と実子のいない3人の伯父のドイツ領地の唯一の相続人となった。1661年、ジョージの弟フリードリヒ・アウグストが生まれ、2人は家族の間でそれぞれゲルゲン(Görgen)とグシェン(Gustchen)と呼ばれ、一緒に育てられた。ゾフィーが1664年から1665年の間、療養のためにイタリアへ旅行して家を留守にしていたが、その間でも息子たちの女家庭教師と定期に文通し、息子たちの育ちに気をかけた。ゾフィーが旅行を終えた後、彼女はエルンスト・アウグストとの間でさらに4男1女をもうけた。ゾフィーは手紙でジョージを責任感のある誠実な子供と形容、弟や妹たちの模範となりうると述べた。 1665年にはジョージの伯父の1人クリスティアン・ルートヴィヒが子供なくして薨去したが、残りの2人...

    結婚

    同年、ジョージは従妹ゾフィー・ドロテア・フォン・ツェレと結婚、サリカ法で規定されなかった収入を確保した。この閨閥の目的は歳入を(健全な程度に)増やすことと、ハノーファーとツェレの統一を推進することにあった。ジョージの母ゾフィーははじめゾフィー・ドロテアの出身(王族ではなかった上、庶子だったのを認知されて嫡出となった経緯がある)を見下して結婚に反対したが、結婚がもたらす利益をもって説得された。 1683年、ジョージは弟フリードリヒ・アウグストとともに大トルコ戦争の第二次ウィーン包囲に参戦、一方のゾフィー・ドロテアは息子ゲオルク・アウグストを出産した。翌年、フリードリヒ・アウグストは長子相続制の採用を知らされた。元々予定された、父の領地の一部を相続することができなくなったという事実により、フリードリヒ・アウグストと父、そしてジョージの間で確執が生じ、フリードリヒ・アウグストが1690年に戦死するまで続いた。ブラウンシュヴァイク=リューネブルクが統一目前であることと、エルンスト・アウグストが大トルコ戦争に継続して貢献したことを鑑みて、エルンスト・アウグストは1692年に神聖ローマ帝国の...

    ハノーファー選帝侯

    エルンスト・アウグストは1698年1月23日に死去、遺領はオスナブリュック司教領(英語版)を除いて[注釈 7]ジョージが継承した。これにより、ジョージは神聖ローマ帝国におけるブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(首都の名前をとってハノーファーとも)、選帝侯および旗手長になった。彼の宮廷は哲学者、数学者のゴットフリート・ライプニッツ、作曲家のゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル、アゴスティーノ・ステッファーニなどでにぎわった。 ジョージが父方の公国を継承した直後、イングランドとスコットランドの王位継承順位で2位のグロスター公ウィリアム(英語版)が死去した。イングランドの1701年王位継承法により、ジョージの母ゾフィーは当時王位についていたウィリアム3世と義妹アンが継承者なくして死去した場合、その継承者となることが定められた。この決定の理由は、ゾフィーがプロテスタントのうちイギリス王家の最近親者にあたるためだった。近親者のうち継承順位がゾフィーより上にある56人のカトリック信者は排除された。彼らが王位を継承するために改宗するという望みは薄く、うち数人はすでに断っていた。 1701年8月...

