Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 18.000 resultados de búsqueda
  1. Anuncio
    relacionado con: ウェストミンスター寺院 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  1. ウェストミンスター寺院 (ウェストミンスターじいん、 英語 :Westminster Abbey)は、 イギリス の ロンドン ・ ウェストミンスター にある、 イングランド国教会 の 教会 。. 聖ペテロ修道教会。. 戴冠式 などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には 歴代 ...

    • Palais de Westminster et l'abbaye de Westminster incluant l'église Sainte-Marguerite
    • 10.26 ha
    • Palace of Westminster and Westminster Abbey including Saint Margaret’s Church
    • 文化遺産
    • 地名学的意味
    • 歴史
    • 脚注・出典

    ウェストミンスターはウェストミンスター寺院およびウェストミンスター宮殿周辺の地域を示す名称であるその名はシティ・オブ・ロンドンのセント・ポール大聖堂の西に位置する West Minster(西の大寺院または修道院教会)に由来し、これはすなわちウェストミンスター寺院である。当地域には今日まで1,000年近くの間、イングランドの政府が置かれている。その名はより地理的に広い範囲を占めるシティ・オブ・ウェストミンスターの地名にも受け継がれ、1965年以降、当該区域は以前のメリルボーンとパディントンの区域まで広がっている。 こうして“ウェストミンスター”は、一般にはイギリスの議会や政界を意味する換喩としても使用されるようになっている(日本の永田町に相当する)。イギリスの公的機関も、イギリスで発展した民主主義政府の議会モデルであるウェストミンスター・システムについて言及する際、自らが活動拠点とするホワイトホールとウェストミンスターは同様な意味合いとして用いる。ウェストミンスター・システムは部分部分で改定されながらも、他の多くの国々に適応しており、特に英連邦諸国や旧来大英帝国だった地域の一部で運用されている。 “ウェストミンスター・ヴィレッジ”は特定の地理的地域を指す用語ではなく、時折イギリス政治の背景を意味する語として用いられる。例えば、スピン・ドクターと呼ばれるような政治ジャーナリストや英国議会での出来事に関係するその他の人々と英国議会議員との間の親密と思われる交友関係に言及して“ウェストミンスター・ヴィレッジ・ゴシップ”などと引用される。

    ウェストミンスターの歴史的な中枢は、かつてテムズ川に浮かんでいた小さなソーニー島 (Thorney Island) にあり、そこへウェストミンスター寺院が建立された。寺院では伝統的にイングランド君主の戴冠式が挙行されてきた。隣接するウェストミンスター宮殿は1066年のノルマン・コンクエスト以後、イングランド王室の第一の住居となり、のちにイングランドの議会や裁判所も置かれるようになった。経済のシティ、政治と文化のウェストミンスターという2つの核が別個にあって、ロンドンは発展を遂げてきたと言えるだろう。これらの機能の分担は今日のロンドンにおいても明確である。王室はのちに、やや北東にあるホワイトホール宮殿へと移転した。裁判所は王立裁判所へと移り、シティ・オブ・ロンドンとの境界に近くなった。現在もウェストミンスター宮殿に入っている英国議会や、主要な英国政府官庁のほとんどがホワイトホールを中心とするウェストミンスターに置かれているなど、ウェストミンスターは依然として英国政府の中枢である。ウェストミンスター宮殿およびウェストミンスター寺院の近隣にはイングランドのパブリックスクールの一つであるウェストミンスター・スクールがある。また、旧来のウェストミンスターの区域ではないが、ウェストミンスター大学の4つのキャンパスのうちの3つは、ロンドン特別区のシティ・オブ・ウェストミンスターの区域内にある。また、灯火方式による世界初の信号機が設置されたことでも知られている。 当地区は十分な居住人口を有しており、中でも大きな割合を占めるのは、ウェストミンスター寺院の裏、ミルバンクの先にある公営住宅やピーボディ・トラスト社の不動産物件に住む伝統的な労働者階級である。

    • History
    • Coronations
    • Dean and Chapter
    • Burials and Memorials
    • Schools
    • Music
    • Bells
    • Chapter House
    • Museum
    • See Also

    A late tradition claims that Aldrich, a young fisherman on the River Thames, had a vision of Saint Peter near the site. This seems to have been quoted as the origin of the salmon that Thames fishermen offered to the abbey in later years – a custom still observed annually by the Fishmongers' Company. The recorded origins of the Abbey date to the 960s or early 970s, when Saint Dunstan and King Edgar installed a community of Benedictine monkson the site.

