Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 88 resultados de búsqueda
  1. Anuncios
    relacionados con: 昭和 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron topsearch.co el mes pasado

    Find About Wikipedia. Search a wide range of information from across the web with topsearch.co.

  3. 100,000+ usuarios visitaron searchresultsquickly.com el mes pasado

    Find on wikipedia on searchresultsquickly.com. Searchresultsquickly.com updates its results daily to help you find what you need.

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 昭和昭和 - Wikipedia

    昭和は登極令(皇室令の一部)による制度での最後の元号であり、1979年(昭和54年)の元号法制定の際、同法附則第2項により、「本則第1項の規定に基づき定められたもの」とされた 。

    • 3世紀中頃 – 7世紀頃
    • – 紀元前14000年頃
    • 前10世紀 – 後3世紀中頃
    • 前14000年頃 – 前10世紀
    • Etymology
    • End of "Taishō Democracy"
    • Washington Conference to Mukden Incident
    • Rise of Nationalism
    • Military State
    • Second Sino-Japanese War
    • Second World War
    • Defeat and Allied Occupation
    • The "Japanese Miracle"
    • Organisms Named After Shōwa Era

    The two kanji characters in Shōwa (昭和) were from a passage of the Chinese Book of Documents: 百姓昭明,協和萬邦 (Translated: "[T]he people (of his domain), ... all became brightly intelligent. (Finally), he united and harmonized the myriad states.") From this same quotation, Japan also adopted the era name Meiwa (明和) during the Edo period in the late-18th century. There were two other candidates at the time – Dōwa (同和) and Genka (元化). The term could be roughly understood as meaning "enlightened peace" or in some interpretations "radiant Japan". In his enthronement address which was read to the people, the Emperor referenced this era name:

    The election of Katō Takaakias Prime Minister of Japan continued democratic reforms that had been advocated by influential individuals on the left. This culminated in the passage of universal manhood suffrage in May 1925. This bill gave all male subjects over the age of 25 the right to vote, provided they had lived in their electoral districts for at least one year and were not homeless. The electorate thereby nearly quadrupled in size, from 3.3 million to 12.5 million. However the forces of reaction grew more powerful and steadily after 1925 there was a retreat from reform, liberal policies and democracy. Pressure from the conservative right forced the passage of the Peace Preservation Law of 1925 along with other anti-leftist legislation, only ten days before the passage of universal manhood suffrage. The Peace Preservation Act curtailed activism on the left--which was not extensive--and the screws were steadily tightened. It outlawed groups that sought to alter the system of gove...

    After World War I, the Western Powers, influenced by Wilsonian ideology, attempted an effort at general disarmament. At the Washington Naval Conference of 1921–1922, the Great Powers met to set limits on naval armament. The Five Power Naval Limitation Agreement worked out in Washington limited competition in battleships and aircraft carriers to a ratio of 5:5:3 for the United Kingdom, the United States, and Japan respectively. Japanese ultra-nationalists viewed this as an attempt by Western powers to curb Japanese expansionism in an area of the globe over which they had no interest. However, those in power in Japan readily agreed to the disarmament, realizing that the global taste for war had been soured after the First World War and knowing that, the ratio was sufficient to maintain hegemonyin the Pacific. In 1924, however, friendly U.S.-Japanese relations were torpedoed by the Japanese Exclusion Act. The act closed off Japanese immigration to the United States and dropped Japanese...

    Prior to 1868, most Japanese more readily identified with their feudal domain rather than the idea of "Japan" as a whole. When the Tokugawa bakufu was overthrown, the leaders of the revolt, Satsuma and Chōshū, were ideologically opposed to the house of Tokugawa since the Battle of Sekigahara. The Meiji era changed all of that. With the introduction of mass education, conscription, industrialization, centralization, and successful foreign wars, Japanese nationalism began to foment as a powerful force in society. Mass education and conscription served as a means to indoctrinate the coming generation with "the idea of Japan" as a nation state instead of a series of daimyōs. In this way, loyalty to feudal domains was supplanted with loyalty to the central government. Industrialization and centralization gave Japanese a strong sense that their country could once more rival and dominate Western powers technologically and socially. Moreover, successful foreign wars gave the populace a sens...

