Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 5.490.000 resultados de búsqueda
  1. Anuncios
    relacionados con: 20世紀 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 20世紀20世紀 - Wikipedia

    20世紀(にじっせいき 、にじゅっせいき)とは、西暦 1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。 2千年紀 における最後の世紀である。 漢字 で 二十世紀 の他に、 廿 世紀 と表記される場合もある。

  2. 27/11/2021 · 參看20世紀的科學成就、20世紀的科學演變年表. 汽車工業以及其他工業開始使用流水裝配線。這種大規模的生產使商品價格降低,產出更多。汽車也因此成為重要的交通工具。

  3. 20世紀. 出自維基百科. 跳至導覽 跳至搜尋. 1901年 到 2000年 箇一段時間係18世紀。. << - 20世紀 (1901年——2000年) - >>. 1900年代 :. 1901年. 1902年. 1903年.

  4. en.wikipedia.org › wiki › 20th_century20th century - Wikipedia

    The 20th (twentieth) century began on January 1, 1901 (), and ended on December 31, 2000 (). The 20th century was dominated by significant events that defined the modern era: Spanish flu pandemic, World War I and World War II, nuclear weapons, nuclear power and space exploration, nationalism and decolonization, technological advances, and the Cold War and post-Cold War conflicts.

  5. 20世紀(にじゅっせいき)は、吉本興業大阪本部に所属する日本のお笑いコンビ。 2人とも山口県出身。

    • しげ, 木本悠斗
    • 2012年 -
    • 歴史
    • ファンファーレ
    • オープニングロゴ
    • 日本
    • 関連項目

    設立

    1934年12月28日、フォックス・フィルム・コーポレーション(1915年にウィリアム・フォックスにより設立)と20世紀ピクチャーズ(1933年にダリル・F・ザナックにより設立)が合併し、20世紀フォックス映画として設立される。戦前はシャーリー・テンプル主演作やジョン・フォード監督、戦後はマリリン・モンローの映画により知られる。 1940年代から1950年代にかけては『イヴの総て』『わが谷は緑なりき』『紳士協定』といったドラマ・社会派作品を製作した。 1950年代以降は、ロジャース&ハマースタインのブロードウェイミュージカルの映画化に取り組み、世界的に有名な『王様と私』『サウンド・オブ・ミュージック』を制作。他にも舞台の演出をそのまま映画に取り込んだ『南太平洋』や『オクラホマ!』などがある。 1953年には、ワイドスクリーンのひとつ「シネマスコープ」を開発。これは当時普及してきたテレビに対抗するもので、大画面で楽しむという映画の醍醐味をあらためて認識させるものとなり、同年の史劇『聖衣』がその第一作となった。以来ハリウッド映画をはじめとする大作映画はほとんどシネマスコープで撮影され...

    マーヴィン・デイビスとルパート・マードック

    20世紀フォックスは1981年6月8日に7億2,000万ドルで投資家のマーク・リッチとマービン・デイビスに売却された。 1984年までに、リッチは脱税、恐喝、イラン人質事件の際のイランとの違法取引などの容疑で米国連邦検察官に起訴された後、スイスに逃亡していた。リッチの資産は米国当局によって凍結された。1984年、マービン・デイヴィスはマーク・リッチの20世紀フォックス映画会社の50%の持分を1億1600万ドルと報じられた非公表の金額で買い取った。デイヴィスは1985年3月、この持分をルパート・マードックのニューズ・コーポレーションに2億5000万ドルで売却した。その後、デイヴィスはマードックとのジョン・クルージのテレビ局、メトロメディアを買収するという取引から手を引いた。後にマードックは単独でテレビ局を買収し、後にデイヴィスの20世紀フォックスの残りの株式を3億2500万ドルで買い取った。1985年以降、20th Century-Foxから20th Century Foxに変更され、ハイフンはひっそりと取り除かれた。 1994年、マーベルより『ファンタスティック・フォー』と『X-...

    21世紀フォックス

    2012年、ルパート・マードックはニューズ・コーポレーションを出版・メディア系の新会社ニューズ・コープと、フォックス・エンターテイメント・グループと20世紀フォックスを運営していた21世紀フォックスに分割することを発表、同年6月末には分社化を完了して20世紀フォックスは21世紀フォックスの傘下となった。

