Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 32.000 resultados de búsqueda
  1. Henry George Grey, 3rd Earl Grey KG GCMG PC (28 December 1802 – 9 October 1894), known as Viscount Howick from 1807 until 1845, was an English statesman.

  2. Lady Jane Grey (d. June 1752), who married in June 1738, George Drummond, 3rd of Blair Drummond. In 1709, Henry inherited the estate at Enville in Staffordshire from a distant relative. In 1720, Henry succeeded as Earl of Stamford on the death of his first cousin, Thomas Grey, 2nd Earl of Stamford.

    • Leben
    • Werke
    • Literatur

    Henry Grey war der Sohn von Charles Grey, 2. Earl Grey, dem späteren Premierminister (1830–1834). Von 1807 bis 1845 führte er als Heir apparent seines Vaters den Höflichkeitstitel Viscount Howick. Er studierte an der Universität Cambridge, folgte seinem Vater in die Politik und wurde 1826 für die Whigs ins Unterhaus gewählt. Hier unterstützte er nachdrücklich die Katholikenemanzipationund die Parlamentsreform. 1830 wurde er unter der Regierung seines Vaters, der Arthur Wellesley, 1. Duke of Wellington, als Premierminister gefolgt war, Unterstaatssekretär der Kolonien (Under-Secretary for the Colonies). Beeinflusst von den Vorstellungen Edward Gibbon Wakefields über die Kolonialpolitik, galt er als zwar fähiger, aber ungeduldiger und wenig kompromissbereiter Mann. Als sich die Regierung 1833 weigerte, die Sklaverei auf den Westindischen Inseln unverzüglich abzuschaffen, trat er zurück, wurde aber im Januar 1834 bis zur Entlassung des Ministeriums Melbourne, der Greys Vater als Premie...

    Colonial Policy of Lord John Russells Administration, 1853
    Essay on Parliamentary Government, London 1858

    Grey, Henry Grey, 3rd Earl. In: Encyclopædia Britannica. 11. Auflage. Band12: Gichtel – Harmonium. London 1910, S.590 (englisch, Volltext [Wikisource]).

    • Grey, Henry, Viscount Howick
    • Grey, Henry, 3. Earl Grey
    • 28. Dezember 1802
  3. 28/01/2021 · Henry Grey, 3rd Earl Grey British politician (1802-1894) Upload media Wikipedia: Date of birth: 28 December 1802: Date of death: 9 October 1894:

  4. GREY, HENRY GREY, 3rd Earl (1802–1894), English statesman, was born on the 28th of December 1802, the son of the 2nd Earl Grey, prime minister at the time of the Reform Bill of 1832. He entered parliament in 1826, under the title of Viscount Howick, as member for Winchelsea, which constituency he left in 1831 for

    • 経歴
    • 栄典
    • 外部リンク

    1802年12月28日、後に第2代グレイ伯爵位を継承し、首相を務めることになる庶民院議員チャールズ・グレイとその妻メアリー・エリザベス(初代ポンソンビー男爵(英語版)ウィリアム・ポンソンビー(英語版)の娘)の間の長男として生まれた。 1826年にウィンチルシー選挙区(英語版)から選出されてホイッグ党の庶民院議員に選出された。その後も選挙区を変えながら1845年の襲爵まで庶民院議員に在職し続けた。 1830年に父が首相となり、ホイッグ党政権が誕生すると陸軍・植民地省政務次官(英語版)に就任した。彼はエドワード・ギボン・ウェークフィールド(英語版)の見解を支持する熱心な植民地改革派だった。そのため植民地の奴隷解放が即時ではなく段階的に行われることに不満を抱いて1834年に辞職した。 1835年に第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラムが第二次内閣を組閣した際に陸軍卿に就任し、インドに駐留する兵士の不正行為抑制に努めた。1839年の内閣改造の際に同僚たちの革新的な見解に反対して辞職した。 1845年7月17日に父が死去し、第3代グレイ伯爵位を継承し、貴族院議員に転じた。 1846年にホイッグ党政権ジョン・ラッセル卿内閣が発足すると陸軍・植民地大臣に就任した。彼は植民地行政はイギリス本国のためではなく現地民の利益のために行われるべきであることを最初に公言した大臣だった。可能な限り植民地に自治を認めることを推進し、イギリスとアイルランドの間に自由貿易を紹介した最初の人物だった。植民地が本国から輸入関税をかける特許は彼による物ではない。彼はそれに反対していたが、却下された。西インド諸島では抑圧的だった。セイロンでも反乱の鎮圧にあたった。ニュージーランドでは、彼は自分自身が認めた憲法(英語版)を中断し、ニュージーランド総督ジョージ・グレイ(英語版)に制定をゆだねた(1852年ニュージーランド憲法(英語版))。彼の陸軍植民地大臣在職中にカナダやニュージーランドや南アフリカにグレイ伯爵に因むホーウィックという地名ができた。 1852年に内閣の総辞職により辞職。1853年にホイッグ党が参加する第4代アバディーン伯爵ジョージ・ハミルトン=ゴードン内閣が発足したが、彼の入閣はなかった。クリミア戦争時には陸軍卿として名前が挙がったものの拒否した。以降死去までほぼ公務から離れ、地元のホーウィ...

    爵位/準男爵位

    1845年7月17日の父チャールズ・グレイの死去により以下の爵位/準男爵位を継承した。 1. 第3代グレイ伯爵 (3rd Earl Grey) 1.1. (1806年4月11日の勅許状による連合王国貴族爵位) 2. ノーサンバーランド州におけるホーウィックの第3代ホーウィック子爵 (3rd Viscount Howick, of Howick in the County of Northumberland) 2.1. (1806年4月11日の勅許状による連合王国貴族爵位) 3. ノーサンバーランド州におけるホーウィックのホーウィックの第3代グレイ男爵 (3rd Baron Grey of Howick, of Howick in the County of Northumberland) 3.1. (1801年6月23日の勅許状による連合王国貴族爵位) 4. (ノーサンバーランド州におけるホーウィックの)第4代準男爵 (4th Baronet "of Howick in the County of Northumberland") 4.1. (1746年1月11日の勅許状によるグ...

    勲章

    1. 1863年、ガーター勲章ナイト(KG) 2. 1869年、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス(GCMG)

    その他

    1. 1835年、枢密顧問官(PC)

    Hansard 1803–2005: contributions in Parliament by the Earl Grey(英語)
    ヘンリー・グレイ - ナショナル・ポートレート・ギャラリー (英語)
    "ヘンリー・グレイの関連資料一覧" (英語). イギリス国立公文書館.
    • マリア・グレイ(旧姓コプリー)
    • 1894年10月9日(91歳没)