Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 67.100 resultados de búsqueda
  1. Anuncios
    relacionados con: 壬午 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Search From Wikipedia. Learn More Online Now.

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 壬午壬午 - Wikipedia

    壬午(みずのえうま、じんすいのうま、じんご)は、干支の一つ。 干支の組み合わせの19番目で、前は 辛巳 、次は 癸未 である。 陰陽五行 では、 十干 の 壬 は陽の 水 、 十二支 の 午 は陽の 火 で、 相剋 (水剋火)である。

  2. 壬午年 []. 中國傳統紀年 農曆的干支紀年中一個循環的第19年稱「壬午年」。 以下各個公元 年份,年份數除以60餘22,或年份數減3,除以10的餘數是9,除以12的餘數是7,自當年立春起至次年立春止的歲次內均為「壬午年」:

    某平年首次及其他壬午日
    適用的 儒略曆 西元 平年
    適用的 格里曆 平年
    1月1日、3月2日、5月1日、6月30日、8月29日、10月28日、12月27日 ...
    82年、162年、242年、322年、402年、482年、562年、642年、722年、802年、882年、962年、1042年、1122年、1202年、1282年、1362年、1442年、1522年、1602年、…… ...
    1661年、1707年、1787年、1810年、1890年、1913年、1993年、2073年 ...
    1月2日、3月3日、5月2日、7月1日、8月30日、10月29日、12月28日 ...
    59年、139年、219年、299年、379年、459年、539年、619年、699年、779年、859年、939年、1019年、1099年、1179年、1259年、1339年、1419年、1499年、1579年、…… ...
    1638年、1741年、1867年、1970年、2050年 ...
    1月3日、3月4日、5月3日、7月2日、8月31日、10月30日、12月29日 ...
    13年、93年、173年、253年、333年、413年、493年、573年、653年、733年、813年、893年、973年、1053年、1133年、1213年、1293年、1373年、1453年、1533年、1613年、…… ...
    1615年、1695年、1718年、1798年、1821年、1947年、2027年 ...
    1月4日、3月5日、5月4日、7月3日、9月1日、10月31日、12月30日 ...
    70年、150年、230年、310年、390年、470年、550年、630年、710年、790年、870年、950年、1030年、1110年、1190年、1270年、1350年、1430年、1510年、1590年、…… ...
    1649年、1775年、1878年、1901年、1981年、2061年 ...
  3. en.wiktionary.org › wiki › 壬午壬午 - Wiktionary

    壬午. The nineteenth term of the Chinese sexagenary cycle, sometimes glossed as " Water Horse " from its associated terms in the Chinese elements and zodiac.

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 壬午軍乱壬午軍乱 - Wikipedia

    • 背景
    • 軍乱の発生
    • 軍乱の収束
    • 軍乱の影響
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    李王朝下の朝鮮では、国王みずからが売官をおこない、支配階級たる両班による農民への苛斂誅求、不平等条約の特権に守られた日清両国商人による収奪などにより民衆生活が疲弊していた。王宮の内部では、清国派、ロシア派、日本派などにわかれ、外国勢力と結びついた権力抗争が繰り広げられていた。とくに、宮中では政治の実権をめぐって、国王高宗の実父である興宣大院君と高宗の妃である閔妃が激しく対立していた。 当時、朝鮮の国論は、清の冊封国(属邦)としての立場の維持に重きをおいて事大交隣を主義とする守旧派(事大党)と朝鮮の近代化を目指す開化派に分かれていた[注釈 1]。このうち後者はさらに、国際政治の変化を直視し、外国からの侵略から身を守るには、すでに崩壊の危機に瀕している清朝間の宗属関係に依拠するよりは、むしろこれを打破して独立近代国家の形成をはからなければならないとする急進開化派(独立党)と、より穏健で中間派ともいうべき親清開化派に分かれていた。親清開化派は、清朝宗属関係と列国の国際関係を対立的にとらえるのではなく、二者併存のもとで自身の近代化を進めようというもので、閔氏政権の立場はこれに近かった。急進開化派は、朝鮮近代化のモデルとして日本に学び、日本の協力を得ながら自主独立の国を目指そうという立場であり、金玉均や朴泳孝ら青年官僚がこれに属した。 開化政策への転換に対しては、守旧派のなかでも特に攘夷思想に傾斜した儒者たちのグループ(衛正斥邪派)が強く反発した。辛巳の年1881年には年初から中南部各道の衛正斥邪派の在地両班は漢城府に集まって金宏集(のちの金弘集)ら開化政策を進める閣僚の処罰と衛正斥邪策の実行を求める上疏運動を展開した(辛巳斥邪上疏運動)。閔氏政権は、上疏の代表であった洪在鶴を死刑に処したほか、上疏運動の中心人物を流罪に処するなど、これを厳しく弾圧した。衛正斥邪派は大院君をリーダーと仰ぎ、この年の夏には、安驥泳らが閔氏政権を倒したうえで大院君の庶長子(李載先)を国王に擁立しようというクーデター計画が発覚している[注釈 2]。 清朝間の宗属関係についてであるが、厳密には古代以来の冊封-朝貢体制における「属邦」と近代国際法における「属国」とは性格を異にしている。しかし、朝貢国として琉球を失うなど国際的地位の低下に危機感をつのらせた清朝は、日本や欧米諸国が朝鮮を清の属国とは認...

