Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: イングランド wikipedia
  1. イングランド - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イングランド

    イングランド(英: England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(英: country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。

    • 不明
    • エリザベス2世
    • 130,395 km 2 ( ???位 )
    • ボリス・ジョンソン
  2. England - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › England

    England is a country that is part of the United Kingdom. It shares land borders with Wales to its west and Scotland to its north. The Irish Sea lies northwest of England and the Celtic Sea to the southwest. England is separated from continental Europe by the North Sea to the east and the English Channel to the south.

    • +44
    • dd/mm/yyyy (AD)
  3. イギリス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イギリス

    イングランドは国際クリケット評議会(icc)のフルメンバーである。 クリケット・ワールドカップ は FIFAワールドカップ と 夏季オリンピック に次いで世界で3番目に視聴者数の多いスポーツイベントであり [84] 、自国開催の 2019年 大会では イングランド代表 が初優勝した [85] 。

    • 1.3%
    • 244,820 km 2 ( 76位 )
  4. イングランド王国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イングランド王国

    イングランド王国 (イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、 927年 の アングロ=サクソン七王国 の一つ ウェセックス 王国の王 アゼルスタン の イングランド 全土統一から、 1707年 の スコットランド王国 との 合同 まで存在した国家。

    • 1648年
    • 1066年
    • 1016年
    • 927年
  5. イングランドの歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イングランドの歴史
    • 古代
    • 中世
    • 近世
    • 関連項目

    ケルト人がイングランドに流入してきたのは紀元前7世紀頃と見られている。ケルト人は鉄器と共にヨーロッパにやって来ており、この遺物を調査することによって彼らがいつ頃グレートブリテン島にやって来たかが判る。しかしそれ以前にイングランドにも石器時代の存在は確認されており、ストーンヘンジなどの巨石による遺跡も残されている。これを建設した民族がどのような民族であったかはよく分かっていない。ケルト人は重量のある犂を使用して先史時代には手がつけられなかった土地を開墾し、紀元前1世紀にはブリテン島の総人口は25万人程度に達していた。 紀元前55年ローマのユリウス・カエサルが侵入、43年にはローマ皇帝クラウディウスによってグレートブリテン島の大部分が占領された。ただし、スコットランド、アイルランド地域にはローマの支配は及ばず、この地域のケルト人が度々イングランドに侵入してきたため、ローマ人によって現在のイングランドとスコットランドの境界付近に長城が建設された。ローマはこの地域をブリタンニアと呼んだ。これが現在のブリテン島の起源である。またブリタニア支配の拠点としてロンディニウムを建設した。これが現在のロンドンの起源となっている。又ローマ人は在地のケルト人をブリトン人と呼んだ。 ローマ人はブリテン島で痕跡が確認されているものだけでも約500か所のヴィラを営み、100か所のタウンを建設した。そして、それらを結ぶ総延長5000マイルを超える道路網や、カー・ダイク(英語版)のような溝渠を建設した。ローマ時代のブリテン島の総人口は50万人から150万人と諸説あり、正確な数はわからない。 5世紀になるとゲルマン人の侵入が始まりローマ帝国に混乱が広まった。ローマはブリタニアでの植民をあきらめて大陸へと引き返した。449年にアングロ・サクソン人がグレートブリテン島に侵入をはじめ、元々住んでいたケルト系住人はアングロ・サクソン人に征服され同化し、一部はコーンウォール、ウェールズ、スコットランドに押し出される形になった。ただしアングロ・サクソン系諸王国が形成されるまでのブリタニアには歴史記録が乏しく、正確なことはあまり分かっていない。

    ヘプターキー

    詳細は「七王国」を参照 グレートブリテン島に侵入したアングロ・サクソン人(アングル人・ジュート人・サクソン人)はノーサンブリア、マーシア、イーストアングリア、エセックス、ウェセックス、ケント、サセックスなどの7つの王国を建設し、覇権を争った。このイングランドに7つの王国が並立した829年までの380年間を七王国時代と言う。七王国時代の初めに有力だったのはアングル人の王国であった。そのため、ローマはこの地はアングル人の土地と言う意味でアングリア(Anglia)と呼んだ。このアングリアをアングロサクソン風に言うとイングランドとなる。8世紀には七王国のうちアングル人の王国マーシアにオファ王(在位:757年 - 796年)が登場し、イングランドに覇を唱えた。オファはフランク王国のシャルルマーニュと対等にわたり合い、西のウェールズとの境にオファの防塁(英語版)を築いた。七王国時代の最後に現れたのはサクソン人のウェセックスで829年にはウェセックス王のエグバートが統一を達成した。この時代の重要な考古学的遺跡は1939年に発掘されたサットン・フーで、イースト・アングリア王国の船葬墓である。

