Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: 20世紀 wikipedia
  1. 20世紀 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 20世紀

    20世紀(にじっせいき 、にじゅっせいき)とは、西暦 1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。

  2. 20世紀とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

    wpedia.goo.ne.jp › wiki › 20世紀
    • 歴史概説
    • 政治経済史
    • 重大なできごと・発明
    • 人物
    • フィクションのできごと
    • 脚注
    • 関連項目

    20世紀の人類の科学の発展は著しかった。飛行機、潜水艦、宇宙ロケットの開発により、人類の行動可能な範囲は、空へ深海へ宇宙へと拡大した。そして、北極点、南極点への到達などにより、地球上での人類未踏の地はほぼなくなった。科学の発展は産業の発展をもたらし、大量生産、大量消費の社会を生み出し、人々の生活を豊かにした反面、環境問題など多くの解決しなければならない、諸問題をも生み出した。さらに高度な科学技術は、極めて破壊力の大きい兵器をも作り出し、現在では人類を何度も滅亡させることの出来るほどの核兵器、化学兵器が存在する。 また、産業革命以降に増加のペースが早くなっていた世界人口は、20世紀に入り人口爆発とも呼ばれる急激な増加を見せた。20世紀初頭に約15億人だった世界人口は第二次世界大戦終結後の1950年に約25億人となり、それからわずか50年しか経ってない20世紀末には2倍以上となる約60億人にまで膨れ上がっている。

    帝国主義の崩壊

    20世紀は、2度の世界大戦とその後の冷戦、植民地の独立などにより、何度も政治的なパワーバランスの大きな変化が訪れた。19世紀までの西欧列強による植民地争奪競争と市民革命の流れは終了し、20世紀の初頭には列強による本国と獲得した植民地保護(帝国主義体制)を維持するために、勢力均衡による安全保障が図られるようになり、また市民革命や人権問題(白人至上主義等)などにおいては後まわしとされがちだった、社会改革・改良への要求が強まった。また日本の近代化の成功や日露戦争の勝利に刺激され、中国では辛亥革命[注 2] が起き、またイスラム圏の民族運動が盛んになった。 列強による勢力均衡が破れた時、第一次世界大戦が勃発した。この大戦は総力戦となり、ヨーロッパは疲弊し国際的な影響力が弱まった。また厭戦気分と専制政治への反感から、ロシア帝国では史上初の社会主義革命が発生し、世界最初の社会主義国家であるソビエト連邦が成立した。この大戦において敗戦国となったオーストリア=ハンガリー帝国、ドイツ帝国、オスマン帝国もまた、ロシア帝国同様に崩壊し、ローマ帝国以来およそ1900年以上の長きにわたって続いてきたヨーロ...

    冷戦体制

    第二次世界大戦が終わると、2度の世界大戦を勝ち抜いたアメリカ合衆国は超大国となり資本主義国を勢力下においた。さらに黒人の公民権運動などによりアメリカの民主主義はより高度なものに発展した。一方、これまで数百年の間欧米諸国、それも第二次世界大戦の勝戦国の植民地となっていたインドや東南アジアでは独立運動が高まり、インドネシア独立戦争を火種に次々と独立していった。東南アジアでの独立運動は同じように、欧米の植民地だった中東やアフリカ大陸にも波及しアフリカの世紀と呼ばれる時期が訪れる。ソ連も大戦中に東欧諸国を衛星国化して超大国となった。両国は対立し冷戦と呼ばれる時代となった。 ヨーロッパ諸国は、アメリカや日本の経済力に対抗するため、EEC(欧州経済共同体)を発足し、さらにEC(欧州共同体)、EU(欧州連合)へと統合を進めた。ナショナリズムの高まりと西欧諸国の弱体化にともない、植民地の大半は独立し、第三世界と呼ばれるようになった。その後、東西の緊張緩和(デタント)の時期も存在したが、再び米ソ間は緊張状態に陥った。ソ連ではゴルバチョフがペレストロイカをすすめるとともに軍縮と緊張緩和につとめ、19...

    世界経済の発展

    アメリカ合衆国や、イギリスをはじめとした欧州諸国では、世界恐慌による経済危機を克服するため、公共事業による雇用確保や景気回復を図ったり、社会保障制度を構築する社会政策に力が注がれた。市場メカニズムを活用しながら、国家が経済に介入することによって、矛盾の克服が目指された(混合経済、大きな政府)。戦後、混合経済政策は社会自由主義政党や社会民主主義政党だけでなく保守政党にも採用されて各国に未曽有の経済成長をもたらし、世界的に経済規模は拡大を続けたが、オイルショック以降、国家にかかる財政的な負担が目立ち始め、多くの国では不況とインフレーションに見舞われた(スタグフレーション)。 そのため、英国や北米、日本などでは1980年代から民間の自発的な活力を期待して、各種の法的な規制を緩め(規制緩和)、公営企業の民営化による解体を行う新自由主義もしくは小さな政府と呼ばれる政策が新保守主義と結びついて推進された。一方、北欧などでは自発的な住民自治を期待して1980年代から政府機関の分権化をすすめ、環境などの新たな価値を取り込んで、福祉国家の再編成がはかられた。ソ連の崩壊で唯一の超大国となったアメリカ...

