Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 5.150.000 resultados de búsqueda
  1. Anuncios
    relacionados con: 国立大学 wikipedia
  2. 1 millón+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Find Info Answersite.com. Search Wikipedia Today!

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 国立大学国立大学 - Wikipedia

    国立大学の入学試験. 国立大学の一般入試は、通例「大学入学共通テスト」(2020年までは「大学入試センター試験」)(以下、共通テスト)の受験が必須で、5教科7科目(理系は英語・数学①②・国語・理科×2・地理歴史 公民×1、文系は英語・数学①②・国語・理科×1・地理歴史公民×2)という ...

  2. 国立大学一覧(こくりつだいがくいちらん)は、日本の国立大学の一覧。 ( )内は大学本部の所在地を表す(指定国立大学法人又は指定国立大学及び設置者についてはその表記も加える)。

    • 業務
    • 特徴
    • 指定国立大学法人
    • 法人統合
    • 法人化の問題点
    • その他
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    国立大学法人の業務の範囲は、国立大学法人法第二十二条により、次のように規定されている。 1. 国立大学を設置し、これを運営すること。 2. 学生に対し、修学、進路選択及び心身の健康等に関する相談その他の援助を行うこと。 3. 当該国立大学法人以外の者から委託を受け、又はこれと共同して行う研究の実施その他の当該国立大学法人以外の者との連携による教育研究活動を行うこと。 4. 公開講座の開設その他の学生以外の者に対する学習の機会を提供すること。 5. 当該国立大学における研究の成果を普及し、及びその活用を促進すること。 6. 当該国立大学における技術に関する研究の成果の活用を促進する事業であって政令で定めるものを実施する者に出資すること。 7. これらの業務に附帯する業務を行うこと。 ただし、「研究の成果の活用を促進する事業」に出資する際には、文部科学大臣の認可を受けなければならない。

    国立大学法人法には、業務の公共性、透明性及び自主性、評価および終了時の検討、財務および会計の三領域にまたがる独立行政法人通則法の多数の規定が準用される。すなわち、国立大学法人は独立行政法人の一形態であり、政府の施策においても国立大学法人は独立行政法人と同様に扱われている。2009年12月25日の閣議決定「独立行政法人の抜本的な見直しについて」では、全ての独立行政法人の全ての事務・事業について、聖域無く厳格な見直しを行い、見直しの結果、独立行政法人の廃止、民営化、移管等を行うこととされたが、国立大学法人もこの見直しの対象とされている。このほか、中期目標・計画とかかわりなく運営費交付金が定率削減されたり、評価結果とかかわりなく文部科学大臣が「組織及び業務全般の見直し」の方針について指示を下していることなどから、法人化以前に比べて、政府の統制は格段に強まっていると指摘される。国立大学法人法第三条において、「国は、この法律の運用に当たっては、国立大学及び大学共同利用機関における教育研究の特性に常に配慮しなければならない」とされているが、この条項は事実上、有名無実にされていると言ってよい。 法人化によって役員・職員は公務員ではなくなり、みなし公務員となった。そのため国家公務員法や人事院規則等の規定が適用されなくなり(非公務員化)、労働基準法、労働安全衛生法等に基づいて各国立大学法人が自主的に就業規則を定めることとなった。このことにより、例えば、国家公務員法等による兼業規制が緩和されたり、産学連携等を容易に行うことが可能となった。 職員(臨時的任用職員やポスドクを除く)の宿舎は、従来どおり国家公務員宿舎の文部科学省割り当てを利用する事が可能である。健康保険、年金保険については、文部科学省共済組合に加入する(臨時的任用職員やポスドクを除く)。しかし国家公務員でない事から雇用保険の加入が義務付けられた分、経済的負担は増加した(ただし退職時には失業等給付が受けられるようになった)。海外出張については、従来は公用旅券の発給が受けられたが、国立大学法人化以降は、政府(各省庁)や国際機関の依頼、もしくは旅費が支給される出張等に限定された。 また資源エネルギー庁によるエネルギー管理指定工場にも85法人が指定されている。

