Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 28 resultados de búsqueda
  1. Anuncio
    relacionado con: 1851 wikipedia
  2. 10,000+ usuarios visitaron casniepi.com el mes pasado

    World news, daily news, politics, business, tech... Do you know all about Wikipedia?

  1. Первые два спутника — Титанию и Оберон — открыл Уильям Гершель в 1787 году. Ещё два шарообразных спутника ( Ариэль и Умбриэль) обнаружил в 1851 году Уильям Лассел. В 1948 году Джерард Койпер открыл Миранду. Остальные спутники были открыты после 1985 года, во время миссии « Вояджера-2 » или с помощью сильных наземных телескопов. Содержание

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 軌間軌間 - Wikipedia

    • 定義
    • 歴史
    • 軌間の広狭による性質
    • 軌間と直通運転
    • 軌間狂い
    • 軌間の種類
    • 参考文献
    • 外部リンク

    軌間の正確な定義には、レールの頭部上面から一定の長さだけ下がった位置での左右のレール内側面の距離とするものと、上面から一定の範囲内でのレール内面の最短距離とするものがあり、国や地域などによって若干の差異がある。 1. 日本 - レール上面から鉛直方向に16mm以内の最短内面距離。 2. アメリカ合衆国(アメリカ鉄道技術協会) - レール上面から15.1mm(5/8インチ)下がった位置での内面距離。 3. スペイン - レール上面から14.5mm(±5mm)下の位置での内面距離。 19世紀後半のフランスとイタリアでは、レール中心の間隔を基準として定めていた。この場合軌間はレールの幅によって変わってしまうことになる。

    標準軌の起源とゲージ戦争

    現代において標準軌とされる4フィート8.5インチ軌間の起源は、イングランド北東部のキリングワース(英語版)炭鉱の馬車鉄道で用いられていた4フィート8インチ軌間である。なおキリングワースの車輪間隔の起源をさらに古代ローマの馬車にまで遡ることができるとする説もあったが後に否定されている。1814年、ジョージ・スティーヴンソンがこの炭鉱鉄道のために蒸気機関車を製造した。スティーブンソンはその後他の炭鉱向けにも機関車を製造し、1823年にはロバート・スチーブンソン・アンド・カンパニーを設立したが、ここで製造された機関車も同じ軌間で設計されていた。スティーブンソンは、各地の鉄道で同じ軌間を使ったほうが機関車や諸設備の量産に都合がよく、また将来これらの鉄道が相互に接続された時にも便利であると考えていた。1825年にストックトン・アンド・ダーリントン鉄道で公共用の鉄道として初めて蒸気機関車が使われ、1830年には世界初の蒸気機関車による旅客用鉄道であるリバプール・アンド・マンチェスター鉄道が開業した。これらの鉄道でもスティーブンソンの機関車が用いられた。ただし、軌間はこの途中のいずれかの段階で...

    標準軌と広軌の普及

    大陸ヨーロッパではイギリスと比べ鉄道の建設や運営に政府の関与が強く、軌間の選択に関しても最初に政府が決定した例が多い。このとき最も多く選ばれたのはスティーヴンソンの1435mm軌間であるが、オランダ、バーデン大公国、ロシア帝国、スペイン、ポルトガルの各国ではそれぞれ広軌(5~6フィート前後)が採用された。これは広軌のほうが技術的には優れているという見解に基づくものであった。オランダとバーデンでは後に周辺国に合わせて1435mmに改軌したが、ロシアとイベリア半島の軌間はそのまま現代に至っている。 アメリカ合衆国では、1830年代から40年代にかけて、民間の鉄道会社により多くの鉄道が開業した。これらの鉄道は、港と内陸を結ぶことが主目的で相互の接続が軽視されたこともあり、4フィート8 1/2インチの他にも様々な広軌が採用された。これが1860年代頃までには、北東部では4フィート8.5インチ、南部では5フィート、ニュージャージー州とオハイオ州では4フィート10インチのように地域的に統合され、さらに1863年に大陸横断鉄道の軌間が4フィート8 1/2インチとされたことがきっかけとなって、全...

