Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 78.500 resultados de búsqueda
  1. Anuncios
    relacionados con: Free trade wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron us.searchley.com el mes pasado

    Search Get A Free Com Domain, Top Information From Trusted Internet Sources. Get A Free Com Domain, Get Expert Advice and Curated Content on Searchley

  1. en.wikipedia.org › wiki › Free_tradeFree trade - Wikipedia

    Free trade is a trade policy that does not restrict imports or exports. It can also be understood as the free market idea applied to international trade. In government, free trade is predominantly advocated by political parties that hold economic liberal positions, while economic nationalist and left-wing political parties generally support ...

  2. en.wikipedia.org › wiki › FreetradeFreetrade - Wikipedia

    Freetrade offers a commission-free trading app on the Android and iOS platforms which is open to users in the United Kingdom. Users may trade equities and ETFs listed in the UK and the US. For US assets, users may hold and trade fractional shares. Portfolios can be held in a tax-free ISA or SIPP (personal pension), in each case for a flat ...

    • 200
    • London, United Kingdom
    • Share dealing
    • FinTech
    • Overview
    • History
    • Legal aspects of free trade agreements
    • Economic aspects of free trade agreements
    • Qualifying for preferences under an FTA
    • Databases on FTAs

    A free trade agreement or treaty is an agreement according to international law to form a free-trade area between the cooperating states. There are two types of trade agreements - bilateral and multilateral. Bilateral trade agreements occur when two countries agree to loosen trade restrictions between the two of them, generally to expand business opportunities. Multilateral trade agreements are agreements among three or more countries, and are the most difficult to negotiate and agree. FTAs, a f

    The OED records the use of the phrase "free trade agreement" with reference to the Australian colonies as early as 1877.

    The formation of free trade areas is considered an exception to the most favored nation principle in the World Trade Organization because the preferences that parties to a free-trade area exclusively grant each other go beyond their accession commitments. Although Article XXIV of the GATT allows WTO members to establish free-trade areas or to adopt interim agreements necessary for the establishment thereof, there are several conditions with respect to free-trade areas, or interim agreements lead

    In general, trade diversion means that an FTA would divert trade away from more efficient suppliers outside the area towards less efficient ones within the areas. Whereas, trade creation implies that an FTA area creates trade which may not have otherwise existed. In all cases tra

    Economists have made attempts to evaluate the extent to which FTAs can be considered public goods. They first address one key element of FTAs, which is the system of embedded tribunals which act as arbitrators in international trade disputes. These serve as a force of clarificati

    Further information: Rules of origin Unlike a customs union, parties to an FTA do not maintain common external tariffs, which means they apply different customs duties, as well as other policies with respect to non-members. This feature creates the possibility of non-parties may free-riding preferences under an FTA by penetrating the market with the lowest external tariffs. Such risk necessitates the introduction of rules to determine originating goods eligible for preferences under an FTA, a ne

    The database on trade agreements provided by ITC's Market Access Map. Since there are hundreds of FTAs currently in force and being negotiated, it is important for businesses and policy-makers to keep track of their status. There are a number of depositories of free trade agreements available either at national, regional or international levels. Some significant ones include the database on Latin American free trade agreements constructed by the Latin American Integration Association, the databa

  3. A free-trade area is the region encompassing a trade bloc whose member countries have signed a free trade agreement (FTA).Such agreements involve cooperation between at least two countries to reduce trade barriers, import quotas and tariffs, and to increase trade of goods and services with each other.

  4. Free-trade zones are referred to as "foreign-trade zones" in the United States (Foreign Trade Zones Act of 1934), where FTZs provide customs-related advantages as well as exemptions from state and local inventory taxes. In other countries, they have been called "duty-free export processing zones," "export-free zones," "export processing zones ...

  5. The European Free Trade Association ( EFTA) is a regional trade organization and free trade area consisting of four European states: Iceland, Liechtenstein, Norway and Switzerland. The organization operates in parallel with the European Union (EU), and all four member states participate in the European Single Market and are part of the Schengen ...

