Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncio
    relacionado con: 文化遺産 (世界遺産) wikipedia
  1. 文化遺産 (世界遺産) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 文化遺産_(世界遺産)

    分類. 世界遺産条約では、文化遺産は次の3つのいずれかに分類されている。. 記念物. 記念物 (monument) は世界遺産条約第1条では「建築物、記念的意義を有する彫刻及び絵画、考古学的な性質の物件及び構造物、金石文、洞穴住居並びにこれらの物件の組合せであって歴史上、芸術上又は学術上 ...

  2. 世界遺産 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 世界遺産

    世界遺産 (せかいいさん、 英語: World Heritage Site )は、 1972年 の ユネスコ 総会で、採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」( 世界遺産条約 )に基づいて 世界遺産リスト (世界遺産一覧表)に登録された、 文化財 、 景観 、 自然 など、 人類 が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な 不動産 が対象となっている。

  3. 文化遺産 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 歴史遺産
    • 概要
    • 世界遺産における文化遺産
    • 日本の制度上の文化遺産
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    文化遺産は、広義では人類の文化的活動によって生み出された建造物、遺跡、美術品、音楽、演劇などの有形(不動産・可動文化財)・無形の文化的所産のことをいう。各国政府および国際機関は、文化的所産の中でも学術上、歴史上、芸術上等の価値が高く、後世に残すために保存等の措置が取られるべきものを、特に「文化遺産」あるいは「文化財」と位置づけ、条約、法律、条例等による文化遺産保護制度の対象としている。保護の対象となる文化遺産は、それぞれの制度の制定目的に応じてそれぞれであるが、制度によっては純粋な文化的所産のみならず、天然記念物のような自然の産物が含まれることもある。保護の対象となる文化遺産に対しては指定・登録等の手続きが取られるが、未指定・未登録の文化遺産の中にも貴重なものは多数存在する。 歴史的には必ずしも尊重されておらず、破壊・略奪の対象となり散逸することが多い。また宗教的信念による破壊も歴史的には多く行われる。たとえばミロのヴィーナスであっても、キリスト教やイスラム教を強く信じる中世の人が発掘したのなら異教の呪われたもので破壊の対象、またそれらを売れば金になるという希望(貨幣経済・交易・文化的な富裕層)がない時代の教養のない民ならば焼いてセメントにするだけである。自己と無関係の文化圏の文化財も含めて尊重するのは近代文明特有の時代精神である。 近年、自然災害によっても失われる文化遺産が多い。補修すれば将来に受け継ぐことができる文化遺産であっても、未指定の物は特に、災害後に撤去されて失われてしまうことがある。自然災害の多発に加え、急激な都市化により文化遺産が市街地の中に埋もれてしまったことに要因がある。2011年東北地方太平洋沖地震においても、被災地に数多くの文化遺産があった。災害からの復興にあたり、文化遺産がはたす精神的な役割は大きい。

    国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は、世界遺産条約に基づく世界遺産の制度を運営している。世界遺産への登録の種類としては「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」「危機にさらされている世界遺産」(危機遺産)があり、優れた価値をもつ建築物や遺跡が「文化遺産」に該当する。文化遺産は、登録を求める地域の政府機関が登録候補地を推薦し、国際記念物遺跡会議が現地調査を行い、世界遺産委員会での審査を経て世界遺産リストに登録される。ユネスコの事業として世界遺産の他に、無形文化財を指定して保護するための無形文化遺産もある。

    日本の文化財保護法では、有形文化財、無形文化財、民俗文化財、記念物、文化的景観、伝統的建造物群の6種類を「文化財」と定義しているが、これらの概念ではとらえられないものの中にも歴史的な価値を有する文化的所産が存在する。文化審議会では、歴史的な価値を有する文化的所産を、文化財を含む広い意味での「文化遺産」と位置づけている。広い意味での文化遺産の例としては、文化的景観、文化財の周辺環境、近代の科学・産業遺産、「文化財の類型の枠を超えて一定の関連性を持ちながら集まった総体」などがあげられている。これらのうち文化的景観に関しては、2004年(平成16年)の文化財保護法改正により、新たに同法上の「文化財」の一種として位置づけられた。

    ^ 江東区における文化財保護の考え方としくみ
    ^ 歴史資料ネットワーク
    ^ NPO災害から文化財を守る会
    ^ 立命館大学歴史都市防災研究センター
  4. 文化遺産 (世界遺産)とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › 文化遺産_(世界遺産)
    • 登録基準
    • グローバル・ストラテジー
    • その他の分類
    • ギャラリー
    • 参考文献
    • 関連項目