    科学・技術

    20世紀科学の特徴としては、以下のような点があげられる。 1. 科学とその応用としての技術が緊密に結びつき、科学技術という語がよく用いられるようになった。 2. 20世紀前半は物理学、後半は生物学がとくに際立って著しい発展を遂げた。 3. 科学研究者の数が非常に増え、科学研究が国家プロジェクトとして推進されるようになった。 理学分野 1. 現代物理学 - 相対性理論、量子力学、素粒子物理学、宇宙物理学など 1.1. 光量子仮説 1.2. 特殊相対性理論と一般相対性理論の提唱 1.3. 中間子理論の提唱 2. 化学 - 高分子化学の確立 2.1. 化学合成の発展。合成繊維の普及 2.2. 創薬技術 2.3. フラーレンとカーボンナノチューブの発見 3. 生物学 - 分子生物学、遺伝学、生理学 3.1. DNA二重らせん構造の発見。ゲノム研究のはじまり 3.2. タンパク質研究の発達とプロテオーム研究のはじまり 4. 地球科学 - 地球物理学の発展 4.1. プレートテクトニクス理論の確立、地球内部構造の推定 4.2. 気象学、海洋学の発展 医学・バイオテクノロジー分野 1. 遺伝子...

    戦争

    1. 日露戦争(1904年 - 1905年) 2. バルカン戦争(1912年 - 1913年) 3. 第一次世界大戦(1914年 - 1918年) 4. ロシア内戦(1918年 - 1922年) 5. シベリア出兵(1919年 - 1924年) 6. 日中戦争(1937年 - 1945年) 7. スペイン内戦(1936年-1939年) 8. 冬戦争(1939年 - 1940年)・継続戦争(1941年 - 1944年) 9. 第二次世界大戦(1939年 - 1945年) 10. 第一次中東戦争(1948年 - 1949年) 11. 朝鮮戦争(1950年 - 1953年) 12. アルジェリア戦争(1954年-1962年) 13. インドシナ戦争(1946年 - 1954年) 14. 第二次中東戦争(1956年) 15. ベトナム戦争(1963年 - 1975年) 16. ビアフラ戦争(1967年 - 1970年) 17. 第三次中東戦争(1967年) 18. 第四次中東戦争(1973年) 19. 中越戦争(1979年) 20. アフガン侵攻(1979年-1989年) 21. イラン...

    政治

    1. 1911年 - 辛亥革命勃発 2. 1917年 - ソビエト連邦成立。 3. 1920年 - 国際連盟成立。 4. 1922年 - オスマン帝国解体。 5. 1928年 - 張作霖爆殺 6. 世界恐慌(1929年) 7. 1931年 - 柳条湖事件、満州事変勃発 8. 1932年 - 満州国建国、五・一五事件 9. 1933年- 日本が国際連盟脱退。 10. 1936年 - 二・二六事件、日独防共協定締結。 11. 1937年 - 盧溝橋事件 12. 1939年 - ドイツのポーランド侵攻。 13. 1940年 - 日独伊三国軍事同盟結成。 14. 1941年 - 真珠湾攻撃。 15. 1945年 - 広島と長崎への原子爆弾投下。第二次世界大戦終結。国際連合成立。 冷戦(1945年〜1989年) 1. 1946年 - 国際連盟解散。 2. 1955年 - アジア・アフリカ会議 3. 1961年 - ベルリンの壁建設。 4. 1962年 - キューバ危機 5. 文化大革命(1966年 - 1976年) 6. 1973年 - オイルショック 7. 1989年 - 天安門事件、東...

    首脳

    1. フランツ・ヨーゼフ1世(オーストリア=ハンガリー帝国皇帝、在位1848年 - 1916年) 2. ヴィルヘルム2世(ドイツ帝国皇帝、在位1888年 - 1918年) 3. 宣統帝(溥儀)(清朝皇帝、在位1908年 - 1912年。満州国皇帝、在位1932年 - 1945年) 4. ニコライ2世(ロシア帝国皇帝、在位1894年 - 1917年) 5. メフメト6世(オスマン帝国スルタン、在位1918年 - 1922年) 6. 昭和天皇(日本国天皇、在位1926年 - 1989年) 7. 佐藤栄作(日本国内閣総理大臣、在任1964年 - 1972年) 8. エリザベス2世(イギリス女王、在位1952年〜) 9. ヨハネ・パウロ2世(ローマ教皇、在位1978年〜2005年) 10. アドルフ・ヒトラー(ナチスドイツ総統、在任1934年 - 1945年) 11. ベニート・ムッソリーニ(イタリア首相、在任1928年 - 1943年) 12. ネヴィル・チェンバレン(イギリス首相、在任1937年 - 1940年) 13. ウィンストン・チャーチル(イギリス首相、在任1940年 - 1...

    産業と科学

    1. アルベルト・アインシュタイン(物理学者、相対性理論) 2. トーマス・エジソン(発明家) 3. ライト兄弟(飛行機を発明) 4. ヘンリー・フォード(フォード自動車を発明) 5. ジョン・フォン・ノイマン(数学者) 6. ヴェルナー・フォン・ブラウン(ロケット開発) 7. セルゲイ・コロリョフ(ロケット開発) 8. ユーリイ・ガガーリン(宇宙飛行士) 9. ニール・アームストロング(宇宙飛行士) 10. ニコラ・テスラ(発明家) 11. バックミンスター・フラー(建築家、物理学者、数学者) 12. 安藤百福(日清食品会長) 13. 盛田昭夫(ソニー会長) 14. アラン・ケイ(コンピュータ科学者、教育者) 15. ビル・ゲイツ(マイクロソフト会長)