    The withdrawal from the League of Nations meant that Japan was politically isolated. Japan had no strong allies and its actions had been internationally condemned, whilst internally popular nationalism was booming. Local leaders, such as mayors, teachers, and Shinto priests were recruited by the various movements to indoctrinate the populace with ultra-nationalist ideals. They had little time for the pragmatic ideas of the business elite and party politicians. Their loyalty lay to the Emperor and the military. In March 1932 the "League of Blood" assassination plot and the chaos surrounding the trial of its conspirators further eroded the rule of democratic law in Shōwa Japan. In May of the same year a group of right-wing Army and Navy officers succeeded in assassinating the Prime Minister Inukai Tsuyoshi. The plot fell short of staging a complete coup d'état, but it effectively ended rule by political parties in Japan. From 1932 to 1936, the country was governed by admirals. Mountin...

    On July 7, 1937, at the Marco Polo Bridge, the Japanese Kwantung army stationed there used explosions heard on the Chinese side of Manchuria as a pretext for invasion. The invasion led to a large-scale war known as the Second Sino-Japanese War approved by the Emperor that was called a "holy war" (Seisen) in Imperial propaganda. At the time, China was divided internally between the Communist Party of China (CPC), which was under the leadership of Mao Zedong, and the Nationalist government of China, the Kuomintang (KMT), which was under the leadership of Chiang Kai-shek. The years of 1937–38 were a time of rapid and remarkable success by the Japanese, who had a number of advantages over the Chinese army. While the Japanese army possessed a smaller force of armourand artillery than many Western powers, it was far ahead of China in this respect, and was also in command of the world's third largest navy with 2,700 watercraft at its disposal. By the end of July 1937, the Japanese had slau...

    Negotiations for a German-Japanese alliance began in 1937 with the onset of hostilities between Japan and China. On September 27, 1940, the Tripartite Pact was signed, creating the Rome-Tokyo-Berlin Axis. The alliance was shallow, with very little coordination or mutual help until the last two years of the war, when it was too late to make much difference. By 1938, the United States increasingly was committed to supporting China and, with the cooperation of Britain and the Netherlands, threatening to restrict the supply of vital materials to the Japanese war machine, especially oil, steel and money. The Japanese army, after sharp defeats by the Russians in Mongolia, wanted to avoid war with the Soviet Union, even though it would have aided the German war against the USSR. The Emperor became fatalistic about going to war, as the military assumed more and more control. Prime Minister Fumimaro Konoe was replaced by the war cabinet of General Hideki Tojo(1884-1948), who demanded war. Tō...

    With the defeat of the Empire of Japan, the Allied Powers dissolved the Empire of Japan. The Soviet Union was made responsible for North Korea, and annexed the Kuril Islands and the southern portion of the island of Sakhalin. The United States took responsibility for the rest of Japan's possessions in Oceania. China, meanwhile, plunged back into its civil war, with the Communists in control by 1949. General Douglas MacArthur, from the USA, was put in charge of the Allied Occupation of Japan as the Supreme Commander of the Allied Powers; he and his staff exerted wide but indirect power, for the decisions were carried out by Japanese officials. A War Crimes Tribunal, similar to that at Nuremberg, was set up in Tokyo. On 3 May 1946, the prosecution began of Japanese military leaders for war crimes. Several prominent members of the Japanese cabinet were executed, most notably former Prime Minister Tojo Hideki. But the Emperor was neither tried at the Tokyo trials nor dethroned, nor any...

    Japan's remarkable economic growth in the decades following 1950 has been called the "Japanese Miracle", as the economy grew three times faster than other major nations. It was achieved almost without foreign capital.[citation needed]The miracle slackened off in 1973 in the face of an upsurge in oil prices and the destabilization of international trade. By the mid-1990s the economy entered an era of stagnation and low growth that still persists. Saburō Ōkita(1914–93), an economist, realized by 1942 that the war was lost; economic recovery that was published in 1945 as "The Fundamental Directions for the Reconstruction of the Japanese Economy". He became foreign minister in 1979 and endeavored to integrate Japan economically and politically with the world economy. From 1950 onward, Japan rebuilt itself politically and economically. Sugita finds that "the 1950s was a decade during which Japan formulated a unique corporate capitalist system in which government, business, and labor impl...

    A new genus, Showajidaia, and new family, Showajidaiidae, of nudibranch mollusks were named in 2020.