    俸給米不正支給から暴動へ

    日朝修好条規の締結により開国に踏み切った朝鮮政府は、開国5年目の1881年5月、大幅な軍政改革に着手した。閔妃一族が開化派の中心となって日本と同様の近代的な軍隊の創設を目指した。近代化に対しては一日の長がある日本から軍事顧問として堀本礼造陸軍工兵少尉を招き、その指導の下、旧軍とは別に新式装備をそなえる新編成の「別技軍」を組織して西洋式の訓練をおこなったり、青年を日本へ留学させたりと開化政策を推進した。別技軍には、日本が献納した新式小銃はじめ武器・弾薬は最新式のものが支給され、その隊員も両班の子弟が中心でさまざまな点で優遇されていた。別技軍は、各軍営から80名の志願兵を選抜し、王直属の親衛隊である武衙営に所属させた。 これに対し、旧軍と呼ばれた従来からの軍卒二千数百名は、旧式の火縄銃があたえられているのみで、大半は小部隊に分けられ各州に配備されていた。彼らはなんら新しい装備も訓練も与えられることなく、別技軍とは待遇が異なり、また、しばしば差別的に扱われることに不満をつのらせていた。さらに、5営あった軍営が統廃合により2営(武衛営・壮禦営)となり、その多くがいずれは退役を余儀なくされ...

    軍乱による日本人犠牲者

    殺害された日本人のうち公使館員等で朝鮮人兇徒によって殺害された以下の日本人男性は、軍人であると否とにかかわらず、戦没者に準じて靖国神社に合祀されている[注釈 4]。合祀された人びとの氏名・年齢等は以下の通りである。 堀本礼造 1. 陸軍工兵少尉(戦死により陸軍工兵中尉に昇進される)。 水島義 1. 日本公使館雇員 鈴木金太郎 1. 31歳。日本公使館雇員(事由 戦死:明治15年11月2日靖国神社合祀) 飯塚玉吉 1. 27歳。日本公使館雇員(事由 戦死:明治15年11月2日靖国神社合祀) 廣戸昌克 1. 33歳。一等巡査(事由 戦死:明治15年11月2日靖国神社合祀) 本田親友 1. 22歳。三等巡査(事由 戦死:明治15年11月2日靖国神社合祀) 宮鋼太郎 1. 18歳。外務省二等巡査(事由 弁理公使花房義質を護衛中 戦死:明治15年11月2日靖国神社合祀) 川上堅鞘 1. 27歳。外務省二等巡査(事由 戦死:明治15年11月2日靖国神社合祀) 池田為義 1. 28歳。外務省二等巡査(事由 戦死:明治15年11月2日靖国神社合祀) 遠矢庄八朗 1. 外務省二等巡査(事由 戦死:...

    日本公使館員の脱出

    漢城の日本公使館駐留武官だった水野大尉の報告などによると、暴徒に包囲された公使館員たちの脱出行は以下のとおりである。 朝鮮政府から旧軍反乱の連絡を受けた日本公使館は乱から逃れてくる在留日本人に保護を与えながら、自衛を呼びかける朝鮮政府に対して公使館の護衛を強く要請した。しかし混乱する朝鮮政府に公使館を護衛する余裕はなく、暴徒の襲撃を受けた日本公使館はやむを得ず自ら応戦することになった。蜂起当日はなんとか自衛でしのいだ公使館員一行だったが、暴徒による放火によって避難を余儀なくされた。朝鮮政府が護衛の兵を差し向けてくる気配はなく、また公使館を囲む暴徒も数を増しつつあったので、弁理公使の花房義質は公使館の放棄を決断。避難先を京畿観察使営と定め、花房公使以下28名は夜間に公使館を脱出した。 負傷者を出しながらも無事に京畿観察使の陣営に至ることに成功したが、陣営内はすでに暴徒によって占領されており、京畿観察使金輔鉉はすでに殺害されていた。公使館一行は次いで王宮へ向かおうとするが南大門は固く閉じられていて開かなかった。王宮の守備隊長は彼らに退去を命じたという。 花房らはついに漢城脱出を決意し...