    人権運動

    1. ヘレン・ケラー(アメリカ) 2. マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(アメリカ) 3. ダライ・ラマ14世(チベット) 4. マザー・テレサ(インド)

    半ば - 欧州某国で通常生物にない塩基を持つ生物が捕獲される。その後の実地踏査と研究により世界各地で同種の生物が発見され、「特異遺伝因子保持生物」を略して「特遺生物」、日本では「怪」と総称されるようになる。(小説『ダブルブリッド』)
    後半 - 突然、謎の生物「イペリット」が多数出現し、地球環境を己の生存に適したものへ造り変え始める。その過程で、人類はイペリットによる殺戮と放出されるガスによって排除され、21世紀にはガスの届かない高地などの極地でわずかに生き残るのみとなる。(漫画『Thisコミュニケーション』)
    末 - 大型隕石の落下を引き金として、怪獣出現や他の惑星からの地球侵略などが連続して発生。これを受け、国連軍はロボット専門防衛チーム「テデロス(TDRS)」を発足させる。(玩具・特撮テレビ番組『20世紀未来ロボット防衛隊テデロス』)
    末 - 異星人「スプ・トラ」の宇宙船が地球に到来。地球近傍で米ソの乗組員を乗せたシャトルとファーストコンタクトを果たした後、小型の船でネヴァダ州の砂漠に着陸する。これは機密とされ、極軌道上のスプ・トラの宇宙船はソ連の膨張型風船反射衛星だと発表される。(小説『エンベディング』)
  3. 20世紀 - 維基百科,自由嘅百科全書

    zh-yue.wikipedia.org › wiki › 20世紀

    1901年至2000年哩一段期間被稱為20世紀。哩段時間最令人深刻嘅記憶係前所未見嘅全球型戰爭同軍事對峙(第二次世界大戰、冷戰)以及知識爆炸。喺呢個世紀影響人最深遠嘅係共產主義對資本主義嘅挑戰。

  4. 20世紀 - 維基百科

    gan.wikipedia.org › wiki › 20世紀

    20世紀. 出自維基百科. 跳至導覽 跳至搜尋. 1901年 到 2000年 箇一段時間係18世紀。. << - 20世紀 (1901年——2000年) - >>. 1900年代 :. 1901年. 1902年. 1903年.

  5. 20世紀 (お笑いコンビ) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 20世紀_(お笑いコンビ)

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 20世紀 (にじゅっせいき)は、 吉本興業大阪本部 に所属する日本の お笑いコンビ 。

    • しげ, 木本悠斗
    • 2013年 -
  6. Siglo XX - Wikipedia, la enciclopedia libre

    es.wikipedia.org › wiki › Siglo_XX
    • años 1900
    • años 1910
    • años 1920
    • años 1930
    • años 1940
    • años 1950
    • años 1960
    • años 1970
    • años 1980
    • años 1990

    El siglo xx se inicia en medio de grandes adelantos tecnológicos, entre los cuales el automóvil ocupa un lugar destacado. En América Henry Ford adelantó una verdadera revolución en el sistema de producción en cadena industrial que puso a prueba con la fabricación de su Modelo T. El 17 de diciembre de 1903 los hermanos Wright se convirtieron en los primeros en realizar un vuelo en un avión controlado,​ no obstante algunos afirman que ese honor le corresponde a Alberto Santos Dumont, que realizó su vuelo el 13 de septiembre de 1906.​ El avión se convertiría en uno de los más importantes inventos no solo de este siglo sino de la historia en general. En 1905, la guerra ruso-japonesa enfrentó al Imperio del Japón con el imperio de los zares de Rusia. El fin de la guerra dio como vencedor a Japón para la sorpresa del mundo occidental. La nación asiática se convirtió de facto en una nueva potencia mundial. En Rusia surge la revolución rusa de 1905, que se convertiría en la precursora de la...

    La política de los años 1910 se ve fuertemente afectada por el estallido de la Primera Guerra Mundial, llamada la Gran Guerra. La transición del siglo XIX al XX empieza a ser palpable, con la muerte de Victoria del Reino Unido y el fin total de la Época Victoriana, así como el comienzo del capitalismo norteamericano tras haber salido ilesos de la Primera Guerra Mundial. La Revolución Rusa, daría paso también a otra futura superpotencia mundial, la Unión Soviética. En cuanto a la sociedad, se ve en un cambio abrupto, con la aparición de vehículos particulares al alcance de cada vez más parte de la población. En cuanto a la cultura, la música clásica se empieza a desplazar para dar paso a otros estilos de música mucho más populares, que con el paso de las décadas cobrarían cada vez más importancia. En Nueva York en 1913 se construiría el edificio más alto del mundo, un complejo proyecto arquitectónico para la época, el Woolworth Building, que seguiría siendo el edificio más alto hasta...

    Los años 1920, supusieron el fin de la hegemonía de los estados históricos que habían existido en Europa durante siglos. Tras la Primera Guerra Mundial, Reino Unido y Francia sufrieron una gran perdida de prestigio, que le costaría volver a recuperar. En los Estados Unidos sucede el crac del 29, la mayor caída en la bolsa nunca vista, esto sucumbiría al mundo en unos años de pobreza extrema. En 1922 tras el fin de la Guerra Civil Rusa, se formaría oficialmente la Unión Soviética, un año más tarde el Imperio Otomano caería. Los estados fascistas que emergerían sobre todo durante la década de los años 1930 empiezan a surgir, como la Italia fascista de Benito Mussolini, la dictadura de Primo de Rivera en España o Alejandro I en Yugoslavia. El Imperio de Japón comenzaría su dominio por toda Asia. La música sufrió un resurgimiento popular con el afloramiento de géneros como el jazz, el tango, el charlestón y otros ritmos, por otra parte en la música culta tomó relevancia el dodecafonismo...

