Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 4.140.000 resultados de búsqueda
  1. Anuncios
    relacionados con: イングランド wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Find From Wikipedia You Need on Answersite. Compare Results Here!

  1. イングランドの名はフランス語で「 Angleterre 」と言うように「アングル人の土地」という意味である。 ローマ領ブリタニアからローマ軍団が引き上げた後、ゲルマン系アングロ・サクソン人が侵入し、ケルト系ブリトン人を征服または追放してアングロ・サクソン七王国が成立した。

    • 不明
    • エリザベス2世
    • 130,395 km 2 ( ???位 )
    • ボリス・ジョンソン
  2. en.wikipedia.org › wiki › EnglandEngland - Wikipedia

    – in Europe (green & dark grey) – in the United Kingdom (green) Status Country Capital and largest city London National language English Regional languages Cornish Ethnic groups (2011) 85.4% White 7.8% Asian 3.5% Black 2.3% Mixed 1.0% Other Religion (2011) 59.4% Christianity 24.7% No religion 5.0% Islam 1.5% Hinduism 2.2% Other 7.2% Not stated Demonym(s) English Sovereign state Legal ...

    • +44
    • dd/mm/yyyy (AD)
  3. イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。

    • 1648年
    • 1066年
    • 1016年
    • 927年
    • 古代
    • 中世
    • 近世
    • 関連項目

    ケルト人がイングランドに流入してきたのは紀元前7世紀頃と見られている。ケルト人は鉄器と共にヨーロッパにやって来ており、この遺物を調査することによって彼らがいつ頃グレートブリテン島にやって来たかが判る。しかしそれ以前にイングランドにも石器時代の存在は確認されており、ストーンヘンジなどの巨石による遺跡も残されている。これを建設した民族がどのような民族であったかはよく分かっていない。ケルト人は重量のある犂を使用して先史時代には手がつけられなかった土地を開墾し、紀元前1世紀にはブリテン島の総人口は25万人程度に達していた。 紀元前55年ローマのユリウス・カエサルが侵入、43年にはローマ皇帝クラウディウスによってグレートブリテン島の大部分が占領された。ただし、スコットランド、アイルランド地域にはローマの支配は及ばず、この地域のケルト人が度々イングランドに侵入してきたため、ローマ人によって現在のイングランドとスコットランドの境界付近に長城が建設された。ローマはこの地域をブリタンニアと呼んだ。これが現在のブリテン島の起源である。またブリタニア支配の拠点としてロンディニウムを建設した。これが現在のロンドンの起源となっている。又ローマ人は在地のケルト人をブリトン人と呼んだ。 ローマ人はブリテン島で痕跡が確認されているものだけでも約500か所のヴィラを営み、100か所のタウンを建設した。そして、それらを結ぶ総延長5000マイルを超える道路網や、カー・ダイク(英語版)のような溝渠を建設した。ローマ時代のブリテン島の総人口は50万人から150万人と諸説あり、正確な数はわからない。 5世紀になるとゲルマン人の侵入が始まりローマ帝国に混乱が広まった。ローマはブリタニアでの植民をあきらめて大陸へと引き返した。449年にアングロ・サクソン人がグレートブリテン島に侵入をはじめ、元々住んでいたケルト系住人はアングロ・サクソン人に征服され同化し、一部はコーンウォール、ウェールズ、スコットランドに押し出される形になった。ただしアングロ・サクソン系諸王国が形成されるまでのブリタニアには歴史記録が乏しく、正確なことはあまり分かっていない。

    ヘプターキー

    詳細は「七王国」を参照 グレートブリテン島に侵入したアングロ・サクソン人(アングル人・ジュート人・サクソン人)はノーサンブリア、マーシア、イーストアングリア、エセックス、ウェセックス、ケント、サセックスなどの7つの王国を建設し、覇権を争った。このイングランドに7つの王国が並立した829年までの380年間を七王国時代と言う。七王国時代の初めに有力だったのはアングル人の王国であった。そのため、ローマはこの地はアングル人の土地と言う意味でアングリア(Anglia)と呼んだ。このアングリアをアングロサクソン風に言うとイングランドとなる。8世紀には七王国のうちアングル人の王国マーシアにオファ王(在位:757年 - 796年)が登場し、イングランドに覇を唱えた。オファはフランク王国のシャルルマーニュと対等にわたり合い、西のウェールズとの境にオファの防塁(英語版)を築いた。七王国時代の最後に現れたのはサクソン人のウェセックスで829年にはウェセックス王のエグバートが統一を達成した。この時代の重要な考古学的遺跡は1939年に発掘されたサットン・フーで、イースト・アングリア王国の船葬墓である。

    ヴァイキングの侵入

    しかしこれと同時にデンマークのヴァイキングであるデーン人の侵入が活発になってきた。このデーン人の侵入に対抗してイングランドの中興を担ったのがアルフレッド大王である。しかしその後もデーン人の侵入は続き、1016年にはデンマークのクヌートによってアングロサクソンの王がイングランドから追い出され征服王朝であるデーン朝(北海帝国)が成立した。その後アングロサクソンによる王朝が復活したもの、デーンやドーバー海峡の対岸にあるノルマンディー公のイングランドに対する干渉はますます強くなってきた。

    ノルマン・コンクエスト

    こうした状況の中でエドワード懺悔王が嗣子のないまま死亡すると、その後王位についたエドワードの義弟ハロルド・ゴドウィンソンに対して1066年、ノルマンディー公ギョームとノルウェー王ハーラル3世がトスティを擁して異議を申し立て、ノルウェー軍はイングランドに侵入したが(スタンフォード・ブリッジの戦い)、ハロルドはこれを撃退した。ノルマンディー公軍に対してはヘイスティングズの戦いに敗れ、ハロルドは戦死した。ロンドンを占領したギヨームはウェストミンスター寺院においてイングランド王に即位し、イングランド王ウィリアム1世を名乗った。これによりアングロサクソンによる王統は途絶え、征服王朝としてノルマン朝が成立した。ノルマンディー公ギヨームによる一連のイングランド征服をノルマン・コンクエストと言う。 ノルマン朝は征服王朝であり、そのため国王の権限がはじめからかなり強かった。これはイングランドにおいてもっとも早く絶対王政が確立した原因のうちの一つになっている。ギヨームはイングランド王ウィリアム1世としてはフランス王と対等な王であるが、フランスにおけるノルマンディー大公ギヨームとしてはフランス王の臣下...

    イングランド王に即位したヘンリー・テューダーはヘンリー7世を名乗った。百年戦争とバラ戦争によってイングランド国内の貴族、騎士層は疲弊しており、相対的に王権は強まった。従って以降のテューダー朝の歴史はイングランドにおける絶対王政の時代でもある。貴族、騎士の代わりにイングランドの国政に影響力を持つようになったのは、王の側に官僚として仕える廷臣、そして大商人であった。

  4. イングランドは国際クリケット評議会(icc)のフルメンバーである。 クリケット・ワールドカップ は FIFAワールドカップ と 夏季オリンピック に次いで世界で3番目に視聴者数の多いスポーツイベントであり [84] 、自国開催の 2019年 大会では イングランド代表 が初優勝した [85] 。

  5. イングランドは国際クリケット評議会(icc)のフルメンバーである。 クリケット・ワールドカップ は FIFAワールドカップ と 夏季オリンピック に次いで世界で3番目に視聴者数の多いスポーツイベントであり [84] 、自国開催の 2019年 大会では イングランド代表 が初優勝した [85] 。

  1. Anuncios
    relacionados con: イングランド wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Find From Wikipedia You Need on Answersite. Compare Results Here!