Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncio
    relacionado con: ロンドン wikipedia
  1. ロンドン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ロンドン

    ロンドン( London [ˈ l ʌ n d ə n] (音声ファイル) (ランドン))は、イギリスおよびこれを構成するイングランドの首都。ロンドン市と29のロンドン特別区(英語: London Borough 。ウェストミンスター市を含む。)、3つの王立区から成る。

  2. London - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › London

    Capital city in England London Capital city Clockwise from top: City of London in the foreground with Canary Wharf in the far background, Trafalgar Square, London Eye, Tower Bridge and a London Underground roundel in front of Elizabeth Tower London Location within the United Kingdom Show map of the United Kingdom London Location within England Show map of England London Location within Europe ...

    • 11 m (36 ft)
    • England
  3. ロンドンの歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ロンドンの歴史

    ロンドンは730年代にマーシア王国の直接の支配下に置かれるようになったようだ。 9世紀のほとんどを通してバイキングによる襲撃は頻繁になり、特に830年頃以降ますます頻繁になった。ロンドンは842年と851年に略奪された。

  4. グレーター・ロンドン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › グレーター・ロンドン
    • 歴史
    • 地理
    • 統治
    • 人口統計
    • 経済
    • 宗教
    • 教育
    • 姉妹都市
    • 郵便区域
    • 関連項目

    Greater London(グレーター・ロンドン)という語は、統治、統計、歴史、日常など、さまざまな分野を説明するために使用されている。 典礼カウンティの面では、ロンドンは小さなシティ・オブ・ロンドンと、それよりもはるかに大きなグレーター・ロンドンに区分される。この編成は、ロンドンという地域が成長を続け、隣接する地域を吸収合併していく中でも、一連の行政改革がシティ・オブ・ロンドンを周辺の都市的地域と合併させることなく、その独特の政治機構を存続させてきたために生じたものである。シティを囲む境界線の外側では、1855年以来多様な行政区画の配置が行われ、最終的には1965年に行政区域としてのグレーター・ロンドンが創設されるに至った。 Greater London(グレーター・ロンドン)という用語は、1965年よりもかなり前から使われており、特にロンドン警視庁管区(Metropolitan Police District) (1901年の国勢調査にて)、首都水道委員会(Metropolitan Water Board) (ロンドン・カウンティ・カウンシルが統計において援用)、ロンドン旅客運輸地域および戸籍登録長官(Registrar General) がGreater London Conurbation(グレーター・ロンドン・コナーベーション)として定義した地域 において、言及がみられる。The Greater London Arterial Road Programmeという幹線道路計画は、1913年から1916年までの間に考案された。初期の形式で比較的大規模なものとして、Greater London Planning Region(1927年考案)があり、この区域は1,856平方マイル (4,810 km2)の面積に900万人の人口が占めていた。

    グレーター・ロンドンは継続してグレーター・ロンドン都市的地域(Greater London Urban Area) およびその歴史的な緩衝地帯の最も密接に関連する部分を含んでいる。このようにして、5つの特別区では、市内の公園と同様の方法で指定された緑地を守るメトロポリタン・グリーンベルト(Metropolitan Green Belt) の重要な部分を含んでいる。グレーター・ロンドンは、北方ではハートフォードシャー、西方ではバークシャーとバッキンガムシャー、南東ではケント、南方および南西ではサリーの“ホーム・カウンティ(英語版)”と隣り合っている。標高が最も高い地点はケントとの境界線上にあるノース・ダウンズ(英語版)のウェスターアン・ハイツ (Westerham Heights) で、標高は245メートルである。 1965年の設置以来、中央政府はグレーター・ロンドンの境界線の変更(英語版)を重ねてきたが、中でも最大の変更は1969年のファーリー(英語版)のサリーへの編入とノックホルト(英語版)のケントへの編入である。そのほかには、テムズ内の2島をサリーと交換したり、1990年代に環状自動車道であるM25高速道路近くの3つの特別区の境界線の一部を調整したりしたことが挙げられる。この環状高速道路の外側に位置するグレーター・ロンドンの唯一の部分は、その中心から最も遠い土地であるノース・オッケンドンである。 グレーター・ロンドンの大部分は2008年2月4日に発効したロンドン低排出ゾーン(London low emission zone) を形成している。