    La década de 1930 está claramente influida por la crisis económica (llamada «Gran Depresión») provocada por el Crac del 29 , que tuvo un alcance mundial y provocó fuertes tensiones sociales y políticas que permitieron la aparición de dictaduras como la de Hitler en Alemania, Franco en España o Metaxas en Grecia. Este surgimiento de totalitarismos acabó desembocando en una nueva guerra mundial. Alemania se desarrolla nuevamente, la economía se relanza con el impulso que le da la industria y la inversión del Estado en infraestructuras. El nuevo régimen nazi obtiene numerosos territorios sin disparar un solo tiro, frente a la cual se opone una política de apaciguamiento liderada por las democracias liberales occidentales que finalmente fracasó. El Imperio japonés se consolidaba en Asia afectando los intereses de Europa y Estados Unidos., especialmente en el Pacífico. Japón crea un «estado títere» en China bajo el nombre de Manchukuo. Por su parte Italia inicia una política de rearme mi...

    La Segunda Guerra Mundial marcó como ningún otro acontecimiento los años 1940 y el siglo en general. Al igual que en 1914, la guerra se extendió a diversos continentes, aunque este conflicto fue mucho más sangriento y modificó el mundo de una manera más radical. En 1945, al final de la guerra, Alemania había sufrido enormes pérdidas humanas y materiales, al igual que Japón. Si bien Alemania sufrió la mayor cantidad de bajas militares, fue la Unión Soviética la que sufrió el mayor número de bajas civiles. América no fue escenario de enfrentamientos significativos y los estados latinoamericanos estuvieron al margen de la confrontación, aun cuando de manera oficial apoyaron la causa de los aliados. Estados Unidos y la Unión Soviética se convirtieron en las nuevas y únicas potencias del mundo. Todas las demás antiguas potencias pasaron a un segundo nivel. La Sociedad de Naciones fue reemplazada por la ONU, que a diferencia de la anterior tuvo su sede en Nueva York y no en Europa. En 194...

    Durante esta década, las dos superpotencias vencedoras de la segunda guerra mundial, Estados Unidos y la Unión Soviética, rompieron su alianza durante la guerra y se enemistaron convirtiéndose en líderes de dos bloques: el bloque Occidental (occidental-capitalista) liderado por Estados Unidos, y el bloque del Este (oriental-comunista) liderado por la Unión Soviética y el mundo vio formarse lo que se conoció como Guerra Fría. Poco después del fin del conflicto mundial, la guerra civil en China, dio el triunfo de Mao Zedong quien instauró en la parte continental de su nación un régimen totalitario de base comunista que revolucionó al país, reconocido como República Popular China. En la década de 1950, la disputa entre los dos nuevos ejes mundiales, se intensificó notablemente con la guerra de Corea y la posterior división del país en dos estados diferentes. Se inició una carrera armamentista sin precedentes que se extendería en las siguientes décadas, así la URSS y EE. UU. se iniciaro...

    .En los años 1960 se asiste a los momentos de mayor conflicto político entre los bloques formados por Estados Unidos y la Unión Soviética, en la llamada Guerra Fría, que surgió al término de la Segunda Guerra Mundial. Momentos de enorme tensión se produjeron a partir del derribo del avión espía norteamericano “U2” sobre territorio soviético, y durante la conocida como "Crisis de los misiles de 1962", que los analistas consideran puso al mundo al borde del inicio de una tercera guerra mundial. Dicho conflicto demostró que los intentos de Estados Unidos por detener el avance del comunismo no estaban siendo fructíferos, y además conllevó posteriormente al "tratado de convivencia pacífica" entre las dos potencias mundiales.Este comienzo de la década es representativo de un período que estaría caracterizado por las confrontaciones internacionales y las protestas de una ciudadanía cada vez más crítica con las acciones de sus gobernantes y la situación que se dibujaba en el mundo tras la r...

    El conflicto árabe-israelí y la etapa final de la guerra de Vietnam dominan la mayor parte de la vida política de los años 1970. El mercado del petróleo se ve sacudido por las disposiciones de la Organización de Países Exportadores de Petróleo que arrastra a los países industrializados a una crisis en el sector energético y por ende a toda la industria y la sociedad. Se da un bloqueo en el suministro del petróleo y ahora son las naciones productoras las que fijan los precios del combustible. Es también la década del auge del terrorismo, con grupos de extrema izquierda como el IRA, RAF, Brigadas Rojas, ETA, FLNC, Ejército Rojo Japonés, NEP, Yihad Islámica, Septiembre Negro o FPLP. Terroristas como Carlos el Chacal se hicieron muy famosos. Algunos gobiernos respondieron al terrorismo aplicando terrorismo de Estado. La Casa Blanca es escenario del escándalo Watergate que llevó a que el presidente Richard Nixon fuera el único presidente estadounidense en renunciar a su cargo en este sig...

