Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 70.000 resultados de búsqueda
  1. Anuncio
    relacionado con: 皇居 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 皇居皇居 - Wikipedia

    皇居は東京の代表的な観光名所であり、人工衛星パノラマ画像プログラムの Google Earth では、世界の ランドマーク の一つとして登録されている。. 旧江戸城の本丸、二の丸、三の丸の一部分は 皇居東御苑 として、 1968年 ( 昭和 43年)10月1日以降、一般公開 ...

    • 江戸城、宮城(皇居の旧称)
    • 〈宮内庁管理部分〉, 約1.15km², 〈総面積(含 皇居外苑)〉, 約2.30km²
    • 概要
    • 東京皇居
    • 图廊
    • 參見
    • 外部連結

    傳統上,日本沒有定都的概念,習慣以在位天皇的所在地為國都(古代稱為「京」),並以在位天皇居住之宮殿為皇居(古代稱為「宮」)。 日本從古墳時代以來,開始有為皇室建立宮殿的概念,但早期宮殿遷移的次數相當頻繁,直到794年桓武天皇始定都於京都(時稱平安京,今京都市),除了1180年因為外戚平清盛挾持天皇專政而曾經短暫遷都至平氏政權的中心福原京(位於今神戶市)之外,天皇有超過千年的時間以京都為駐地,但宮殿的所在地以京都為範圍有所變動。南北朝時代後,天皇固定以今日的京都御所做為宮殿。 明治天皇登基後,於1868年下詔將昔日江戶幕府的駐地江戶易名為「東京」,並首次行幸東京(日语:東京行幸),江戶城更名為東京城(東京城/とうけいじょうtōkei jō),成為天皇在東京的居所。1869年,明治天皇第二次行幸東京,並將皇室與中央政府自京都遷移至江戶,再將東京城更名為皇城(皇城/こうじょうkōjō),之後的歷代天皇皆以原江戶城做為宮殿。 天皇遷居原江戶城之時,以原江戶城的西之丸御殿做為宮殿,但在1873年毀於火災;1879年,決定在西之丸御殿原址興建新宮殿,即日後所稱的明治宮殿(日语:明治宮殿),在1888年落成。明治宮殿落成同年,皇城再更名為宮城(宮城/きゅうじょうkyūjō),至1948年更名為皇居至今。1945年,明治宮殿因二戰美軍對東京的轟炸行動波及而燒燬,至1960年動工重建,在1968年竣工,即今所見的新宮殿。 皇居除皇室起居部分不對公眾開放外,其他部分可经由宫内厅进行预约参观,東面的皇居東御苑(原江戶城本丸所在地)則在固定時間開放自由參觀。皇居內部每年開放兩次,分別在天皇誕生日及新年的次日(1月2日)。皇居的土地為國有財產,皇居的管理則連同皇室的事務由宮內廳全權負責。雖然皇居的位置鄰近東京交通樞紐之一的東京站,而東京又有極為綿密的地下鐵路網和高速公路系統,但並沒有任何一條鐵道或公路穿過皇居的地底下,全由周邊繞開。

    歷史

    1. 1868年(明治元年),明治天皇首次行幸至東京(史稱「東京行幸」),江戶城改稱為「東京城」,成為天皇在東京的居所。 2. 1869年(明治2年),明治天皇進行第二次東京行幸,並宣布停留在東京,東京城改名為「皇城」(日语:こうじょう)。 3. 1873年(明治6年),江戶城的西之丸宮殿發生火災,赤坂離宮成為臨時皇居。 4. 1879年(明治12年),明治天皇決定在西之丸營建宮殿(通稱為「明治宮殿」);1888年(明治21年)落成後,天皇的居所統稱為「宮城」。 5. 1945年(昭和20年)5月25日,明治宮殿遭到焚毀,當時的昭和天皇暫時以宮內廳廳舍3樓作為臨時宮殿。 6. 1964年(昭和39年),開始在明治宮殿原址營建新宮殿,在1968年(昭和43年)10月竣工,1969年(昭和44年)4月起啟用。