    狭軌鉄道の流行

    馬車由来の軌間より意図的に狭い軌間を使った初期の例としては、1836年開業のウェールズのフェステニオグ鉄道の1フィート11 1/2インチ(597mm)がある。ただし当時はこうした狭軌鉄道では蒸気機関車を用いることはできなかった。 1860年ごろからは、狭軌でも実用的な蒸気機関車が製造可能になった。ノルウェーのカール・アブラハム・ピルは、同国西部での鉄道の建設にあたり、3フィート6インチ(1067mm)軌間がコストと能力のバランスのとれた理想的な軌間であるとした。ピルはイギリスで技術教育を受けており、その見解はチャールズ・フォックス(英語版)をはじめとするイギリスの技術者たちにも支持された。さらに1865年ごろからは、フェステニオグ鉄道の技術者チャールズ・イーストン・スプーナー(英語版)やイギリス商務省のヘンリー・タイラーらによって、3フィート(914mm)や2フィート6インチ(762mm)の軽便鉄道のアイデアが提唱された。スプーナーらは、従来の標準軌や広軌の鉄道は無駄が多く、狭軌の軽便鉄道こそが将来の鉄道にふさわしいと主張した。 1860年代後半から1880年代にかけては、フォッ...

    一般的に、軌間が広いほど輸送力や最高速度など鉄道の能力は高まり、逆に狭いほど建設費は安くなるとされる。ただしこれらには様々な要因があり、単純に軌間のみで決まるわけではない。また時代によりその評価は変わっており、論拠の一部は特定の時代の技術に依存したものである。

    直通の可否

    一般に鉄道車両は特定の軌間に合わせて製造されている。車輪の内側にはフランジがあるため、両側の車輪のフランジの間隔より狭い軌間の線路に乗り入れることは不可能である。また軌間が大きすぎる場合にも脱線してしまう。 しかし、車輪にもレールにもある程度の幅があるため、軌間の1%程度の差異であれば直通運転にはほとんど支障がない。フィート・インチからメートル法へ単位系の切り替えの際の考え方の違いなどで、1067mmと1065mm、1524mmと1520mmのような数ミリメートル異なる軌間が存在するが、これらは実用上は同一軌間とみなしうる。19世紀のアメリカ合衆国では、4フィート8.5インチ(1435mm)軌間用の車両がそのまま4フィート10インチ(1475mm)軌間の鉄道に乗り入れていた例もある。この場合、脱線の危険が増すものの、当時の安全水準からはそれほど問題とはされなかった。

    軌道は列車が走行するたびに少しずつ変形してしまう。これを軌道狂いといい、このうち軌間の所定の値(ただし曲線部では所定の軌間とスラックの和)からのずれを軌間狂いという。狂いが大きくなると乗り心地が悪くなり、さらに大きくなると脱線の危険も高まる。このため定期的に検測と保守作業を行ない、狂いが一定の範囲内に収まるようにしている。 手動による軌間狂いの検測には、軌間ゲージという器具が用いられる。また軌道検測車により走行しながら検測を行なうこともできる。 JR在来線の場合、軌間狂いの整備目標値[注釈 13]は+6mmから-4mm(高速軌道検測車による動的値の場合は+10mmから-5mm)である。ただし分岐器のクロッシング部では、狂いが大きいと異線進入のおそれがあるため、+5mmから-3mmとされている...

    標準軌

    標準軌(国際標準軌、スティーヴンソン軌間)は、1,435 mm(4 ft 8.5 in)で、ヨーロッパ(一部を除く)、北アメリカ、東アジアの大陸部などで広く用いられている。ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道やリバプール・アンド・マンチェスター鉄道といった初期の鉄道で用いられたことがきっかけとなり、世界的に普及した。 ただし1435mm以外の軌間が主流となっている地域では、その軌間のことを「標準軌」と呼ぶことがある。たとえば日本においては1067mmが圧倒的多数を占める。そのため、古い資料では「1435mm=広軌、1067mm=標準軌」と記されているケースもあり、注意が必要である。この場合、京王線、函館市電などが採用する1372mmは広軌の扱いを受けることが多い。