    • 14,000-1000 BC
    • Japan
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 昭和大学昭和大学 - Wikipedia

    昭和大学附属烏山病院高等看護学校開設; 1973年(昭和48年) - 烏山病院高等看護学校第一看護学科(昼間・定時制)進学課程開設; 1974年(昭和49年) - 大学院薬学研究科博士後期課程開設; 1975年(昭和50年) - 3号館

    • 学校法人昭和大学
    • 1946年
    • 背景
    • 音楽性
    • リリース
    • プロモーション
    • アートワーク
    • ツアー
    • 批評
    • 収録曲
    • スタッフ・クレジット
    • 参考文献

    前作『NEVER CHANGE』(1988年)リリース後、長渕は4月20日の宮城県民会館より6月19日の初の東京ドーム公演に至るまで、全国18都市全20公演におよぶライブツアー「LIVE'88 NEVER CHANGE」を開催した。 プライベートでは、前年に結婚した女優の志穂美悦子との間に長女となる文音が3月17日に誕生し、その事をテーマとしたシングル「NEVER CHANGE」(1988年)を5月25日にリリース。前オリジナルアルバム『LICENSE』(1987年)では、生まれ育った鹿児島と、育ててくれた両親への思いが歌われているが、本作においては、逆に今度は自分が親になったときの心境を歌っている。それがこの曲であり、2005年までファンクラブのホームページのタイトルにも使用されていた。 また音楽以外の活動としては、前年に放送されたTBS系テレビドラマ『親子ジグザグ』(1987年)からスタッフを引き継ぐ形で10月7日より11月25日までの全8回で『とんぼ』(1988年)が放送された。前作までのテレビドラマでは家族、親子をテーマにした作品が多かった長渕だが、本作ではそれまでと異なりヤクザが主人公という人間愛を根底にしたドラマであり、現代の表社会の無関心な状況に対する怒りを題材としていた。本作は脚本家の黒土三男と長渕とのプライベートでの接触から着想されたものであり、『家族ゲーム』(1983年)以来の付き合いであるプロデューサーの柳井満と意見の相違によって最初から対立することとなった。しかし、黒土の「見てくれる人たちこそを喜ばせたい」との信念からプロデューサーの意見を聞かず、最後まで黒土と長渕の2人の話し合いでストーリーを制作することとなった。この時期の長渕は完全に役になり切っており、撮影が終了しても役から抜けられず、周囲のスタッフに暴力的になっていたと述懐している。また本職のヤクザから「英二さん、カッコいいっすね」と褒められることもあったという。撮影後には黒土の家で食事を共にするなど、黒土との親交が深まっていった時期でもあった。 ゴールデンタイムにはそぐわない内容であったが、視聴率は最終回においては21.8%を獲得するなどヒット作品となり、また同ドラマの主題歌「とんぼ」(1988年)をドラマ放送中の10月26日にシングルとしてリリースし、オリコンチャートでは5週...

    文芸雑誌『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』にて音楽ライターの藤井徹貫は、「ドラマ『とんぼ』の主人公・英二と長渕自身が重なる。その虚と実が同じ真実を求めて歌う」、「『表と裏』を虚実一体という形で体現したのではないだろうか」と述べている。 文芸雑誌『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』にてライターの水越真紀は、「昭和時代に子ども時代を過ごした鹿児島への思いを歌う『いつかの少年』では、貧しく陰鬱だった当時の生活を繊細に述懐」、「かれにとっての『昭和』とはそういう時代であり、同時にさらに憎しみをあらわにする東京での、街全体との衝突の時代でもあったということか」、「『昭和』で静かに噴出するような解放感は、話題になる愛国的言動とは遠いものに感じる」と述べている。

    アルバムは1989年3月25日に東芝EMIのエキスプレスレーベルより、LP、カセットテープ、CDの3形態でリリースされた。発売当時は消費税導入直前だった為、一般的な1枚物のCDは1989年4月1日から3,200円から3,008円に価格変更されたが、本CDはそれを見越して発売時から3,008円でリリースされ、消費税導入後も価格変更は行われなかった。 なお、本作はLP盤のリリースが最後になったアルバムでもある。 その後、2006年2月8日には24ビット・デジタル・リマスタリング化されて再リリースされている。