    ヴァイキングの侵入

    しかしこれと同時にデンマークのヴァイキングであるデーン人の侵入が活発になってきた。このデーン人の侵入に対抗してイングランドの中興を担ったのがアルフレッド大王である。しかしその後もデーン人の侵入は続き、1016年にはデンマークのクヌートによってアングロサクソンの王がイングランドから追い出され征服王朝であるデーン朝(北海帝国)が成立した。その後アングロサクソンによる王朝が復活したもの、デーンやドーバー海峡の対岸にあるノルマンディー公のイングランドに対する干渉はますます強くなってきた。

    ノルマン・コンクエスト

    こうした状況の中でエドワード懺悔王が嗣子のないまま死亡すると、その後王位についたエドワードの義弟ハロルド・ゴドウィンソンに対して1066年、ノルマンディー公ギョームとノルウェー王ハーラル3世がトスティを擁して異議を申し立て、ノルウェー軍はイングランドに侵入したが(スタンフォード・ブリッジの戦い)、ハロルドはこれを撃退した。ノルマンディー公軍に対してはヘイスティングズの戦いに敗れ、ハロルドは戦死した。ロンドンを占領したギヨームはウェストミンスター寺院においてイングランド王に即位し、イングランド王ウィリアム1世を名乗った。これによりアングロサクソンによる王統は途絶え、征服王朝としてノルマン朝が成立した。ノルマンディー公ギヨームによる一連のイングランド征服をノルマン・コンクエストと言う。 ノルマン朝は征服王朝であり、そのため国王の権限がはじめからかなり強かった。これはイングランドにおいてもっとも早く絶対王政が確立した原因のうちの一つになっている。ギヨームはイングランド王ウィリアム1世としてはフランス王と対等な王であるが、フランスにおけるノルマンディー大公ギヨームとしてはフランス王の臣下...

    イングランド王に即位したヘンリー・テューダーはヘンリー7世を名乗った。百年戦争とバラ戦争によってイングランド国内の貴族、騎士層は疲弊しており、相対的に王権は強まった。従って以降のテューダー朝の歴史はイングランドにおける絶対王政の時代でもある。貴族、騎士の代わりにイングランドの国政に影響力を持つようになったのは、王の側に官僚として仕える廷臣、そして大商人であった。

  6. イングランドの地理 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イングランドの地理
    • 気候
    • 地質
    • 主要な町と都市
    • 地形、山と丘陵
    • 人文地理

    イングランドは温帯であり、年間を通して豊富な降雨がある。季節は気温の点において移り変わりがとても大きいが、気温は30 °C (86 °F)をほとんど超えず、−5 °C (23 °F)をほとんど切らない。卓越風は南西から吹き、暖かく湿った空気を定期的に、大西洋からイングランドに運んでくる。東部が最も乾燥していて南部が最も暑く、またこの地域はヨーロッパ大陸に近い。降雪は冬と早春に起こりうるが、高地から離れたところではよく起こるわけではない。イングランドは、11月から2月にかけてのウェールズの最低気温と12月から2月にかけての北アイルランドの最高気温を超えていないことを除けば、年間を通して他の連合王国の国々の中で最高気温・最低気温がともに高い。イングランドはまた年間を通して最も晴れの日が多く、しかし他の連合王国の国々とは違い7月が最も晴れの日が多い月で、合計すると192.8時間である。 イングランドで記録された最高気温は2003年8月10日にケント州のファヴァシャムに近いブログデールで記録された38.5 °C (101.3 °F)で、最低気温は1982年1月10日にシュロプシャー近郊のエジモンドで記録された−26.1 °C (−15.0 °F)である。南西イングランドの気候はそれ以外のイングランドの地域に比べてかなり異なり且つ幾分暖かく、独自の気候を形成している。作物、花そして植物は他のイングランドや連合王国の国々よりもより早く育てられる。 イングランドは主にゾーン8に位置するが、ペナイン山脈とカンブリア山脈はより寒いゾーン7に位置し、西イングランド、アイルランド沿岸部、南海岸そしてロンドンはより暖かいゾーン9に位置している。とても小さい地域ではあるが、シリー諸島はイギリス諸島の中で最も暖かい10気候区(亜熱帯に近い)に位置している。