    ジョージ1世はイギリスでの臣下に嘲笑された。メアリー・ウォートリー・モンタギューなど同時代の人はジョージ1世が公衆の場で無表情だったため彼が無知性であると考えた。英語を話せないとされたためイギリスでは不人気だったが、治世の後半の文書では彼が英語を解せ、読み書きと話すこともできることを示している。彼はドイツ語とフランス語を流暢に話し、ラテン語もよく、イタリア語とオランダ語は少し話せた。彼の妻ゾフィー・ドロテアへの仕打ちは一種のスキャンダルとして扱われた。 イギリス人は彼をドイツ人すぎると見なした。歴史家のラグンヒルド・ハットン(英語版)によると、イギリス人はジョージ1世がドイツ人の愛人を多数抱えていたと勘違いした。しかし、大陸ヨーロッパでは進歩的で啓蒙思想を支持した統治者としてみなされた。彼は自身に批判的な文書を厳しい検閲に晒せずに出版を許可し、哲学者のヴォルテールが1726年にパリから追放されたときには彼を保護した。イギリスの文献と大陸ヨーロッパの文献では、両方ともジョージ1世が控えめで穏やかな人柄で、財政では慎重であることを示している。ジョージ1世は社交イベントにおいて注目の的となることを嫌い、オペラ鑑賞のときは王家専用のます席を避け、たびたび匿名で友人の家を訪れてカード遊びをした。いくらかの不人気にかかわらず、プロテスタントであるジョージ1世はその臣下からはカトリックの僭称者ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアートより良いと考えられた。ウィリアム・メイクピース・サッカレーはこの相反する感情を下記のように記述した: 19世紀の作家、とりわけサッカレー、サー・ウォルター・スコット、マオン子爵(英語版)などは例えば第2代ハーヴィー男爵の回想録などの偏った一次資料に頼らなければならず、ジャコバイトにはロマンチック、ひいては同情的なまなざしで見た。彼らはギルバート・ケイス・チェスタートンといった20世紀初期のイギリス作家に影響を与え、ジョージ1世の治世に対する批評にさらなる反ドイツ・反プロテスタント的な考えを加えた。しかし、第二次世界大戦が終結すると、大陸ヨーロッパの公文書館は20世紀後期の歴史家に開放され、民族主義的な反独感情が退潮した。ジョージ1世の一生とその治世はビーティー、ハットンといった学者に再び探索され、彼の性格、能力などに対する批評はより寛大な...

    1660年5月28日 - 1679年12月18日:ゲオルク・ルートヴィヒ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公爵殿下
    1679年12月18日 - 1692年10月:ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公子殿下
    1692年10月 - 1698年1月23日:ハノーファー選帝侯子殿下
    1698年1月23日 - 1714年8月1日:ゲオルク・ルートヴィヒ殿下、神聖ローマ帝国の大出納官及び選帝侯、ブラウンシュヴァイク=リューネブルクの公

    妻ゾフィー・ドロテア・フォン・ツェレとの間で2人の子女をもうけている。 1. ジョージ2世(1683年11月9日 - 1760年10月25日) - 1705年、キャロライン・オブ・アーンズバックと結婚。1727年、グレートブリテン王に即位。 2. ゾフィー・ドロテア(1687年3月26日 - 1757年6月28日) - 1706年、ブランデンブルク辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルム(後にプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世)と結婚。 愛妾エーレンガルト・メルジーネ・フォン・デア・シューレンブルクとの間で3人の娘をもうけている。 1. アンナ・ルイーゼ・ゾフィー・フォン・デア・シューレンブルク(1692年1月 - 1773年) - 1707年、エルンスト・アウグスト・フィリップ・フォン・デム・ブッシェ=イッペンブルクと結婚、1714年以前に結婚を解消。1722年、神聖ローマ帝国カール6世によりデーリッツ女伯に叙される。 2. ペトロニナ・メルジーネ・フォン・デア・シューレンブルク(1693年 - 1778年) - 一代貴族ワルシンガム女伯爵に叙される。1733年、第4代チェスターフィールド伯爵と結婚。 3. マルガレーテ・ゲルトルート・フォン・エインハウゼン(1701年 - 1726年) - 1722年、シャウムブルク=リッペ伯アルブレヒト・ヴォルフガング(英語版)と結婚。

    ^ a b ジョージ1世の存命中、グレートブリテン王国はユリウス暦を使用したが、ハノーファーでは1700年3月1日(ユリウス暦。グレゴリオ暦では2月19日)にグレゴリオ暦を採用した。
    ^ 長子相続制において、イギリスの王位継承順位では50人以上のカトリックがジョージより上の順位にあったが、1701年王位継承法によりカトリックがイギリス王位を継承することは禁止され、プロテスタントの間ではジョージがアンの最も近い近親者であった。これに対し、ジャコバイトはジョージを廃位して、ジェームズ2世の息子でカトリックのジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアートを王位につけようとした...
    Black, Jeremy (2001). Walpole in Power. Stroud, Gloucestershire: Sutton Publishing. ISBN 0-7509-2523-X
    Carswell, John (1960). The South Sea Bubble. London: Cresset Press
    Dickinson, Harry T. (1973). Walpole and the Whig Supremacy. Introduced by A. L. Rowse. London: The English Universities Press. ISBN 0-340-11515-7
    Erleigh, Viscount (1933). The South Sea Bubble. Manchester: Peter Davies Ltd
  6. ハノーヴァー朝 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ハノーヴァー朝
    • 概要
    • 歴史
    • 歴代君主一覧
    • 関連項目