    広軌

    標準軌より広い軌間。「ブロードゲージ(Broad Gauge)」とも呼ばれる。19世紀半ばには広軌のほうが標準軌より優れているとの考えから、様々な広軌が実用化された。その後標準軌に改軌されたことで現存しないものも多いが、国や地域によってはそのまま地域における標準的な軌間となった。 現代の本線鉄道で用いられている軌間で最大のものは1,676 mm (5 ft 6 in)である。特殊用途の鉄道では、巨大な積載物を移動する必要性などから広軌が採用される場合もある。インクラインやレール上を移動するクレーンなどでは、極端に広い軌間が用いられることもある。 現代の普通鉄道において用いられている主な広軌は以下である。 1. 1,520 mm または 1,524 mm (5 ft 0 in) - 旧ソビエト連邦各国、フィンランド、モンゴル 2. 1,600 mm (5 ft 3 in) - アイルランド、オーストラリアの一部など 3. 1,668 mm - スペイン(元は1672mm)、ポルトガル(元は1665mm) 4. 1,676 mm (5 ft 6 in) - 南アジア、南アメリカの一部など

    狭軌

    標準軌より狭い軌間。「ナローゲージ (Narrow Gauge)」とも呼ばれる。国際鉄道連合の分類では、1000mmから1067mmまでの軌間を広義のメーターゲージとも呼ぶ。1,000 mm未満の軌間は各地に分散しており、広範囲の鉄道網は形成していない。 現代において用いられている主な狭軌は以下である。 1. 1,372 mm(4 ft 6 in) - スコットランドの初期の鉄道の一部と、20世紀以降の日本の一部。 2. 1,067 mm(3 ft 6 in)または1,065 mm - JR在来線、一部の私鉄・地下鉄など、台湾、フィリピン、インドネシア、南部アフリカ(ケープ軌間)、中南米の一部、オーストラリアの一部、ニュージーランド。 3. 1,000 mm(メーターゲージ) - 東南アジア(大陸部分)、アフリカ、南アメリカの一部。ヨーロッパ(ドイツ、スイスなど)の地方鉄道など。 4. 0914 mm(3 ft) - かつてのアメリカ合衆国の狭軌鉄道、中南米の一部の鉄道。 5. 0762 mm(2 ft 6 in)または760 mm - 世界の多くの軽便鉄道。日本で「軽便」「ナロ...

    書籍

    1. 宮本俊光; 渡辺偕年 『線路:軌道の設計・管理』 山海堂、1980年。 2. 伊原一夫 『鉄道車両メカニズム図鑑』 グランプリ出版、1987年。ISBN 978-4906189649。 3. 井上勇一 『鉄道ゲージが変えた現代史~列車は国家権力を乗せて走る』 中央公論社(中公新書992)、1990年。 4. 天野光三; 前田泰敬; 三輪利英 『図説 鉄道工学』 丸善、1992年。ISBN 978-4621037010。 5. 岡雅行; 山田俊明編 『ゲージの鉄道学』 古今書院、2002年。ISBN 4-7722-3023-8。 5.1. 岡雅行 「第1章 ゲージの起源」、2-11頁。 5.2. 岡雅行 「第2章 ゲージの勢力分布」、12-19頁。 5.3. 岡雅行 「コラム1 模型のゲージ」、20頁。 5.4. 岡雅行 「コラム2 ゲージのギネスブック」、44頁。 5.5. 岡雅行 「第4章 広軌世界の光と影」、48-64頁。 5.6. 福田行高 「第6章 日本のゲージ論争のゆくえ」、100-114頁。 6. 齋藤晃『蒸気機関車200年史』NTT出版、2007年。ISBN...

    雑誌記事・Web上の資料

    1. 朝倉希一 「技術随筆 汽車の今昔6」 『鉄道ファン(No.218)雑誌06459-6』 19巻6号 交友社、81-87頁、1979年6月。 2. 朝倉希一 「技術随筆 汽車の今昔11」 『鉄道ファン(No.223)雑誌06459-11』 19巻11号 交友社、102-105頁、1979年11月。 3. 青木栄一 「鉄道ゲージの歴史地理学」 『地理』 43巻11号 古今書院、1998年11月。 4. 青木栄一 「3フィート6インチ・ゲージ採用についてのノート」 『文化情報学 : 駿河台大学文化情報学部紀要』 9巻1号 駿河台大学、29-39頁、2002年。http://www.surugadai.ac.jp/sogo/media/bulletin/Bunjo09-01_AOKI.pdf。 5. Saito, Akira (2002-6), “Why Did Japan Choose the 3'6" Narrow Gauge?” (英語), Japan Railway & Transport Review (East Japan Railway Culture Foundat...