    Since the coronation in 1066 of William the Conqueror, every English and British monarch (except Edward V and Edward VIII, who were never crowned) has been crowned in Westminster Abbey. In 1216, Henry III could not be crowned in London when he came to the throne, because the French prince Louis had taken control of the city, and so the king was crowned in the Church of St. Peter in Gloucester (which is now Gloucester Cathedral). This coronation was deemed by Pope Honorius IIIto be improper, and a further coronation was held in Westminster Abbey on 17 May 1220. King Edward's Chair (or St Edward's Chair), the throne on which English and British sovereigns have been seated at the moment of crowning, is now housed within the Abbey in St George's Chapel near the West Door, and has been used at every coronation since 1308. From 1301 to 1996 (except for a short time in 1950 when the stone was temporarily stolen by Scottish nationalists), the chair also housed the Stone of Scone upon which...

    Westminster Abbey is a collegiate church governed by the Dean and Chapter of Westminster, as established by Royal charter of Queen Elizabeth I dated 21 May 1560, which created it as the Collegiate Church of St Peter Westminster, a Royal Peculiar under the personal jurisdiction of the Sovereign. The members of the Chapter are the Dean and four canons residentiary; they are assisted by the Receiver General and Chapter Clerk. One of the canons is also Rector of St Margaret's Church, Westminster, and often also holds the post of Chaplain to the Speaker of the House of Commons. In addition to the Dean and canons, there are at present three full-time minor canons: the precentor, the sacrist and the chaplain.A series of Priests Vicar assist the minor canons.

    Henry III rebuilt the abbey in honour of a royal saint, Edward the Confessor, whose relics were placed in a shrine in the sanctuary. Henry III himself was interred nearby, as were many of the Plantagenet kings of England, their wives and other relatives. Until the death of George II in 1760, most kings and queens were buried in the abbey, some notable exceptions being Henry VI, Edward IV, Henry VIII and Charles I who are buried in St George's Chapel at Windsor Castle. Other exceptions include Edward II buried at Gloucester Cathedral, John buried at Worcester Cathedral, Henry IV buried at Canterbury Cathedral and Richard III, now buried at Leicester Cathedral, and the de facto queen Lady Jane Grey, buried in the chapel of St Peter ad Vincula in the Tower of London. More recently monarchs have been buried either in St George's Chapel or at Frogmoreto the east of Windsor Castle. From the Middle Ages, aristocrats were buried inside chapels, while monks and other people associated with t...

    Westminster School and Westminster Abbey Choir Schoolare also in the precincts of the abbey. The Choir School educates and trains the choirboys who sing for services in the Abbey.

    Westminster Abbey is renowned for its choral tradition, and the repertoire of Anglican church music is heard in daily worship, particularly at the service of Choral Evensong.

    The bells at the abbey were overhauled in 1971. The ring is now made up of ten bells, hung for change ringing, cast in 1971 by the Whitechapel Bell Foundry, tuned to the notes: F#, E, D, C#, B, A, G, F#, E and D. The Tenor bell in D (588.5 Hz) has a weight of 30cwt, 1qtr, 15 lb (3403 lb or 1544 kg). In addition there are two service bells, cast by Robert Mot, in 1585 and 1598 respectively, a Sanctus bell cast in 1738 by Richard Phelps and Thomas Lester and two unused bells – one cast about 1320, by the successor to R de Wymbish, and a second cast in 1742, by Thomas Lester.The two service bells and the 1320 bell, along with a fourth small silver "dish bell", kept in the refectory, have been noted as being of historical importance by the Church Buildings Council of the Church of England.

    The chapter house was built concurrently with the east parts of the abbey under Henry III, between about 1245 and 1253. It was restored by Sir George Gilbert Scottin 1872. The entrance is approached from the east cloister walk and includes a double doorway with a large tympanum above. Inner and outer vestibules lead to the octagonal chapter house. It is built in a Geometrical Gothic style with an octagonal crypt below. A pier of eight shafts carries the vaulted ceiling. To the sides are blind arcading, remains of 14th-century paintings and numerous stone benches above which are innovatory large 4-light quatre-foiled windows. These are virtually contemporary with the Sainte-Chapelle, Paris. The chapter house has an original mid-13th-century tiled pavement. A door made with wood from a single tree grown in Hainault Forest, within the vestibule dates, from around 1050 and is one of the oldest in Britain.The exterior includes flying buttresses added in the 14th century and a leaded tent...

    The Westminster Abbey Museum was located in the 11th-century vaulted undercroft beneath the former monks' dormitory in Westminster Abbey. This was one of the oldest areas of the abbey, dating back almost to the foundation of the church by Edward the Confessor in 1065. This space had been used as a museum since 1908 but was closed to the public in June 2018, when it was replaced as a museum by the Queen's Diamond Jubilee Galleries, high up in the Abbey triforium.