    宮中建築

    1. 宮殿(為與明治時代的舊宮殿區別,有時也稱為「新宮殿」) 1.1. 表御座所棟,為天皇執行日常事務之地「表御座所」位於此內,侍從的辦公室也在這裡。 1.2. 正殿 1.2.1. 松之間:為皇居的正殿,也是皇居內位階最高的宮殿,也是皇居內唯一舖上木質地板的宮殿。由87塊櫸木板組成,每塊木板長約5.4公尺,寬約80公分,厚度大約4.5公分。為天皇舉行新年祝賀之儀、呈遞國書儀式、親任式、認証官任命式、勳章親授式等日常儀式和宮中朝見之儀,以及舉行天皇登基儀式等重要儀式舉行之地。 1.2.2. 竹之間:主要是天皇,皇后接見外國元首、使節、中央政府官員和民間人士的地方。 1.2.3. 梅之間:舉凡與皇后有關之事務皆在此地舉行,例如皇后誕生日祝賀、皇后引見等。 1.3. 豐明殿(ほうめいでん),宮中最為寬敞的殿閣。主要為舉行宮中大型內宴的地方。 1.3.1. 泉之間 1.4. 連翠(れんすい),為舉行宮中小型內宴之地。例午餐會、晚餐會等。 1.5. 長和殿(ちょうわでん),為參殿者的休憩所、拜謁、宮中一般參賀舉行之殿閣。 1.5.1. 春秋之間 1.5.2. 石橋之間,為參殿者之休憩所。...

    • (宮內廳管理區域), 約1.15km², (總面積(含皇居外苑)), 約2.30km²
    • 江戶城、宮城(皇居的舊稱)
  2. The Tokyo Imperial Palace (皇居, Kōkyo, literally 'Imperial Residence') is the main residence of the Emperor of Japan.It is a large park-like area located in the Chiyoda district of the Chiyoda ward of Tokyo and contains several buildings including the main palace (宮殿, Kyūden), some residences of the Imperial Family, an archive, museums and administrative offices.

    • 1-1 Chiyoda, Chiyoda-ku 100-0001 Tokyo
    • Edo Castle
  3. 皇居東御苑(こうきょひがしぎょえん)は、東京都 千代田区の皇居の東側に付属している広さ約21ヘクタールの庭園。 宮内庁 の管轄。 皇宮警察 がある。

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 皇居外苑皇居外苑 - Wikipedia

    • 概要
    • 歴史
    • 交通
    • 関連項目
    • 外部リンク

    皇居前広場と1969年(昭和44年)に開園した北の丸公園、それに皇居の周りの内濠に沿った緑地も含まれる。都市計画法第11条(都市施設)に基づく名称は、北の丸公園、日比谷公園と合わせて「東京都市計画公園第5・8・23号中央公園」である。広大な広場のほかに、桜田門や二重橋といった東京を代表する歴史的にも貴重な建築物を見ることができる。 入苑は無料。広く開放されており開苑・閉苑の概念自体ない。

    江戸時代には江戸城の一部で西の丸下と呼ばれ、幕閣に連なる大名の屋敷、馬場や厩舎が置かれていたが明治時代に撤去された。 その後、皇室苑地を経て戦後、国民公園として開放することが閣議決定され、1949年(昭和24年)に開園した。 広大な芝生と黒松の木を中心とした広場に、巨大な噴水を上げている和田倉噴水公園など都心で数少ない安らぎの空間となっている。 1971年(昭和46年)に当時の厚生省から環境庁(現:環境省)に管轄が変わった。東京都内の観光ツアーの訪問地の代表格でもあり、海外からのも含め観光客の姿も多い。

