Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 82 resultados de búsqueda
  1. ja.wikipedia.org › wiki › イギリスイギリス - Wikipedia

    イギリス軍の幅広い活動能力にも関わらず、最近の国事的な国防政策でも協同作戦時に最も過酷な任務を引き受けることを想定している 。イギリス軍が単独で戦った最後の戦争はフォークランド紛争で、全面的な戦闘が

    • 1.3%
    • 244,820 km 2 ( 76位 )
  2. en.wikipedia.org › wiki › EnglandEngland - Wikipedia

    England is a country that is part of the United Kingdom. It shares land borders with Wales to its west and Scotland to its north. The Irish Sea lies northwest of England and the Celtic Sea to the southwest. England is separated from continental Europe by the North Sea to the east and the English Channel to the south.

    • +44
    • dd/mm/yyyy (AD)
  3. イギリスはポルトガル、スペインに遅れること1世紀、17世紀初頭にオランダ共和国とともに大航海時代に乗り出した。東インド会社はアジアに進出し、主にインドに拠点を確保する一方、北米大陸にも多数の植民者を送り出した。

    • Historia
    • Los Distintos Sectores Económicos
    • Comercio Exterior
    • Sector Primario
    • Sector Terciario
    • Datos Económicos Básicos
    • Desequilibrios Regionales
    • Referencias
    • Enlaces Externos

    Hasta la mitad del siglo XIX, el Reino Unido practicó una política comercial particularmente proteccionista. El reino Unido superó en renta por capital a los demás países europeos, superando ampliamente a Francia y Alemania que tenían rentas per cápita similares entre sí. En 1846, la ley sobre el trigo fue abolida. Según el economista Charles Kindleberger, la abrogación de estas leyes fue motivada por un “imperialismo librecambista” destinado a “detener el avance de la industrialización del continente a través de una ampliación del mercado de productos agrícolas y de materias primas”. Ese fue por otra parte el argumento que desplegaron los principales voceros de la Anti-Corn Law League. Según el economista Friedrich List, "la prédica británica a favor del librecambio recuerda la actitud de quien, una vez en lo alto, arroja al piso la escalera para evitar que otros suban".[8]​ Hacia 1920 la renta per cápita británica fue superada por la estadounidense aunque tras la crisis de 1929, l...

    Como en todos los países altamente desarrollados, los principales factores en contra de la economía del Reino Unido lo representan los altos salarios [cita requerida] y la fuerte presencia en los sectores de manufacturas e industria pesada de los países emergentes, sobre todo China, Taiwán, India y Corea del Sur. La agricultura representa únicamente el 1 % del PIB y contribuye apenas con el 2 % de la PPA. Altamente mecanizada, sus principales producciones son de patatas, remolacha, trigo y cebada. La ganadería es también significativa, sobre todo la ovina y la bovina, siendo un gran productor europeo de leche y sus derivados. La pesca, sin embargo, sufre un proceso de reconversión agudo, al igual que el resto de las flotas de los países de la Unión Europea debido a la disminución del volumen de pescado en los caladerostradicionales. En la industria, las principales actividades son la maquinaria, el material de transporte (vehículos, ferrocarriles y aeronáutica) y los productos quími...

    En 2020, el país fue el undécimo exportador más grande del mundo (US $ 468.1 mil millones en bienes, 2.5% del total mundial). En la suma de bienes y servicios exportados, alcanza los US $ 891,8 mil millones, ocupando el quinto lugar en el mundo. [12]​[13]​ En importaciones, en 2019, fue el quinto mayor importador del mundo: 692.600 millones de dólares. [14]​

    Agricultura

    El Reino Unido produjo, en 2018, 13,5 millones de toneladas de trigo (el 15º productor mundial); 7,6 millones de toneladas de remolacha azucarera (décimo productor mundial), que sirve para producir azúcar y etanol; 6,5 millones de toneladas de cebada (noveno productor mundial); 5 millones de toneladas de papa (el 15º productor mundial); 2 millones de toneladas de colza (noveno productor mundial) y 850.000 toneladas de avena (octavo productor mundial). Además, este año, el país también produjo...