    ロンドン市長

    ロンドン市長(Mayor of London) は直接公選制の政治家で、ロンドン議会と協力して、グレーター・ロンドンの戦略的政府に責任を負う。

    ロンドン議会

    ロンドン議会(London Assembly) の議員選挙は、ロンドンを14の選挙区に分割し、各選挙区に2つないし3つの特別区を代表させて行われる。このうち、シティ・オブ・ロンドンはシティ・アンド・イースト(City and East) 選挙区の一部である。

    英国議会

    英国議会下院の総選挙において、ロンドンは73の国政選挙区(Parliamentary borough constituencies) に分かれており、それらは1つまたは2つ以上の特別区から、複数の区(wards) が合体した地区から構成される。典型的に、1つの特別区(borough) は、2つか3つの選挙区にわたっている。

    工業化が進んだことにより、19世紀から20世紀初めにかけて、ロンドンの人口は急速に成長し、1925年にニューヨークにその座を奪われるまで、世界で最も人口の多い都市であった。人口がピークに達したのは1939年で、当時の人口は8,615,245人であった。 ロンドンの連続的な都市圏はグレーター・ロンドンの境界線を越えて拡大し、2005年には推計9,332,000人が在住していた[要出典]。一方で、グレーター・ロンドンよりも広範囲に及ぶ都市圏人口は、都市圏の定義にもよるが、1200万人から1400万人程度である。 リージョンの面積は1,579平方キロメートルで、人口密度は4,761人/平方キロメートルである。これは、他のどのイギリスのリージョンと比べても10倍以上の数字である。人口の多さという点では、ロンドンは世界で25番目の都市であり、17番目の都市的地域である[いつ?]。米ドル換算の億万長者の居住者数では、世界第4位の都市である。また、東京とモスクワに並んで、世界で最も生活費のかかる都市の1つでもある。

    次の表は、国家統計局が 公表 (pp. 240–253) した、インナー・ロンドンの当期基本価格ベースの地域別粗付加価値額(英語版) (GVA) の傾向を示す(単位は全て「100万英ポンド」)。 Eurostatのデータは、インナー・ロンドンの域内総生産 (GDP) は2009年には2320億ユーロを計上し、一人当たりのGDPは78,000ユーロであったことを示している。 次の表は、国家統計局が 公表 (pp. 240–253) した、アウター・ロンドンの当期基本価格ベースの地域別粗付加価値額(英語版) (GVA) の傾向を示す(単位は全て「100万英ポンド」)。 Eurostatのデータは、アウター・ロンドンの域内総生産 (GDP) は2009年には1030億ユーロを計上し、一人当たりのGDPは21,460ユーロであったことを示している。

    最大の宗教的集団を形成しているのはキリスト教徒 (48.4%) で、ムスリム (12.4%) 、ヒンドゥー教徒 (5.1%) 、ユダヤ教徒 (1.8%) 、シク教徒 (1.5%) がそれに続き、無宗教の人々も相当の割合である (20.7%) 。イギリスは伝統的にキリスト教徒の国であり、ロンドン(特にシティ)は多くの教会を抱える。シティにあるセント・ポール大聖堂とテムズ川南岸にあるサザーク大聖堂は共に聖公会の行政上の中心地[訳語疑問点]であるが、イングランド国教会および世界中に広がるアングリカン・コミュニオンの長たるカンタベリー大主教の公邸はランベス区のランベス宮殿にある。 国家および王室の重要な儀式はセント・ポール大聖堂とウェストミンスター寺院との間で分かち合われている。この寺院は、その近隣にあるイングランドおよびウェールズで最大のローマ・カトリック教会の大聖堂であるウェストミンスター大聖堂と混同すべきでない。ロンドンにおける宗教的実践は、他のイギリスあるいは西欧のどの地域での実践よりも低く、アメリカの平均のおよそ7倍低い。聖公会系の教会が広く普及しているにもかかわらず、近年は(特にロンドンの福音的な聖公会系教会で)礼拝出席者が増え始めているものの、毎週の行事はその教派内においては少ない。 ロンドンは相当に大きなヒンドゥー教徒、ムスリム、シク教徒およびユダヤ教徒の諸コミュニティの本拠地でもある。多くのムスリムがタワーハムレッツ区とニューアム区に居住しており、ホワイトチャペル地区のイースト・ロンドン・モスク(英語版)とリージェンツ・パークの辺縁に位置するロンドン中央モスク(英語版)は最も重要なムスリム建築である。ロンドン北西部のハーロウ区とブレント区にはヒンドゥー教徒の大きなコミュニティがあり、後者には欧州最大のヒンドゥー教の寺院の1つであるニーズデン(英語版)寺院がある。 シク教徒の諸コミュニティはイースト・ロンドンとウェスト・ロンドンにあり、特に西部のイーリング区にあるサウスオール(英語版)地区には、ロンドンで最大のシク教寺院がある。イギリスのユダヤ教徒の大多数はロンドンに居住しており、重要な諸コミュニティがスタンフォード・ヒル(英語版)地区(ニューヨーク市とイスラエル以外では最大の正統派の地域)と、ノース・ロンドンのセント・ジョンズ・ウッド(英語版)、ゴル...

