Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: ロンドン wikipedia
  1. ロンドン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ロンドン

    ロンドン( London [ˈ l ʌ n d ə n] (音声ファイル) (ランドン))は、イギリスおよびこれを構成するイングランドの首都。ロンドン市と29のロンドン特別区(英語: London Borough 。ウェストミンスター市を含む。)、3つの王立区から成る。

  2. London - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › London

    London was the world's largest city from c. 1831 to 1925, with a population density of 325 people per hectare. London's overcrowded conditions led to cholera epidemics, claiming 14,000 lives in 1848, and 6,000 in 1866. Rising traffic congestion led to the creation of the world's first local urban rail network.

    • 11 m (36 ft)
    • England
  3. グレーター・ロンドン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › グレーター・ロンドン

    ロンドン (London) という語は通常グレーター・ロンドンまたはその都市圏を指すが、(それほど頻繁ではないものの)古くて小さなシティ・オブ・ロンドン(ロンドン市)を指すことがある 。

  4. ロンドン (曖昧さ回避) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › London

    ロンドン(London [ˈlʌndən] ) 地名. ロンドン - イギリスおよびイングランドの首都。 シティ・オブ・ロンドン - ロンドンの最も古くからの市域。古くはロンドンとはこの地区のみを指した。 グレーター・ロンドン - ロンドン地域を治める行政区。

  5. イギリス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › イギリス

    イングランドの首都ロンドンは、ヨーロッパ第2の規模の都市的地域及びユーロスタットによれば欧州連合最大の約1,400万人の人口を有する都市圏であり、重要な世界都市及び金融センターである 。

    • 1.3%
    • 244,820 km 2 ( 76位 )
  6. ロンドンの歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ロンドンの歴史

    本項ではロンドンの歴史(英語: History of London)について解説する。イギリスおよびこれを構成するイングランドの首都であるロンドンの歴史は、およそ2,000年に及ぶ。 2000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が、都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)にあたる地域にあった。現在シティの ...

  7. ナショナル・ギャラリー (ロンドン) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ナショナル
    • 歴史
    • ギャラリー
    • 絵画修復と作者の特定を巡る論争
    • 著名なコレクション
    • 参考文献
    • 外部リンク

    設立までの経緯

    18世紀後半のヨーロッパでは美術品の王室、貴族コレクションの国有化が進んでいた。現在のアルテ・ピナコテークの基礎となったバイエルン王室コレクションは1779年に、ウフィツィ美術館の基礎となったフィレンツェのメディチ家の歴代コレクションは1789年ごろに一般公開されている。フランス王室コレクションも1793年に一般公開されルーブル美術館として現在に至っている。しかしながら当時のグレートブリテン王国ではヨーロッパ大陸におけるこのような潮流とは無関係であり、現在でもイギリスの王室コレクションは王室の私的所有物となっている。1777年にイギリス政府は、世界的な評価が高かったコレクションを購入する機会を得た。イギリス初代首相を務めたロバート・ウォルポールの子孫がウォルポールの美術コレクションを売りに出したのである。当時のイギリス市長で庶民院議員ジョン・ウィルクスはイギリス政府に、この「貴重な宝物」を購入するよう強く求め「大英博物館の広大な庭園に気品あふれるギャラリーを建てて」収蔵することを提案した。しかしウィルクスの主張は通ることなく、ウォルポールのコレクションは20年後にロシア女帝エカチ...

    設立と初期

    1824年5月10日に、アンガースタインが以前所有していたロンドンのペルメル街100番のタウンハウスにナショナル・ギャラリーが開館した。1826年にボーモントがナショナル・ギャラリーに寄贈を申し出ていた絵画コレクションが、続いて1831年には著名な画商で美術品収集家でもあったウィリアム・ホルウェル・カー (en:William Holwell Carr) が遺贈した35点の絵画が収蔵された。開館当初の絵画管理は画商で画家でもあったウィリアム・セギエ (en:William Seguier) 一人が担い、同時にギャラリー全体にも責任を負わされていたが、1824年7月に新しく評議員会が結成され、役割と責任が分担されることとなった。 ペルメル街のナショナル・ギャラリーは常に入場客であふれており、人いきれで蒸し暑く、パリのルーブル美術館などに比べて建物の規模が小さかったこともあって、国を代表する美術館としては相応しくないのではないかという世論が高まった。しかしナショナル・ギャラリーの評議員に就任していたエイガー=エリスは、ロンドン中心部のペルメル街という場所が美術館の存在意義に正しく合致...