    鉄道

    1. 東京メトロ千代田線 ○二重橋前駅 - 出入口が設けられている。 1.1. 所在地:丸の内

    道路

    1. 東京都道301号白山祝田田町線(内堀通り) 2. 東京都道404号皇居前東京停車場線

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 京都御所京都御所 - Wikipedia

    • 概要
    • 現存施設
    • 移築施設
    • 即位の礼
    • 京都御所と水環境
    • 参観
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    平安遷都(延暦13年・794年)時の内裏は、現在の京都御所よりも1.7キロ西の千本通り沿いにあった。現在の京都御所は、もと里内裏(内裏が火災で焼失した場合などに設けられた臨時の内裏)の一つであった土御門東洞院殿の地である。南北朝時代(14世紀半ば)から北朝側の内裏の所在地として定着し、明徳3年(1392年)の南北朝の合一以後、ここが正式の皇居となって明治2年(1869年)、明治天皇の東京行幸時まで存続した。明治以降は京都皇宮(きょうとこうぐう)とも称される。 土御門東洞院殿は、元弘元年(元徳3年・1331年)、後醍醐天皇が京都を脱出した後に鎌倉幕府が擁立した光厳天皇がこれを里内裏として以降、明治天皇の東京奠都に至るまで約550年間にわたって使用され続けた内裏である。当初は一町四方の敷地だったが、足利義満によって敷地が拡大され、その後織田信長や豊臣秀吉による整備を経て現在の様相がほぼ固まった。内裏は江戸時代だけでも慶長度(1613年)、寛永度(1642年)、承応度(1655年)、寛文度(1662年)、延宝度(1675年)、宝永度(1709年)、寛政度(1790年)、安政度(1855年)と8回も再建されており、このうち慶長度と寛永度は旧殿を取り壊しての建て替え、それ以外は火災焼失による再建となっている。特に寛政度の再建は、裏松光世による平安内裏の考証を多く取り入れた復古様式となった。現存の内裏は幕末の嘉永7年(1853年)に火災で焼失したのち、安政2年(1855年)に、寛政内裏の様式をほぼ踏襲して再建されたもので、安政内裏と呼ばれている。なお、南朝と呼ばれることになる大覚寺統の天皇の御所は二条富小路内裏であった。現代の京都御所は土御門東洞院内裏そのものではなく、土御門東洞院内裏を基に拡充され、幕末の慶応年間に今日の敷地面積が確定したものである。 1877年(明治10年)、東京の皇居に移っていた明治天皇が京都を訪れた際、東京行幸後10年も経ずして施設及び周辺の環境の荒廃が進んでいた京都御所の様子を嘆き、『京都御所を保存し旧観を維持すべし』と宮内省(当時)に命じた。その翌年にも明治天皇は京都御所を巡覧し、保存の方策として『将来わが朝の大礼は京都にて挙行せん』との叡慮を示して、1883年(明治16年)には京都を即位式・大嘗会の地と定める勅令を発している。旧皇室典範第11...

    概要

    京都御苑(面積92ha)の北西寄り、築地塀で囲まれた11haの区域が京都御所である。御所の敷地は東西約250メートル、南北約450メートルの南北に長い長方形で、そこにはかつての内裏に属していた多くの建物と庭園がある。現在の御所の建物は1855年に再建されたものである。建物群は大きく3つの区画に分けられる。南寄りには内裏の正殿であった紫宸殿、天皇が政務を執った清涼殿をはじめ、儀式や政務のために用いられた表向きの建物が残る。その北側、敷地のほぼ中央の区画は、天皇の日常生活や内向きの行事、対面などに使用された内向きの建物群で、小御所、御学問所、御常御殿などがここにある。御所敷地のもっとも北寄りの区画はかつての後宮だった場所で、多くの建物が取り払われているが、皇后御常御殿、飛香舎(ひぎょうしゃ)をはじめ、皇后や皇子皇女などの住まいだった建物が残っている。建築様式は、表向きの建物である紫宸殿や清涼殿が平安時代の住宅建築様式である寝殿造を基調としているのに対し、これらの北にある内向きの建築群は書院造や数寄屋造の要素が強くなっている。ただし、表向きの建築物にしても外向きの建築物にしても寝殿造へ...