    El inicio de este decenio está marcado por el aumento de las tensiones de la Guerra Fría entre Estados Unidos y la Unión Soviética. La amenaza nuclear se hace más patente que nunca, por lo que a mediados de la década se produce un acercamiento entre los dos bloques, que se ve favorecido principalmente por las políticas conocidas en Occidente como Glásnost y Perestroika, del mandatario soviético Mijaíl Gorbachov. En el plano económico, el presidente de Estados Unidos, Ronald Reagan, presenta una serie de medidas económicas de libre mercado, popularmente conocidas como Reaganomics, que sientan las bases de la economía neoliberal de los años venideros. Por otra parte, las diferencias en el desarrollo entre los diferentes pueblos del mundo se evidencian con la hambruna que devasta a varios países de África. En Etiopía la situación se torna particularmente dramática debido a la sequía. Países asiáticos como Corea del Sur, Taiwán y Singapur así como la región de Hong Kong experimentan un...

    La caída del muro de Berlín y el derrumbamiento de la Unión Soviética abrieron una época conocida como la Post Guerra Fría. El colapso soviético liquidó la antigua política de bloques, nacida tras el final de la Segunda Guerra Mundial y dio paso a un nuevo cuadro internacional con los Estados Unidos como única superpotencia. Algunos hablaban del fin de la historia, en la que las democracias liberales han ganado al comunismo y finaliza la lucha de ideologías iniciada en el siglo xix. En Europa la década se inicia pocos meses después de la caída del muro de Berlín en 1989 y el fin de la Guerra Fría. Gran cantidad de los países del este europeos se encontraban en un doble proceso de transición: de dictadura a democracia, y de economía planificada a economía de mercado. Algunos países como Checoslovaquia, Yugoslavia y la propia URSS se desintegraron. En el caso yugoslavo se produjeron enfrentamientos violentos debido a los nacionalismos que provocaron las llamadas «guerras yugoslavas» d...

  7. 20世紀少年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 20世紀少年
    • あらすじ
    • 登場人物
    • 用語
    • よげんの書
    • 番外編
    • 書誌情報
    • 映画

    高度成長による「夢と希望」に満ちあふれていた時代から、一転して経済は停滞しオカルトブームが起き、世界滅亡の空気まで漂いはじめた、1970年前後。 そんな時代の中で、少年たちは、地球滅亡をもくろむ悪の組織や、東京を破壊し尽くす巨大ロボットに蹂躙され、混沌とし、滅亡に向かっていく未来の世界を空想した。そして、それらに立ち向かい地球を救うのは、勧善懲悪の正義のヒーローとその仲間たちだ。下らないようなストーリーを描いたスケッチブックを、少年たちは“よげんの書”と名付ける。しかし大人になるにつれ、そんな空想の記憶は薄れていく。 1997年、主人公のケンヂは、突然失踪した姉の娘のカンナを養い、コンビニを営む平凡な日々を送っていたが、お得意先の一家の失踪や幼なじみの死をきっかけに、その薄れかけていた記憶を次第に呼び覚まされていく。そして世界各地の異変が、幼い頃空想した“よげんの書”通りに起こっていることに気づく。一連のできごとの陰に見え隠れする謎の人物“ともだち”との出会いによって、全ての歯車は回り出す。 物語は、“ともだち”による20世紀末にかけての暗躍と、それに立ち向かう大人になったケンヂ達幼なじみを中心とした第1部、ケンヂが行方不明となり、“ともだち”が世界の救世主として称えられるようになった2015年の世界で密かに反逆を試みるカンナを主人公とした第2部、人類が滅亡し“ともだち”が独裁政治を行う世界に突如現れたケンヂを描く第3部、“ともだち”亡き後に残された最後の陰謀に立ち向かい、幼少時との決着を付けるべく奔走するかつての仲間たちを描く最終部の4つに大きく分かれる。

    ケンヂ / 遠藤 健児(えんどう けんじ)

    1. この作品の主人公。ロック歌手になるというかつての夢をあきらめ、現在は年老いた母親と、失踪した姉の娘・カンナの世話をしながらコンビニを営んでいる。ドンキーの死をきっかけに“ともだち”の存在を知り、その陰謀を崩すために立ち上がる。

    カンナ / 遠藤 カンナ(えんどう カンナ)

    1. この作品のもう一人の主人公。ケンヂの姪。超能力のような力を持っている。ケンヂの死後、彼の思想を受け継いで“ともだち”との戦いに挑む。

    オッチョ / 落合 長治(おちあい ちょうじ)

    1. ケンヂの同級生。幼少の頃より優等生で、一流企業に勤めていたが、現在はバンコクにて「ショーグン」の名で裏社会の汚れ仕事をしている。

    ウイルス

    1. 世界を二度にわたって滅亡の危機に追い込んだ殺人ウイルス。“血の大みそか”以前のものは潜伏期間が無いに等しく、発症後はすぐさま体中至る所から激しく出血、感染者を即座に失血死させる。2015年に使われたものは風邪によく似た症状や発疹といった初期症状がまず現れ、その後数日の間に前述のような大量出血を引き起こす。これらにより世界人口の半数以上の人々が感染し死亡する事となり、人類が存亡の危機に立たされる事となった。

    巨大ロボット

    1. 敷島教授が開発した巨大な二足歩行ロボット。“ともだち”によって使われ“血の大みそか”で東京を蹂躙した1台目と、ヤン坊・マー坊の提案で敷島博士が再制作した2台目の二種類がある。双方共に巨大な球体に足がついたような形状をしており、前面には二つのライトが目のように配置されている。主にリモコンで操作されている他、内部にも操縦席がある。 2. 1台目は敷島教授曰く「ロボットとも呼べないようなもの」であり、内部に空気を詰めて巨大に見せているだけで、駆動機構も「二足歩行」とは名ばかりで、足の裏に付けられた履帯によってブリキのおもちゃのようにすり足で動くだけの代物であった。だが、原作ではケンヂの操縦によって数歩だけだが二足歩行を行っている。また、下部にはウイルスの噴霧装置を備えており、これで一般人や出動したSAT及び陸上自衛隊の隊員を出血死させた。 3. 2台目は1台目と違って完全な二足歩行を実現しており、胴体も完全な金属製となっている。原作では上部に2基の砲塔を有していたが、原作では“ともだち”から離反し、修理工を営んでいた敷島教授が制作したもので、オッチョたちによって“ともだち”に対抗...