    20世紀スタジオの映画といえば、ロゴと共に冒頭で流れる、スネアドラムの軽快な刻みから始まる華やかなファンファーレが有名である。この曲は、1935年当時、同社の音楽部長だったアルフレッド・ニューマン(1901年 - 1970年)により作曲された、わずか9小節という短い曲(1953年のシネマスコープ導入以前はもっと短く、書き足された後のヴァージョンは"Cinemascope Extension"と呼ばれる)で、もともとはニュース映画の冒頭に流す事が主目的だった。ニュース映画の時代ではなくなったものの、映画の本編が始まる前の臨場感を高めるメロディとして、今なお同社の映画には欠かせぬ存在となっており、他の映画会社には見られない、インパクトあるスポットとして広く知られている(「ハード・プレイ」や「ロッキー・ホラー・ショー」、「ボヘミアン・ラプソディ」等では音楽にアレンジが加わっている)。後述の「0」の修正に合わせた再録音が1981年に行われている。これとは別にジョン・ウィリアムズが指揮した『帝国の逆襲』のヴァージョンは、同シリーズの『シスの復讐』まで一貫して使われた。 1994年のロゴCG化に伴い、プロデューサーのケヴィン・バーンズが、ブルース・ブロートンにこの曲のリメイクを依頼した。作曲者の息子であるデヴィッド・ニューマンがスコアの改作を手掛け、1997年から使われている。 20世紀フォックスが音楽著作権をワーナー・ミュージック・グループに売却した中にこの曲も入っており、一時期はこの曲が映画に使われる度にワーナー傘下の音楽出版社(ワーナー・チャペル)に使用料を支払うという事態となっていた(現在は20世紀スタジオが買い戻している)。また、一時期このファンファーレが流れず、オープニングロゴが無音のまま映し出されることもあった。 日本においても、古くは横山ノック・青芝フック・横山パンチらで結成された漫画トリオが、このファンファーレをモチーフにした「パンパカパーン~パンパンパンパンパカパーンー今週のハイライトー」というギャグを展開していた他、現在では野球場(特に西武ドーム)で試合開始の合図に流したり、演奏会の際、本演奏の前にトップでこのファンファーレを演奏する等、多岐に使用される様になった。

    「20th CENTURY STUDIOS」(1935年から2019年までは「20th CENTURY FOX」)の文字を立体的に象ったロゴで、20世紀ピクチャーズ時代からデザインはほぼ変わっていない。 1994年以前はサーチライト部分のみが動く平面アニメーションだった。1953年からシネマスコープ作品を中心に「0」が右に傾いたものが使われていたが、1979年にリニューアルされ、「0」は傾かなくなった。これ以降、ワイドスクリーン用のロゴを使わずに、ビスタ用を横に引き伸ばしたものや、ロゴを拡大して使用することもあった。 1994年にプロデューサーのケヴィン・バーンズによって、全面的にリニューアルされ、上方から視点が回り込む3次元コンピュータグラフィックスアニメーションとなった[注釈 2]。ロゴの周りにはフォックス本社の所在地であるロサンゼルスの景色、ハリウッドサインも映っている。2009年にブルースカイ・スタジオにより、新たに作りなおされた。2010年度公開作品では創業75周年を記念して、フォックスロゴの上部に 「CELEBRATING 75 YEARS」と描かれたものが使われた。 また、ニューズ・コーポレーション傘下時代は「A NEWS CORPORATION COMPANY」と下に表示されていた。

    映画の配給や製作を行う20世紀フォックスの日本支社と、映像ソフトを担当する「20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社」(20thFOX HEJ)を展開していた。なお、形式上はハンガリー法人の子会社扱いとなっている。2010年前後はローカルプロダクションの流れにのって『群青 愛が沈んだ海の色』『サイドウェイズ』『パラダイス・キス』『はやぶさ/HAYABUSA』『カラスの親指』などの邦画を製作した(『群青』は配給のみ担当、『パラダイス・キス』はワーナー・ブラザース映画が配給を担当)。2018年には日本のテレビアニメ『バキ』の販売などを手掛けた(第2期からDMM picturesが販売)。 なお日本法人は20世紀フォックス以外に、2020年6月30日まで、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)やユナイテッド・アーティスツ(UA)作品についても日本における劇場配給とソフトの発売・販売(オライオン・ピクチャーズの作品も含む)の権利を持っていた[注釈 3]。 2019年に本国の20世紀フォックスがディズニー社に買収されて以降は、映画配給と、映像ソフト(旧作含む)の発売・販売元がウォルト・ディズニー・ジャパン名義となった。そのため、一部のディズニーストアでも映像ソフト(旧作含む)が発売されている。日本国内での版権管理は引き続き上記の二社が担っていたが、21世紀FOXジャパン(20世紀フォックス日本支社)は2020年9月1日に、20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンは同年11月16日にそれぞれ解散した。

    1937年フォックス保管庫火災(英語版) - 1937年7月9日 ニュージャージー州のフィルム貯蔵庫で、ナイトレートフィルムの熱分解から自然発火し、死者1名、軽傷2名、そして多くの歴史的作品のフィルムが失われた。この火災後、安全フィルムの利用促進、保管所の冷房・換気システムの見直しが行われた。
    • あらすじ
    • 登場人物
    • 用語
    • よげんの書
    • 番外編
    • 書誌情報
    • 映画