    文化遺産として登録されるためには、登録基準に照らして「顕著な普遍的価値」を有することを世界遺産委員会で認められることが必要となる。委員会での審議に先立ち、ICOMOSが調査を行い、登録にふさわしいかどうかの勧告を行う。 文化遺産としての登録基準は以下のとおりである。 1. (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。 2. (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。 3. (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。 4. (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。 5. (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。 6. (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。 これらの基準はひとつだけの基準が適用されることよりも、複数の基準が適用されることが多い。以下、基準ごとにその基準で登録された物件の例示を行う。

    「世界遺産リストの代表性、均衡性、信用性のためのグローバル・ストラテジー」(1994年)では、文化遺産の偏りを是正するため、文化的景観、産業遺産、20世紀以降の現代建築などを登録していくことの必要性が確認された。

    他の分類としては「文化の道」(Cultural Road)という概念も出現している。紀伊山地の霊場と参詣道(日本)、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(スペイン)などの巡礼の道、ミディ運河(フランス)などの運河、ゼメリング鉄道(オーストリア)などの鉄道、乳香の土地(オマーン)などの交易路が、この分類に含まれるものの例として挙げられる。 1. 紀伊山地の霊場と参詣道 2. ミディ運河 3. ゼメリング鉄道 4. 乳香の土地

    日本

    1. 古都京都の文化財 2. 法隆寺 3. 古都奈良の文化財 4. 平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群― 5. 厳島神社 6. 日光の社寺 7. 姫路城 8. 首里城 9. 富士山-信仰の対象と芸術の源泉

    アジア

    1. 万里の長城 2. アンコール遺跡 3. フィリピン・コルディリェーラの棚田群 4. ジャームのミナレット 5. モヘンジョダロ 6. ブハラの歴史地区 7. バールベック 8. エルサレムの旧市街とその城壁群 9. ハンピの建造物群(インド)

    オセアニア

    1. 王立展示館とカールトン庭園 2. クックの初期農業遺跡 3. ロイ・マタ首長の領地 4. ビキニ環礁の核実験場

    世界遺産検定事務局 『すべてがわかる世界遺産大事典〈上〉』 マイナビ、2012年。(世界遺産アカデミー監修)
    日本ユネスコ協会連盟 『世界遺産年報2015』 講談社、2014年。
    古田陽久; 古田真美『世界遺産ガイド 文化遺産編 - 2013改訂版』 シンクタンクせとうち総合研究機構、2013年。
  5. 文化遺産とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › 文化遺産
    • 概要
    • 世界遺産における文化遺産
    • 日本の制度上の文化遺産
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    文化遺産は、広義では人類の文化的活動によって生み出された建造物、遺跡、美術品、音楽、演劇などの有形(不動産・可動文化財)・無形の文化的所産のことをいう。各国政府および国際機関は、文化的所産の中でも学術上、歴史上、芸術上等の価値が高く、後世に残すために保存等の措置が取られるべきものを、特に「文化遺産」あるいは「文化財」と位置づけ、条約、法律、条例等による文化遺産保護制度の対象としている。保護の対象となる文化遺産は、それぞれの制度の制定目的に応じてそれぞれであるが、制度によっては純粋な文化的所産のみならず、天然記念物のような自然の産物が含まれることもある。保護の対象となる文化遺産に対しては指定・登録等の手続きが取られるが、未指定・未登録の文化遺産の中にも貴重なものは多数存在する。 歴史的には必ずしも尊重されておらず、破壊・略奪の対象となり散逸することが多い。また宗教的信念による破壊も歴史的には多く行われる。たとえばミロのヴィーナスであっても、キリスト教やイスラム教を強く信じる中世の人が発掘したのなら異教の呪われたもので破壊の対象、またそれらを売れば金になるという希望(貨幣経済・交易・文化的な富裕層)がない時代の教養のない民ならば焼いてセメントにするだけである。自己と無関係の文化圏の文化財も含めて尊重するのは近代文明特有の時代精神である。 近年、自然災害によっても失われる文化遺産が多い。補修すれば将来に受け継ぐことができる文化遺産であっても、未指定の物は特に、災害後に撤去されて失われてしまうことがある。自然災害の多発に加え、急激な都市化により文化遺産が市街地の中に埋もれてしまったことに要因がある。2011年東北地方太平洋沖地震においても、被災地に数多くの文化遺産があった。災害からの復興にあたり、文化遺産がはたす精神的な役割は大きい。