    ハノーヴァー家(House of Hanover [ˈhænoʊvər, ˈhænəvər]、ドイツ語ではハノーファー家)は、ドイツのヴェルフ家(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家)の流れを汲む神聖ローマ帝国の諸侯の家系で、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公領の分邦の一つカレンベルク侯領(1692年からハノーファー選帝侯領)の君主の家系であった。ステュアート家の血筋を引いていたことからイギリスの王家(上記ハノーヴァー朝)となり、ハノーファー選帝侯領(1814年からハノーファー王国)とイギリスの君主を兼ねる同君連合体制をとった。 1837年、女王ヴィクトリアの即位によりサリカ法(女王の即位を認めない)を採るハノーファー王国との同君連合を解消した。 1901年のヴィクトリアの崩御後は、夫(王配)であったアルバートの家名を取って、サクス=コバーグ=ゴータ朝と称される。その後、第一次世界大戦中に、ジョージ5世が敵国ドイツ帝国の領邦の名が冠されている家名を避け、1917年に王宮の所在地ウィンザーにちなみウィンザー家と家名を改称した。 これらは別項で扱うが、ヴィクトリア女王で血統が断絶したわけでないため、ハノーヴァー朝の継続と見なされることがある。 なお、初代(ジョージ1世)から4代(ジョージ4世)まで、連続して4人の「ジョージ」(ゲオルク)という名の王が在位していたことから、この時期を特にジョージ王朝(時代)と称することがあり、文化史ではこの時期を中心とした「ジョージアン時代」という区分もある。

    イングランド王兼スコットランド王であるウィリアム3世が1694年に妻のメアリー2世女王と死別した際、2人の間には嗣子がなかった。そこでメアリーの妹アン(ウィリアム3世の死後に女王となる)とその夫ジョージの子が王位を継ぐことが期待されたものの、同時期にアンは流産と死産を繰り返し、産まれた子もことごとく夭折した。そのため国王の最有力候補はアンの異母弟ジェームズ(老僭王)となったが、カトリック信徒であるジェームズの即位は忌避され、イングランド議会において1701年王位継承法が制定された。この王位継承法によって、ジェームズ1世の外孫であるハノーファー選帝侯妃ゾフィーおよびその子孫に継承権者が限定された。また、この制定に反発するスコットランド王国を様々な手段で抑え込んだ末、1707年にイングランド王国とスコットランド王国は合同し、グレートブリテン王国が成立した。 1714年、アン女王が逝去すると、王位継承法に従って、ゾフィーの息子(アンの又従兄にあたる)ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒが国王として迎えられ、選帝侯を兼ねたままグレートブリテン王およびアイルランド王ジョージ1世となった。 グレートブリテン王国は1801年にアイルランド王国と合同してグレートブリテンおよびアイルランド連合王国に再編され、ジョージ3世が最初の国王となった。 ハノーファーではサリカ法を採り、女子の継承を認めていなかったため、1837年のヴィクトリア女王のイギリス(連合王国)女王即位をもって同君連合を解消し、ハノーファー王家はイギリス王家から分枝した。 初期の国王がドイツ出身であるため流暢な英語が話せず、またイギリスの独特な政治事情にも不慣れであったことから、イギリスでは有力な閣僚に国政を委ねる議院内閣制がこの時代に確立されていった。また、国王の関心がむしろドイツをはじめとする大陸ヨーロッパの情勢に向いていたこともあり、オーストリア継承戦争、七年戦争といった大陸での戦争に関与していった。アメリカ独立戦争への大陸諸国の介入などは、逆にこれが影響している面がある。 また、前王朝時代の名誉革命に始まるフランスとの対立は、ナポレオン戦争が終結するまで100年以上に及んだ。これは第2次百年戦争と総称されることもあるが、一連の戦争においてはアメリカ独立戦争を除いて全てイギリスが勝利し、イギリスはヨーロッ...

