Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 1.400.000 resultados de búsqueda
  1. Anuncio
    relacionado con: 昭和天皇 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 昭和天皇昭和天皇 - Wikipedia

    昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇 (在位:1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。諱は裕仁(ひろひと)、御称号は迪宮(みちのみや) 。

  2. 昭和天皇在位63年,是日本信史以来,在位時期最長、更是经历過大动乱與大变化时期的日本天皇。關於昭和天皇的争议很多,有人认为他是日本發動第二次世界大戰罪魁禍首,也有人认为他只是日本軍 傀儡,并无实权。

    • 昭和:1926年12月25日-1989年1月7日
    • 裕仁, (1901年(明治三十四年)5月5日命名)
    • 経緯
    • 本多警部のその後
    • 議会の動き
    • 脚注
    • 関連項目

    1934年(昭和9年)11月16日、昭和天皇臨席のもと陸軍大演習が群馬県の高崎練兵場で行われた。観兵式に出席した後、昭和天皇一行が群馬県桐生市に行幸することになっていた。予定された親覧順序は「桐生駅 - 桐生西小 - 桐生高工」であった。 地元住民は「現人神」である天皇を奉迎するために1年前から予行演習を重ねており、「出迎える際はひざまずくように」と指示されていた。こうした非日常の光景の中、先導役を務めた群馬県警察部警部の本多重平(当時42歳)は、左折すべき末広町交差点を直進する過失を犯してしまった。そのため、視察の順序は「桐生高工 - 桐生西小」と全く逆になり、昭和天皇が先に訪問するはずだった桐生西小では、「天皇一行が行方不明になった」と大騒ぎになった。 順序を間違った原因であるが、前日緊張の中、昭和天皇一行を本多警部は前橋市で先導していたところ、桐生市においての先導役の予定であった者が体調不良で辞退したため、代役で行ったものであった。そのため本多警部は、事前の下見を行っていなかった桐生市内でも先導することになった。しかし、昭和天皇を奉迎するための群衆で賑わう沿道の光景から、非日常の世界が広がっていたため幻惑され、予定で曲がるはずだった交差点では、先導者の運転手をはじめ、本多警部ももう1人の警部も、「直進して当然だと思った」という。そのため、「先導車の運転手が間違いに気付いたのはかなり後になってからであり、聖駕(天皇が乗車する車)も近づいており引き返せないため、本多警部は直進を命令した」という。

    この前代未聞の過失に対して関係者が処分されることになった。事件後、当事者の1人である本多警部は自宅謹慎していたが、県当局は自決を心配し部下2人を監視に付かせていた。しかし2日後、昭和天皇一行を乗せたお召し列車が前橋駅を出発する時刻が迫った時、本多警部は部下や家人に「見送りに行け」と命じ、その間に、列車が駅を出発した汽笛と共に日本刀で喉を突いて自決を図った。しかし、日本刀を素手で持っていたため、指が切れて突く力が弱くなり、一命を取り止めた(一部の資料では死亡したとされるが誤伝である)。このことは天皇一行にも「警部が責任を取り、自決した」と報告されたという。自決を図ったことについては、当時は「よくぞ責任を取ってくれた」と賞賛する声が挙がったという。 本多警部は一命を取り止めたものの後遺症は重大で、舌の筋肉が切断されたため、会話に支障が出る状態になった上に、食道と気道が癒着してしまい、食事をするのも難しい状態になった。彼は全国からの賞賛の声に励まされ、「もう1度天皇陛下のために生きる」決心をしたという。警察の出世コースからは外れたが、国立療養所事務長などを歴任し、1946年(昭和21年)まで公職を務めたという。 1945年(昭和20年)8月15日、日本の降伏により、太平洋戦争(大東亜戦争)は日本の敗戦で終結した。昭和天皇が人間宣言を発し、戦前・戦中期のような軍服姿ではなく背広姿で日本各地を巡幸する姿を見て、本多元警部は「武士道は必要なくなった」「もう世を捨てた」と漏らしたという。 晩年は郷里で農業に従事し、1960年(昭和35年)5月22日に68歳で死去したという。