    Ganadería

    En el sector ganadero, en 2018, el Reino Unido fue el decimocuarto productor mundial de carne de pollo (1,7 millones de toneladas); 16º productor mundial de carne de vacuno (922 mil toneladas); el undécimo productor mundial de leche de vaca (15,3 mil millones de litros); produjo 927 mil toneladas de carne de cerdo; entre otros. El país es el cuarto productor mundial de lana y el undécimo productor mundial de mantequilla. [16]​ [17]​

    Turismo

    En 2018, el Reino Unido fue el décimo país más visitado del mundo, con 36,3 millones de turistas internacionales. Los ingresos por turismo este año fueron de $ 51,8 mil millones. [33]​

    Entre las grandes economías del mundo, la del Reino Unido es la que presenta las mayores disparidades entre sus regiones. El PIB per cápita de Londres es 9 veces mayor que el de algunas partes de Gales. Estos desequilibrios tienden actualmente (2011) a ampliarse, no a reducirse. Más de la cuarta parte de las regiones del Reino Unido tenían en 2011 un PIB per cápita inferior al de las dos regiones más ricas de China (Pekín y Shanghái).[34]​

    • 概要
    • 名称
    • 歴史
    • パクス・ブリタニカ時代の帝国臣民とヒトの移動
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    "empire"あるいは"imperial"という言葉はさらに古くから使われてきたが、一般にイギリス帝国という場合、始まりは16世紀あるいは17世紀とされる。その正否は問わないことにしても、国外への拡張という事実のみに着目すると、1585年のロアノーク島への植民が、また、実際に成功し後世への連続性をもつという点からすると、1607年のジェームズタウン建設が、それぞれイギリス帝国の開始点となる。いずれにせよイギリス帝国が帝国としての実体を備えるには北米植民地とカリブ海植民地の設立が一段落する17世紀半ばを待たねばならず、イギリス帝国が「イングランドの帝国」でなくなるには1707年の合同を待たねばならない。 17世紀から18世紀にかけての帝国はイギリス第1帝国あるいは旧帝国とも呼ばれ、19世紀以降の帝国、特に19世紀中葉以降に完成するイギリス第2帝国と比べると、アメリカおよびカリブ海植民地中心、重商主義政策による保護貿易、およびプロテスタンティズムによる紐帯の3点を特徴としている。航海法や特許会社の独占など重商主義的政策による保護貿易は、脆弱であったイギリス経済と植民地経済を保護すると同時に結びつける役割を果たした。また、名誉革命以降のイギリスは国内外のカトリック勢力を潜在敵と見なしており、当時の帝国はフランス、スペインといったカトリックの大国を仮想敵とした「プロテスタントの帝国」と考えられていた。 その後、アメリカ独立戦争の後イギリス帝国はインドへと重心を移し始める。1760年代より進行した産業革命により、イギリス経済は次第に保護を必要としなくなり、自由貿易へと方向転換していった。19世紀前半のイギリス帝国は自由貿易さえ保証されれば、植民地獲得を必ずしも必要とはせず、経済的従属下に置くものの必ずしも政治的支配をおこなわない非公式帝国を拡大していった。この時期のイギリス帝国の方針は自由貿易帝国主義と呼ばれる。 19世紀半ばになるとドイツ、アメリカといった後発工業国の経済的追い上げを受け、またフランスやドイツの勢力伸張もあり、イギリスは再度、植民地獲得を伴う公式帝国の拡大を本格化した。インド帝国の成立を以て完成する新帝国はイギリス第二帝国とも呼ばれる。帝国主義の時代とも言われるこの時期ではあるが、イギリスは自由貿易の方針を堅持していた。ドイツなどの保護関税政策に対し...