    本作に関するテレビ出演は、1988年5月18日にフジテレビ系音楽番組『夜のヒットスタジオDELUXE』(1985年 - 1989年)に出演し「NEVER CHANGE」を演奏した他、12月1日にはTBS系音楽番組『ザ・ベストテン』(1978年- 1989年)にて第1位を獲得し「とんぼ」を演奏、3月8日には再び『夜のヒットスタジオDELUXE』に出演し、「とんぼ」と「激愛」を演奏した。

    本作のジャケットは写真家の大川装一郎により撮影された長渕の近影である。この写真に関し後にリリースされたベストアルバム『いつかの少年』(1994年)のライナーノーツにおいて作家の高山文彦は、「長かった髪は短く刈り込まれ不精髭が生えた。立ち上がった彼の眼は、この世の中の実相をはっきりと映していた。そのときどんな顔をしていたかは、アルバム『昭和』のジャケットで、フォトグラファー大川装一郎のカメラが克明にとらえている」と記している。 文芸雑誌『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』では、「遺影とも思えるジャケット。そこにある昭和の文字に換え、色即是空と入れても成立しそうだ」と表記されている。

    本作を受けてのコンサートツアーは「LIVE'89 昭和 」と題し、1989年3月29日の豊田市民文化会館を皮切りに24都市全32公演が行われた。このツアーでは4月12日、13日に鹿児島県総合体育センター、5月21日、22日に国立代々木競技場、6月8日、9日に名古屋レインボーホール、6月19日、20日に大阪城ホール、7月13日、14日に横浜アリーナと2日間連続公演が多く開催された。また、ツアーファイナルとなった横浜アリーナ公演の模様がライブアルバム『長渕剛LIVE'89』(1990年)としてリリースされた。

    音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「1989年発表のコンセプチュアルなオリジナル・アルバム。“昭和”という時代の終わりと、自らの人生を重ね合わせた奥深い表現が彼らしい」と肯定的な評価を下している。

    一覧

    全作詞・作曲: 長渕剛。

    参加ミュージシャン

    1. 島村英二 - ドラムス 2. 岡沢章 - ベース 3. 高水健司 - ベース(4曲目) 4. 美久月千晴- ベース(1曲目) 5. 富倉安生 - ベース(8曲目) 6. 矢島賢 - エレクトリックギター 7. 長渕剛 - アコースティック・ギター、ハーモニカ 8. 笛吹利明 - アコースティック・ギター、フラット・マンドリン 9. 中西康晴 - キーボード 10. 国吉良一 - キーボード(5,11曲目) 11. 富樫春生 - キーボード(3曲目) 12. 浜田良美 - バックグラウンドボーカル 13. The MUGIFUMI - バックグラウンドボーカル 14. 友田グループ - ストリングス

    スタッフ

    1. 山里剛(ヤマハ音楽振興会) - ディレクター 2. 下河辺晴三(東芝EMI) - ディレクター 3. 石塚良一 (Z's) - レコーディング・エンジニア、リミックス・エンジニア 4. 掛潤一 (Z's) - 追加エンジニア 5. 矢島賢- 追加エンジニア 6. ハヤカワカズノリ (Epicurus) - アシスタント・エンジニア 7. 加藤謙吾 (Epicurus) - アシスタント・エンジニア 8. 竹原具隆 (Vincent) - アシスタント・エンジニア 9. 正井豊 (Z'd) - アシスタント・エンジニア 10. 内門幸二 (Sound Valley) - アシスタント・エンジニア 11. 中山信彦 (Z's) - マニピュレーター 12. 瀬尾一三 - マニピュレーター 13. 福田竜太 (Tight Rope) - マニピュレーター 14. 相川洋一 (Terra EMI) - デジタル・エディット 15. 荒木浩三 (MUSIC LAND) - ミュージシャン・コーディネーター 16. はらだよしなり (MUSIC LAND) - ミュージシャン・コーディ...