    国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は、世界遺産条約に基づく世界遺産の制度を運営している。世界遺産への登録の種類としては「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」「危機にさらされている世界遺産」(危機遺産)があり、優れた価値をもつ建築物や遺跡が「文化遺産」に該当する。文化遺産は、登録を求める地域の政府機関が登録候補地を推薦し、国際記念物遺跡会議が現地調査を行い、世界遺産委員会での審査を経て世界遺産リストに登録される。ユネスコの事業として世界遺産の他に、無形文化財を指定して保護するための無形文化遺産もある。

    日本の文化財保護法では、有形文化財、無形文化財、民俗文化財、記念物、文化的景観、伝統的建造物群の6種類を「文化財」と定義しているが、これらの概念ではとらえられないものの中にも歴史的な価値を有する文化的所産が存在する。文化審議会では、歴史的な価値を有する文化的所産を、文化財を含む広い意味での「文化遺産」と位置づけている。広い意味での文化遺産の例としては、文化的景観、文化財の周辺環境、近代の科学・産業遺産、「文化財の類型の枠を超えて一定の関連性を持ちながら集まった総体」などがあげられている。これらのうち文化的景観に関しては、2004年(平成16年)の文化財保護法改正により、新たに同法上の「文化財」の一種として位置づけられた。

    ^ 江東区における文化財保護の考え方としくみ
    ^ 歴史資料ネットワーク
    ^ NPO災害から文化財を守る会
    ^ 立命館大学歴史都市防災研究センター
  6. 世界遺産 - World Heritage Site - Wikipedia

    japan2.wiki › wiki › World_Heritage

    世界遺産は、文化的、歴史的、科学的、またはその他の形で重要であるとしてユネスコによって指定されています。これらのサイトには、「 人類 にとって非常に価値があると考えられる世界中の 文化的 および 自然的 遺産」が含まれていると判断されます。

  7. Portal:世界遺産 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Portal:世界遺産

    文化遺産 : 前近代の建築 - モダニズム建築 - 都市の歴史地区・旧市街 - 伝統的集落 - 考古遺跡 - 文化的景観 - 世界史的事件 - 産業遺産 自然遺産 : 陸地の自然美 - 海洋の自然美 - 陸地の生態系 - 海洋の生態系 - 生命進化の記録 - 地質学的見本

  8. 30/11/2020 · 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 18:08 UTC 版) グローバル・ストラテジー 「世界遺産リストの代表性、均衡性、信用性のためのグローバル・ストラテジー」(1994年)では、文化遺産の偏りを是正するため、文化的景観、産業遺産、20世紀以降の現代建築などを登録し ...

  9. オフリド地域の自然・文化遺産 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › オフリド地域の自然
    • 登録経緯
    • 文化遺産
    • 自然遺産
    • 登録基準
    • 参考文献

    世界遺産条約発効当初、オフリドはユーゴスラビア社会主義連邦共和国に属していた。世界遺産リストへの物件の登録が始まったのは、1978年の第2回世界遺産委員会からである。この物件はその翌年の第3回世界遺産委員会に向けて、諮問機関である国際自然保護連合 (IUCN) が「登録延期」を勧告していたが、世界遺産リストに加えられた。ただし、その時点での登録名は「オフリド湖」(Lake Ohrid) で、自然遺産としての登録だった。 翌年にオフリドの文化遺産の拡大登録が認められ、複合遺産となった。それに伴い、名称も「オフリド地域の文化的・歴史的景観とその自然環境」と変更された。複合遺産の登録は、前年のティカル国立公園(グアテマラの世界遺産、1979年登録)に次いで2件目、ヨーロッパでは初であった。 ユーゴスラビアの解体に伴って、オフリドを保有する構成国であったマケドニア社会主義共和国がマケドニア共和国として独立すると、その国の世界遺産となった[注釈 1]。 2006年には現在の登録名称に変更された。2008年の第32回世界遺産委員会では登録範囲に関する軽微な変更を申請したが、「情報照会」決議となって見送られた。これについては、翌年の第33回世界遺産委員会で承認された。 2019年には、アルバニア側への拡大が承認された。