    1988年教育改革法(英語版)が1990年に制定されて以来、公的資金で賄われる教育は、シティ・オブ・ロンドンおよびロンドン32区に対応する、33の地方教育局(LEAs) を通じて管理されている。1965年から1990年までは、インナー・ロンドン12区とシティ・オブ・ロンドンの教育はインナー・ロンドン教育局(英語版)が管轄していた。 回状 10/65(Circular 10/65) の指示により導入された総合制中等学校(comprehensive school) は、主にグレーター・ロンドンでみられた一方、いくつかのアウター・ロンドンの特別区では19校のグラマースクール(最多はサットン区で5校、ベクスリー区で4校、その他の5区で残りの10校)が存続された。これらの区の公立学校 (state schools) の教育は、(比較的少数の)インデペンデント・スクールよりも優れている。インナー・ロンドンでは私立学校 (private schools) が常に最高の成績を取っており、数の上でも公立校より多い。義務教育修了に相当する中等教育修了一般資格(General Certificate of Secondary Education, GCSE) および大学入学資格に相当するGCE-Aレベル(GCE-A level) の試験で、アウター・ロンドンの特別区はインナー・ロンドンの特別区よりも広範に良い成績を残している。 GCSE試験で最上位の成績を出した区はキングストン・アポン・テムズ区で、僅差でサットン区がそれに次ぐ成績であった。両特別区はセレクティブスクール (selective schools) を有しており、LEAsが管理するイングランドにおいて、GCSE試験の平均点の上位2位を占めている。次いで、ケンジントン・アンド・チェルシー区がイングランドで3位で、レッドブリッジ区、ハマースミス・アンド・フラム区、ブロムリー区、バーネット区およびハーロウ区がそれに続く。GCSE試験の成績がイングランドの平均を下回ったのは10区のみである。2009年のGCSE試験では全体的に、グレーター・ロンドンはイングランドのリージョンの中で最も良い成績を残した。グレーター・ロンドンは全般的に裕福なリージョンであり、裕福な地域は一般的にGCSE試験の結果が優良である。シティ・オブ・ロンドンに...

    GLAは以下の各都市と双子都市または姉妹都市提携を結んでいる。 特別区 (Borough) の双子・姉妹都市提携については、イングランドの双子都市および姉妹都市の一覧(List of twin towns and sister cities in England#London) を参照。

    ロンドンの郵便区域(London postal district) はグレーター・ロンドン全域には及んでいない。グレーター・ロンドンの郊外地域には、グレーター・ロンドンの外側にある郵便町名(post town) に基づく住所表記がある。

    地理関連

    1. セントラル・ロンドン(英語版) 2. インナー・ロンドン 3. アウター・ロンドン 4. ロンドン特別区 5. グレーター・ロンドン都市的地域(英語版) 6. ロンドン通勤圏(英語版) 7. ロンドン警視庁管区(英語版) 8. M25モーターウェイ

    政治関連

    1. ロンドン市長 2. グレーター・ロンドン統監の一覧(英語版) 3. グレーター・ロンドン州長官の一覧(英語版) 4. ロンドン計画(英語版) 5. シティ・オブ・ロンドン

    歴史関係

    1. 首都事業委員会(英語版)(1855年-1889年) 2. カウンティ・オブ・ロンドン(英語版)(1889年-1965年) 3. 大ロンドン計画(1944年) 4. グレーター・ロンドン・カウンシル(1965年-1986年)