    黒土三男『とんぼ』双葉社、1989年8月14日、254 - 255頁。ISBN 457523043X。
    オリコン・ウィークリー(編)『小池聡行のオリコンデータ私書箱』オリジナルコンフィデンス、1991年1月1日、19頁。ISBN 978-4871310277。
    矢吹光『長渕剛 VS 桑田佳祐』三一書房、1995年3月31日、90 - 117頁。ISBN 9784380952227。
    速水右近『底抜け超大作』洋泉社、2001年8月18日(原著1996年10月1日)、200頁。ISBN 9784896915532。
    • 改元
    • 年表
    • 参考

    提案

    大正15年(1926年)12月25日,大正天皇駕崩,而當時的日本內閣召開會議,討論新天皇即位後使用的年號名稱。當時主要由宮內省及日本內閣提出年號的候選方案。 根據當時的提案可分為以下: 1. 宮內省勘文第一提案:「神化」、「元化」、「昭和」、「神和」、「同和」、「繼明」、「順明」、「明保」、「寬安」、「元安」10種。 2. 宮內省勘文第二提案:「昭和」、「神和」、「神化」、「元化」、「同和」5種。 3. 宮內省勘文第三提案:「昭和」、「神化」、「元化」3種。 4. 日本內閣擬定提案:「立成」、「定業」、「光文」、「章明」、「協中」5種。 5. 最後選定年號:「昭和」,同時以「元化」、「同和」作為備用方案。

    開始

    大正15年(1926年)12月25日,大正天皇駕崩。同日,皇太子裕仁親王(昭和天皇)践祚,公布改元的詔書,改元為昭和。1926年12月25日既是大正15年,也是昭和元年。另外,12月25日發生東京日日新聞刊登新年號為「光文」的誤報事件(日语:光文事件)。 《昭和改元诏书》(1926年〔大正15年〕12月25日)部分內容如下:

    结束

    昭和64年(1989年)1月7日上午6時33分,昭和天皇崩御。同日,皇太子明仁繼承皇位。因此,基於《元号法》的規定公布《改元政令》(1989年〔昭和64年〕1月7日政令第1号)。翌日(1月8日)施行該政令,改元平成。 《改元政令》(1989年〔昭和64年〕1月7日)內容如下:

    昭和前期

    1. 昭和元年(1926年):12月25日,大正天皇逝世,裕仁繼位,改元昭和。 2. 昭和2年(1927年):昭和金融恐慌。 3. 昭和3年(1928年):皇姑屯事件、實行僅男子可投票的普選制度、八木秀次和宇田新太郎两人发明了引向天线。 4. 昭和4年(1929年):經濟大蕭條。 5. 昭和5年(1930年):金解禁、倫敦海軍軍縮会議、台灣霧社事件。 6. 昭和5年(1930年):《限制和削减海军军备条约》(即伦敦海军条约)签订。 7. 昭和6年(1931年):滿州事變、金解禁。 8. 昭和7年(1932年):滿洲國建國、血盟團事件、五一五事件。 9. 昭和8年(1933年):12月23日,裕仁兒子明仁出生。瀧川事件,日本受國際制裁,退出國際聯盟。 10. 昭和9年(1934年):陸軍士官學校事件。 11. 昭和10年(1935年):天皇機關說事件、相澤事件、台灣新竹台中大地震、汤川秀树以核作用力的理论基础预言介子的存在。 12. 昭和11年(1936年):二二六事件兵变中,日本财阀及贵族失去权力、統制派軍閥支配全國、締結防共協定。 13. 昭和12年(1937年):中日戰爭爆發...

    昭和中期

    1. 昭和21年(1946年):1月1日、日本天皇發表人間宣言,自己說明自己並非神。5月3日、東京大審開始。11月3日、《日本國憲法》公布。 2. 昭和22年(1947年):5月3日、《日本国憲法》施行、《地方自治法(日语:地方自治法)》制定。 3. 昭和23年(1948年):4月3日、濟州四·三事件發生,難民大多逃入日本。12月23日、甲級戰犯死刑執行。 4. 昭和24年(1949年):實施道奇方針(英语:Dodge Line)。下山事件、三鷹事件、松川事件相繼發生。 5. 昭和25年(1950年):朝鮮戰爭爆發。日本由於朝鮮特需(日语:朝鮮特需)加速經濟復興。 6. 昭和26年(1951年):舊金山和約、美日安保條約簽訂。 7. 昭和27年(1952年):日美地位協定。 8. 昭和28年(1953年):電視放送開始。 9. 昭和29年(1954年):3月1日、比基尼環礁的氫彈試爆、第五福龍丸的乘組員遭到輻射汙染。 10. 昭和30年(1955年):自由党和民主党合併為自由民主党、右派和左派合併為日本社会党(55年体制)。神武景氣開始,日本进入高速发展期。 11. 昭和31年(...