    絶交

    1. “ともだち”側の人間が敵対する者、邪魔者や裏切り者を殺害することを指す。

    ケンヂ達が小学校の頃に秘密基地のメンバーで考えた「将来やってくるだろう悪の組織の地球征服」の方法を書いたもの。しかし、それとは別に小学校時代の“ともだち”らが『しんよげんの書』を作っていた。 よげんの書(旧来) 1. 1.1. サンフランシスコで細菌兵器が散布される。(1ページ目) 1.2. ロンドンで細菌兵器が散布される。(2ページ目) 1.3. 大阪で細菌兵器が散布される。(3ページ目) 1.4. 羽田空港が爆破される。(4ページ目) 1.5. のろしが上がる(国会議事堂が爆破される)。(5ページ目) 1.6. 2000年12月31日、東京に巨大ロボットが襲来。世界各地で細菌兵器が散布される。(6ページ目) 1.7. 9人の戦士(書かれた時点ではケンヂ、オッチョ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ケロヨン、コンチ、ドンキーのはずであった)が立ち上がる。(7ページ目) しんよげんの書(新来) 1. 1.1. 新宿の教会で救世主(ホクロの警官)が暗殺される。(1ページ目) 1.2. 万博が開かれる。(2ページ目) 1.3. リリリンと電話が鳴り、人類滅亡の準備が整う。(3ページ目) 1.4. スーツケースを持ったセールスマンが世界中でウイルスを散布し始める。(4ページ目) 1.5. 聖母(キリコ)が天国か地獄をたずさえて降臨する。(5ページ目)(原作のみ) 1.6. 2015年で西暦が終わる。(6ページ目) 1.7. 世界大統領が誕生する(7ページ目) 1.8. 世界大統領が火星移住計画を発表する。(8ページ目)(原作のみ) 1.9. ともだち暦3年(西暦2017年)の8月20日、宇宙人が地球を襲い、世界が滅びる。(映画9ページ目) しんよげんの書 最後のページ 1. 1.1. 巨大ロボットに秘密基地が踏み潰されたとき隠された反陽子爆弾のスイッチが押され世界が滅びる(原作9ページ目)。 1.2. そして人類はほとんど死に、世界大統領は仲のいい友達と楽しく暮らす。(映画10ページ目)

    映画版の公開に伴いスピリッツに掲載。内容と設定は下記の映画版を基盤にしている。 1. 20世紀少年 予告(血の大晦日のロボットに向かい歩むケンヂたちのエピソード、「20世紀少年探偵団」にも収録) 2. 20世紀少年 第2章 最後の希望 予告(VA内に入ったカンナが幼年ケンヂと別れた後のエピソード) 3. あおぞらChu-意報 作・画/ウジコウジオ(劇中漫画家ウジコウジオがユキジに見せた劇中漫画) 4. まんがり道 作・画/ウジコウジオ(劇中漫画家ウジコウジオがユキジに見せた劇中漫画シリーズ)

    単行本

    単行本は、全て小学館より刊行された。巻数表示は、『20世紀少年』のみ「第○集」である。 浦沢直樹『20世紀少年』小学館〈ビッグコミックス〉、全22巻 1. 1.1. 「ともだち」 2000年3月1日発行、ISBN 4-09-185531-8 1.2. 「予言者」 2000年7月1日発行、ISBN 4-09-185532-6 1.3. 「ギターを持った英雄」 2000年10月1日発行、ISBN 4-09-185533-4 1.4. 「愛と平和」 2001年3月1日発行、ISBN 4-09-185534-2 1.5. 「さいかい」 2001年6月1日発行、ISBN 4-09-185535-0 1.6. 「最後の希望」 2001年9月1日発行、ISBN 4-09-185536-9 1.7. 「真実」 2001年12月1日発行、ISBN 4-09-185537-7 1.8. 「ケンヂの歌」 2002年4月1日発行、ISBN 4-09-185538-5 1.9. 「ラビット・ナボコフ」 2002年8月1日発行、ISBN 4-09-185539-3 1.10. 「顔のない少年」 2002年1...