    2016年の第190回国会で、国立大学法人法が改正され、指定国立大学法人制度が制定された。指定を受ける国立大学法人は国立大学法人法の本文には盛り込まれず、文部科学大臣が指定する制度となっている。この点は同時期に制定され、法文内に機関が指定されている特定国立研究開発法人制度と異なる。 第3期中期目標期間(2016年度~2021年度)における申請要件は、「研究力」に関する2つの国内ランキング、「社会との連携」に関する3つの国内ランキング、「国際協働」に関する3つの国内ランキングが提示され、それら3つの領域において各々1つ以上が国内10位以内に位置している国立大学法人が申請できるとされた。結局、以下の7法人が申請したが、2017年6月30日には3法人のみが指定され、残る4法人は指定候補とされた。指定候補のうち2法人が再審査を申請し、2018年3月20日に追加指定された。その後、指定候補のうち1法人が再審査を申請し、2018年10月23日に追加指定された。2019年9月5日、残る指定候補も指定された。2020年10月15日には新たに2大学が指定された。2021年8月現在、旧帝国大学の内九州大学と北海道大学が指定国立大学法人にいまだ認定されていない。

    当初は国立大学法人法の制度上、国立大学法人は1つの国立大学しか運営できなかったが、2019年5月17日の通常国会で国立大学法人法の一部改正を規定した「学校教育法等の一部を改正する法律(令和元年5月24日法律第11号)」(文部科学省)の成立に伴い、下記の通り国立大学法人の統合が協議されている。 1. 2018年12月25日、名古屋大学と岐阜大学の国立2大学法人は、両法人を統合することについて、合意書を締結。2020年度にも「国立大学法人東海国立大学機構」を新設し、傘下に両大学が入ることで、経営の効率化と研究・教育分野の強化を目指すことが発表された。2020年4月1日、名古屋大学と岐阜大学の国立2大学法人を統合することを規定した「学校教育法等の一部を改正する法律(令和元年5月24日法律第11号)」が施行され、「国立大学法人東海国立大学機構」が設置された。 1. 2018年5月29日、小樽商科大学、帯広畜産大学、北見工業大学の国立3大学法人は、2022年4月に「国立大学法人北海道連合大学機構(仮称)」を新設し統合することについて、基本合意書を締結。その後、2020年3月4日に3大学が法人統合に関してまとめた中間報告により、新法人名を「国立大学法人北海道国立大学機構」とし、その本部を帯広市内に置くことが決まった。この統合のための法案は、奈良教育大学と奈良女子大学の統合と合わせ、2021年3月2日に「国立大学法人法の一部を改正する法律案」として閣議決定。この法案は2021年4月22日に衆議院で、5月14日に参議院で可決され、5月21日に法律第41号として公布された。施行は2022年4月1日。 1. 2018年7月27日、奈良教育大学と奈良女子大学の国立2大学法人は、2021年度に「国立大学法人奈良(仮称)」を新設し、統合することについて、合意書を締結。また、2021年3月2日に国立大学法人法の一部を改正する法律案」が閣議決定され、両大学を置く統合新法人を「国立大学法人奈良国立大学機構」とすることが決まった。法案の審議経緯、公布施行は上記、小樽商科大学、帯広畜産大学、北見工業大学の法人統合を参照。 1. 2019年3月29日、静岡大学と浜松医科大学の国立2大学法人は、2022年度に「国立大学法人静岡国立大学機構(仮称)」を新設すること、並びに新法人の傘下となる両大学を静岡...