    グレートブリテン国王兼アイルランド国王

    1. ジョージ1世(1714年 - 1727年) - ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒ(1689年 - ) 2. ジョージ2世(1727年 - 1760年) - ハノーファー選帝侯ゲオルク2世アウグスト 3. ジョージ3世(1760年 - 1800年) - ハノーファー選帝侯ゲオルク3世

    グレートブリテンおよびアイルランド連合王国国王

    1. ジョージ3世(1801年 - 1820年) - ハノーファー選帝侯(王)ゲオルク3世 1.1. 1814年にハノーファー選帝侯国は王国に昇格した。 2. ジョージ4世(1820年 - 1830年) - ハノーファー王ゲオルク4世 3. ウィリアム4世(1830年 - 1837年) - ハノーファー王ヴィルヘルム 4. ヴィクトリア(1837年 - 1901年) 4.1. ハノーファーはサリカ法を採り女王の即位を認めていなかったため、ハノーファー王位はカンバーランド公アーネスト(エルンスト・アウグスト)が継承し、同君連合は解消された。 なお、どの君主も例外なくドイツの小領邦から王妃や王配を迎えている。これは1701年王位継承法の規定によりカトリック教徒との結婚ができなかったこと、またドイツ諸侯としてのハノーヴァー家の家法により貴賤結婚ができなかった(領邦の規模にかかわらずドイツの領主は同格であると見なされたが、一方でイギリス国王の臣下の貴族などは婚姻対象にならない)ことによる。そうした事情もあって、宮廷にはドイツ系の人物が多かったと言われる。また同じ事情で、フランスやスペイン...

  7. ハノーファー君主一覧とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › ハノーファー選帝侯

    ゲオルクの息子であるエルンスト・アウグストは1692年に選帝侯位を獲得し、それは居住地であるハノーファーに因んでハノーファー選帝侯と呼ばれるに至った。

  8. ゾフィー・フォン・デア・プファルツ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ゾフィー・フォン
    • 家系
    • 生涯
    • 子女
    • 脚注
    • 参考文献
    • 関連項目

    兄にプファルツ選帝侯カール1世ルートヴィヒ、カンバーランド公ルパート、モーリッツ、プファルツ=ジンメルン伯エドゥアルト、フィリップが、姉に哲学者として知られるエリーザベト、画家として知られるルイーゼ・ホランディーネ、ヘンリエッテ・マリーがいる。またブランデンブルク選帝侯兼プロイセン公フリードリヒ・ヴィルヘルムは父方の従兄、イングランド王チャールズ2世・ジェームズ2世兄弟は母方の従兄に当たる。 17世紀後半以降のイギリスは、清教徒革命(イングランド内戦)、王政復古、名誉革命が相次いで起こり、情勢が混乱していた。そして、名誉革命以降に王座に就いたメアリー2世とウィリアム3世の夫妻、アンのいずれにも王位継承可能な嗣子がなかった。 ゾフィーの母方の祖父がイングランドとスコットランドの王ジェームズ1世であり、かつ彼女がプロテスタントであったこと、そして兄・姉たちやその子孫がいずれも死去していたかカトリックであったため、ゾフィ―が唯一の適任者だった。 1700年、アンが36歳を目前に17回目の妊娠を死産で終え、さらに唯一成長していたウィリアム王子が逝去する。翌1701年に「ステュアート家の血を引いており、カトリックではない者」と規定された王位継承法によってイングランドとスコットランド(合同してグレートブリテン王国となるのは1707年)のアンに次ぐ王位継承権者に定められた。 アンは1702年に女王に即位し、1714年に崩御した。ゾフィーはアンより2ヶ月早く逝去していたため、ゾフィーの長男であるハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒがジョージ1世として王位を継承した。 ゾフィーの兄姉のうち、子孫を残したのは、カール1世ルートヴィヒ、カンバーランド公ルパート、プファルツ=ジンメルン伯エドゥアルトの3人の兄だけである。このうちエドゥアルトは自身がカトリックに改宗し、カール1世ルートヴィヒの正嫡子孫で生き残ったのはやはりカトリックであるオルレアン公フィリップ1世妃エリザベート・シャルロット(リーゼロッテ)の子孫である。カール1世ルートヴィヒのその他の子供と、カンバーランド公の子供は全員が非嫡出子(庶子)扱いで、イギリスに限らずどこの欧州王室も非嫡出子の継承は最初から排除されていたため(2013年王位継承法でも非嫡出子の継承は認められていない)、やはり継承権は無かった。そのため、ゾ...