    関連書籍

    1. 竹熊健太郎 『20世紀少年探偵団』 小学館〈ビッグコミックススペシャル〉、2008年、ISBN 978-4-09-182194-2 1.1. 漫画の主な舞台となった1970年代の世相・風俗を解説したオフィシャル本。 1.2. 原作者である浦沢直樹が監修を担当している。 2. 浦沢直樹、ウジコウジオ 『20世紀少年の脇役 ウジコウジオ作品集』 小学館〈ビッグコミックススペシャル〉、2010年、ISBN 978-4-09-183245-0 2.1. 『20世紀少年』スピンオフ作品集。

    2008年から2009年にかけて堤幸彦監督、唐沢寿明の主演で3部作で公開された。 総製作費60億円のプロジェクトで、3部作は全て週末観客動員数1位を記録し最終興行収入は3部作総額で113.7億円にのぼった。映画完結後も未公開シーンを加え劇場版と異なるラストを収録したDVD・Blu-ray Discの発売、地上波テレビにて『20世紀少年 サーガ』と題した再編集バージョンが放送されるなどしている。

  8. 19世紀 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 19世紀

    19世紀のイギリスは工業化による生産力の増大により得た、圧倒的な経済力と軍事力で世界の覇権を握った。 イギリスは時には武力をも用いて世界各国に自由貿易を認めさせ、イギリスを中心とした国際経済体制に世界を組み込んでいった(パクス・ブリタニカ)。

  9. ナシ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ナシ
    • 概要
    • 名前
    • 歴史
    • 栽培
    • 品種
    • 日本における産地
    • 食用
    • 文化
    • 参考文献
    • 関連項目

    ナシ(和なし、日本なし)は、中国を原産とし日本の本州、四国、九州、中国や朝鮮半島、台湾島に生育する野生種ヤマナシ(ニホンヤマナシ、P. pyrifolia var. pyrifolia )を基本種とする栽培品種群のことである。 高さ15メートルほどの落葉高木。葉は長さ12cm程の卵形で、縁に芒状の鋸歯がある。花期は4月頃で、葉の展開とともに5枚の白い花弁からなる花を付ける。8月下旬から11月頃にかけて、黄褐色または黄緑色でリンゴに似た直径10 - 18センチメートル程度の球形の果実がなり、食用とされる。果肉は白色で、甘く果汁が多い。リンゴやカキと同様、尻の方が甘みが強く、一方で芯の部分は酸味が強いためあまり美味しくない。しゃりしゃりとした独特の食感がナシの特徴だが、これは石細胞と呼ばれるものによる。石細胞とは、ペントサン(英語版)やリグニンという物質が果肉に蓄積することで細胞壁が厚くなったものである。洋なしは和なしよりも石細胞の量が少ないために、洋梨と和梨とでは食感に大きな差が生じる。 野生のもの(ヤマナシ)は直径が概ね2 - 3センチメートル程度と小さく、果肉が硬く味も酸っぱいため、あまり食用には向かない。ヤマナシは人里付近にしか自生しておらず、後述のように本来日本になかった種が、栽培されていたものが広まったと考えられている。なお、日本に原生するナシ属にはヤマナシの他にもミチノクナシ(イワテヤマナシ) (Pyrus ussuriensis var. ussuriensis) 、アオナシ(Pyrus ussuriensis var. hondoensis、和なしのうち二十世紀など果皮が黄緑色のものを総称する青梨とは異なることに注意)、マメナシ (Pyrus calleryana) がある。 1. ナシの花 2. 落花後の果実 3. 木についた状態。この後は日焼け防止の袋を被せられる

    ナシの語源には諸説ある。 1. 江戸時代の学者新井白石は中心部ほど酸味が強いことから「中酸(なす)」が転じたものと述べている。 2. 果肉が白いことから「中白(なかしろ)」あるいは「色なし」 3. 風があると実らないため「風なし」 4. 「甘し(あまし)」 5. 「性白実(ねしろみ)」 6. 漢語の「梨子(らいし)」の転じたもの また、ナシという名前は「無し」に通じることからこれを嫌って、家の庭に植えることを避けたり、「ありのみ(有りの実)」という呼称が用いられることがある(忌み言葉)。一方で「無し」という意味を用いて、盗難に遭わぬよう家の建材にナシを用いて「何も無し」、鬼門の方角にナシを植えることで「鬼門無し」などと、縁起の良さを願う利用法も存在する。 英語圏では多くの呼び名がある。 1. 産地から、Asian pear, Chinese pear, Korean pear, Japanese pear 2. リンゴのような形から Apple pear 3. 砂のようなシャリシャリした食感から Sand pear 4. 日本語の「ナシ」から Nashi pear

    日本でナシが食べられ始めたのは弥生時代頃とされ、登呂遺跡などから多数食用にされたとされる根拠の種子などが見つかっている。ただし、それ以前の遺跡などからは見つかっていないこと、野生のナシ(山梨)の自生地が人里周辺のみであることなどにより、アジア大陸から人の手によって持ち込まれたと考えられている。文献に初めて登場するのは『日本書紀』であり、持統天皇の693年の詔において五穀とともに「桑、苧、梨、栗、蕪菁」の栽培を奨励する記述がある。 記録上に現れるナシには巨大なものがあり、5世紀の中国の歴史書『洛陽伽藍記』には重さ10斤(約6キログラム)のナシが登場し、『和漢三才図会』には落下した実にあたって犬が死んだ逸話のある「犬殺し」というナシが記述されている。 江戸時代には栽培技術が発達し、100を超す品種が果樹園で栽培されていた。松平定信が記した『狗日記』によれば、「船橋のあたりいく。梨の木を、多く植えて、枝を繁く打曲て作りなせるなり。かく苦しくなしては花も咲かじと思ふが、枝のびやかなければ、花も実も少しとぞ。」とあり、現在の市川から船橋にかけての江戸近郊では江戸時代後期頃には、既に梨の栽培が盛んだった事がわかっている。 明治時代には、現在の千葉県松戸市において二十世紀が、現在の神奈川県川崎市で長十郎がそれぞれ発見され、その後、長らくナシの代表格として盛んに生産されるようになる。一時期は全国の栽培面積の8割を長十郎で占めるほどであった。また、それまでは晩生種ばかりだったのだが、多くの早生種を含む優良品種が多数発見され、盛んに品種改良が行われた。 20世紀前半は二十世紀と長十郎が生産量の大半を占めていたが、太平洋戦争後になると1959年に幸水、1965年に新水、1972年に豊水の3品種(この3品種をまとめて「三水」と呼ぶこともある)が登場し普及した。そのため、現在では長十郎の生産はかなり少なくなっている。