    国立大学の法人化に際して国からの支援が縮小されることや、運営に国の干渉が強まることが懸念された。 平成27年に国立大学協会がまとめた国立大学法人の直面する問題点としては、運営費交付金、附属病院、施設整備費補助金、寄付金税制、競争的資金、制度・規制の6項目が取り上げられている。 運営費交付金が法人化後11年間で12%減少した一方、消費税、電気料金、電子ジャーナル料などで諸経費が高騰し、常勤教職員の減少、教員の多忙化による論文数の停滞、学長裁量経費の確保も困難となる悪影響が顕著に出たこと、私立大学とは異なる税制上の扱いのため、寄付金額が伸び悩んでいること、競争的資金の使い勝手の向上が必要といったことが示された。 佐和隆光は滋賀大学学長時に、科学・学術研究の国際競争力が低下したこと、運営費交付金が毎年1%減額されるために、教員人件費の徹底的な節約を実施したことにより、教育の質の低下が起きたこと、外部資金の獲得競争では東京大学の一人勝ちが続くなど、大学間格差が拡大したことを指摘している。 学研は2013年の報告で法人化後に、入試ではこれまで国立大学協会の決定が尊重されていたが、京都大学による後期入試を廃止、センター試験地歴・公民の選択科目での4単位科目の指定が一部大学に留まるなど入試の複雑化による混乱が生じたこと、将来的には国立大学の統廃合が避けられないことなどが報告された。 1. 研究費調達は各大学の自助努力が求められるようになったため、寄付を募るなど運営が私立大学に近いものになってきている。 1. 毎年政府から交付される運営費交付金は、毎年、前年度比1%削減という効率化係数が適用されて、漸減することとなっている(右のグラフも参照)。したがって、必要な人数の教員や職員を確保できない事態が発生している。これは、国立大学の特徴である少人数教育を年々困難にしつつある(例えば教職・学芸員科目以外における非常勤講師の一斉採用停止など)。このため大学によっては、特に文科系において教員が抜けた場合に補充が行われないという事態が起こり、大学カリキュラムに歪みが発生している。これに伴い、一部では専攻閉鎖等も危ぶまれている。 2. 法人化により一斉に新設された「理事」に、ほぼ例外なく文部科学省の職員が出向している。したがって、法人化は文科官僚のポジション増設になっているとの批判があるう...

    銀行振込の際の略称は「ダイ」とされている。
    国立大学法人に勤務する職員の数は、2010年度時点でおよそ65,000人である。
    法人化以降、職員の採用は全国において同日程で行われる一次試験の後、各地方ブロック毎に行われる。
    ^ “国立大学法人等の省エネ対策への取組について”. 文部科学省 (2009年5月). 2010年7月18日閲覧。
    ^ 指定国立大学(仮称)について2016年4月7日閲覧
    ^ 議案名「国立大学法人法の一部を改正する法律案」の審議経過情報
    • 概説
    • 沿革
    • 基礎データ
    • 学生生活
    • 大学関係者と組織
    • 対外関係
    • 企業からの評価

    大学全体

    横浜国立大学は、横浜経済専門学校(1923年創立の横浜高等商業学校を前身とする)、横浜工業専門学校(1920年創立の横浜高等工業学校を前身とする)、神奈川師範学校(1876年(明治9年)創立の横浜師範学校を前身とする)、神奈川青年師範学校の4つの旧制官立教育機関を母体として、1949年、新制国立大学として発足した大学である。前身の一つである横浜師範学校の沿革を含めると、1876年以来の140年以上の歴史を有する。学内には、横浜国立大学工学部の前身、横浜高等工業学校初代校長鈴木達治の功績を顕彰した「名教自然の碑」がそびえ立つ。また、国立大学で経営学部を設置しているのは本大学と神戸大学のみである。 新制としての発足以降、学部・大学院共に整備・改組が順次行われ、現在は5学部5研究科(連合学校教育学研究科を除く)を擁している。日本を代表する大都市の一つである横浜を基盤とし、学部増設に力点を置いた規模拡大路線をとらず、少数精鋭化と大学院教育研究の重点化を進めてきた。近年は国際研究拠点としての環境整備に力を入れている。

    略称

    「YNUユニバーシティ・アイデンティティ」(後述)では公式略称を「横浜国大」と「YNU」、呼称として使用できるものとして「横国(よここく)」を定めている。しかし、所在地の横浜市周辺では「国大(こくだい)」という呼称も使われている。これは、同じく横浜市に存在する「横浜市立大学」との対比から呼ぶようになったものである。