    イングランドの地質は主に堆積性である。最も新しい岩石は南東部にあり、北西方向に行くに従って古くなっていく。ティーズ川とエクス川を結ぶ線は、南東部のより新しく柔らかくそして低く位置している岩石と、北西部のより古く硬くそして概してより高い起伏部を分ける境界を示している。イングランドの地質はその地域の風景によって識別できる。例えばカンブリアやケント、ノーフォークはすべてとても異なった見た目をしている。北イングランドと西イングランドの地質は近隣のウェールズやスコットランドにある程度近めで、同時に南イングランドと東イングランドはより北フランス、ベルギー、そしてオランダの北海やイギリス海峡に渡ってある地質に並ぶ。 地理的特徴: 1. チェダー峡谷 - グレートブリテンで最も大きい峡谷 2. ジュラシック海岸 - ユネスコ 世界遺産 3. ソールズベリ平野 4. ティーズ川-エクス川線 5. ホイン・シル 6. ロンドン盆地 7. ハンプシャー盆地 8. ロンドン-ブラバント断層地塊 9. ダートムーア - 花崗岩の底盤上に岩山を形成しているイングランド南西部にある、連続した湿原の一つ。 10. リザードコンプレックス - 陸にある海洋性地殻の一部で古代のもの(すなわちオフィオライト)。 地理的資源: 1. 石炭 2. 北海油田 3. 砂礫 4. 陶土 5. 銅とスズ 6. 岩石 7. 北海ガス もう少し少ないが見られるものとしては 1. 地熱エネルギー 2. 陸上の石油

    ロンドンはイングランドで最も大きな都市地域で、世界で最も大きくかつ混雑した都市の一つである。他の、主に中央部・北部イングランドにある都市は相当の大きさで影響力を持つ。イングランドの最大規模の都市、もしくは都会地域のリストは議論されている。というのも普通の都市の意味は「連続的に建てられた都市区域」だが、これは特にイングランドにある行政区域がしばしば都市開発の限界に一致せず、多くの町や都市が何世紀も超えて複雑な都市の密集から成長してきたので、定義が難しいからである。 イングランドの中で最大規模の都市は以下に示すようである (アルファベット順): 1. バーミンガム 2. ブラッドフォード 3. ブリストル 4. コベントリー 5. ダービー 6. キングストン・アポン・ハル 7. リーズ 8. レスター 9. リバプール 10. ロンドン 11. マンチェスター 12. ミドルズブラ 13. ニューカッスルアポンタイン 14. ノーウィッチ 15. ノッティンガム 16. オックスフォード 17. ピーターバラ 18. プリマス 19. ポーツマス 20. シェフィールド 21. サウザンプトン 22. ストーク=オン=トレント 23. ウォルバーハンプトン

    イングランドは、一般的にブリテンの他の部分よりも低く平坦であるが、その形状によって主要な二つの部分、南と東とミッドランドの低地と、北と西のよりでこぼこがある高地にわかれる。イーストアングリアは、高い丘や山を持たず、フェンス、つまりイングランドの最も低い地域を占めている、イングランドの最も低い地域である。ノース・ウェスト・イングランドはイングランドの最も高い地域で、最高峰であるスカーフェルパイクを含む最も高い山々を含んでいる。 イングランドでは、山は公式に600メートル以上のものと決められており、大半が北イングランドにある。

    土地利用

    イングランドの総面積は129,720 km²である。耕作地休耕地も合わせると国土の30%を占め、牧草地は36%、他の農業地域は5%、森林は8%、そして市街地は21%を占める。

    近隣諸国

    イングランドは二つの国境を持つ。チェビオット丘陵に沿っている96kmのスコットランドの国境、そしておおよそオッフズダイクに沿った257kmに及ぶウェールズとの国境がある。西ではアイリッシュ海がイングランドとアイルランド、マン島を隔てていて、東では北海がイングランドをデンマーク、ドイツ、オランダそしてベルギーとを隔て、南ではイギリス海峡がイングランドをフランスとチャネル諸島から隔てる。