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 自由貿易自由貿易 - Wikipedia

    • 概要
    • 比較優位
    • 経済成長
    • 貿易政策
    • 社会保障
    • 環境・倫理
    • 参考文献
    • 関連文献

    貿易では、国が互いに財やサービスを売ると両国の利益となる。これは国際経済学における最も重要な洞察ともいわれる。貿易の便益は実体のある財だけでなく、サービス産業などにも及ぶ。国は貿易で利益を得るが、国内において特定の集団に害を与えることがある。そのため、どれだけの貿易を認めるかという論争が続いている[注釈 1]。 自由貿易を支持する経済学的な理由としては、(1) 効率性の利益について定式化した分析がある。(2) 定式化に含まれない追加の利益がある。(3) 複雑な経済政策の実施は難しいが、自由貿易は簡易である、などがある。 第一次世界大戦(1914年-1918年)までの自由貿易はイギリスが主導し、通貨制度は金本位制にもとづいていた。第二次世界大戦(1939年-1945年)後の自由貿易はアメリカが主導し、通貨制度はアメリカのドルとの比率にもとづくブレトンウッズ体制で始まり、現在は変動相場制となっている。完全な自由貿易の国は存在しないが、貿易自由化の国際機関として世界貿易機関(WTO)がある。WTOは諸国間の取引のルールを定め、より自由貿易に近い状態が実現されるよう努めている。貿易依存度は2000年代後半には60%を超え、21世紀は歴史的に自由貿易が最も実現されているといえる。 自由貿易支持者の主張 1. 国外から安価な商品が輸入できる。 2. 国外に商品を輸出して利益が享受できる。 3. 国外から機械・原材料が輸入されることで、技術・スキルが移転される。 4. 国外への輸出機会を得ることで国内生産のスケールメリット(規模の経済)が活かされる。 5. 国外からの競争圧力によって、国内の独占の弊害を軽減できる。 6. 国外からの輸入を通じて多様な商品が消費できる。 上記に対する保護貿易論者の主張については、保護貿易#保護主義の主張を参照。

    自由貿易論の基礎にあたるものが、比較優位の理論である。国が貿易をする理由には主に2点あり、(1) 互いの違いから利益を得る、(2) 自国で全てを生産するよりも効率よく財を得る[注釈 28]、という点にある。たとえば2国間で貿易をする場合、それぞれの国が比較優位を持つ商品を輸出すれば、両国にとって利益になり得る。 比較優位は経済学者デヴィッド・リカードの著書『経済学および課税の原理』(1817年)で最初に論じられ、比較生産費説と呼ばれた。リカードは、2つの国が2つの財を交換するモデルを分析して、生産性の優位が大きい財を輸出して生産性の優位が低い財を輸入すれば利益になると論じた。自由貿易のもとでは、各国は労働と資本を自国が最も有利になる用途に使い、輸出品と交換に得られる輸入品を増やそうとする。こうした個別の利益の追求によって労働の配分と生産の増加が進み、利益と交通という共通の絆が全体の利益をもたらすとリカードは論じた[注釈 29]。 比較優位の観点からは、貿易が有益な点を示すための限定条件はなく、競争力や公正という条件も必要がない。比較優位の思想は経済学の中で最古に属するため、経済学者はこの利益が誰にとっても自明であると錯覚しやすい[注釈 30]。 他方、比較優位の問題点としては、(1) 産業の特化の過大な重視、(2) 貿易が所得分配に与える影響の無視、(3) 各国の資源の違いの無視、(4) 規模の経済の貢献の無視、などがある。また、現実における比較優位の妥当性について疑問が呈されている。たとえば経済力や政治力に大きな差のある2国家が交渉した場合に、経済力や政治力の小さい側が不利をこうむる可能性が指摘されている。

    貿易と経済成長の段階として、(1) 伝統的な産品の輸出、(2) 第1次輸入代替(軽工業品)、(3) 第1次輸出代替(伝統的産品から軽工業品に主流が移る)、(4) 第2次輸入代替(重工業品)、(5) 第2次輸出代替(軽工業品から重工業品に主流が移る)、などがある。これまでに経済成長をした国の貿易は、資源国をのぞけば急速な産業化をへており、労働者は主に製造業に雇用されていた。製造業の貿易と比較すると、資源貿易は雇用が少なく、またサービス産業には非貿易財の割合が大きい。 1960年代以降の途上国の標準所得と生産高の割合は低下しており、サービス産業に比べて製造業の相対価格は低下している。製造業の雇用は減っており、過去と同様の経済成長は困難になる可能性があるため、経済成長にはサービス産業の生産性が必要ともいわれる。貿易自由化が経済成長に結びつかない場合もあり、輸入代替工業化の時代よりも成長が鈍化している国もある。第二次世界大戦後の自由貿易と経済成長は正の相関を示したが、貿易自由化が成功したのは経済が成長していたからであり、その逆は自明ではないとする研究もある。輸出加工区や経済特区による二重貿易体制をとる国もある。 東アジア 第二次大戦後の日本の高度経済成長は、自由貿易による成功の一例とされる。日本は朝鮮特需で外貨不足を解消して輸出が増え、ベトナム戦争によってアジアとの貿易が増えた[注釈 31]。日本の後にはNIESと呼ばれる国々が経済成長をとげ、そのうち東アジアには台湾、韓国、香港が含まれていた。台湾や韓国は工業製品の輸出を増やすために輸出加工区を採用し、限定した地域で関税や法人税を減免して外国企業に開放した。 中国は工業の近代化を実現するために1978年から改革開放政策に変更し、経済成長を続けている[注釈 32]。輸出加工区を参考にした経済特区や、委託加工の制度で自由貿易や外資を受け入れ、他の地域では貿易制限を続けた。こうして国営企業の雇用を維持しながら自由貿易のノウハウを蓄積し、2001年にはWTO加盟を果たす。加盟にあたっては関税引き下げ・輸入数量制限撤廃・直接投資の開放などを受け入れ、2011年には最大の貿易国となった。中国が世界の製造業に占める割合は1991年の2.3%から2013年の18.8%まで増え、直接投資受入額はWTO加盟後の10年間で8376億ドルと...