    昭和後期

    1. 昭和41年(1966年):日本總人口突破1億人。伊奘諾景氣。 2. 昭和43年(1968年):12月10日。三億日圓事件。日本各大學所組成的全學共鬥學生運動激烈化。 3. 昭和44年(1969年):東名高速公路全線通車,東京←→神戶間高速公路全線通車。 4. 昭和45年(1970年):3月14日-9月13日。日本萬國博覽會舉行。3月。淀号劫机事件。11月25日。三岛由纪夫切腹自尽(日语:三島事件)。 5. 昭和46年(1971年):7月1日。環境廳設置,日本國在聯合國大會投反對聯合國第2758號決議,表明支持中華民國為世界與聯合國唯一與合法的中國。 6. 昭和47年(1972年):札幌冬奧舉行。2月19日。淺間山莊事件發生。3月15日。山陽新幹線(新大阪站~岡山站)通車。5月15日。沖繩返還。9月29日。日本國與中華人民共和國簽訂日中共同声明,宣示中華人民共和國為世界與聯合國唯一與合法的中國,於是與中華民國斷交。 7. 昭和48年(1973年):第一次石油危机。 8. 昭和50年(1975年):3月10日。山陽新幹線(岡山站~博多站)通車。 9. 昭和51年(1976年):...

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 昭和天皇昭和天皇 - Wikipedia

    昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇 (在位:1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。諱は裕仁(ひろひと)、御称号は迪宮(みちのみや) 。

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 昭和電工昭和電工 - Wikipedia

    • 沿革
    • 事業
    • 国内事業所
    • グループ会社・子会社・関連会社
    • 公害・汚職など
    • 同業他社
    • 関連項目
    • 外部リンク

    森矗昶はヨード工場の見習工から出発して、海草からヨードの抽出事業を進めていた「味の素」の鈴木三郎助(二代目)、鈴木忠治兄弟と手を組んで化学工業会社を興し、1922年(大正11年)に森興業を、1928年(昭和3年)に昭和肥料を設立した。 新しい化学工業の一大拠点とするため、森コンツェルン傘下の昭和肥料や日本電工などを糾合してスタートしたが、基礎となった総房水産は、森矗昶の父森為吉と、安西浩、安西正夫兄弟の父安西直一が創設したものであり、森一族・味の素の鈴木一族・安西一族の共同作業の結果つくられた企業体であった。そのため森曉、安西正夫、鈴木治雄などが社長を務めた。 味の素の創業者鈴木三郎助(二代目)は、もともとヨードの製造販売でライバル関係にあったが、森の会社が経営危機に陥った際に鈴木がこれを救済した事から友好関係に転化した。鈴木は森の経営者・技術者としての才能を高く買い、自身が設立した昭和肥料に森を参加させた。 1931年(昭和6年)4月、昭和肥料は森の指導下で国産初の硫安の製造に成功したが、その数日前に鈴木が他界。森は鈴木の訃報を知って号泣したという。 さらに3年後、コンツェルン傘下の日本電工で、国産アルミニウムの生産に成功した。 1939年、日本電気工業、昭和肥料の両社合併により社名が現在のものとなるが、創業年としているのは昭和肥料の前身会社の日本沃度の設立年である1926年としている。 2014年の株主総会を得て退任した現相談役の大橋光夫は石油化学工業協会会長や日本化学工業協会会長等を務めた。 1. 1908年(明治41年)12月 - 森矗昶によって総房水産(株)[日本沃度(株)の母体]設立。 2. 1926年(大正15年)10月 - 日本沃度(株)設立(これをもって創業とする)。 3. 1928年(昭和3年)4月 - 昭和肥料(株)設立。 4. 1934年(昭和9年)3月 - 日本沃度(株)が日本電気工業(株)と改称。 5. 1939年(昭和14年)6月 - 日本電気工業(株)と昭和肥料(株)が合併、昭和電工(株)設立。 6. 1946年(昭和21年)2月19日 - 昭和天皇が川崎工場を訪問。第二次世界大戦後の全国行幸を開始した。 7. 1948年(昭和23年) - 昭和電工事件(昭電疑獄)が発覚。 8. 1949年(昭和24年)5月 - 東京証券取引所...

