Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 10 resultados de búsqueda
  1. hace 6 días · Sterling ( ISO code GBP, abbreviation stg [2]) is the official currency of the United Kingdom and its associated territories. [3] The pound ( sign: £) is the main unit of sterling, and the currency itself may be referred to by the compound noun pound sterling or the term British pound, although neither of these are official names of the currency.

  2. hace 6 días · The United Kingdom of Great Britain and Ireland was created on 1 January 1801, by the merger of the Kingdoms of Great Britain and Ireland under the Acts of Union 1800.

    • House of Commons: 650, House of Lords: 768
    • Keir Starmer, Labour, since 4 April 2020
  3. Hace 1 día · 26 July–10 August – Isambard Kingdom Brunel's iron steamship SS Great Britain makes the Transatlantic crossing from Liverpool to New York, the first screw propelled vessel to make the passage. 31 July – Jews are permitted to hold certain municipal offices.

    • History
    • Formal Classifications
    • Informal Classifications and Stereotypes
    • Accent and Language and Social Class
    • Heraldry and Social Class
    • Criticisms
    • See Also
    • Bibliography
    • Further Reading
    • External Links

    The United Kingdom never experienced the sudden dispossession of the estates of the nobility, which occurred in much of Europe after the French Revolution or in the early 20th century, and the British nobility, in so far as it existed as a distinct social class, integrated itself with those with new wealth derived from commercial and industrial sou...

    Early modern

    At the time of the formation of Great Britain in 1707, England and Scotland had similar class-based social structures. Some basic categories covering most of the British population around 1500 to 1700 are as follows. This social model was in force until the 20th century.

    20th century

    The social grade classification created by the National Readership Survey over 50 years ago achieved widespread usage during the 20th century in marketingand government reports and statistics.

    21st century

    The UK Office for National Statistics (ONS) produced a new socio-economic classification in 2001.The reason was to provide a more comprehensive and detailed classification to take newer employment patterns into account.

    Underclass

    The term "underclass" is used to refer to those people who are "chronically unemployed", and in many instances have been for generations. There is a contention that there are homologies between the meaning context and tenor of the abusive word "chav" and the term "underclass" in media discourses: the obvious difference being the former relates to supposed dispositions of a social class in consumption and the later to difficulties of a social class in productive labour relations. The education...

    Upper class

    The British "upper class" is statistically very small and consists of the peerage, gentry and hereditary landowners, among others. Those in possession of a hereditary title; for example, a dukedom, a marquessate, an earldom, a viscounty, a barony, a baronetcy, or a Scottish lord of parliament are typically members of the upper class.[citation needed] Traditionally, upper class children were brought up at home by a nanny for the first few years of their lives, and then home schooled by private...

    Received Pronunciation

    Received Pronunciation, also known as RP or BBC English, was a term introduced as way of defining standardEnglish, but the accent has acquired a certain prestige from being associated with the middle (and above) classes in the South East, the wealthiest part of England. Use of RP by people from the "regions" outside the South East can be indicative of a certain educational background, such as public school or elocution lessons. "The Queen's English" was once a synonym for RP. However, the Que...

    U and non-U

    Language and writing style have consistently been one of the most reliable indicators of class, although pronunciation did not become such an indicator until the late-nineteenth century. The variations between the language employed by the upper classes and non-upper classes has, perhaps, been best documented by linguistics Professor Alan Ross's 1954 article on U and non-U English usage, with "U" representing upper and upper middle class vocabulary of the time, and "Non-U" representing lower m...

    English regional dialect

    In England, the upper class or prestige dialect is almost always a form of RP; however, some areas have their "own" prestige dialect, distinct from both RP and the working-class dialect of the region. England has a wider variety of regional dialects than larger English-speaking countries such as Australia or the United States, and many of England's dialect have working class or lower middle class connotations. However, there is a tradition of linguistic study of dialects in England and many m...

    An English citizen with arms registered in the College of Arms, or a Scottish citizen in the Lyon Court, can be referred to as armigerous. Any British citizen can apply for arms from their respective authority but only those of sufficient social standing would be granted arms.[citation needed]Arms in and of themselves are imperfectly aligned with s...