    The Abbey – a three-part BBC TV documentary written and hosted by playwright Alan Bennett
  2. 座標. ウェストミンスター大聖堂 (Westminster Cathedral) は、イギリス、ロンドン、ウェストミンスターのフランシス通り42番地SW1に位置するカトリック教会。

    • 歴史
    • 世界遺産
    • 参考文献
    • 関連項目

    ウェストミンスター宮殿のおかれているテムズ川河畔は中世を通して戦略上の要衝であった。すくなくともアングロ・サクソンの時代には既にこの地に何らかの建物が建設されていた。ソーニー・アイランド(英語版)として知られるイングランド中世にはカヌート王によって初めて宮殿として用いられるようになり、サクソン王朝の最後から2代前の王エドワード懺悔王はシティ・オブ・ロンドンの西、ソーニー・アイランドに宮殿とウェストミンスター寺院を建設した。時代が下るとこの周辺の地区はウェストミンスター(Westminster)と呼称されるようになった。これは西方の修道院(West Monastery)の省略形であると考えられている。1066年のノルマン・コンクエスト時にはウィリアム1世は一時ロンドン塔を自身の住居として定めたが、後にウェストミンスターへと移っている。これらサクソンやウィリアム1世により使用された建築物は現在残っていない。宮殿における最古の部分は次代のウィリアム2世により建造されたものである。 中世後期をとおしてウェストミンスター宮殿は王の住居であり続けた。イングランド政府が成立すると、公共施設の多くはウェストミンスター周辺に建設されている。議会の前身であるキュリア・レジス(Curia Regis, 枢密院)はウェストミンスター・ホール(英語版)に設けられた。1295年に設立された初めてのイングランド議会である模範議会も宮殿内で開催されている。このようにほぼ全ての議会は王の居住する宮殿内で開催されたが、何らかの理由により他の場所に設けられたことが数例ある。 1834年10月16日に発生した宮殿の火災(英語版)によって宮殿の大半は焼失した。ウェストミンスター・ホールおよびジュエル・タワー、聖スティーヴン礼拝堂の地下室、回廊のみが焼失を免れた。宮殿の再建を協議する王立の委員会が設けられ、ゴシックまたは新古典主義のいずれかのデザインで建設することを決定した。古典様式を好む人々はゴシックの粗野さは議事堂に似合わないと主張したが、キリスト教に基づいており好ましいとするオーガスタス・ピュージンを含む一派の計画が採用された。 1836年に委員会は97の計画案の中からチャールズ・バリー(英語版)の設計したゴシック・リヴァイヴァル様式のデザインを採用した。1840年に礎石が据えられ、貴族院議事堂は...

    登録基準

    この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。 1. (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。 2. (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。 3. (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

    佐々木英也 監修 『オックスフォード西洋美術事典』(第1版) 講談社、1989年。ISBN 406200979X。
    佐藤達生 『図説 西洋建築の歴史 美と空間の系譜』(初版) 河出書房新車、2005年。ISBN 4309760694。
    ニコラウス・ペヴスナー、小林文次, 山口廣, 竹本碧訳 『新版 ヨーロッパ建築序説』(第1版) 彰国社、1989年。ISBN 4395050832。
    「建築史」編集委員会 編著 『コンパクト版 建築史 日本・西洋』(第1版) 彰国社、2009年。ISBN 9784395008766。
    英国王室のロンドンにおける公式居住地
    • Palais de Westminster et l'abbaye de Westminster incluant l'église Sainte-Marguerite
    • 10.26 ha
    • Palace of Westminster and Westminster Abbey including Saint Margaret’s Church
    • 文化遺産
    • 起源
    • 選定、到着と儀式
    • その後の歴史

    無名戦士の墓は、1916年にデビッド・レイルトン(英語版)牧師によって最初に着想された。彼は西部戦線で従軍牧師として活動していた時、鉛筆で「無名のイギリス兵」と書かれた粗い十字架の墓を見かけた。 彼は1920年にウェストミンスター寺院の首席司祭(英語版)に、フランスの戦場にいた身元不明のイギリス兵を、何十万人もの帝国の死者を代表して、ウェストミンスター寺院の「王たちの間に」正当な儀式をもって埋葬する事を提案する手紙を書いた。この着想は首席司祭と首相デビッド・ロイド・ジョージによって強く支持された。