    オフリドの歴史は古く、後述するように、ヨーロッパでも最古の人類の定住地の一つと見なされている。紀元前12世紀から紀元前4世紀にはイリュリア人都市があり、当時は「光り輝く街」を意味するリュクドニスと呼ばれていた。前148年にはローマ帝国に属したが、その地理的重要性からさらに繁栄した。 3世紀末にはキリスト教が伝わっていたとされるが、世界遺産登録理由との関連では、9世紀末の聖クリメントと聖ナウム(英語版)の活動が重要である。オフリドはスラブ語の「切り立つ岩の上」を語源とする地名であり、この地へのスラブ人の移住は7世紀のことであった(文献上の「オフリド」の登場は9世紀)。当時のオフリドは第一次ブルガリア帝国に属しており、聖キュリロスと聖メトディオスの弟子であったクリメント、そしてその兄であったナウムは、皇帝ボリス1世の命令でオフリドに派遣され、その地で精力的な活動を行なった。クリメントとナウムの活動は、オフリドを「バルカン屈指の宗教、教育、文化センターにした」とか、「スラブ世界最初のキリスト教文化の基礎を築いた」ものとされている。 オフリドは皇帝サムイルのときに首都となり(997年)、総主教座も置かれたが、サムイルの敗北と死を経て、ビザンツ帝国に属することとなった。このビザンツ帝国時代に多くの聖堂が建設され、優れたフレスコ画も多く描かれた。 しかし、1398年にオスマン帝国領となって以降は、聖堂のモスクへの転用が行われ、それとともにフレスコ画群も多くが塗りつぶされてしまった。それらは20世紀になると、復元工事が行われ、1951年には国際連合教育科学文化機関も協力した。世界遺産登録後も、1986年に壁画の保存などを目的として、世界遺産基金から2万USDが拠出されている。 以下、主な聖堂について概説する。

    オフリド湖はマケドニア共和国とアルバニアに属する湖で、バルカン半島では最大である。付近にはマケドニア共和国で最高峰のコラブ山を擁し、透明度が高いことでも知られ、その美しさに定評がある。マケドニア共和国は内陸国のため、オフリド湖に対する国民の思い入れは強い。 その形成は約500万年前とされる。海底の隆起によって形成された一種の海跡湖で、これほどの古代湖は、世界でもバイカル湖、タンガニーカ湖くらいしかないとされ、世界最古級と見積もられている。湖面標高695 m、水深286 m、面積348 km2(うちマケドニア共和国部分は3分の2)のこの湖は、年間を通じて凍結することがなく、、大昔の生物相を引き継いだ希少な生態系が保存されている。魚類、扁形動物、小さなカニの仲間などでは固有種が過半数を占め、巻貝類に至っては約9割が固有種である。危急種のアルブルヌス・ベルウィカ(Alburnus belvica, コイ科)が棲息する。 マケドニア共和国内のオフリド湖は、1958年に設定されたガリツィツァ国立公園(フランス語版)に含まれており、周辺の湿地には希少な鳥類も見られる。たとえば、ニシハイイロペリカン、カタシロワシ、ヒメチョウゲンボウなどである(いずれも危急種)。

    この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。 1. (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。 2. (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。 3. (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。 4. (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。 世界遺産委員会では、個別の適用理由を示していなかった。ただし、世界遺産センターは、この物件の概要を「オフリド湖畔に位置するオフリドの町は、ヨーロッパ最古の定住地の一つである。主に7世紀から19世紀に建設された町は、最古のスラブ人修道院(聖パンテレイモン)や11世紀から14世紀末まで遡る800点以上のビザンティン様式のイコンを擁している。これは、世界でもモスクワのトレチャコフ美術館の所蔵品に次ぐ重要なイコンのコレクションであると考えられている」と示しており、世界自然保全モニタリングセンターはそれに加えて、「保護区の大半を占めるオフリド湖は、世界最古の湖の一つである。そして、非常に清澄な水を湛え、その近縁種は化石でしか見られないような、第三紀から残存する淡水生物を擁する天然の博物館となっている」と説明している。

    ICOMOS (2009), ICOMOS Evaluations of nominations of cultural and mixed properties to the World Heritage List (WHC-09/33.COM/INF.8B1.Add), http://whc.unesco.org/document/101979
    IUCN (1979), IUCN Review / World Heritage Nomination / Ensemble Naturel et historique de la ville d’Ohrid et de ses Environs, http://whc.unesco.org/archive/advisory_body_evaluation/99bis.pdf
    UNEP-WCMC (2011), Macedonia, FYR - Ohrid Region (World Heritage Information Sheet), UNEP-WCMC(Download site)
    World Heritage Centre (2006), The Former Yugoslav Republic of Macedonia, Ohrid Region with its Cultural and Historical Aspect and its Natural Environment (State of Conservation of World Heritage Pr...
    • Patrimoine naturel et culturel de la région d’Ohrid
    • 複合遺産
    • Natural and Cultural Heritage of the Ohrid region
    • 94,728.6 ha ha, (緩衝地帯 15,944.4 ha)
  10. 複合遺産 (世界遺産)とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › 複合遺産_(世界遺産)

    世界遺産 > 複合遺産 (世界遺産) ポータル 世界遺産. ユネスコ が登録する 世界遺産 は、その特質に応じて「 文化遺産 」「 自然遺産 」「複合遺産」に分類されている。. この項目では、そのうち「 複合遺産 」について扱う。.