    大学名とその経緯

    日本の国立大学の中で唯一、大学名に「国立」の文字が入る。 横浜地区では当初、新制国立大学は名称を「横浜大学」とする予定で申請したが、旧制横浜市立経済専門学校および旧制の私立横浜専門学校も新制大学への改組にあたって同じ大学名を申請しており、名称に関しては三者間で協議を行うこととなった。この協議において、各校は「横浜大学」の名を使用しないことで意見の一致を見ることとなり、新制国立大学は「横浜国立大学」の名称を使用することに決定した。また、横浜市立経済専門学校の後身校は「横浜市立大学」、横浜専門学校の後身校は「神奈川大学」の名称を使用することとなった。

    年表

    1. 1876年- 横浜師範学校(後の神奈川師範学校)設置。 2. 1920年- 横浜高等工業学校(後の横浜工業専門学校)設置。 3. 1920年- 神奈川県立実業補習学校教員養成所(後の神奈川青年師範学校)設置。 4. 1923年- 横浜高等商業学校(後の横浜経済専門学校)設置。 5. 1949年- 横浜経済専門学校、横浜工業専門学校、神奈川師範学校、神奈川青年師範学校を母体として横浜国立大学が発足。学芸学部、経済学部、工学部を設置。 6. 1963年 - 大学院工学研究科(修士課程)設置。 7. 1966年- 学芸学部を教育学部に改称。 8. 1967年- 経済学部を改組し、経済学部と経営学部に分離。 9. 1972年- 大学院経済学研究科(修士課程)および経営学研究科(修士課程)設置。 10. 1974年 - 清水ケ丘、弘明寺、鎌倉などに分散していたキャンパスを統合し、程ヶ谷カントリー倶楽部移転跡地に常盤台キャンパスを設置。 11. 1979年- 工学部の常盤台キャンパス移転完了、大学院教育学研究科(修士課程)設置。 12. 1985年- 大学院工学研究科に博士課程を設置。...

    所在地

    1. 常盤台キャンパス(神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79番1号) 2. サテライトキャンパス 2.1. みなとみらいキャンパス(神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号 横浜ランドマークタワー18階1809室) 2.2. 弘明寺キャンパス(神奈川県横浜市南区大岡2丁目31番3号)

    象徴

    1. 校歌・学生歌 1.1. どちらも存在するが、現在入学式等の式典で歌われるのは主に学生歌「みはるかす」である。1956年に学生によって作詞、作曲された。 2. YNUユニバーシティ・アイデンティティ 2.1. 2010年に制定された「YNU」ブランドを国際的なものにするための宣言。この宣言を明確化するために「YNU University Identity Systems」が作成された。この中では既存の学章や「YNUシンボルマーク」に加え、「YNUロゴ」・「YNUスローガン」・「シンボルカラー」が定められている。 3. YNUシンボルマーク 3.1. 2007年に制定された。青地の円の上に白いカモメが書かれており、『青い空を自由に、力強く羽ばたくカモメは、地球の豊かな自然環境を育み、未来に向かって大きく、力強く飛翔する横浜国立大学の姿』を表現している。このマークが描かれた大学のオリジナルグッズも存在する。

    クラブ・サークル活動

    2019年11月1日現在、大学に団体届を提出している団体は体育会系サークル43団体、文化系サークル57団体の計100団体あり、それ以外のサークルも数多く存在している。相対的に見て、硬式テニスのサークルの割合が多い。また、横浜市立大学や神奈川大学、フェリス女学院大学などの近隣の大学とのインカレサークルも存在する。

    大学祭

    年2回、常盤台キャンパスで大学祭実行委員会によって行われ、5月の終わり頃に開かれるものを「清陵祭」(登録上は体育祭[要出典])、10月の終わり頃に開かれるものを「常盤祭」(登録上は大学祭[要出典])と呼ぶ。清陵祭は2日間、常盤祭は3日間開催である。なお、常盤祭ではミス・コンテストおよびミスター・コンテストが行われている。