    1630年、両親の亡命先であるオランダのハーグで生まれた。オランダで教育を受けていたが、1648年に兄のカール1世が三十年戦争を終結させたヴェストファーレン条約によりプファルツ選帝侯としてドイツへ戻ると、1650年にゾフィーもプファルツへ移住した。数学・法学・歴史を学び数か国語に堪能な才女に育ったという。 はじめはブラウンシュヴァイク=リューネブルク公ゲオルク・ヴィルヘルムと婚約していたが、美しかったゾフィーが嫁ぐ前に天然痘にかかってしまい、婚約を破棄された。その後ゲオルク・ヴィルヘルムは、愛妾であったフランスの小領主の娘エレオノール・ドルブリューズと結婚したため、ゾフィーは深くゲオルク・ヴィルヘルムを恨むようになった。 1658年にゲオルク・ヴィルヘルムの弟エルンスト・アウグストと結婚したが、成人したうちでも4番目の男子であった夫には当時、公位を継ぐ可能性はほとんどなかった。しかし兄たちが嗣子なくして死去したために、エルンスト・アウグストは父ゲオルクの遺領を相続し、さらに1692年には選帝侯位を授けられた。 息子ゲオルク・ルートヴィヒは、1682年にゲオルク・ヴィルヘルムの娘ゾフィー・ドロテアと結婚したが、過去のいきさつやゾフィー・ドロテア自身がこの結婚を嫌がったことなどから、嫁姑の関係は良くなかった。 嫁には冷たく当たったが、姪エリザベート・シャルロット(リーゼロッテ)とは仲が良く、結婚の翌年の1659年にリーゼロッテを長兄から預けられると1663年まで彼女の世話を務め、1671年にリーゼロッテが政略結婚でフランス王ルイ14世の弟オルレアン公フィリップ1世に嫁いだ後は亡くなるまで文通を続けた。リーゼロッテと再会したのは1679年にフランスで行われたフィリップ1世と先妻の娘マリー・ルイーズとスペイン王カルロス2世の代理結婚式に列席した時で、以後リーゼロッテと会うことはなかった。 一方、夫は愛人クララ・エリーザベト・フォン・プラーテン(英語版)を囲いゾフィーの才能を理解しなかったため夫婦関係は良くなかったが、ゾフィーは政治力に優れよく夫を助けた。2人の孫ゲオルク・アウグスト(後のジョージ2世)とゾフィー・ドロテアを養育してゲオルク・アウグストの妃選びにも奔走し、ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒの娘カロリーネ(キャロライン)を見つけ出した...

    フリードリヒ・アウグスト(1661年 - 1690年)
    ゾフィー・シャルロッテ(1668年 - 1705年) - プロイセン王フリードリヒ1世と結婚
    森護『英国王妃物語』三省堂、1986年。
    森護『英国王室史事典』大修館書店、1994年。
    宮本絢子『ヴェルサイユの異端公妃 リーゼロッテ・フォン・デァ・プファルツの生涯』鳥影社、1999年。
    友清理士『スペイン継承戦争 マールバラ公戦記とイギリス・ハノーヴァー朝誕生史』彩流社、2007年。
  9. Sophia of Hanover - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Sophia_of_Hanover

    Sophia of Hanover (born Princess Sophia of the Palatinate; 14 October 1630 – 8 June 1714) was the Electress of Hanover by marriage to Elector Ernest Augustus, and later the heiress presumptive to the thrones of England and Scotland (later Great Britain) and Ireland under the Act of Settlement 1701.

  1. Anuncios
    relacionados con: ハノーファー選帝侯 wikipedia