    歴代館長による発展

    15世紀から16世紀にかけては、イタリア絵画がコレクションの中心だった。開設以来最初の30年間にわたり、絵画収集の権限を持っていた評議委員会が購入したのは盛期ルネサンスの画家たちの作品がほとんどだったためである。この評議員会の保守的な嗜好が貴重な絵画の購入機会を逃すことにもつながり、後にナショナル・ギャラリーが1847年から1850年は1点の絵画も購入できなくなるという混乱の原因にもなっている。これらの事態を憂慮した1851年の庶民院のレポートでは、評議員会を上回る権能を持った館長職の設置が求められた。識者の多くは、以前ナショナル・ギャラリーの照明やコレクションの展示方法について顧問の役割を果たした、ドイツ人美術史家のグスタフ・フリードリヒ・ワーゲン (en:Gustav Friedrich Waagen) が館長として着任するのではないかと考えていた。しかしながらヴィクトリア女王、その王配アルバート、首相ジョン・ラッセルらに、ギャラリーでの絵画管理の仕事ぶりを認められていた画家チャールズ・ロック・イーストレイク (en:Charles Lock Eastlake) が館長に任命...

    ウィリアム・ウィルキンスの設計

    チャリング・クロス王室厩舎跡の広場(後のトラファルガー広場)にナショナル・ギャラリーを建設するというアイディアは、当時の摂政王太子で後の国王ジョージ4世から、王室厩舎跡を再開発するコンペティションへの参加を命じられたジョン・ナッシュから来ている。当時広場の中心部にはパルテノン神殿を模したロイヤル・アカデミー・オブ・アーツが建てられていた。景気後退によってこのときの構想は挫折したが、コンペティション自体は1831年まで継続されており、ナッシュはチャールズ・ロバート・コックレル (en:Charles Robert Cockerell) を副建築士とした設計書を提出した。しかしながら当時のナッシュの名声は低下しており、ナショナル・ギャラリーの設計は、ウィリアム・ウィルキンス (en:William Wilkins (architect)) に任せられることになる。ウィルキンスは建設用地の選定に関与しており、コンペティションの最後に数枚のドローイングを提出した建築家だった。ウィルキンスは「歴史的な絵画を通じて次代の芸術家を育てる美術の神殿」を建てたいと考えていたが、極度の資金不足と妥協...

    ペネソーン、バリー、テイラーによるギャラリーの増築

    ナショナル・ギャラリーが最初に増改築されたのは1860年から1861年にかけてで、建築家ジェームズ・ペネソーン (en:James Pennethorne) による改築だった。ウィルキンスの設計よりも凝った装飾がなされたが、改築前のエントランス・ホールに比べ、窮屈感はよりいっそう悪化してしまっている。当然、ギャラリーを完全に建て替える(1853年のチャールズ・バリー (en:Charles Barry))、環境のいいケンジントンの収容能力の高い施設にギャラリーを移設するなどといった提案もあった。1867年にチャールズ・バリーの息子の建築家エドワード・ミドルトン・バリー (en:Edward Middleton Barry) が、4つのドームを持つ大規模な古典的建物にギャラリーを建て直すという設計案を出した。しかしこの構想は受け入れられず、当時の評論家にその外観は「セント・ポール大聖堂のデザインからの盗用」として非難されている。 しかしながら、ギャラリーのすぐ背後にあった救貧院が取り壊されることになり、ギャラリーを増築する建設用地に余裕が生まれた。そして、バリーが1872年から18...