    GAUTRAIN GAUGE - ハウトレインの軌間の検討について
    『軌間』 - コトバンク
  3. 18/04/2022 · in 1851, at the same time that the united states was setting up the public land commission as required by the 1848 treaty of guadalupe hidalgo with the republic of mexico to verify the legality of the ranchos of california land grants given california citizens prior to 1846, the government also set up a commission with military support that …

    Tribe
    Date
    Map #
    Page
    Treaty M Tribes
    3-19-1851
    273 274
    780
    Treaty N Tribes
    4-29-1851
    275
    782
    Treaty A Tribes
    5-13-1851
    276
    782
    Treaty B Tribes
    5-13-1851
    276
    782
    • Ereignisse
    • Geboren
    • gestorben
    • Feier- und Gedenktage

    Politik und Weltgeschehen

    1. 0392: Der römische Kaiser Valentinian II. wird in seinem Palast erhängt aufgefunden. Ob er auf Veranlassung des fränkischen Heermeisters Arbogastermordet worden ist, oder wegen seiner faktischen Machtlosigkeit Suizid begangen hat, ist bis heute nicht geklärt. 2. 0756: Abd ar-Rahman I. setzt sich in einer Schlacht am Guadalquivir beim Feldzug gegen seinen Kontrahenten Yusuf ibn Abd ar-Rahman al-Fihri, den Statthalter von Al-Andalus in Spanien, durch. Er errichtet bald nach dem Erfolg das Em...

    Wirtschaft

    1. 1718: Der Londoner Anwalt James Puckle erhält ein Patent auf das von ihm erfundene Maschinengewehr. Es gibt wenig Interesse für die Puckle-Gun. 2. 1878: Die Tokioter Börse wird gegründet. Der Handel beginnt am 1. Juni. Die Börse in Tokioist heute die einzige Börse Japans und die zweitgrößte der Welt. 1. 1911: Der Oberste Gerichtshof der Vereinigten Staaten befindet auf Antrag der Regierung Theodore Roosevelts, dass das Unternehmen Standard Oil von John D. Rockefeller gegen den Sherman Anti...

    Wissenschaft und Technik

    1. 1355: Kaiser Karl IV. bestätigt den Universitätsstatus der am 8. September 1308 von Papst Clemens V. gegründeten Universität Perugia. 1. 1618: Johannes Kepler entdeckt das dritte der nach ihm benannten Gesetze über die Planetenbewegung. Danach ist das Verhältnis der dritten Potenz der großen Halbachse der Bahnellipse eines Planeten, d, zum Quadrat seiner Umlaufzeit stets unveränderlich: d3⁄T2ist für alle Planeten gleich. 2. 1836: Der englische Astronom Francis Baily beobachtet von Roxburgh...

    Vor dem 18. Jahrhundert

    1. 0647: al-ʿAbbās ibn ʿAlī, schiitischer Märtyrer 2. 1299: Heinrich der Sanftmütige, Herzog von Österreich 3. 1337: Chungmok Wang, 29. König des koreanischen Goryeo-Reiches 4. 1397: Sejong, König der koreanischen Joseon-Dynastie 5. 1450: Cimburga von Baden, Markgräfin von Baden 6. 1459: Johann I., Pfalzgraf und Herzog von Simmern 7. 1463: Margarethe von Hanau-Lichtenberg, deutsche Adlige, Gräfin von Nassau-Wiesbaden 8. 1531: Maria von Österreich, Herzogin von Jülich, Kleve und Berg 9. 1565:...

    18. Jahrhundert

    1. 1720: Maximilian Hell, österreichischer Jesuit und Astronom 2. 1721: Dmitri Michailowitsch Golizyn, russischer Diplomat, Militär und Kunstmäzen 3. 1740: Johann Georg Heinrich Feder, deutscher Philosoph 4. 1743: Christoph Bernhard Verspoell, katholischer Priester, Publizist und Kirchenlieddichter 5. 1746: Claus Frimann, norwegischer Pfarrer und Dichter 6. 1749: Levi Lincoln, US-amerikanischer Jurist und Politiker, Gouverneur von Massachusetts und Justizminister der Vereinigten Staaten 7. 17...