    大学関係者一覧

    大学の教育、研究と直接的な関係はないが Youtubeで活動する在学生、卒業生が多いのが特徴。

    他大学との協定

    大学間交流協定 2020年5月1日時点、42ヶ国・地域、144大学・機関と大学間協定校を結んでいる。 部局間交流協定 2020年5月1日時点、33大学36部局と部局間交流協定を締結している。 1. 横浜市内大学間学術・教育交流協議会 1.1. 横浜市内に所在する13大学による協議会。単位互換事業や図書館コンソーシアム事業を実施している。 2. 神奈川県内大学間学術交流協定(大学院) 2.1. 神奈川県内に所在する21大学による、大学院における単位互換協定。 3. 放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができるなど多様な学習の機会が提供されている。

    大学以外との協力関係

    日本政策金融公庫との女性活躍などについての業務協力協定(2017年9月12日締結)で、39社・機関と各種分野での協定を結んでいる。

    人事担当者からの評価

    1. 2021年日本経済新聞社と日経HRが実施した、「企業の人事担当者からみたイメージ調査」(全上場企業と一部有力未上場企業4,850社の人事担当者を対象に、2019年4月から2021年3月までの間に採用した学生から見た大学のイメージなどを聞いた調査)において、横浜国立大学は、「全国総合」で788大学中、第6位にランキングされた。

    出世力

    1. ダイヤモンド社の2006年年9月23日発行のビジネス誌「週刊ダイヤモンド」94巻36号(通巻4147号)「出世できる大学」と題された特集の出世力ランキング(日本の全上場企業3,800社余の代表取締役を全調査)で、横浜国立大学は、2006年時点で存在する744大学中、第19位にランキングされた。 1. 『週刊エコノミスト』(2010年8月31日号)に掲載された、「卒業生数の割に役員・管理職の人数が多い度合い」で、横浜国立大学は、2010年時点で存在する全国の778大学中、第10位にランキングされた。

    • 学校曾用名
    • 学校领导
    • 大学现状
    • 学校院系
    • 外部链接

    彼尔姆大学在历史上曾多次更改校名: 1. 彼得格勒帝国大学彼尔姆分部(1916年10月——1917年五月) 2. 彼尔姆国立大学(1917年5月——1934年10月) 3. 高尔基彼尔姆国立大学(1934年10月——1940年3月) 4. 高尔基莫洛托夫国立大学(1940年3月——1957年10月) 5. 高尔基彼尔姆国立大学(1957年10月——1966年10月) 6. 高尔基彼尔姆劳动红旗勋章国立大学(1966年10月——1994年4月) 7. 彼尔姆国立大学(1994年4月——2002年10月) 8. 国家高等职业教育机构《彼尔姆国立大学》(2001年10月——2011年7月) 9. 国立联邦公立高等教育机构《彼尔姆国立民族研究大学》(2011年7月至今)

    1932年至1938年学校领导人称为«директор»,后称«ректор».在学校历史上共有20人担任过校长(亚历山大•伊里伊奇•布基廖夫两次担任过校长)。 1. 1.К. Д. Покровский (1916—1918) 教授,苏联科学院通讯院院士 2. 2.Н. В. Култашев (1918—1919),教授,化学学博士 3. 3.А. С. Безикович (1919),教授 4. 4.Н. П. Оттокар (1919—1921),教授 5. 5.А. А. Рихтер (1921—1923),教授,学者 6. 6.В. К. Шмидт (1923—1924),教授 7. 7.С. Н. Седых (1924—1927),讲师 8. 8.С. А. Стойчев (1927—1931),副教授 9. 9.З. И. Красильщик (1932—1933),讲师 10. 10.М. Н. Францевич (1933—1934),副教授 11. 11.Д. А. Кузьмин (1934—1935),副教授 12. 12.Г. К. Русаков (1935—1937),副教授 13. 13.М. И. Прохорова (1937—1940),副教授,生物学博士 14. 14.А. И. Букирев (1940—1941, 1946—1951),副教授,生物学副博士 15. 15.Р. В. Мерцлин (1941—1946),教授,化学学博士 16. 16.В. Ф. Тиунов (1951—1961),教授,经济学博士 17. 17.Ф. С. Горовой (1961—1970),教授,历史学博士 18. 18.В. П. Живописцев (1970—1987),教授,化学学博士 19. 19.В. В. Маланин (1987—2010),教授,技术科学博士 20. 20.И. Ю. Макарихин (с 2010),教授,物理数学博士