  5. ロンドン塔 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ロンドン塔
    • 沿革
    • ロンドン塔のカラス
    • ロンドン塔を構成する主な塔櫓・建物など
    • ロンドン塔で処刑された人々
    • 世界遺産
    • 関連作品
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1066年にイングランドを征服したウィリアム征服王が1078年にロンドンを外敵から守るために堅固な要塞の建設を命じ、約20年で現在のホワイト・タワーが完成した。その後、リチャード1世が城壁の周囲の濠の建設を始め、ヘンリー3世が完成させた。 以降、王朝が変遷してからも国王が居住する宮殿として1625年まで使われ、その間、14〜19世紀にかけては造幣所や天文台も兼ね、1640年までは銀行、13世紀から1834年までは王立動物園でもあった。ロンドン塔に最後に居住した王はジェームズ1世とされる。1282年からは、身分の高い政治犯を収監、処刑する監獄としても使用されはじめ、14世紀以降は、政敵や反逆者を処刑する死刑場となり、城塞や王宮としてよりこれらの方で有名となった。第二次世界大戦中、対英和平交渉を結ぶべくドイツから単独で飛来し捕虜となった副総統ルドルフ・ヘスが1941年から1944年まで勾留され、最後の塔の収監者となった。 現在もイギリス王室が所有する宮殿であり、ビーフィーターと呼ばれる衛兵隊によって管理されるほか、現役のイギリス陸軍近衛兵も警護に当たる。観光客が多く訪れる市内観光の目玉になっており、内部にある建物の幾つかは、世界最大のダイヤモンド「偉大なアフリカの星」など様々な歴史的展示物を陳列して、見学できるようになっている。1988年にはユネスコの世界遺産に登録されている。すぐ脇には世界的にも有名な跳ね橋であるタワーブリッジがあり、対岸には巡洋艦ベルファストが記念艦として係留されている。

    ロンドン塔には、世界最大級の大きさであるワタリガラスが一定数飼育されている。ワタリガラスは大型で雑食の鳥で、1666年に発生したロンドン大火で出た大量の焼死者の腐肉を餌に大いに増えたともいわれている(しかし、実際に記録されている死者はわずか5名である)。当然、塔にも多数住み着いたが、チャールズ2世が駆除を考えていた所、占い師に「カラスがいなくなるとロンドン塔が崩れ、ロンドン塔を失った英国が滅びる」と予言されたために諦め、それ以来ロンドン塔では、一定数のワタリガラスを飼育する風習が始まったとされる。 またイギリス人に人気のあるアーサー王伝説において、アーサー王が魔法でワタリガラスに姿を変えられてしまったという伝説もあり、ワタリガラスを殺す事は、アーサー王への反逆行為とも言われ、古くから不吉な事が起こるとされている。 現在でも、ロンドン塔のカラスは「レイヴンマスター」と呼ばれる役職の王国衛士によって養われており、風きり羽を切られて逃げないようにされたものが、豚ガラを餌に半ば放し飼いで飼育されていたが、近年では鳥インフルエンザの罹患をおそれて、飼育舎を設置しての飼育に切り替えられている。約25年の寿命を持つワタリガラスであるが、飼育数が一定数を割ると、野生のカラスを捕獲して補充していたが、最近では人工繁殖にも成功している模様である。なおワタリガラスは気性が荒いため、みだりに観光客がちょっかいを出すと襲われるケースもあるという警告がなされている。

    ホワイト・タワー - ロンドン塔の天守閣にあたる建物。
    ミドル・タワー
    ベル・タワー
    トレイターズ・ゲイト(叛逆者の門)