    事件後、岡田啓介首相と後藤文夫内相(岡田内閣)が天皇にお詫びしたところ、天皇は別段の咎めもなく許したが、当時野党の立場にあった立憲政友会は、帝国議会でこれを取り上げ、その原因は群馬県知事と警察部長の対立が原因であるとして後藤内相を攻撃した 。これについて岡田首相は、翌年の議会で取り上げられた国体明徴論と合わせて、「政党人の自己否定につながる行為であった」と批判している。

    ^ 岡田啓介 『岡田啓介回顧録』 中公文庫、平成13年(2001年)。ISBN 4122038995。
  3. en.wikipedia.org › wiki › HirohitoHirohito - Wikipedia

    Emperor Shōwa, (昭和, 29 April 1901 – 7 January 1989) better known in English by his personal name Hirohito (裕仁), was the 124th emperor of Japan, ruling over the Empire of Japan from 1926 until 1947, after which he was Emperor of the state of Japan until his death in 1989. He was succeeded by his fifth child and eldest son, Akihito.

  4. Category:昭和天皇 ナビゲーションに移動 検索に移動 ウィキメディア・コモンズには、 昭和天皇 に関連する メディア および カテゴリ があります。

    • 概要
    • 編集の経過
    • 内容・新事実
    • 平成の天皇(現上皇)の反応
    • 誤りの発覚
    • 関連項目

    編纂作業は1990年(平成2年)4月から16年計画で始まり、新資料の発見などにより1998年には完成予定を5年延長し2011年3月に、2010年11月5日には更に3年延長し2014年3月までにと、2度計8年の延長を経て2014年(平成26年)8月に24年5か月かけて完成した。同年8月21日に正本と副本が天皇皇后(現上皇上皇后)に奉呈されている。目次・凡例の1冊を含む全61冊1万2,137ページのB5版の和製本で、編年体で編纂された。公刊本は索引1冊を含む全19冊。編纂費用は人件費を除き約2億3,000万円。 当初、宮内庁は公開の予定はないとしていたが、2014年1月9日に情報公開請求があれば全文を開示する方針を示し、完成後の2014年9月9日から11月30日にかけて公表されている。大正天皇実録では、2002年(平成14年)から2011年(平成23年)にかけて4回に分けて公開された時、病歴や学業成績を中心とした個人情報の部分が黒塗りにされ問題視されたが、昭和天皇実録では病歴や学業成績などの個人情報が記載されていないため、黒塗りなしで全面公開されている。公刊本の出版事業者は2014年9月から始まった公募による入札で、2014年10月10日に14業者の中から東京書籍株式会社が選定され[注釈 1]、2015年3月27日から2019年3月28日にかけて出版された。