    现在彼尔姆大学有2个分校,12个系,77个教研室。学生总人数为11 432人(2010/2011学年),其中7607人是全日制学生。大学培养56个专业的约250人的高素质的研究生,和6个专业的博士生。学校有14个学位答辩委员会,其中包括11个博士学位答辩委员会。 学校共有教师团队1229人(2009年),其中包括164位博士和教授,480位副博士和副教授,甚至有三位学者,2位俄罗斯科学院通讯员院士,15位俄罗斯功勋科学工作者,10位俄罗斯高等院校功勋工作者。 彼尔姆国立大学和众多国外合作伙伴和国际机构有合作,在这个合作框架下,学校的教师和学生通过长期出差模式、和别的国家的学校或者国际机构的相互交换合作模式被派出国,同时别的大学的教师和学生也来彼尔姆交换合作。彼尔姆大学的合作学校有:英国牛津大学,法国大学中心的大学(艾克斯-马赛大学,波城大学,南锡大学等),美国的大学(路易维尔大学等),中欧和澳大利亚的大学。大学还和欧盟委员会、世界银行、下萨克森州的科技部文化部及其他机构有合作。

    2015年彼尔姆国立大学由下列院系组成: 1. 生物系 2. 地理系 3. 地质系 4. 历史政治系 5. 数学力学系 6. 外国语语言文学系 7. 物理系 8. 哲学科学系 9. 语言系 10. 化学系 11. 经济系 12. 法律系

    • 1916年10月14日
    • 1231 (2010-2011 学年)
    • Vivat Crescat Floreat(Пусть живёт, растёт, процветает), Классика будущего
    • 公立
    • 历史
    • 主楼
    • 教學單位
    • 著名校友
    • 参见
    • 外部連結

    1755年1月25日俄罗斯女皇帝伊莉莎白·彼得羅芙娜·羅曼諾娃下令建立莫斯科大学,同年4月26日该大学开始授课。至今为止在俄罗斯1月25日是大学生节。 一开始大学设立在红场边上的中心药店,叶卡捷琳娜大帝后来将它迁到Mokhovaya街另一侧的一座新古典式建筑中。 1905年在莫斯科大学建立了一个社会民主主义的组织,该组织呼吁推翻皇帝,建立一个共和国,此后俄罗斯帝国政府多次关闭莫斯科大学。1911年130名科学家和教授抗议军队入驻校园以及一些教授被殴打,上千名学生被开除。 1917年十月革命后大学开始接纳工农子弟。1919年开始免交学费,为了工人阶级子弟建立了一个预备系,来让他们能够通过入学考试。1940年大学改名来纪念其创立者米哈伊尔·瓦西里耶维奇·罗蒙诺索夫。2005年该校举行了隆重的莫大建立250周年庆,学校举行了各种庆祝活动以及邀请众多世界教育界名人到该校演讲。

    第二次世界大战后,苏联共产党总书记约瑟夫·斯大林下令在莫斯科市中心周围建造了被称为七姐妹的七座建筑。从1953年开始莫斯科大学的主楼位于其中最大的建筑中。大学主楼位于麻雀山(原名列宁山)。当时它也是欧洲最高的建筑,其中心塔高240米,共36层,周围有四个翼。据说其走廊共长33千米,包含5000多间房间。其顶部的红星包含一间小屋和一个展望台,重12吨。建筑的表面画有钟、气压表、温度计等巨大图案,饰有雕塑和镰刀锤子的图案。建筑前有著名俄罗斯学者的塑像。而这些雕像其中就包括莫大的创始人罗蒙诺索夫的,伫立于主楼正前方与图书馆相呼应的位置。

    維克多·安東諾維其·薩多夫尼基(英语:Садовничий, Виктор Антонович)(Садовничий, Виктор Антонович)
    • 1755年
    • 公立
    • 历史
    • 学术
    • 校友

