Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 96 resultados de búsqueda
  1. ja.wikipedia.org › wiki › フランスフランス - Wikipedia

    フランス共和国 (フランスきょうわこく、 フランス語: République française 、通称: フランス 、 France )は、 西ヨーロッパ 、 カリブ 、 太平洋 および インド洋 に位置する 共和制 国家 。 首都は パリ 。 フランス・メトロポリテーヌ (本土)は 地中海 から イギリス海峡 及び 北海 へ、 ライン川 から 大西洋 へと広がる。 この他世界各地に 海外地域および領土 を有する。 なお、フランス・メトロポリテーヌ周辺は北東が ドイツ と ベルギー と ルクセンブルク 、東を スイス と イタリア 、南に スペイン と 国境 を接している。 目次 1 概要 2 国名 3 歴史 3.1 ローマ帝国の支配 3.2 フランク王国とフランスの成立 3.3 絶対王政

    • 0.2%
    • 551,500 km 2 ( 51位 )
  2. フランスの歴史 (フランスのれきし、 フランス語: Histoire de France )では、現在の フランス共和国 の領土を構成する 西ヨーロッパ の領域の歴史を取り扱う。 有史以前、古代 ローマ帝国 による支配、中世の フランク王国 の建国と分裂、そして フランス王国 の成立と発展から フランス革命 以降より現在の第5共和政に至る歴史である。 目次 1 先史時代 2 ガリア 3 フランク王国 3.1 メロヴィング朝 3.2 カロリング朝 3.3 ヴェルダン条約とメルセン条約による帝国の分割 4 カペー朝 4.1 十字軍の時代と王たち 4.2 アヴィニョン捕囚 5 ヴァロワ朝 5.1 百年戦争 5.2 宗教改革 6 ブルボン朝 6.1 ブルボン朝の成立と発展

    • 歴史
    • サリカ法
    • 領土
    • 国民的宗教
    • 戴冠
    • 関連項目

    カロリング朝

    フランス王国は、かつては西フランク王国と呼ばれていた。現在では、カロリング朝時代の西フランク王国のみを指して西フランク王国と呼び、カペー朝以降の西フランク王国をフランス王国と呼び分けることが多い。カロリング朝の下における西フランク王国については、西フランク王国を参照。

    カペー朝

    カロリング朝が断絶したあと、987年に西フランク王ロベール1世(ロベール家)の孫にあたるパリ伯ユーグ・カペーが西フランク王に選ばれ、カペー朝(987年 - 1328年)が成立した。成立当初は権力基盤が非常に弱くパリ周辺のイル=ド=フランスを押さえるのみであったが、フィリップ2世やフィリップ4世の時代に王権を拡大させ、イングランドやローマ教皇の勢力に対しても優位に立った。1328年まで14代の王が続き、またブルボン朝に至るまでフランス王国の歴代の王朝はみなカペー家の分族から出た。

    ヴァロワ朝

    カペー朝断絶後、カペー家の支流ヴァロワ家からフィリップが即位し、ヴァロワ朝(1328年 - 1589年)が始まった。初期には1339年に勃発した百年戦争に苦しんだが、この戦争を通じて英仏両国で国民意識が形成された。後期にはイタリアへと領土的野心を向け、1494年からイタリア戦争を開始したが、ハプスブルク家によって挟撃され敗北した。1589年までの間に13代の王が続いた。なお、ルイ12世以降をヴァロワ=オルレアン朝、フランソワ1世以降をヴァロワ=アングレーム朝とも呼ぶ。

    フランス王国においては、他家(特にプランタジネット家)の干渉を恐れて、サリカ法を根拠として女系を含む女性の王位継承権を廃止したため、フランス歴代国王はすべてユーグ・カペーの男系子孫の男王である。ヨーロッパでは一般に、女系での王位継承や女王が珍しくなく、フランス王国の特徴をなしている。 フランスの王党派は今なお、王政復古への望みを繋いでいるが、ブルボン家の支流のうちオルレアン家を支持するオルレアニスト(オルレアン派)と、現在ではスペイン・ブルボン家を支持するレジティミスト(正統派)の2派が対立している。