    ナシの種子は乾燥に弱く、播種の際には注意を要する。発芽後は植木鉢へ移して個別に栽培し、十分に生育してから圃場へ移す。定植された苗は長さ数cmにもなる棘を付けるが、これはバラ科としての形態形質の一端である。ちなみに、この棘はナシの幼若期に特有のものであり、花芽形成が始まる頃に伸びる枝には棘がない。 ナシの花弁は通常白色、5枚の離弁が基本であるが、色や花弁数には変異がある。また、おしべは約20本、花柱は5本である。ナシは本来虫媒花であるが、自家不和合性(同じ品種間では結実しない性質)が強く、栽培される場合には経済的な理由から他品種の花粉によって人工受粉が行われる。雌蕊(めしべ)の柱頭に付着した花粉は発芽し、花粉管を伸長して胚珠に到達、重複受精を行う。果実の育成は植物ホルモンの影響を受ける為、人工的にこれを添加する事も行われる。また、結実数が多すぎる(着果過多)場合には、商品となる果実の大きさを維持する為に摘果が行われる。 受粉を確実にするためマルハナバチなどを養蜂もされている。

    ナシの栽培は古くからあったが、品種名が文献に現れるのは江戸幕府が行った特産品調査(1735年)である。当時既に150もの品種が記録されている。品種改良は20世紀初め頃から行われるようになった。現在では幸水、豊水、二十世紀、新高の4品種だけで、収穫量の約9割を占めているが、いずれも19世紀後半 - 20世紀前半に発見あるいは交配された品種である。 ナシの品種は、果皮の色から黄褐色の赤梨系と、淡黄緑色の青梨系に分けられる。多くの品種は赤梨系で、青梨系の品種は二十世紀、八雲、菊水、新世紀、瑞秋(二十一世紀梨)など少数である。この色の違いは、果皮のコルク層によるもので、青梨系の果皮はクチクラ層に覆われており黄緑色となるが、赤梨系の品種では初夏にコルク層が発達し褐色となる。和梨と洋梨を問わず、ナシの品種は、果皮の色から大きく4つに分けられる。幸水梨などの赤茶色系のラセットタイプ(Russet pear)、リンゴのように赤い赤色系のレッドタイプ(Red pear)、中国梨のように黄色い黄色系のイエロータイプ(Yellow pear)、二十世紀梨などの青色系のグリーンタイプ(Green pear)などがある。レッドタイプとイエロータイプの中間種でピンクタイプなども存在する。

    ナシは沖縄県を除く日本各地、北海道南部(但し、北部でも栽培収穫の例がある)から鹿児島県まで広く栽培されており、31都府県で累年統計をとっている。そのため、主産県でも収穫量におけるシェアはそれほど高くなく、上位10県合計でも全体の7割弱である。産地は東日本と九州地方に集中しており、特に関東地方で半数を超える。土壌は火山灰土、砂地などが栽培適地となっているほか、風害の影響を受けやすいため、盆地や山間の扇状地に産地が発達している。 なお、主要産地の地方自治体ではナシの大敵である赤星病対策として、ビャクシン類の植栽を規制する条例を設けているところが多い。

    ナシの主な利用法は食用、特に生食である。一般的なナシの剥き方はリンゴに類似したもので、縦に8等分などして、皮を剥き中心部を取り除く方法である。また、シロップ漬けの缶詰にも利用されるが、ナシ単独の缶詰が売られていたり、それを食したりすることは稀であり、他の果物と混ぜてミックスフルーツとして販売・食用とされることが多い。シャリシャリとした独特の食感があり、これはリグニンやペントサンなど「石細胞」によりもたらされる。この細胞は、食物繊維と同じ働きがあり、整腸作用がある。なめらかな食感を持つ洋梨はとは対照的であり、英語では、洋梨をバターペア(バターの梨)、日本梨をサンドペアー(砂の梨)と呼ぶ。 加工品としては清涼飲料水や、ゼリー、タルトなどの洋菓子に利用されているが、洋梨と比べるとそれらを見かける機会は少ない。料理に用いられることは冷麺の具として用いる以外ほぼないが、産地などでは梨カレーなどといったレシピも開発されている。

    梨に関する言葉

    1. 梨園(りえん) - 唐の玄宗の故事に由来し、歌舞伎界を意味する。 2. 梨尻柿頭 - ナシは尻の部分が甘く、カキは頭の部分が甘いということ。 3. 梨の礫(つぶて) - 便りを出しても、先方からさっぱり音沙汰のないこと。 4. 梨花一枝、春雨(はるあめ)を帯ぶ - 美人が涙ぐむさま。

    『果樹園芸大百科 4 ナシ』 編・出版:農山漁村文化協会、2000年
    『植物の世界 5』 朝日新聞社、1997年
    『図説 花と樹の事典』 監修:木村陽次郎、柏書房、2005年
    『たべもの起源事典』 岡田哲、東京堂出版、2003年
  1. Anuncios
    relacionados con: 20世紀 wikipedia