    Vor dem 17. Jahrhundert

    1. 0392: Valentinian II., römischer Kaiser 2. 0884: Marinus I., Papst 3. 0913: Hatto I., Erzbischof von Mainz 4. 1036: Go-Ichijō, 68. Kaiser von Japan 5. 1122: Yejong, 16. König des koreanischen Goryeo-Reiches 6. 1130: Isidor von Madrid, Heiliger der römisch-katholischen Kirche 7. 1141: Aubrey II. de Vere, englischer Adeliger 8. 1157: Juri Dolgoruki, Fürst von Rostow 9. 1174: Nur ad-Din, Angehöriger der Dynastie der Zengiden 10. 1175: Mleh, Fürst von Kleinarmenien 11. 1180: Hugo von Hasenburg...

    17. und 18. Jahrhundert

    1. 1609: Giovanni Croce, italienischer Komponist, Kapellmeister und Priester der venezianischen Renaissance 2. 1621: Hendrick de Keyser, niederländischer Architekt und Bildhauer 3. 1634: Hendrick Avercamp, niederländischer Maler 4. 1638: Wolfgang von Mansfeld, Feldmarschall im Dreißigjährigen Krieg 5. 1639: Enoch Heiland, deutscher Rechtswissenschaftler 6. 1669: Margareta Brahe, schwedische Gräfin und Prinzessin von Hessen-Homburg 7. 1682: Artamon Sergejewitsch Matwejew, russische Politiker 1...

    19. Jahrhundert

    1. 1802: Lebrecht Bachenschwanz, sächsischer General, Schriftsteller und Übersetzer 2. 1823: Antonín František Bečvařovský, tschechischer Komponist 3. 1825: Johann Gottfried Kneschke, deutscher Pädagoge 4. 1825: Ernst Julius Walch, deutscher evangelischer Geistlicher und Pädagoge 5. 1828: William Congreve, britischer Artillerist, Ingenieur und Raketentechniker 6. 1830: Dominique Joseph Vandamme, französischer General 7. 1832: Louise-Élisabeth de Croÿ de Tourzel, Ehrendame von Marie-Antoinette...

    Hl. Pachomios, ägyptischer Abt (evangelisch, orthodox sowie für die Trappisten, Zisterzienser und Benediktiner)
    Hl. Rupert von Bingen, deutscher Adeliger und Schutzpatron (römisch-katholisch)
    Hl. Sophia von Rom, römische Märtyrerin, „Eisheilige“ (römisch-katholisch)
  4. Hace 11 horas · 洪秀全与少年时代的私塾同学 冯云山 经过多年传播 拜上帝會 ,于道光三十年(1850年)末至咸豐元年(1851年)初与 杨秀清 、 萧朝贵 、 曾天养 、 石达开 等人在 廣西省 右江道 潯州府 桂平縣 (今 廣西壯族自治區 貴港市 桂平市 金田鎮 金田村 )组织团营 举事 ,后建国号“太平天国”,史稱 太平天國之亂 ,并于咸豐三年(1853年)攻下 江蘇省 江寧道 江寧府 城(今 江蘇省 南京市 ),號稱 天京 ,定都於此,開始粗暴統治。 同治三年(1864年)天京被 湘軍 攻破, 湘军同樣纵兵屠城、奸淫掳掠 ,洪秀全之子兼繼承人太平天國 幼天王 洪天贵福 被俘虜,及後更因被清朝判以 凌遲 處死 而成為人類歷史上凌遲極刑受刑人之中最年幼者。

  5. Hace 11 horas · Wikipedia®和维基百科标志是维基媒体基金会的注册商标;维基™是维基媒体基金会的商标。 维基媒体基金会是按美国国內稅收法501(c)(3)登记的非营利慈善机构。 隐私政策; 关于维基百科; 免责声明; 手机版视图; 开发者; 统计; Cookie声明

  6. Hace 11 horas · Monarchie de Juillet (9 août 1830 — 24 février 1848) IIe République (24 février 1848 — 2 décembre 1852) Second Empire (2 décembre 1852 — 4 septembre 1870) IIIe République (4 septembre 1870 — 10 juillet 1940) France libre - CFLN - GPRF versus État français IVe République (27 octobre 1946 — 4 octobre 1958) Ve République (depuis le 4 octobre 1958)

  1. Anuncio
    relacionado con: 1851 wikipedia
  2. 10,000+ usuarios visitaron casniepi.com el mes pasado

    World news, daily news, politics, business, tech... Do you know all about Wikipedia?