    編纂開始当初の宮内庁書陵部には、近現代史の専攻者が少なかったため、始めに必要な人材が集められた。書陵部の職員5人と外部の研究者ら計25人で編纂作業が始まり、職員数は最多だった1992年度(平成4年度)に正職員21人と非常勤職員13人の計34人、2011年5月の時点で16人となっており、累計で112人がこの事業に携わった。 人材が集められた後、編纂方針について議論が交わされ、歴史的功績に触れた明治天皇紀と同様のものをという意見もあったが、1990年4月に書陵部編修課長米田雄介により「昭和史ではなく、昭和天皇の生涯の言動を確実な記録・文書を基に叙述することに徹する」との方針が定められた。これは米田編集課長の「役所の一組織が歴史を評価するべきではなく、歴史は実録を読んだ人が書くもので、我々はその根拠となるものを作るべき」との考えに基づくものだという。 作業は各年代ごとに4つの班に分けられ、各班がそれぞれ1901年(明治34年)から1928年(昭和3年)、1929年(昭和4年)から1945年(昭和20年)、1946年(昭和21年)から1966年(昭和41年)、1967年(昭和42年)から1989年(昭和64年)までの4つを担当し、編修課長が全体を統括した。1998年12月から実録の執筆が始まったという。 編纂にあたり、宮内庁内の各所に点在していた「侍従日誌」、侍医の「拝診録」、海外要人らとの「外賓接待録」などの文書の整理から始められた。各自治体に残る「行幸啓録」や外務省外交史料館、防衛庁(現防衛省)防衛研究所、国立国会図書館憲政資料室、憲政記念館などで外交軍事資料を集め、またアメリカ、イギリス、ベルギーへ計5回出張し、昭和天皇の元側近の手帳などの非公的記録も集め、元侍従ら約50人からの聞き取りも行い、最終的に収集した資料は3,152件に上った。 新資料は約40件に上り、侍従長だった百武三郎の「百武三郎日記」9冊と手帳約30冊・関連書類からなる「百武三郎関係資料」などが親族から提供されている。また、焼失したとされていた資料が見つかり、再調査が必要になったこともあったという。 ただ、全ての資料が網羅されているわけではなく、編纂終了後の2019年8月19日に、田島道治初代宮内庁長官による昭和天皇との面会内容を記した「拝謁記」の存在が、田島長官の遺族から資料を提供されたNHK...

    昭和天皇が神前で戦勝を祈願した、大正時代のものも含む11の御告文(おつげぶみ)及び御祭文(ごさいもん)の原文が初めて掲載されている。昭和天皇の幼少期の手紙や作文も掲載され、1925年(大正14年)1月22日に鼻炎治療の手術を受けたこと、側近の「拝聴録」に未知の部分があったことなどが明らかとなった。 また、ポツダム宣言を受諾した、いわゆる「ご聖断」を下した最後の御前会議の開始日時が、これまで1945年(昭和20年)8月9日午後11時説、同年8月9日午後11時50分説、同年8月10日未明説など諸説あったが、実録の記述により1945年(昭和20年)8月10日午前0時3分だったことがわかった。 ただ、実録には歴史的な定説を覆すような内容は含まれていないとされている。

    昭和天皇実録の天皇皇后(現上皇上皇后)への奉呈は、2014年(平成26年)8月21日午後2時に皇居御所で行われた。この際、風岡典之宮内庁長官が実録編纂の経緯や奉呈本の概要などを説明し、これに対し天皇は「実録が完成したことをうれしく思う。」などと述べ、編纂関係者を労ったという。また、2014年12月19日に皇居宮殿・石橋の間で行われた天皇誕生日に際する記者会見の席上で「完成までの苦労には計り知れないものがあったと察しています。携わった関係者の努力に深く感謝しています。これから折にふれ、手にとり、御事蹟に触れていくことになると思います。このことは大変に困難な時代を歩まれた昭和天皇を、改めておしのびするよすがになろうと思っています。」と述べている。

    2019年3月14日に行われた山本信一郎宮内庁長官による定例会見で、天皇皇后に奉呈された原本や、報道機関などに提供した電子データの内容に約5,000か所の誤りが見つかったことが明らかになった。2015年3月以降、一般向けの公刊本が東京書籍から出版されるのに伴う確認作業の過程で判明したもので、大半は出版時に訂正したものの、出版後も数十か所の誤りが見つかっており、正誤表を作成するとしている。 人名、地名、日時などの誤字脱字、昭和天皇の発表当初の御製ではなく推敲後の歌を誤って掲載したり、資料の誤用や新資料により内容に疑義が生じたものもあった。史実に大きな影響を与える歴史的に重大な誤りはないという。 内容の誤りについては、2014年10月23日にも天皇(現上皇)の指摘により、昭和天皇の御製の月日と場所の情景を誤っていたことが発覚している。

  5. 昭和天皇物語』(しょうわてんのうものがたり)は半藤一利の『昭和史』を原作とした能條純一による日本の漫画。脚本は永福一成。監修は志波秀宇。『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて、2017年9号から連載中 。

  1. Anuncio
    relacionado con: 昭和天皇 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!