    大院君拉致事件

    軍乱発生から約1か月経った1882年8月26日(朝鮮暦7月13日)、反乱鎮圧と日本公使護衛を名目に派遣された漢城駐留の清国軍によって大院君拉致事件が起こった。大院君の排斥と国王の復権という基本方針は張樹声の指示によるものと考えられるが、大院君の軟禁は馬建忠・丁汝昌・呉長慶の3名によって計画されたものであった。朝鮮王宮はじめ漢城の城門は清国兵によって固められ、清国軍はおびき出された大院君を捕捉して南陽湾から河北省天津へと連行した。連行理由は、清国皇帝が冊封した朝鮮国王をしりぞけて政権をみずから奪取するのは国王を裏切り、皇帝を蔑ろにする所行であるというものである。大院君が清国に捕捉された際、アメリカ政府は「朝鮮は清国の従属国家であり半島における何世紀にもわたる封建的国家としての支配は清国によって承認された」というコメントを発表した。 清国軍はまた、漢城府東部の往十里、南部の梨泰院を攻撃して反乱に参加した兵士や住民を殺傷した。こうして、政権は国王高宗と忠州から戻った閔妃の一族に帰し、事変は終息した。

    日朝の再協議と済物浦条約

    8月26日の大院君拉致事件ののち、高宗・閔氏の政権が復活し、済物浦の花房義質全権公使のもとへ朝鮮政府から謝罪文が送られた。これは清国の馬建忠の斡旋によるものであった。花房はこれを受け入れ、日本軍艦金剛艦上での交渉再開を約束した。しかし、高宗・閔氏の政権は外交的には馬建忠に依存せざるをえなかった。8月28日夜、朝鮮全権大臣李裕元、副官金宏集らは済物浦に停泊中の金剛をおとずれ、交渉をはじめた。交渉は、この日と翌日(29日)にかけて集中的におこなわれ、1882年8月30日(朝鮮暦7月17日)、6款より成る済物浦条約を調印した。このような短時間で交渉が成立したのは馬建忠が日朝双方に事前に根回しをしていたからである。一方、この交渉の結果、日朝修好条規(1876年締結)の追加条項としての同条規続約が調印された。 軍乱を起こした犯人・責任者の処罰、日本人官吏被害者の慰霊、被害遺族・負傷者への見舞金支給、朝鮮政府による公式謝罪、日本外交官の内地旅行権などについては、日本側原案がほぼ承認された。開港場遊歩地域の拡大(内地旅行権および内地通商権)に関しては、朝鮮側の希望を若干容れて修正された。朝鮮側...

    開国・開化方針の確認

    1882年9月13日、清の幼帝光緒帝は大院君の河北省拘留と呉長慶麾下の将兵3,000名の漢城駐留の命を下した。清国が軍事力を背景に宗主権の強化再編に乗り出したのである。清にすがって国内を統治しようとする閔氏政権の親清政策もこれを助けたが、従来の宗属関係は藩属国の内治外交には干渉しない建前だったので、これは両国を近代的な宗属関係に変質させる意味合いをもっていた。 9月14日(朝鮮暦8月5日)、高宗は教書を下し、開国・開化を国是とすること、「東道西器」すなわち道徳は東洋の伝統を保持し「邪教」(キリスト教)を排斥するものの西洋の「器」(技術、軍事、制度)は学ぶべきことを明示し、国内の斥洋碑の撤去を命じた。ただ、開化の方向性は明確になったものの、河北省天津訪問中の趙寧夏・金宏集が改革案『善後六策』を李鴻章に示して、その意見を求めるなど、この開化策は清国に大きく依存したものとなった。

    朝鮮

    軍乱の結果、閔氏政権は清国への傾斜を強めて事大主義的な姿勢を鮮明にし、清国庇護のもとでの開化政策という路線が定まった。その結果、今まで攘夷主義と敵対してきた開化派が、清国重視のグループと日本との連携を強化しようとするグループに分裂した。朝鮮を開国に踏み切らせた日本であったが、中朝商民水陸貿易章程によって空洞化され、朝鮮政府に対する影響力はその分減退した。金宏集(金弘集)、金允植、魚允中らは清国主導の近代化を支持し、閔氏政権との連携を強めた。一方、済物浦条約の規定によって1882年10月に謝罪使として日本に派遣された朴泳孝特命全権大使、徐光範従事官、金玉均書記官らは、いずれも日本との結びつきを強めた。彼らは12月まで日本に滞在し、福沢諭吉ら多くの日本の知識人と交誼を結んで海外事情や新知識を獲得していった。また、大院君勢力の一掃によって、朝鮮で攘夷主義的な政策の復活は閉ざされたが、民衆レベルではむしろ東学の浸透など宗教性を帯びて深く根をおろしていった。 閔氏政権は清国の制度にならった政治改革をおこない、外交・通商を担当する統理交渉通商事務衙門と内政・軍務を担当する統理軍国事務衙門を設...