    諸門

    京都御所の敷地を囲む築地塀は5本の筋の入った格式の高いもので、計6か所の門が設置されている。南面の建礼門、北面には朔平門、東面の南寄りに建春門、西面は南から北へ宜秋門、清所門、皇后門である。これらの門のほかに、穴門という、屋根のない入口が12か所ある。鬼門にあたる敷地の北東角では、築地塀がそこだけ凹んでおり、「猿ヶ辻」と称されている。名称の由来は、ここに魔除けのために日吉山王社の神使とされる猿を祀ることによる。 1. 建礼門(南面) 2. 朔平門(北面) 3. 建春門(東面) 4. 宜秋門(西面南) 5. 清所門(西面中) 6. 皇后門(西面北) 7. 猿ヶ辻 「猿ヶ辻」は、北東の鬼門方位であり、凹んでいることから、「御所が鬼門を避けている」「除けている」と考えられ、それが後世まで鬼門を除ける手法とされてきた。現代でも人々は縁起を担いで鬼門とされる住宅の北東部分に魔除けとして柊や南天、万年青を植えたり、鬼門や裏鬼門(南西)から水回りや玄関を避けて家作りをするなど、鬼門を恐れた家相を重視する社会通念は根強く残っており、東京芸術大学、東京工業大学名誉教授 清家清の著書『現代の家相』に...

    紫宸殿

    御所敷地の南寄りに南面して建つ、かつての内裏の正殿である。天皇の即位、元服、立太子、節会など、最重要の公的儀式が執り行われた建物である。屋根は入母屋造、檜皮葺き。桁行(間口)9間、梁間(奥行)3間の身舎(もや、「母屋」とも書く)の東西南北に廂をめぐらし、その外に簀子縁(すのこえん)をめぐらす(ここで言う「間」は長さの単位ではなく、柱間の数を意味する。以下同じ)。平面規模は簀子縁を除いて、間口が33メートル余、奥行が23メートル弱である。梁間の3間は等間ではなく、奥(北)の1間のみ柱間がごく狭くなっている。簀子縁の周囲には高欄をめぐらし、建物正面には18段の階段を設ける。身舎内は間仕切りを設けず広い1室とし、柱は円柱、床は畳を敷かず拭板敷(ぬぐいいたじき)とし、天井板を張らない化粧屋根裏とする。正面の柱間装置は蔀(しとみ)とする。なお、京都御所の紫宸殿と清涼殿では、通常「蔀」と呼ばれる柱間装置のことを伝統的呼称で「御格子」(みこうし)と呼んでいる。 以上のように、この建物は江戸時代末期の再建でありながら、柱をすべて円柱とする点、柱間装置に蔀を用い、これを建物の内側へ跳ね上げる点、内...

    御所からの移築とされる現存施設のうち、主なものは次の通り。 慶長内裏より前の建物 1. 東福寺月下門(月華門)(京都市東山区) - 寺伝では元は月華門で、文永5年(1268年)の移築という(実際は寛元4年(1246年)頃に普門院総門として造営か)。国の重要文化財。 2. 園城寺食堂(釈迦堂)(滋賀県大津市) - 寺伝では元は清涼殿。室町時代中期の造営。豊臣秀吉による園城寺堂宇破却後の移築という。国の重要文化財。 3. 南禅寺方丈(京都市左京区) - 元は御所の建物の1つ(寺伝では清涼殿、実際は女院御所の対面御殿か)。天正年間(1573-1591年)の造営。国宝。 なお、慶長内裏の前の紫宸殿は慶長16年(1611年)に泉涌寺に移築されたが、天保12年(1841年)に焼失している。 慶長内裏の建物[慶長18年(1613年)前後に造営] 1. 仁和寺(京都市右京区) 1.1. 金堂 - 元は紫宸殿。寛永期に移築。現存最古の紫宸殿。国宝。 1.2. 御影堂 - 清涼殿の一部を使用。寛永期に移築・改装。国の重要文化財。 1.1. なお、上2棟と同時期に常御殿が移築され仁和寺の宸殿となったが、明治期に焼失している。 2. 南禅寺勅使門 - 元は日ノ御門。寛永期に移築。国の重要文化財。 3. 大徳寺勅使門(京都市北区) - 元は御所の南門。国の重要文化財。 4. 泉涌寺大門(京都市東山区) - 元は御所の門。国の重要文化財。 東福門院和子の女御御里御殿の建物[元和5年(1619年)前後に造営] 1. 大覚寺宸殿(京都市右京区) - 元は女御御殿の宸殿。国の重要文化財。 2. 妙法院(京都市東山区) 2.1. 大書院 - 元は女御御殿の建物。国の重要文化財。 2.2. 玄関 - 元は女御御殿の建物。国の重要文化財。 3. 林丘寺客殿(京都市左京区) - 元は女御御殿の奥御対面所等。 4. 平野神社南門(京都市北区) - 元は女御御殿の門か。社伝では慶安4年(1651年)に移築。京都府指定文化財。 5. 仁和寺本坊表門 - 元は西御台所門。国の重要文化財。 江戸時代前期-後期頃の建物 1. 氷室神社拝殿(京都市北区) - 元は小御所の釣殿。江戸時代初期頃の造営。寛永期に移築。京都府登録文化財。 2. 水無瀬神宮本殿(大阪府三島郡島本町) - 元は賢所(内侍所)。寛永期に移築。...

