Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 89 resultados de búsqueda
  1. Anuncios
    relacionados con: 1757年 wikipedia
  2. 1 millón+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Get Info & Results. Search for From Wikipedia Here.

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 1757年1757年 - Wikipedia

    オスマン帝国の皇帝がオスマン3世(在位:1754年-1757年) からムスタファ3世(在位:1757年 - 1774年)に交代する。 プラッシーの戦いが起こり、イギリス東インド会社がインド全域における覇権を確立。

  2. 1757年,莫臥兒帝國和英國的東印度公司之間爆發了普拉西戰役,印度因戰敗而逐步淪為英國的殖民地。 清軍平定阿睦爾撒納之亂。阿睦爾撒納逃入俄國,於同年去世。 出生

    • 17世紀 | 18世紀 | 19世紀
    • 2千紀
  3. gan.wikipedia.org › wiki › 1757年1757年 - 維基百科

    箇篇「1757年」係隻細文章,哈冇寫完嗰。 勞為汝搭把手 佢。

    • Incumbents
    • Events
    • Publications
    • Births
    • Deaths
    Monarch – George II
    Prime Minister – William Cavendish, 4th Duke of Devonshire (Whig) (until 25 June); Thomas Pelham-Holles, 1st Duke of Newcastle (Whig) (starting 2 July)
    Parliament – 11th
    2 January – Robert Clive captures Calcutta in India.
    14 March – Seven Years' War: Admiral Sir John Byng is executed by firing squad aboard HMS Monarch in The Solent after his court martial conviction for breach of the Articles of War in failing in th...
    29 March – Matthew Hutton is nominated as Archbishop of Canterbury, being translated from York.
    6 April – William Pitt the Elder resigns from the government after Prince William, Duke of Cumberlandrefuses to command the British forces in Germany in the Seven Years' War.
    Edmund Burke's treatise A Philosophical Enquiry into the Origin of Our Ideas of the Sublime and Beautiful.
    Harris's List of Covent Garden Ladies, the annual directory of London prostitutes, is first published.
    1 February – John Philip Kemble, actor (died 1823)
    20 February – John 'Mad Jack' Fuller, philanthropist (died 1834)
    9 April – Edward Pellew, 1st Viscount Exmouth, admiral (died 1833)
    30 May – Henry Addington, 1st Viscount Sidmouth, Prime Minister of the United Kingdom (died 1844)
    15 January – George Gilmer, Sr., politician (born 1700)
    19 January – Thomas Ruddiman, Scottish classical scholar (born 1664)
    5 February – Horatio Walpole, 1st Baron Walpole of Wolterton, English diplomat (born 1678)
    1 March – Edward Moore, writer (born 1712)
  4. 1757 raid on Berlin. Part of the Third Silesian War ( Seven Years' War) Der Überfall auf Berlin 1757 by Karl von Blaas, 1865. Date. 16 October 1757. Location. Berlin, Prussia. Result. Prussian ransom payment of 250,000 thalers to the Holy Roman Empire.

    • 経緯
    • 戦闘
    • 戦後
    • 参考文献
    • 関連項目

    1756年6月、ベンガル太守シラージュ・ウッダウラは関税問題や要塞強化に対するイギリスの返答を不服とし、カルカッタのウィリアム要塞を攻撃した。それより以前、1754年にはフレンチ・インディアン戦争が勃発しており、1756年5月17日にインドではイギリスがフランスに宣戦布告していたので、フランスはカルカッタ救援を拒否した。この攻撃により、ウィリアム要塞は占拠され、イギリス人捕虜が牢獄内で多数死亡するブラックホール事件が起きた。 シラージュ・ウッダウラはカルカッタにおける勝利で名をあげたが、ベンガル太守位を巡っては一族で内訌があり、軍総司令官のミール・ジャアファルがイギリスと密かに連絡を取り合っていた。また、太守の傲慢な態度は家臣たちの反感を買い、彼に反感を持つ人々が加わってこの陰謀はさらに膨れ上がっていった。 同年12月、マドラスからロバート・クライヴが到着し、1757年1月にカルカッタを奪還、2月にはフーグリーで太守の軍勢を破った。このとき、イギリスと内通していたミール・ジャアファルはシラージュ・ウッダラに講和を勧め、彼もこれに応じた。だが、3月にイギリスがフランスの拠点シャンデルナゴルを落とした際、シラージュ・ウッダウラはイギリスに祝意を述べたものの、太守のもとに逃げてきたフランス人の引き渡しには応じず、対立が生じた。 一方、イギリスはミール・ジャアファルと内通し続け、6月4日にはシラージュ・ウッダウラへの非協力、カルカッタ攻撃の賠償金支払い、カルカッタの南カールピーまでの地がイギリスのザミーンダーリーに置かれることなどを条件に彼に太守位を約束した。シラージュ・ウッダウラは自身に対して張り巡らされた陰謀に不安となり、ミール・ジャアファルに確認をとるためその邸宅へと行き、その疑念が晴れたので彼とともにイギリス軍を迎え撃つためにカルカッタの北方プラッシーへと向かった。