    高度成長による「夢と希望」に満ちあふれていた時代から、一転して経済は停滞しオカルトブームが起き、世界滅亡の空気まで漂いはじめた、1970年前後。 そんな時代の中で、少年たちは、地球滅亡をもくろむ悪の組織や、東京を破壊し尽くす巨大ロボットに蹂躙され、混沌とし、滅亡に向かっていく未来の世界を空想した。そして、それらに立ち向かい地球を救うのは、勧善懲悪の正義のヒーローとその仲間たちだ。下らないようなストーリーを描いたスケッチブックを、少年たちは“よげんの書”と名付ける。しかし大人になるにつれ、そんな空想の記憶は薄れていく。 1997年、主人公のケンヂは、突然失踪した姉の娘のカンナを養い、コンビニを営む平凡な日々を送っていたが、お得意先の一家の失踪や幼なじみの死をきっかけに、その薄れかけていた記憶を次第に呼び覚まされていく。そして世界各地の異変が、幼い頃空想した“よげんの書”通りに起こっていることに気づく。一連のできごとの陰に見え隠れする謎の人物“ともだち”との出会いによって、全ての歯車は回り出す。 物語は、“ともだち”による20世紀末にかけての暗躍と、それに立ち向かう大人になったケンヂ達幼なじみを中心とした第1部、ケンヂが行方不明となり、“ともだち”が世界の救世主として称えられるようになった2015年の世界で密かに反逆を試みるカンナを主人公とした第2部、人類が滅亡し“ともだち”が独裁政治を行う世界に突如現れたケンヂを描く第3部、“ともだち”亡き後に残された最後の陰謀に立ち向かい、幼少時との決着を付けるべく奔走するかつての仲間たちを描く最終部の4つに大きく分かれる。

    ケンヂ / 遠藤 健児(えんどう けんじ)

    1. この作品の主人公。ロック歌手になるというかつての夢をあきらめ、現在は年老いた母親と、失踪した姉の娘・カンナの世話をしながらコンビニを営んでいる。ドンキーの死をきっかけに“ともだち”の存在を知り、その陰謀を崩すために立ち上がる。

    カンナ / 遠藤 カンナ(えんどう カンナ)

    1. この作品のもう一人の主人公。ケンヂの姪。超能力のような力を持っている。ケンヂの死後、彼の思想を受け継いで“ともだち”との戦いに挑む。

    オッチョ / 落合 長治(おちあい ちょうじ)

    1. ケンヂの同級生。幼少の頃より優等生で、一流企業に勤めていたが、現在はバンコクにて「ショーグン」の名で裏社会の汚れ仕事をしている。

    ウイルス

    1. 世界を二度にわたって滅亡の危機に追い込んだ殺人ウイルス。“血の大みそか”以前のものは潜伏期間が無いに等しく、発症後はすぐさま体中至る所から激しく出血、感染者を即座に失血死させる。2015年に使われたものは風邪によく似た症状や発疹といった初期症状がまず現れ、その後数日の間に前述のような大量出血を引き起こす。これらにより世界人口の半数以上の人々が感染し死亡する事となり、人類が存亡の危機に立たされる事となった。

    巨大ロボット

    1. 敷島教授が開発した巨大な二足歩行ロボット。“ともだち”によって使われ“血の大みそか”で東京を蹂躙した1台目と、ヤン坊・マー坊の提案で敷島博士が再制作した2台目の二種類がある。双方共に巨大な球体に足がついたような形状をしており、前面には二つのライトが目のように配置されている。主にリモコンで操作されている他、内部にも操縦席がある。 2. 1台目は敷島教授曰く「ロボットとも呼べないようなもの」であり、内部に空気を詰めて巨大に見せているだけで、駆動機構も「二足歩行」とは名ばかりで、足の裏に付けられた履帯によってブリキのおもちゃのようにすり足で動くだけの代物であった。だが、原作ではケンヂの操縦によって数歩だけだが二足歩行を行っている。また、下部にはウイルスの噴霧装置を備えており、これで一般人や出動したSAT及び陸上自衛隊の隊員を出血死させた。 3. 2台目は1台目と違って完全な二足歩行を実現しており、胴体も完全な金属製となっている。原作では上部に2基の砲塔を有していたが、原作では“ともだち”から離反し、修理工を営んでいた敷島教授が制作したもので、オッチョたちによって“ともだち”に対抗...