    清国

    清国は、親日派勢力を排除して朝鮮半島への干渉を強め、朝鮮に対する宗主国の権勢を取り戻して近代的な属国支配を強めた。従来、朝鮮の内政には関与しなったが、清国側とすれば台湾・琉球・朝鮮に対する日本の攻勢に対抗したものであり、日朝修好条規を空洞化させて朝鮮を勢力圏に取り込む姿勢を明らかにしたのである。李鴻章は北洋大臣として朝鮮国王と同格の存在となり、朝鮮の内政・外交は李鴻章とその現地での代理人たる袁世凱の掌握するところとなった。大院君は李鴻章による査問会ののち天津に幽閉され、高宗は査問会において「朝鮮国王李㷩陳情表」を清国皇帝あてに提出して大院君赦免を陳情したが効なく、その幽閉は3年間続いた[注釈 10]。

    日本

    日本では、軍乱を描いた多数の錦絵・小冊子が刊行され、同胞が暴徒によって殺害された衝撃はひろく国民にナショナリズムの反応を引き起こした。日朝修好条規によって朝鮮を開国させた日本であったが、この軍乱では清国の機敏な動きに後れをとり、清国に対し軍事的に劣位にあることが痛感されたため、以後、山縣有朋らを中心に軍拡が強く唱えられることとなった。1882年は近代日本における軍備拡張の起点といわれており、この年の11月24日、明治天皇は宮中謁見所に地方長官を召集して軍備拡張と租税増徴の勅諭を述べた。以後、大蔵卿松方正義による緊縮財政・デフレ政策にもかかわらず、あえて増税が進められ、1883年は前年比軍事費を大幅に増加させた[注釈 11]。増税については、政府は国民とくに民権派が動いて「騒然たる景況」となることを強く警戒したものの、民権派の大半は必ずしも軍拡に反対しなかった。 日清朝三国提携を模索する意見の多かった言論界でも変化がみられた。1882年12月7日『時事新報』社説「東洋の政略果して如何せん」において福沢諭吉は「我東洋の政略は支那人の為に害しられたり」と述べ、清国は日本が主導すべき朝鮮...

    書籍

    1. 『日韓外交史料第2巻 壬午軍乱』市川正明編集、原書房〈明治百年史叢書 第285巻〉。 2. 海野福寿『日清・日露戦争』集英社〈集英社版日本の歴史18〉、1992年11月。ISBN 4-08-195018-0。 3. 海野福寿『韓国併合』岩波書店〈岩波新書〉、1995年5月。ISBN 4-00-430388-5。 4. 大濱徹也「兵士たちの戦争:日清戦争」『朝日百科 日本の歴史10』朝日新聞社、1989年4月。ISBN 4-02-380007-4。 5. 呉善花『韓国併合への道』文藝春秋〈文春新書〉、2000年1月。ISBN 4-16-660086-9。 6. 小島毅『歴史を動かす-東アジアのなかの日本史』亜紀書房、2011年8月。ISBN 978-4750511153。 7. 糟谷憲一「朝鮮近代社会の形成と展開」『朝鮮史』武田幸男編集、山川出版社〈世界各国史2〉、2000年8月。ISBN 4-634-41320-5。 8. 佐々木克『日本近代の出発』集英社〈集英社版日本の歴史17〉、1992年11月。ISBN 4-08-195017-2。 9. 申奎燮『韓国の歴史-国定韓国...

    論文

    1. 三谷博『グローバル化への対応-中・日・韓三国の分岐-』統計研究会『学際』第1号、2016年1月。 2. 原田環『東アジアの国際関係とその近代化-朝鮮と-』日韓歴史共同研究報告書(第1期)、2005年6月。

    アジア歴史資料センター(国立公文書館・アジア歴史資料センターのデジタルアーカイブ。詳細な一次資料の閲覧が可能)
    『壬午軍乱』 - コトバンク
    • 임오군란
    • 壬午軍亂
    • じんごぐんらん
    • イモグルラン
  5. 壬午係六十干支入面嘅第19個。. 壬午年. 壬午年係黃曆第19年,係馬年嘅排序之一。

  6. 壬午之役,明朝 崇祯十五年(清太宗 崇德七年,1642年)十月到崇祯十六年(崇德八年,1643年)五月,明清战争中,清军第五次入塞。 因为1642年是 壬午 年,所以称为壬午之役,又称为 第二次北直隶山东之战 。

  1. Anuncios
    relacionados con: 壬午 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Search From Wikipedia. Learn More Online Now.