    即位の礼は代々京都御所の紫宸殿で行われ、明治維新の際に天皇が東京へ移ってからも、1878年の明治天皇の「将来わが朝の大礼は京都にて挙行せん」という叡慮と勅令を承けて、1889年(明治22年)制定の旧皇室典範第11条により、即位の礼と大嘗祭は京都で執行すると定められ、大正天皇と昭和天皇も京都御所で即位に関わる一連の儀式を行った。 しかし、第二次世界大戦後に制定された現在の皇室典範では京都で行うというような場所の規定がなくなったため、1990年(平成2年)の第125代天皇明仁の即位にあたり、即位の礼が史上初めて東京に於いて執り行われ、2019年(令和元年)の第126代天皇徳仁の即位でも平成の例に倣って東京での開催となった。 即位の際に天皇が着座し、その即位が象徴的に示される天皇の正式な御座所である高御座並びに皇后の正式な御座所である御帳台は京都御所の紫宸殿に常設されているため、明仁以降の即位礼正殿の儀(「即位礼紫宸殿の儀」に相当)に際しては、高御座と御帳台を解体した上で皇居宮殿のある東京まで運ばれた。

    井戸側に関しては、1890年(明治23年)の京都府令により「井戸派砂又ハ小石ヲ厚サ一尺以上ノ小井ハ厚サ一寸以上ノ松ノ側壁ハ石煉瓦或ハ漆喰ヲ以テ充填 但地質堅致ニシテ汚水浸透ノ恐ナキモノハコノ限ニアラス」と規制されており、これは汚水が井戸に浸入することを防止するために、漆喰や石煉瓦で側壁を補強せよという布令である。汚水の混入が伝染病の原因となることは、強く認識されていた。明治31年から明治32年の京都市地下水位推定図と京都市の技師谷井鋼三郎が調査した明治23年から明治29年の井戸水の水質調査によると、京都御所は深さ7m程度の浅井戸を持ち、良水の割合が80%から100%であった。

    2016年7月25日までは予約不要の春秋の特別公開と、事前の予約が必要な一般公開の2つの参観がおこなわれてきたが、参観希望者の利便性をより高めるため、2016年7月26日から予約不要の通年一般公開に再編された。 なお、月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日から1月4日)、行事等の実施のため支障のある日は休みとなる。 公開時間は、4月から8月は9時から17時まで(入場は16時20分まで)・9月及び3月は9時から16時30分まで(入場は15時50分まで)・10から2月は9時から16時まで(入場は15時20分まで)となっている。 入場門は清所門(せいしょもん)で反時計回りに京都御所を見学し、清所門から退出する。入場時に手荷物の内容検査が皇宮護衛官により行われる。なお、以前は春秋の特別公開の期間だけは紫宸殿のすぐ前まで行けたが、現在は紫宸殿南庭の南東隅に入って遠望する形に変更されている。