    総合化学大手の一角に数えられているが、電子・情報材料など高収益の事業に注力する事業再構築を行い「脱総合化」を図り「個性派化学」を目指している。 石油化学 1. エチレン・プロピレン、およびその誘導品である酢酸・アリルアルコールなどを製造。主要製造拠点として大分にコンビナートを所有。 化学品 1. 主に川崎製造所において、産業用・医療用ガス、工業用薬品等の基礎化学品、電子材料向け高純度ガス等を生産。 無機 1. セラミックス(アルミナ)、電気製鋼炉用人造黒鉛電極、電材用ファイン・カーボンを生産。 アルミニウム 1. 1934年(昭和9年)に日本で初めてアルミニウム製錬の工業化に成功(1984年(昭和59年)に停止)して以来、アルミニウム材料や高付加価値加工品を生産。現在は、2001年(平成13年)に合併した昭和アルミニウムで行っていた事業が中核となっている。 エレクトロニクス 1. ハードディスク事業を手がけており、生産能力と密度記録向上の技術で世界トップを誇り、外販メーカーとしては世界トップクラスのシェアを有する。2009年(平成21年)にHOYAとの事業統合を行うことを発表していたが中止となった。同年4月30日には、富士通(山形富士通)のHDDメディア部門の譲渡契約締結が発表された。その他、LED、化合物半導体などを手がける。 その他 1. 商社として昭光通商等の子会社で事業を行っている。

    本社 - 東京都港区
    支店 - 大阪市西区、名古屋市中村区、福岡市博多区
    研究拠点 - 千葉市緑区、川崎市川崎区、小山市
    事業所 - 大分市(コンビナート)、川崎市川崎区、横浜市神奈川区、小山市、秩父市、千葉市緑区、大町市、塩尻市、喜多方市、東長原(会津若松市)、徳山(周南市)、堺市、彦根市

    子会社および関連会社数は152社である(2020年現在)。 1. 石油化学 1. 1.1. 日本ポリオレフィン株式会社(ENEOSとの合弁) 1.1.1. 日本ポリエチレン株式会社 1.2. サンアロマー株式会社(ENEOSとの合弁) 1.3. 鶴崎共同動力株式会社 1. 化学品 1. 1.1. 昭和電工マテリアルズ株式会社 1.1.1. 昭和電工マテリアルズ・エレクトロニクス株式会社 1. 1.1. 昭和電工ガスプロダクツ株式会社 1.2. 東京液化酸素株式会社 1.3. ユニオン昭和株式会社 1.4. ハイパック株式会社 1.5. 日本ポリテック株式会社 1. 無機 1. 1.1. 昭和電工研装株式会社 1.2. 昭和ファインセラミックス株式会社 1.3. 昭和電工カーボン株式会社 1. アルミニウム 1. 1.1. 昭和アルミニウム缶株式会社 1. エレクトロニクス 1. 1.1. 昭和電工HD山形株式会社 1.2. 昭和電工パッケージング株式会社 1.3. 昭和電工エレクトロニクス株式会社 - 昭和電工株式会社のハードディスク事業部に属する千葉事業所が分社化された会社 1. その他 1. 1.1. 昭光通商株式会社 1.2. 昭和電工建材株式会社 1.3. 昭和電工アルミ販売株式会社 1.4. 芙蓉パーライト株式会社 1.5. 新潟昭和株式会社 1. 解散済み 1. 1.1. 日本酢酸エチル株式会社(JEA)- 2013年11月、解散発表

    昭和駅 - 鶴見線の駅。昭和肥料から命名。
    南大町駅 - 大糸線の駅。信濃鉄道時代、「昭和駅」として建設。
    ^ “番組表∣TOKYO FM 80.0MHz”. 2021年6月13日閲覧。
  1. Anuncios
    relacionados con: 昭和 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron topsearch.co el mes pasado

    Find About Wikipedia. Search a wide range of information from across the web with topsearch.co.

  3. 100,000+ usuarios visitaron searchresultsquickly.com el mes pasado

    Find on wikipedia on searchresultsquickly.com. Searchresultsquickly.com updates its results daily to help you find what you need.