    フランス王国は領土の拡張が激しい時代であった。 13世紀以前のフランス王国のごく一部だけがフランク王の支配下にあったとされている。 北部では、ノルマンディー公国の形成につながる海賊の侵入があった。西部では、12世紀にイングランド王国を含むアンジュー帝国を設立したことにより、アンジュー帝国の君主はヨーロッパで最も強力な権力者としての地位を確立していた。その結果、アンジュー帝国とフランスのカペー家王の間のフランスの分割は百年戦争につながり、フランスは15世紀半ばまでにのみこれらの領土の支配権を取り戻した。

    フランス王国の宗教は時代によって、入れ替わったとされている。建国以来、長期間信仰されたのはローマカトリックが主流な宗教であった。987年から1682年3月19日、1801年7月15日とされている。 一部の国民はガリカニスム教会を1682年から1794年3月まで、その後は聖職者民事基本法の宗教は1791年から1801年までとされる。その後は、ユダヤ教などが信仰されたとされる。

    フランス王の戴冠は代々ランスで行われた。ランスはフランク王クロヴィスの洗礼の地であり、フランス王はその王権の根拠を、ランスに保管されている聖油による聖別を受けてクロヴィスの後継者となることに求めたためである。 その背景には、中世ドイツにおいて東フランク王国のオットー大帝がローマ皇帝として戴冠して以降、西フランク王(フランス王)がローマ教皇にローマ皇帝冠を受けてローマ皇帝としてカール大帝の後継者となるという方法が使えなくなったという事情がある。百年戦争の混乱の中でシャルル7世は、イングランドからランスを奪還するまで戴冠できなかった。

  3. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 フランス の歴史年表 (フランスのれきしねんひょう)は、フランスおよびその前身で起きた重要な事件を記す。 これらの事件の背景については フランスの歴史 を参照。 また フランス君主一覧 、 フランスの大統領 も参照。 目次 1 3世紀 2 5世紀 3 6世紀 4 7世紀 5 8世紀 6 9世紀 7 10世紀 8 11世紀 9 12世紀 10 13世紀 11 14世紀 12 15世紀 13 16世紀 14 17世紀 15 18世紀 16 19世紀 17 20世紀 18 21世紀 19 脚注 3世紀 [ 編集] 5世紀 [ 編集] 6世紀 [ 編集] 7世紀 [ 編集] 8世紀 [ 編集] 9世紀 [ 編集] 10世紀 [ 編集]

  4. フランス語版ウィキペディア (フランスごばんウィキペディア、 フランス語: Wikipédia en français )とは、 フランス語 により記事が執筆される ウィキペディア である。 2001年 8月 に開始し、 2019年 3月現在の記事数は約208万件。 英語版 、 セブアノ語版 、 スウェーデン語版 、 ドイツ語版 に次いで、5番目に記事数の多いウィキペディアである 。 2019年3月13日現在、管理者数は157人。 フランス語版ウィキペディアには、 フランス の市町村( コミューン )の記事が多く存在する。 コミューンの記事は DasBot という ボット によって作成され、フランスのすべてのコミューンが網羅される途上にある。

  5. フランス革命も明治維新も市民革命である。「領主の権力からブルジョアジーの権力へ」これが市民革命の定理である 。 どちらも財政問題が基本的原因になった。フランスの宮廷貴族は巨額の国家資金を様々な名目で手に入れ、財政破綻を引き起こした。

  6. フランスを代表するワインは、コチラ! 《ラフィット渾身の1本》として絶大な人気を誇る、この紅白ワインです! 漫画『神の雫』でも、《みやびちゃん》が… ★『どっちも売価が千円台の半ばなのよ!