    20世紀の近代化と修築

    ギャラリー西側への増改築も徐々に行われていたが、バリーが東側に増築したギャラリーのデザインを踏襲し、全体としての統一性を持たせることを主目的としていた。バリーのデザインと同様にエントランスの戸枠には暗色の大理石が使用され、内装もバリー・ルームと整合性が取れるように増築されている。古典的様式は引き続きギャラリーの増改築に使用されており、1920年代にも画商ジョゼフ・デュヴィーン (en:Joseph Duveen, 1st Baron Duveen) の寄付によって、ボザール様式のギャラリーが増築されている。しかしながら、ヴィクトリア朝への過度な感傷に対する反発が、ギャラリー内部でも高まってきた。1928年から1952年にかけてテイラーが設計したエントランス・ホールの床が、ブルームズベリー・グループと親しかったロシア人芸術家ポリス・アンレプ (en:Boris Anrep) が制作したモザイクで敷き替えられている。これはアルバート記念碑に施された凝ったパルナッソス・フリーズ (en:Frieze of Parnassus) に代表されるような、公衆の建築物の装飾における19世紀の伝...

    建物に関するものを除いて、ナショナル・ギャラリーに対してもっとも長く続いている批判は絵画の保管方針である。とくに絵画の修復時に過度なまでに手を入れているという非難が多い。ナショナル・ギャラリーが最初に絵画修復を手がけたのは、イーストレイクが絵画管理者に任命された後の1844年だった。このときに修復対象となったのはルーベンス、アルベルト・カイプ、ベラスケスの絵画で、修復後の1846年に公開されたが、マスコミから大きな批判を浴びている。もっとも激しくナショナル・ギャラリーを攻撃したのは『タイムズ』誌に連載を持っていたJ・モリス・ムーアで、「Verax」というペンネームを用いてナショナル・ギャラリーの絵画修復が粗雑すぎると激しく批判した。1853年には議会の小委員会が開かれ、ナショナル・ギャラリーの修復手法に問題がなかったどうかの調査が行われている。 ナショナル・ギャラリーの絵画保管について、第二次世界大戦集結直後に大きな議論が巻き起こった。主任修復家ヘルムート・ルヘマンが、第二次世界大戦中に絵画が保管されていた採石場での管理が適切だったかどうかについて疑義を呈したのである。そしてルヘマンによる戦火の汚れを洗浄修復された絵画が1946年に再公開されているが、大戦前に公開されていたときの絵画とは状態が異なっているのではないかという声が上がった。主な批判点は絵画を覆っていたワニスの除去に対するもので、このワニスは19世紀に絵画表面を保護する目的で塗布されたものだったが、経年変化で黄ばみ、オリジナルの彩色を見えなくしてしまっていた。しかしワニスを除去したことによって全体の調和が損なわれ、画家たちが自身の作品に与えていた艶までも除去されてしまったと批判された。ヘルムートの修復手法に対しての異議を主導したのはロンドン大学の付属機関ヴァールブルク研究所教授の美術史家エルンスト・ゴンブリッチで、後にナショナル・ギャラリーからの書簡がいかに攻撃的で傲慢なものだったのかを暴露した。 ナショナル・ギャラリーは、絵画の作者特定の点でも批判されている。1939年に当時の館長ケネス・クラークは、ギャラリーが所蔵する作者不明の一連のヴェネツィア派絵画を、その作品数の希少性で大衆の関心を集めていたルネサンス期イタリア人画家ジョルジョーネの作品であるとした。しかしこの作者特定は誤っており、クラーク...

    Barker, Felix; Hyde, Ralph (1982), London As It Might Have Been, London: John Murray
    Bomford, David (1997), Conservation of Paintings, London: National Gallery Company
    Bosman, Suzanne (2008), The National Gallery in Wartime, London: National Gallery Company
    Conlin, Jonathan (2006), The Nation's Mantelpiece: A History of the National Gal lery, London: Pallas Athene
    • 6,262,839人(2016年), 世界第4位
    • ニコラス・ペニー
    • 1824年
    • 美術
  8. Tramlink - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › London_Tramlink

    Tramlink, previously Croydon Tramlink, is a light rail tram system serving Croydon and surrounding areas in South London, England. It began operation in 2000, the first tram system in London since 1952. It is owned by London Trams, part of Transport for London (TfL), and has been operated by FirstGroup since 2017.

    • Tramlink Depot, Coomber Way, Croydon, CR0 4TQ
    • South London
  9. Julie London - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Julie_London

    Julie London (née Peck; September 26, 1926 – October 18, 2000) was an American singer and actress whose career spanned more than 40 years.A torch singer noted for her sultry, languid contralto vocals, London recorded over thirty albums of pop and jazz standards between 1955 and 1969.

  1. Anuncios
    relacionados con: ロンドン wikipedia