    経済地理

    イングランドはヨーロッパそして世界で一番の経済大国の一つであり国民一人当たりの GDP平均が22,907ポンドである。イングランドの経済は混合市場経済と呼ばれており、ヨーロッパのライン資本主義に反して、自由市場の理念を多く採用しているが、社会保障制度がよく発達している。イングランドの通貨はGBPとしても知られているポンドである。イングランドは独自の紙幣を印刷しており、ウェールズでも普及している。またイングランドの経済は、ブリテンの経済の大半を占めている。

  7. Category:Heritage railways in England - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Category:Heritage_railways

    Wikimedia Commons has media related to Heritage railways in England: Subcategories. This category has the following 39 subcategories, out of 39 total.

  8. サンドウィッチ (イングランド) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › サンドウィッチ
    • 歴史
    • ギャラリー
    • 姉妹都市
    • 出典

    サンドウィッチが五港になる前はウォンツァム河口にはストアー川の反対側ストナー(Stonar)に古代サクソン人の町があったが、14世紀までには姿を消した。近くのリッチバラ(英語版)は、紀元43年のローマのブリテン征服(英語版)でローマ軍が上陸したところであり、ローマ軍の要塞の遺跡がある。2008年の考古学の発掘調査でこの要塞は700メートルの海岸を防衛するためのものであることが証明された。 1028年、イングランド王クヌート1世は船の通行と使用料金徴収のため、カンタベリー大聖堂の聖職者に勅許状を付与した。イングランド王リチャード1世は神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世から釈放された後、1194年3月13日にサンドウィッチに上陸して英国に帰還している。1216年5月21日に第1次バロン戦争でフランスのルイ皇太子(ルイ8世)が上陸したのもサンドウィッチだった。同年8月のサンドウィッチの戦い(英語版)は沖合で発生した。 この町の「フィッシャー・ゲート」は1384年に建設された、中世から現存している門の一つであり、第一級イギリス指定建造物になっている。そのそばにあるバービカン(英語版)も14世紀の建造物で、ストアー川にかかる橋のたもとで料金所として使用されていた。 イングランドの不安定な平和の4年後の1457年8月28日、国王が領地を手放し、封建貴族たちが北と西の住民を支配するようになった。フランス軍はこの状況を利用してケントに攻撃部隊を送り込み、サンドウィッチの大部分を焼き払った。フランス元帥ピエール・ド・ブレゼ指揮下のオンフルールからの約4,000人の上陸部隊は、市長(英語版)ジョン・ドラリーを殺害する途中に町を略奪した。サンドウィッチ市長がこの事件を悼むために黒いローブを着ることは、今日まで続く伝統となった。 その後、1561年7月6日付のエリザベス1世の勅許状により居住権を得たフランドルからの移民によって町に多くの技術がもたらされた。サンドウィッチは16世紀中にイングランド人より「外国人」の人口の方が多いイングランドで唯一の町だった。歴史家のマルセル・バックハウスは、当時サンドウィッチには少なくとも2,400人のフランドル人と500人のワロン人の亡命者が住んでいたと推定している。 1660年には海軍司令官エドワード・モンタギューがこの町の名前に由来するサンドウィッチ伯...

    ストアー川のボート
    バービカン
    ギルドホール
    風車のホワイト・ミル
    アメリカ・マサチューセッツ州・サンドウィッチ
    フランス・オンフルール
    ベルギー・ロンセ(オランダ語版)
    ドイツ・ゾンスベック(ドイツ語版)
    ^ a b “Archived copy”. 2014年1月5日閲覧。[リンク切れ]
    ^ : "It had just closed up, and now it was preserved, two miles from the sea, in its own rich silt", as Paul Theroux remarked in The Kingdom by the Sea, 1983:33.
    ^ “Dig uncovers Roman invasion coast”. BBC News Online. (2008年10月2日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/kent/7648033.stm
    ^ “Roman invasion beach found in Kent: Archaeologists unearth landing point of legions – only now it's two miles from the coast”. The Independent. (2008年10月2日). https://www.independent.co.uk/news/u...
  9. Alexander England - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Alexander_England

    Alexander England is an Australian actor. He comes from Albury in New South Wales, where he attended Scots School Albury.. Lupita Nyong'o and Josh Gad starred opposite Alexander England in Australian zombie comedy-horror crossover Little Monsters.

  1. Anuncios
    relacionados con: イングランド wikipedia