    絶交

    1. “ともだち”側の人間が敵対する者、邪魔者や裏切り者を殺害することを指す。

    ケンヂ達が小学校の頃に秘密基地のメンバーで考えた「将来やってくるだろう悪の組織の地球征服」の方法を書いたもの。しかし、それとは別に小学校時代の“ともだち”らが『しんよげんの書』を作っていた。 よげんの書(旧来) 1. 1.1. サンフランシスコで細菌兵器が散布される。(1ページ目) 1.2. ロンドンで細菌兵器が散布される。(2ページ目) 1.3. 大阪で細菌兵器が散布される。(3ページ目) 1.4. 羽田空港が爆破される。(4ページ目) 1.5. のろしが上がる(国会議事堂が爆破される)。(5ページ目) 1.6. 2000年12月31日、東京に巨大ロボットが襲来。世界各地で細菌兵器が散布される。(6ページ目) 1.7. 9人の戦士(書かれた時点ではケンヂ、オッチョ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ケロヨン、コンチ、ドンキーのはずであった)が立ち上がる。(7ページ目) しんよげんの書(新来) 1. 1.1. 新宿の教会で救世主(ホクロの警官)が暗殺される。(1ページ目) 1.2. 万博が開かれる。(2ページ目) 1.3. リリリンと電話が鳴り、人類滅亡の準備が整う。(3ページ目) 1.4. スーツケースを持ったセールスマンが世界中でウイルスを散布し始める。(4ページ目) 1.5. 聖母(キリコ)が天国か地獄をたずさえて降臨する。(5ページ目)(原作のみ) 1.6. 2015年で西暦が終わる。(6ページ目) 1.7. 世界大統領が誕生する(7ページ目) 1.8. 世界大統領が火星移住計画を発表する。(8ページ目)(原作のみ) 1.9. ともだち暦3年(西暦2017年)の8月20日、宇宙人が地球を襲い、世界が滅びる。(映画9ページ目) しんよげんの書 最後のページ 1. 1.1. 巨大ロボットに秘密基地が踏み潰されたとき隠された反陽子爆弾のスイッチが押され世界が滅びる(原作9ページ目)。 1.2. そして人類はほとんど死に、世界大統領は仲のいい友達と楽しく暮らす。(映画10ページ目)

    映画版の公開に伴いスピリッツに掲載。内容と設定は下記の映画版を基盤にしている。 1. 20世紀少年 予告(血の大晦日のロボットに向かい歩むケンヂたちのエピソード、「20世紀少年探偵団」にも収録) 2. 20世紀少年 第2章 最後の希望 予告(VA内に入ったカンナが幼年ケンヂと別れた後のエピソード) 3. あおぞらChu-意報 作・画/ウジコウジオ(劇中漫画家ウジコウジオがユキジに見せた劇中漫画) 4. まんがり道 作・画/ウジコウジオ(劇中漫画家ウジコウジオがユキジに見せた劇中漫画シリーズ)

    単行本

    単行本は、全て小学館より刊行された。巻数表示は、『20世紀少年』のみ「第○集」である。 浦沢直樹『20世紀少年』小学館〈ビッグコミックス〉、全22巻 1. 1.1. 「ともだち」 2000年3月1日発行、ISBN 4-09-185531-8 1.2. 「予言者」 2000年7月1日発行、ISBN 4-09-185532-6 1.3. 「ギターを持った英雄」 2000年10月1日発行、ISBN 4-09-185533-4 1.4. 「愛と平和」 2001年3月1日発行、ISBN 4-09-185534-2 1.5. 「さいかい」 2001年6月1日発行、ISBN 4-09-185535-0 1.6. 「最後の希望」 2001年9月1日発行、ISBN 4-09-185536-9 1.7. 「真実」 2001年12月1日発行、ISBN 4-09-185537-7 1.8. 「ケンヂの歌」 2002年4月1日発行、ISBN 4-09-185538-5 1.9. 「ラビット・ナボコフ」 2002年8月1日発行、ISBN 4-09-185539-3 1.10. 「顔のない少年」 2002年1...

    関連書籍

    1. 竹熊健太郎 『20世紀少年探偵団』 小学館〈ビッグコミックススペシャル〉、2008年、ISBN 978-4-09-182194-2 1.1. 漫画の主な舞台となった1970年代の世相・風俗を解説したオフィシャル本。 1.2. 原作者である浦沢直樹が監修を担当している。 2. 浦沢直樹、ウジコウジオ 『20世紀少年の脇役 ウジコウジオ作品集』 小学館〈ビッグコミックススペシャル〉、2010年、ISBN 978-4-09-183245-0 2.1. 『20世紀少年』スピンオフ作品集。

    2008年から2009年にかけて堤幸彦監督、唐沢寿明の主演で3部作で公開された。 総製作費60億円のプロジェクトで、3部作は全て週末観客動員数1位を記録し最終興行収入は3部作総額で113.7億円にのぼった。映画完結後も未公開シーンを加え劇場版と異なるラストを収録したDVD・Blu-ray Discの発売、地上波テレビにて『20世紀少年 サーガ』と題した再編集バージョンが放送されるなどしている。

  1. Anuncios
    relacionados con: 20世紀 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!