    1957年,苏联在新西伯利亚城南建立苏联科学院西伯利亚分院(英语:Siberian Branch of the Russian Academy of Sciences)。科学院分院所在地建成了一个大型科研基地,被称为科学城(英语:Akademgorodok)。分院成立之后,一些科学家担忧分院后继乏人,提议在新西伯利亚创办一所大学,就地培训未来的科学家。另一方面,当时西伯利亚工业发展迅猛,在50年代末其煤炭产量占全苏联的75%,经济发展亦需要大量的基础科学人才。1958年1月,苏联部长会议决议建设新西伯利亚国立大学,隶属苏联科学院西伯利亚分院。同年,新西伯利亚国立大学开设预科课程。 1959年9月1日,新西伯利亚国立大学正式开学。建校时,学校共有学生310人,仅设自然科学系,有10个专业。学校借用第25中学的教学楼、图书馆、体育馆,此外还使用地质研究所、流体力学研究所的实验室。新西伯利亚国立大学自己的教学楼于1962年建成,主楼则在1963年建成。1963年,首批60名学生毕业,获得专家学位。经过数年的建设、发展,1965年时学校设6个系、46个专业,30名苏联科学院院士、通讯院士在校任教,学校的教员共有40名博士、教授和200名副博士、副教授,就读的本科生有3652名,研究生有94名。建校20年时,大学已向西伯利亚分院各研究所输送了约两千名毕业生,分院约500名研究人员在学校授课,大学与科学院的融合取得了成功。1982年的一项评比中,新西伯利亚国立大学排名苏联第二。苏联时代,新西伯利亚国立大学的政治氛围较其他地方宽松,学生们曾抗议華約入侵捷克斯洛伐克、声援金兹堡、加兰斯科夫等四位被捕的异议人士(英语:Trial of the Four)。 1992年,新西伯利亚大学在乌兰乌德建立分校。2009年,学校被俄罗斯联邦列为国家研究型大学。2013年,新西伯利亚国立大学等21所大学被列入5-100工程(英语:Project 5-100),这项计划的目标是使至少五所俄罗斯大学进入全球大学前一百名。

    新西伯利亚国立大学约有7,000名学生,教师约2,000名,80%的教师来自俄罗斯科学院西伯利亚分院。学校教师包括570位拥有博士学位的教授、880位副教授、73位俄罗斯科学院院士。学校有约1,400名留学生,来自40个国家。 新西伯利亚国立大学有6个系、3个学院,即物理系、自然科学系、经济系、力学和数学系、地质与地球物理系、信息技术系、医学与心理学学院、人文学院、哲学和法律学院,此外还设有专业教育科学中心、信息学高等学校。大学设85个专业、项目。新西伯利亚国立大学旨在培养数学、力学、物理学、化学、生物学、地质学、地球物理学、地球化学、信息学、计算机技术、经济控制论、历史学、哲学、社会学的研究人才。 2019年QS世界大学排名中,新西伯利亚国立大学排名全球第244名,金砖国家榜第12位,新兴欧洲与中亚地区第2名。2018年世界大学学术排名中,新西伯利亚国立大学的数学、物理学、化学、地球科学、化学工程、仪器仪表制造业、能源科学与机器工程、采矿科学与矿业工程八个专业被列入世界一流学科。

    新西伯利亚国立大学毕业生包括1位俄羅斯教育學院(俄语:Российская академия образования)院士、31位俄罗斯科学院院士、36位俄罗斯科学院通讯院士(英语:Corresponding member)。1994年菲爾茲獎得主叶菲姆·泽尔曼诺夫是新西伯利亚国立大学毕业生。维克托·弗拉基米罗维奇·哈里托宁(俄语:Харитонин, Виктор Владимирович)和叶戈尔·尼古拉耶维奇·库利科夫(Егор Николаевич Кульков)两名校友被《福布斯》杂志列为2016年俄罗斯200大富豪。

    • 1959
    • 约2,250
  1. Anuncios
    relacionados con: 国立大学 wikipedia
  2. 1 millón+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Find Info Answersite.com. Search Wikipedia Today!