    現在の主な貿易政策として、関税、輸出補助金(英語版)、輸入割当、自発的輸出規制(英語版)、戦略的貿易政策があり、いずれも自由貿易にとっては負の側面がある。貿易は各国の所得分配に影響を与えるため、貿易政策は国家間の利害よりも国内での利害が重要となる。 貿易政策は、経済学的には自由貿易からの逸脱とされ、次のような議論がある。(1) 自由貿易からの逸脱費用は大きい。(2) 自由貿易の便益のため、保護貿易的な政策の費用はさらに大きくなる。(3) 自由貿易から逸脱する試みは政治的プロセスで覆される。アメリカの経済学者の9割が意見を共有している問題の中には、「輸入関税や輸入割当は全体の経済的厚生を引き下げる」「アメリカ政府は雇用主が海外に仕事をアウトソーシングすることを制限するべきではない」などがある。 関税 関税は、生産と消費に関して歪みを与える。政府が輸出入を決める管理貿易よりも、輸出入に関する競争によってイノベーションや学習の機会を与えたほうが、高い生産性の産業が効率性を高める。 関税の引き下げは、単独よりも相互合意で行う方が利点がある。主な理由として、(1) 相互合意なら、さらなる自由化の交渉がしやすい。(2) 貿易についての合意は当事国の貿易戦争を回避する。1891年から2010年のアメリカの平均関税率は、1930年初頭に激増したのちは下がり続けており、関税率の減少は貿易自由化の国際交渉の成果とされる[注釈 40]。 輸入割当 輸入割当によって数量を制限すると、輸入品のレントシーキングが拡大する。輸入割当の決定には組織にライセンスを発行するのが通例だが、ライセンスを得るために組織は費用をかけることになり、生産リソースの浪費となる。また、数量制限によって輸入品の価格は関税と同じく上がる[注釈 41]。レントシーキングは保護貿易の費用よりも高い損失になる場合がある。 輸出補助金 輸出補助金は、国の輸出品の相対価格を上げ、相対需要を下げて交易条件(英語版)を悪化させる[注釈 42]。輸出補助金は、補助を出す国にとって損となり、その他の地域にとっては得になる。そのため輸出補助金は国内向けの政策としては矛盾しているが、政治的には国内で支持される場合がある。例として、アメリカやフランスによる農産物への補助がある。 自発的輸出規制 自国政府が輸出数量を規制する。この場合は、輸...