    In 1941, George Orwell wrote that Britain was "the most class-ridden society under the sun." In an interview in 1975 Helmut Schmidt, the then Chancellor of West Germanystated that: Later in the same interview, Schmidt noted that

    Jilly Cooper Class, A view from Middle England, Eyre Methuen, 1979, ISBN 0-552-11525-8
    Kate Fox Watching the English, Nicholas Brealey Pub., 2004, ISBN 1-85788-508-2
    Benson, John. The Working Class in Britain 1850-1939(IB Tauris, 2003).
    Bukodi, Erzsébet, et al. "The mobility problem in B ritain: new findings from the analysis of birth cohort data." British Journal of Sociology 66.1 (2015): 93-117. online
    Goldthorpe, John H., and Colin Mills. "Trends in intergenerational class mobility in Britain in the late twentieth century." in Social mobility in Europe(2004): 195–224.
    • 概要
    • 名称
    • 歴史
    • パクス・ブリタニカ時代の帝国臣民とヒトの移動
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    "empire"あるいは"imperial"という言葉はさらに古くから使われてきたが、一般にイギリス帝国という場合、始まりは16世紀あるいは17世紀とされる。その正否は問わないことにしても、国外への拡張という事実のみに着目すると、1585年のロアノーク島への植民が、また、実際に成功し後世への連続性をもつという点からすると、1607年のジェームズタウン建設が、それぞれイギリス帝国の開始点となる。いずれにせよイギリス帝国が帝国としての実体を備えるには北米植民地とカリブ海植民地の設立が一段落する17世紀半ばを待たねばならず、イギリス帝国が「イングランドの帝国」でなくなるには1707年の合同を待たねばならない。 17世紀から18世紀にかけての帝国はイギリス第1帝国あるいは旧帝国とも呼ばれ、19世紀以...

    フランス植民地帝国などの講学上の呼称ないし俗称と異なり、British Empireは英国の本土のみを指すUnited Kingdomに対して、本国と植民地を含めた全領域を指す語としてイギリス政府により公式に用いられた。 日本では永らく「大英帝国」の訳語が使われてきたが、現在、歴史学で多く用いられるのは「イギリス帝国」という表現である。ほかにも、もとイングランドのポルトガル語形に由来する「イギリス」という曖昧かつ「正しくない」とされ得る表現でウェールズ・スコットランド・アイルランドも包含した連合王国(および植民地)を指すことを避け、より原語に忠実な「ブリテン帝国」も使われ始めている。また単に「帝国」とも呼ばれる場合もある。「大英帝国」という語も書籍の標題などでは従来と変わらずに使われるが、本...

    植民地以前・「帝国」の伝統

    イングランド王権が帝国を名乗り始めるのは、植民地獲得よりも大きくさかのぼる。欧州における「帝国」(インペリウム)のもともとの意味は、教皇などの王国外権力から独立していること、ならびに複数の国・勢力を支配下に治めていることである。イングランドにとってのインペリウムにあたるのは、スコットランドの併呑と宗教改革である。七王国時代、アングロサクソンの有力な王たちは、他部族を支配するうえで「アングル人の帝国」を名乗り、時折自らを皇帝と称した[注釈 3]。ヘンリー8世時代、「イングランドは帝国である」と1533年に宣言した(上告禁止法)のは、教皇の権力をイングランドから除くことを目的にしていた。こうしたインペリウムは、ヨーロッパ各地で教皇から独立せんとするために、または近隣勢力を征服するための大義名分として機能した。スコットランドを併合して「グレイト・ブリテンの帝国」を築こうという主張は伝統的にイングランドのなかで存在していた。