    フランス植民地帝国などの講学上の呼称ないし俗称と異なり、British Empireは英国の本土のみを指すUnited Kingdomに対して、本国と植民地を含めた全領域を指す語としてイギリス政府により公式に用いられた。 日本では永らく「大英帝国」の訳語が使われてきたが、現在、歴史学で多く用いられるのは「イギリス帝国」という表現である。ほかにも、もとイングランドのポルトガル語形に由来する「イギリス」という曖昧かつ「正しくない」とされ得る表現でウェールズ・スコットランド・アイルランドも包含した連合王国(および植民地)を指すことを避け、より原語に忠実な「ブリテン帝国」も使われ始めている。また単に「帝国」とも呼ばれる場合もある。「大英帝国」という語も書籍の標題などでは従来と変わらずに使われるが、本文中では基本的に常に鉤括弧を付けて「大英帝国」と表記される[注釈 2]。 学問以外の領域では標題に限らず、特にイギリス帝国全盛期以降を指して「大英帝国」が一般的に使われている。また「大英帝国」から派生して"British"の訳として「大英」の語がしばしば用いられている。最も有名な例では"the British Museum"に対応する「大英博物館」、および同博物館図書室が独立し成立した"the British Library"を指す「大英図書館」が挙げられる。一方で"the British Council"は「ブリティッシュ・カウンシル」と呼ばれ、"British Commonwealth"は学問・非学問領域を問わず「イギリス連邦」「英連邦」と呼ばれており、"British"に対応する訳語は必ずしも固定されていない。 "British Empire"の訳語として「大英帝国」が使われ始めた細かい経緯ははっきりしていない。大まかな経緯としては、Great Britain(大ブリテン)を「大英」と訳したものであると考えられるが、Great Britainはもともとは島(グレートブリテン島)の名前であり、このGreatは別名小ブリテンのブルターニュ(フランス)と区別してのことである。これが転じて大英帝国と呼ばれるようになったのは歴史意識が背景にあるとの指摘[注釈 2]があり、これによれば"Great Britain"と"British Empire"が結合した背景には文明開化期から...

    植民地以前・「帝国」の伝統

    イングランド王権が帝国を名乗り始めるのは、植民地獲得よりも大きくさかのぼる。欧州における「帝国」(インペリウム)のもともとの意味は、教皇などの王国外権力から独立していること、ならびに複数の国・勢力を支配下に治めていることである。イングランドにとってのインペリウムにあたるのは、スコットランドの併呑と宗教改革である。七王国時代、アングロサクソンの有力な王たちは、他部族を支配するうえで「アングル人の帝国」を名乗り、時折自らを皇帝と称した[注釈 3]。ヘンリー8世時代、「イングランドは帝国である」と1533年に宣言した(上告禁止法)のは、教皇の権力をイングランドから除くことを目的にしていた。こうしたインペリウムは、ヨーロッパ各地で教皇から独立せんとするために、または近隣勢力を征服するための大義名分として機能した。スコットランドを併合して「グレイト・ブリテンの帝国」を築こうという主張は伝統的にイングランドのなかで存在していた。

    北米・カリブ海植民地進出

    17世紀までのイングランド対外進出は、アメリカ植民地建設とインドを主としたアジアでの商業活動が行われた。この時期の重商主義政策では、王が設立許可を出した会社が主役だった。インドではイギリス東インド会社、アメリカではハドソン湾会社、アフリカの王立アフリカ会社などである。これら特許会社とよばれる組織が貿易を独占した。 アメリカ大陸植民地のはじまりは1585年[注釈 4]または1607年[注釈 5]である。17世紀に入るとピルグリム・ファーザーズとよばれる移民、および貧困・犯罪を理由に送り込まれた者たちにより植民地は広がりをみせた。前者は国教会の信仰体制に不満を持った急進プロテスタント――いわゆるピューリタン――が信仰の自由をもとめて新大陸に移民した者たちである[注釈 6]。大まかにいって北部(マサチューセッツ・コネティカットなど)にプロテスタント、南部(メリーランドなど)は国教会・カトリックに色分けされる。後者はより数が多く、年季契約奉公人として新大陸に送り込まれた。年季契約奉公人たちは当初、南部植民地の煙草プランテーションや、カリブ海植民地の砂糖プランテーションで労働力として用いら...