    自由貿易と社会保障は密接に関連している。社会保障制度が整備されていない時代は、貿易で生じる所得再配分の問題は、移民や保護貿易によって解決される傾向にあった。社会保障が充実すると貿易に対する反対が大きくならず、自由化が進みやすくなるため、貿易先進国はセーフティネットが充実する傾向にある。貿易自由化を促進するために重要な政策として、自由化によって損失をこうむる人々への補填や、富の再分配・失業手当・雇用のセーフティネットなどがある。 貿易で最も損をする人々は、輸入部門と競争する人々であるとされる。輸入部門で競争する人々は低賃金になりやすく、転職をするとしても時間がかかる。ただし、失業率と輸入額には正の相関関係はなく、失業はマクロ経済的な現象であることを示している[注釈 44]。そのため、失業への対応としては自由貿易を制限する貿易政策ではなく、マクロ経済政策がより効果があるとされる。 貿易で損害をこうむった人々への公的支援は、失った所得を埋め合わせるには足りないという研究もある。アメリカでは貿易が原因で失業した労働者を米国貿易調整支援制度(TAA)で支援するが、補償の金額は足りない[注釈 45]。そのため失業した労働者の1割が障害年金で埋め合わせており、雇用機会を失っている。 構造的失業・貧困率 伝統的な貿易理論では、労働者や資本は機会によって移動するので賃金水準や失業は同一水準になるという前提があった。しかし、現実は硬直的であり、貿易自由化の影響が産業や地域によって違うことを示す研究もある。インドでは、国全体の貧困率は1991年の35%から2012年の15%まで急速に下がったが、貿易自由化の影響を強く受けた地域は貧困率の低下ペースが遅かった。また、貿易自由化の影響を強く受けた地域は児童労働の減少ペースも遅かった[注釈 46]。この研究手法は、他の研究者によってアメリカ、スペイン、ノルウェー、ドイツなどでも使われて同様の結果を出している。 賃金格差 労働者マッチング法の研究によれば、中間財のアウトソース傾向が強まると、発展途上国の熟練労働者は先進工業国の非熟練労働者と共同しやすくなり賃金が伸びる。しかし途上国の非熟練労働者は、グローバル化によって途上国内の熟練労働者との共同を失いがちになり、生産性が低下して賃金が伸びなくなる[注釈 47]。

    人権の保障・労働基準・環境基準などが大きく異なる国同士における自由貿易は議論となっているが、WTOではこれまで問題とされることが少なかった。こうした面はソーシャルダンピングとも呼ばれる。また、環境汚染などの外部不経済によって、損失が自由貿易の便益を上回る可能性がある。

    日本語文献(五十音順)

    1. 秋元英一『世界大恐慌 - 1929年に何がおこったか』 講談社〈講談社学術文庫〉、2009年。 2. 阿部顕三; 遠藤正寛『国際経済学』 有斐閣〈有斐閣アルマ〉、2012年。 3. 伊藤元重『はじめての経済学〈上〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年。 4. 猪木武徳『戦後世界経済史 - 自由と平等の視点から』 中央公論新社〈中公新書〉、2009年。 5. 井村喜代子『現代日本経済論〔新版〕』 有斐閣、2000年。 6. 岩田規久男『経済学的思考のすすめ』 筑摩書房〈筑摩選書〉、2011年。 7. 岩本武和『ケインズと世界経済』 岩波書店、1999年。 8. エリック・ウィリアムズ、中山毅訳 『資本主義と奴隷制』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2020年。(原書 Williams, Eric (1944), Capitalism and Slavery, University of North Carolina Press) 9. 宇佐見耕一; 小池洋一; 坂口安紀; 清水達也; 西島章次; 浜口伸明『図説ラテンアメリカ経済』 日本評論社、2009年。 10. 絵所...

    外国語文献(アルファベット順)

    1. Joshua Aizenman; Hiroyuki Ito (mar 2020). “The Political-Economy Trilemma” (PDF). RIETI Discussion Paper Series (RIETI): 1-43. https://www.rieti.go.jp/en/publications/summary/20030008.html 2020年7月22日閲覧。. 2. Daniel M. Bernhofen; John C. Brown (mar 2005). “An Empirical Assessment of the Comparative Advantage Gains from Trade: Evidence from Japan” (PDF). American Economic Review (American Economic Association) 95 (1): 208-225. https://www.aeaweb.org/articles?id=10.1257/0002828053828491 2020年8...

    ダグラス・A・アーウィン(英語版)、小島清監, 麻田四郎訳 『自由貿易理論史』 文眞堂、1999年。(原書 Irwin, Douglas (1998), Against the Tide: An Intellectual History of Free Trade, Princeton University Press)
    イシュトファン・ホント、田中秀夫訳 『貿易の嫉妬 - 国際競争と国民国家の歴史的展望』 昭和堂、2012年。(原書 Hont, István (2005), Jealousy of trade: international competition and the nation-state in historical perspective, Belknap Press of Harvard...
    山本和人「米英戦時貿易交渉 : 戦後貿易システムの原点」『福岡大学商学論叢』第55巻第4号、福岡大学研究推進部、2011年3月、 397-426頁、 ISSN 0285-2780、2020年7月22日閲覧。
  1. Anuncios
    relacionados con: Free trade wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron us.searchley.com el mes pasado

    Search Get A Free Com Domain, Top Information From Trusted Internet Sources. Get A Free Com Domain, Get Expert Advice and Curated Content on Searchley