    北米・カリブ海植民地進出

    17世紀までのイングランド対外進出は、アメリカ植民地建設とインドを主としたアジアでの商業活動が行われた。この時期の重商主義政策では、王が設立許可を出した会社が主役だった。インドではイギリス東インド会社、アメリカではハドソン湾会社、アフリカの王立アフリカ会社などである。これら特許会社とよばれる組織が貿易を独占した。 アメリカ大陸植民地のはじまりは1585年[注釈 4]または1607年[注釈 5]である。17世紀に入るとピルグリム・ファーザーズとよばれる移民、および貧困・犯罪を理由に送り込まれた者たちにより植民地は広がりをみせた。前者は国教会の信仰体制に不満を持った急進プロテスタント――いわゆるピューリタン――が信仰の自由をもとめて新大陸に移民した者たちである[注釈 6]。大まかにいって北部(マサチューセッツ・コネティカットなど)にプロテスタント、南部(メリーランドなど)は国教会・カトリックに色分けされる。後者はより数が多く、年季契約奉公人として新大陸に送り込まれた。年季契約奉公人たちは当初、南部植民地の煙草プランテーションや、カリブ海植民地の砂糖プランテーションで労働力として用いら...

    アジア進出

    イギリスは1600年に東インド会社を設立してアジアに進出し、ジャワ島東部のバンテンに拠点を置いて香辛料貿易への食い込みを図った。またマレー半島のパタニ王国やタイのアユタヤ、日本の平戸にも商館を置いて交易を行ったが、いずれもオランダ東インド会社との競合に敗れて敗退した。 このためイギリス東インド会社はインドに注力し、1612年にスラトに商館を設置したのを初め1639年チェンナイ(マドラス)、1668年ムンバイ(ボンベイ)、コルカタ(カルカッタ)にも商館を設置した。インド貿易は成功を収め、これらの商館は次第に要塞化して周辺のインド諸侯を影響下におくようになった。この頃フランスもインド東海岸のポンディシェリを拠点にインドに支配を拡大させており、英仏はインドで対立を深める。欧州で七年戦争(1756年-1763年)が起こるとインドでも英仏間の戦争が始まり、ロバート・クライヴはプラッシーの戦いでフランス側のベンガル太守軍を破り、ベンガルの領域支配に乗り出した。七年戦争の結果、フランスはポンディシェリなどに非武装の商館を置くことは認められたが、政治的にはインドから敗退した。こうした中、東インド...

    イギリス帝国の住民(帝国臣民)は人種・肌の色を問わず、帝国内での自由な移動・居住を保証された。 この移動と居住の自由は同時代の植民地帝国や近代国家にみられない特性であり、非ヨーロッパ系住民でも自己利害のために有効に活用できた。 インド独立運動の指導者として高名なガンジーも3年間ロンドンに留学し、法廷弁護士の資格を取得している。その後ガンジーは南アフリカのナタールへと渡りインド系労働者の権利擁護に尽力した。当時ナタールでは3万5000人のインド系住民が帝国臣民として居住していた。 1860年代以降ナタールではインド系年季契約労働者が導入され現地のプランテーション経済を支えていた。またインド系商人も南アフリカ内部の流通業に進出、現地経済を支えた。帝国内部での自由な移動と居住の保証が大英帝国隆盛の...

    デイヴィッド・アーミテイジ『帝国の誕生──ブリテン帝国のイデオロギー的起源』平田雅博・岩井淳・大西晴樹・井藤早織訳、日本経済評論社、2005年6月。ISBN 4-8188-1763-5。 - 原タイトル:The ideological origins of the British Empire。
    『イギリス史 2 近世』今井宏編、山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年8月。ISBN 4-634-46020-3。
    今関恒夫『バクスターとピューリタニズム 17世紀イングランドの社会と思想』ミネルヴァ書房〈Minerva歴史叢書クロニカ 6〉、2006年12月。ISBN 4-623-04653-2。
    『ラテン・アメリカを知る事典』大貫良夫ほか監修、平凡社、1999年12月、新訂増補。ISBN 4-582-12625-1。
    石井摩耶子『イギリス帝国』 - コトバンク
    『大英帝国』 - コトバンク
  4. nak.scottexteriors.com › cook-https-en › wikiTheresa May - Wikipedia

    02/07/2022 · Jump search Prime Minister the United Kingdom from 2016 2019.mw parser output .hatnote font style italic .mw parser output div.hatnote padding left 1.6em margin bottom 0.5em .mw parser output .hatnote font style normal .mw parser...