    アジア進出

    イギリスは1600年に東インド会社を設立してアジアに進出し、ジャワ島東部のバンテンに拠点を置いて香辛料貿易への食い込みを図った。またマレー半島のパタニ王国やタイのアユタヤ、日本の平戸にも商館を置いて交易を行ったが、いずれもオランダ東インド会社との競合に敗れて敗退した。 このためイギリス東インド会社はインドに注力し、1612年にスラトに商館を設置したのを初め1639年チェンナイ(マドラス)、1668年ムンバイ(ボンベイ)、コルカタ(カルカッタ)にも商館を設置した。インド貿易は成功を収め、これらの商館は次第に要塞化して周辺のインド諸侯を影響下におくようになった。この頃フランスもインド東海岸のポンディシェリを拠点にインドに支配を拡大させており、英仏はインドで対立を深める。欧州で七年戦争(1756年-1763年)が起こるとインドでも英仏間の戦争が始まり、ロバート・クライヴはプラッシーの戦いでフランス側のベンガル太守軍を破り、ベンガルの領域支配に乗り出した。七年戦争の結果、フランスはポンディシェリなどに非武装の商館を置くことは認められたが、政治的にはインドから敗退した。こうした中、東インド...

    イギリス帝国の住民(帝国臣民)は人種・肌の色を問わず、帝国内での自由な移動・居住を保証された。 この移動と居住の自由は同時代の植民地帝国や近代国家にみられない特性であり、非ヨーロッパ系住民でも自己利害のために有効に活用できた。 インド独立運動の指導者として高名なガンジーも3年間ロンドンに留学し、法廷弁護士の資格を取得している。その後ガンジーは南アフリカのナタールへと渡りインド系労働者の権利擁護に尽力した。当時ナタールでは3万5000人のインド系住民が帝国臣民として居住していた。 1860年代以降ナタールではインド系年季契約労働者が導入され現地のプランテーション経済を支えていた。またインド系商人も南アフリカ内部の流通業に進出、現地経済を支えた。帝国内部での自由な移動と居住の保証が大英帝国隆盛の大きな要因となった。しかし20世紀になると白人系植民地では白人至上主義が台頭。移民の排斥が進むとともに帝国内での自由な移動が阻害され、帝国は世界帝国としての特性を失っていくことになる。

    デイヴィッド・アーミテイジ『帝国の誕生──ブリテン帝国のイデオロギー的起源』平田雅博・岩井淳・大西晴樹・井藤早織訳、日本経済評論社、2005年6月。ISBN 4-8188-1763-5。 - 原タイトル:The ideological origins of the British Empire。
    『イギリス史 2 近世』今井宏編、山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年8月。ISBN 4-634-46020-3。
    今関恒夫『バクスターとピューリタニズム 17世紀イングランドの社会と思想』ミネルヴァ書房〈Minerva歴史叢書クロニカ 6〉、2006年12月。ISBN 4-623-04653-2。
    『ラテン・アメリカを知る事典』大貫良夫ほか監修、平凡社、1999年12月、新訂増補。ISBN 4-582-12625-1。
    石井摩耶子『イギリス帝国』 - コトバンク
    『大英帝国』 - コトバンク
  4. イギリス君主一覧(イギリスくんしゅいちらん)では、現在のイギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)につながるグレートブリテン島の各地を支配した以下のイギリスの君主を対象とする。

  1. Anuncio
    relacionado con: イギリス wikipedia
  2. Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!