    遺体の手配はケドルストンの初代カーゾン侯爵に委ねられ、礼拝と場所の準備を行った。相応しい遺体は様々な戦場から掘り出され、1920年11月7日の夜、フランスのアラス近郊にあるサン・ポル=シュル・テルノワーズ(英語版)の礼拝堂に運ばれた。遺体はジョージ・ケンダル牧師に迎えられた。墓地登録調査局のL・J・ワイアット准将とE・A・S・ゲル中佐は、単独で礼拝堂に入った。その後、遺体はそれぞれユニオン・フラッグに覆われた4つの普通の棺に入れられた。2人の将校はどの戦場から兵士が来たのか知らなかった。ワイアット准将は目を閉じ、棺の一つに手を置いた。他の兵士たちは再埋葬されるためにケンダルによって連れ去られた。 その後、無名戦士の棺は礼拝堂に一晩安置され、11月8日の午後、警備下で移送され、ケンダルの護衛のもと、軍勢とともに、シュトゥ・ポルからブーローニュの古城内にある中世の城までのルートに沿って移動した。この日のために、城の書斎はシャペル・アルデンテ(英語版)へと姿を変え、レジオンドヌール勲章を授与されたばかりのフランス第8歩兵連隊の中隊が一晩見張りに立った。 翌朝、2人の葬儀屋が城の書斎に入り、棺をハンプトン・コート宮殿の樫の木の材木で作った棺に入れた。 棺には鉄の帯が付けられ、国王ジョージ5世が王室のコレクションから個人的に選んだ中世の十字軍の剣が上部に取り付けられ、「王と国家のために1914年から1918年にかけての第一次世界大戦で倒れたイギリスの戦士」という碑文が刻まれた鉄の盾が頭上に置かれていた。 棺は6頭の黒馬に引かれたフランス軍の馬車に乗せられた。午前10時30分、ブーローニュのすべての教会の鐘が鳴り響き、フランス騎兵隊のトランペットとフランス歩兵隊のビューグルがオー・シャン(フランスのラスト・ポスト(英語版))を奏でた。その後、地元の1000人の学童たちが先導し、フランス軍の分隊が護衛する1マイルに及ぶ行列は、港に向かって下っていった。 棺が駆逐艦ヴェルダン(英語版)の通路に運ばれる前に、岸壁でフェルディナン・フォッシュ元帥は敬礼し、ボートスワインズ・コール(英語版)とともに乗船した。ヴェルダンは正午前に停泊し、6隻の戦艦の護衛と合流した。 棺を積んだ船団がドーヴァー城に近づくと、元帥級の礼砲19発で迎えられた。棺は11月10日に西部ドックのドーヴァー海洋鉄...

    埋葬から1年後の1921年10月17日、この無名戦士はジョン・パーシング将軍の手からアメリカ軍最高の武勲勲章である名誉勲章を授与された。1921年11月11日には、アメリカの無名戦士(英語版)にヴィクトリア十字章が授与された。 1923年4月26日にエリザベス・ボーズ=ライアンがヨーク公アルバート(後の国王ジョージ6世)と結婚した時、彼女はウェストミンスター寺院で無名戦士の墓に花束を捧げた。 1915年にルーの戦い(英語版)で戦死した兄のファーガス(英語版)(その名はルー・メモリアル(英語版)にも行方不明者として記されていたが、2012年には新たな墓石がヴェルメルズの採石場に建立された)への敬意を表しての献花だった。 現在では寺院で結婚した王室の花嫁は挙式翌日、墓にブーケを供える様になり、公式の結婚式の写真はすべて撮影されている。また、ヨーク公アルバート王子とエリザベス・ボーズ=ライアンの結婚式のために特別な赤絨毯で覆われなかった唯一の墓でもある。 2002年に没する前、エリザベス王太后は無名戦士の墓に彼女の花輪を置くことを希望した。王太后の葬儀翌日、娘のエリザベス2世女王が花輪を置いた。 イギリスの無名戦士は100名の最も偉大な英国人の世論調査で76位となった。慈善団体であるLMS=パトリオット・プロジェクト(英語版)は、「無名戦士」の名を冠した新しい蒸気機関車を作っている。この新しい機関車は、新しいナショナル・メモリアル・エンジンとしてイギリス在郷軍人協会(英語版)によって承認されている。この機関車を作るための公募が2008年に開始された。無名戦士号は、休戦100周年の1年遅れの2019年1月までに完成する予定であった。 70カ国以上の国家元首が無名戦士を追悼して花輪を捧げている。 無名戦士の埋葬から100周年の当日、エリザベス女王、チャールズ皇太子、ボリス・ジョンソン首相が出席した記念式典がウェストミンスター寺院で行われ、BBCによって全国に向けて生中継された。桂冠詩人(英語版)のサイモン・アーミテージ(英語版)が書き下ろしの詩「The Bed」を朗読した。

  3. 本当に人が埋葬されているの?. イギリスの世界遺産「ウェストミンスター寺院」まとめ. 今回は、イギリスにある「ウェストミンスター寺院」をご紹介します。. 英王室のウイリアム王子とキャサリン・ミドルトンさんの結婚式で有名になった寺院です ...

  1. Anuncio
    relacionado con: ウェストミンスター寺院 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!