    西川孟、西和夫、辻邦生『日本名建築写真選集18 京都御所・仙洞御所』、新潮社、1993
    『毎日グラフ別冊 京都御所』、毎日新聞社、1984
    『京の離宮と御所』(JTBキャンブックス)、日本交通公社出版事業局、1995
    渡辺誠『秘蔵写真 京の御所と離宮』、講談社、2010
    • Historia
    • División
    • Palacios Imperiales Históricos
    • Galería de Imágenes
    • Enlaces Externos

    Castillo Edo

    Tras la capitulación del shogunato en la Guerra Boshin posterior Restauración Meiji, los habitantes del castillo, incluido el Shōgun Tokugawa Yoshinobu, fueron obligados a abandonar el Castillo Edo. El 26 de noviembre de 1868, el emperador cambia su residencia en el Palacio Imperial de Kioto trasladándose al renombrado Castillo Tokei (東京城 Tōkei-jō) por el nombre de la ciudad. Más tarde sería renombrado de nuevo a Kojo (皇城 Kōjō. Castillo Imperial)[2]​ Anteriores incendios habían destruido el á...

    El antiguo palacio

    En el periodo Meiji la mayoría de las estructuras del Castillo Edo desaparecieron. Algunas fueron derruidas para construir otras edificaciones mientras que las demás fueron destruidas por terremotos o incendios. Por ejemplo, los puentes dobles de madera (二重橋 Nijūbashi) sobre la fosa del castillo fueron substituidos por puentes de hierro y piedra. Los edificios del palacio imperial construidos en la era Meiji estaban construidos de madera y empleaban un diseño tradicional de arquitectura japon...

    Imágenes del palacio antes de su destrucción en la Segunda Guerra Mundial

    1. Higashidamari-no-Ma 2. Hōmei-Den 3. Nishidamari-no-Ma 4. Kiri-no-Ma 5. Chigusa-no-Ma

    Kyūden

    El Palacio Imperial (宮殿 Kyūden) y la sede de la Agencia de la Casa Imperial están situados en la antigua ciudadela oeste (Nishinomaru) del Castillo Edo. El complejo está dividido en seis alas[8]​: 1. salón de funciones del estado Seiden 2. Sala de Recepciones de Chōwaden 3. Rensui 4. Chigusa Chidori 5. Oficina de trabajo del Emperador El palacio está decorado con obras de famosos artistas Nihonga tal como Maeda Seison.[9]​ El Kyūden se usa para recibir a invitados de estado o para diferentes...

    Jardín Fukiage

    El jardín Fukiage lleva con el mismo nombre desde el periodo Edo y se usa como los aposentos de la familia imperial. El palacio Fukiage Ōmiya (吹上大宮御所 Fukiage Ōmiya-gosho) en la sección norte es la residencia del emperador desde la era Showa.[10]​El recinto del palacio incluye los Santuarios de los Tres Palacios (宮中三殿 Kyūchū-sanden). Parte de los Tesoros Imperiales de Japónse conservan en estos santuarios. El Kōkyo se encuentra próximo a la Estación de Tokio.

    Palacio Heijo en Nara, el Palacio Imperial durante el Período Nara (710-784)
    Kyōto Gosho - Palacio Imperial en Kioto, residencia del Emperador hasta su traslado definitivo a Tokio en 1868.
    El puente Nijubashidel Palacio Imperial.
    Emperador Akihito se prepara para saludar a la población que agita sus banderas en el Palacio Imperial, el día de su cumpleaños. Foto tomada el 23 de diciembre de 2004.
    Jardín del Palacio Imperial.
    Es el privilegio de cada nuevo embajador que llega al palacio entregar su acreditación al Emperador para que lo recojan en la Estación de Tokio, ya sea en una limusina o en el carruaje. Aunque el c...
  1. Anuncio
    relacionado con: 皇居 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!