    1757年6月23日、イギリスの軍人ロバート・クライブは東インド会社の軍隊を率いて、フランス勢力と組んだベンガル太守のシラージュ・ウッダウラとカルカッタの北方プラッシーで交戦した。戦いはひどく暑くじめじめした07:00頃にベンガル太守側の砲撃で開始された。 ロバート・クライブの率いたイギリス東インド会社軍は僅かにヨーロッパ人兵士950人・インド人傭兵(シパーヒー)2,100人と9門の砲・100人の砲兵を有していたのみだった。これに対してフランス東インド会社と同盟していたベンガル太守のシラージュ・ウッダウラは6万2000人の歩・騎兵力と40人のフランス兵が操作する重砲を含む53門の砲を装備して戦いに臨んでいた。 しかし、ベンガル太守側兵力の大部分である35,000人の歩兵と15,000人の騎兵を率いていたミール・ジャアファルはイギリスに内通しており、戦闘には参加しなかった。シラージュ・ウッダウラはミール・ジャアファルが戦闘に参加しないのは彼の作戦だと信じ切っていた。そのため、ベンガル太守に忠実な部隊はモーハン・ラールとミール・マダン率いる12,000人とフランス人砲兵に過ぎなかったため、実際の戦闘はほぼ互角の兵力で戦われた。 昼になってモンスーン期の大雨に見舞われて小休止し、イギリス東インド会社軍は素早く装備を雨から防いで雨が上がるまで待機した。しかし、ベンガル太守軍の兵士達は日頃の訓練不足により情況の変化に柔軟に対応できず、豪雨の中に火薬樽や銃・砲を放置し、水浸しとなった火薬は着火しなくなってしまった。 雨が止んだ14:00頃から反撃を開始したイギリス東インド会社軍を前にして、シラージュ・ウッダウラの軍勢は火薬が水浸しで着火せず火器が使用できない状態のままイギリスに一方的に攻撃され、ミール・マダンが戦死するなどして惨敗した。一方、ミール・ジャアファルの5万の大部隊は何もせずに傍観するだけであった。 ミール・マダンの戦死後、シラージュ・ウッダウラは気落ちし、ミール・ジャアファルに助言を求めた。ミール・ジャアファルは手にコーランをのせてシラージュ・ウッダウラに忠誠を誓い、「明日自分がイギリス軍への総攻撃をかけるので、今日はもう日も暮れているから戦闘をやめましょう」と言った。 だが、モーハン・ラールは「今の状況で戦闘を停止すれば味方の軍は今日の戦闘に敗れたと誤解し、...

    イギリス東インド会社がプラッシーの戦いでフランス・ベンガル太守連合軍を破ったことで、イギリスのインド支配は本格化する。他方、フランスは翌年から南インドで発生した第三次カーナティック戦争にも敗北し、ポンディシェリーを占領されると、インドから撤退することになる。 だが、プラッシーの戦いはインドにとって、これから長きに渡るイギリスによる植民地支配への序曲に過ぎなかった。ベンガルの詩人ナビン・チャンドラ・セーンはこの戦いののちに訪れたイギリス支配を、「インドにとって永劫に続く闇夜」とたとえている。 戦いからまもなく、ミール・ジャアファルが新ベンガル太守として任命され、シラージュ・ウッダウラは捕殺された。イギリスは秘密条約で結ばれた条項のもと、ミール・ジャアファルからカルカッタの一郡を含む24郡のザミーンダーリーの授与を受けるともに様々な名目で3000万ルピーを越す金額を搾り取り、徐々に傀儡化していった。また、クライヴは戦闘後にムガル帝国の皇帝アーラムギール2世から賜った勅令で、「ムガル帝国の花であり、保護者であり、最も勇敢な兵士である」と評価された。 1764年10月のブクサールの戦いでイギリスが勝利し、東インド会社は3州で租税徴収権(ディーワーニー)を獲得した。これを機にイギリスはインドの植民地化を推し進めていった。

    • 内容
    • その後
    • 関連項目
    • 参考文献

    第二次条約では両国の同盟が強化され、フランスは終戦のときにオーストリア領ネーデルラントを得る代わりにオーストリアがプロイセン王国からシュレージエンを奪回することを援助した。フランスからオーストリアへの財政援助も継続した。イギリスの危惧が現実になった形となった。 条約が締結されると、フランス軍はオーストリア領ネーデルラントのオーステンデやニューポール港などに進駐し、オーストリアの駐留軍は東へ移動してプロイセンを攻撃することができた。イギリスは長らくフランスが低地諸国に侵入するのを阻止してきたが、条約によりこの40年間維持された障壁はあっさり破られた。フランスはネーデルラントを獲得した後、スペイン・ブルボン家のパルマ公フィリッポ1世をその君主に就かそうとした。 条約はまた、戦後のロシア、スウェーデン、ザクセンによるプロイセン分割を認めた。

    ロシア、スウェーデン、そしてザクセンの援助にもかかわらず、フランスとオーストリアはプロイセンに素早く勝利できず、目論見が外れた。さらに、フランスはプロイセンのほかにイギリスとも戦わなければならなかったため兵力を分散せざるを得ず、またこの二正面作戦はフランスの財政危機を引き起こした。そのため、条約は翌年に三たび締結されたヴェルサイユ条約(英語版)でほとんど廃止された。

    Anderson, Fred. Crucible of War: The Seven Years' War and the Fate of Empire in British North America, 1754–1766. Faber and Faber, 2000.
    Dull, Jonathon R. The French Navy in the Seven Years War. University of Nebraska Press, 2005.
    Simms, Brendan. Three Victories and a Defeat: The Rise and Fall of the First British Empire. Penguin Books, 2008.
  1. Anuncios
    relacionados con: 1757年 wikipedia
  2. 1 millón+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Get Info & Results. Search for From Wikipedia Here.