    ロンドン塔は監獄でもあったことから、ここで処刑もしばしば行われた。以下はそのうち歴史に名を残す著名な人々のリストである。 1471年 ヘンリー6世 1. ランカスター朝最後の王。薔薇戦争でヨーク朝のエドワード4世に捕らえられ、暗殺される。 1483年 エドワード5世とヨーク公リチャード 1. 共にエドワード4世の王子。父の死後ロンドン塔に連れ込まれたまま行方不明となった。王位を簒奪したリチャード3世が殺害したとされる。1674年に二人の子供の骸骨が発見されている。 1535年 ジョン・フィッシャーとトマス・モア 1. 1番目の王妃と離婚するためにローマ・カトリック教会との縁を切って新しい教会を作ろうとしたヘンリー8世の政策に反対したため、反逆罪に問われてタワー・ヒルで処刑された。 1536年 アン・ブーリン 1. ヘンリー8世の2番目の王妃。姦通罪などにより城内のタワー・グリーンで処刑された。アンに着せられた姦通などの罪は濡れ衣であったとされ、ロンドン塔には今でもアン・ブーリンの亡霊が出ると噂される。 1540年 トマス・クロムウェル 1. ヘンリー8世を支えた宰相。クロムウェルの推挙により4番目の王妃としてイングランドへ輿入れしてきたアン・オブ・クレーヴズをヘンリー8世が気に入らず、わずか半年ほどで離縁。クロムウェルもこの責任を取らされてタワー・ヒルで処刑された。 1542年 キャサリン・ハワード 1. ヘンリー8世の5番目の王妃。アン・ブーリンと同様に姦通罪に問われ、不貞の手引きをしたとされる女官のロッチフォード子爵未亡人ジェーン・ブーリンと共にタワー・グリーンで処刑された。 1554年 ジェーン・グレイ 1. ヘンリー7世の曾孫。エドワード6世の死後、有力貴族の思惑でイングランド女王に擁立されたが、メアリー1世に敗れ9日間で廃位。タワー・グリーンで処刑された。なお夫ギルフォード・ダドリーも同日タワー・ヒルで処刑された。 1601年 エセックス伯ロバート・デヴルー 1. エリザベス1世の寵臣。反乱を企てたためタワー・グリーンで処刑された。

    登録基準

    この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。 1. (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。 2. (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

    『倫敦塔』

    1. 夏目漱石の小説。

    『帽子収集狂事件』

    1. ジョン・ディクスン・カーの小説

    『ドクター・フー』

    1. イギリスのSFドラマ。対エイリアン組織UNITの本拠地がロンドン塔という設定である。

    • Tour de Londres
    • Tower of London
  6. London Underground - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › London_Underground

    Yerkes soon had control of the District Railway and established the Underground Electric Railways Company of London (UERL) in 1902 to finance and operate three tube lines, the Baker Street and Waterloo Railway (Bakerloo), the Charing Cross, Euston and Hampstead Railway (Hampstead) and the Great Northern, Piccadilly and Brompton Railway, (Piccadilly), which all opened between 1906 and 1907.

  7. Japanese community of London - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Japanese_community_of_London

    Japanese nationals residing in London, in common with members of the wider Japanese community in the United Kingdom, include business professionals and their dependents on limited term employment visas, trainees, young people participating in the UK government sponsored Youth Mobility Scheme, students, as well as Japanese emigrants and their descendants who have settled in the city.

  8. ロンドン・ヒースロー空港 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ロンドン
    • 概要
    • 歴史
    • 就航航空会社
    • コンコルド
    • アクセス
    • 宿泊施設
    • 事故・事件
    • 外部リンク

    1959年にクロイドン空港が閉鎖したことに伴い、ロンドンを代表する国際空港となった。滑走路は並行に2本あり、それぞれ3,902 m、3,658 mの長さを持ち、パリのシャルル・ド・ゴール空港、フランクフルトのフランクフルト空港、アムステルダムのスキポール空港と並び、ヨーロッパの大規模空港である。旅客ターミナル4つと貨物ターミナル1つを持つ。グレーター・ロンドンの西端に位置し、ロンドン中心市街地などとのアクセスは比較的便利なものの、周辺を住宅地に囲まれていることから騒音規制が厳しいことでも有名である。 この空港には通常の計器着陸装置 (ILS)だけでなく、MLS(マイクロ波着陸装置)と呼ばれる航法施設も設置されている。

    開港

    1929年に、「グレート・ウェスタン・エアロドローム (Great Western Aerodrome) 」という飛行場が出来たのが最初である。この飛行場はフェアリー・アビエーションの私有で、航空機の組み立ておよびテストに使用された。ヒースロー空港の名前の由来は、空港完成時に消滅した「ヒース・ロー(Heath Row、ヒース通り)」という道もしくは集落の名前からきている。

    第二次世界大戦前後

    第二次世界大戦が始まると、ロンドンの南にあったクロイドン空港の代替として少量の商業空輸が取り扱われるようになったが、1944年に、イギリス空軍に接収された。1945年一本目の滑走路が建設完了した。第二次世界大戦終戦後の1946年1月には、イギリス民間航空局に返還され、1946年3月31日、民間空港として開港し、同年5月31日に商用飛行を開始した。

    ジェット機向け改修

    この頃の当空港の滑走路は、プロペラ機用の短いものであった。またあらゆる風の向きでも離着陸可能なように交差していたため、1952年に就航した初のジェット旅客機であるデ・ハビランド DH.106 コメットの就航を受けて、近代的な配置へと改良が進められた。 コメットが初就航した翌年の1953年に新滑走路が完成し、エリザベス2世女王が招かれて、新しい滑走路オープンの記念式典が行われた。

    ターミナル1(欠番)

    2015年6月29日をもって閉鎖。解体され、ターミナル2の拡張用地になった。

    ターミナル2

    2014年6月にオープンした最新のターミナルである。正式名称は「The Queen’s Terminal」。スターアライアンス加盟航空会社専用のターミナルとなった。まずはユナイテッド航空が移転し、2014年10月までにスターアライアンス加盟各社が順次移転した。

    ターミナル5

    ブリティッシュ・エアウェイズのファーストクラス専用ラウンジ『コンコルド・ルーム』がある。イギリス・スカイトラックス社による2019年「ワールド・エアポート・アワード」で「世界最高の空港ターミナル」に選定された。 1. ターミナル5 2. T5 サテライト 3. ターミナル5 内部 4. 『コンコルド・ルーム』

    ヒースロー空港の滑走路 (ランウェイ27L) の脇には、かつてこの空港をハブにするブリティッシュ・エアウェイズが所有していた、超音速旅客機のコンコルドの機体が、現在も保存されて駐機している。ただしこれは、展示されているものではない。また、以前は空港付近を走る道路の脇にも、コンコルドの大型模型が展示されていたが、現在はエミレーツ航空機 (エアバスA380) の模型に置き換えられてしまった。

    鉄道

    空港内には、ヒースロー・エクスプレスおよびヒースロー・コネクトといった空港アクセス列車、もしくはロンドン地下鉄ピカデリー線の列車が発着する。 このうち、ターミナル2~3にはヒースロー・セントラル駅(ヒースロー・エクスプレス、ヒースロー・コネクト)およびヒースロー・ターミナルズ2,3駅(地下鉄)が、ターミナル4にはヒースロー・ターミナル4駅 (BAA)(ヒースロー・コネクト)およびヒースロー・ターミナル4駅 (ロンドン地下鉄)がアクセス駅となる。ターミナル5にはヒースロー・ターミナル5駅(ヒースロー・エクスプレス、地下鉄)が最寄。 ヒースロー・エクスプレスはロンドン中心部のパディントン駅から15分間隔で運行されており、途中ノンストップで所要15分(運賃:Express Class 22ポンド(2020年1月現在))。また、途中のほとんどの駅に停車して所要25分、ヒースロー・エクスプレスよりも運賃が安いヒースロー・コネクトが30分間隔で運行されている。なお、ヒースロー・エクスプレスはターミナル5駅へ、ヒースロー・コネクトはターミナル4駅へそれぞれ向かうため、途中のヒースロー・セントラ...

    タクシー

    ロンドンタクシーがヒースロー空港の各ターミナルの乗り場に待機している。

    バス

    各ターミナルからロンドン市内の主要エリアやホテル、駅や、ガトウィック空港、シティ空港、ルートン空港、スタンステッド空港のロンドンの各空港へのバス路線が運行されている。

    空港敷地内にヒルトンとヨーテル(ターミナル4)、ソフィテル(ターミナル5)の各ホテルがある他、空港周辺にはホリデイ・インやシェラトン、マリオットなどの国際チェーンの高級ホテルからB&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)まで多数の宿泊施設がある。

  9. London Eye - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › London_Eye

    The London Eye, or the Millennium Wheel, is a cantilevered observation wheel on the South Bank of the River Thames in London. It is Europe's tallest cantilevered observation wheel, and is the most popular paid tourist attraction in the United Kingdom with over 3 million visitors annually.

  10. Tramlink - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › London_Tramlink

    Tramlink, previously Croydon Tramlink, is a light rail tram system serving Croydon and surrounding areas in South London, England. It began operation in 2000, the first tram system in London since 1952. It is owned by London Trams, part of Transport for London (TfL), and has been operated by FirstGroup since 2017.

    • Tramlink Depot, Coomber Way, Croydon, CR0 4TQ
    • South London
  1. Anuncio
    relacionado con: ロンドン wikipedia