Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 33 resultados de búsqueda
  1. en.wikipedia.org › wiki › Toghrul_IIIToghrul III - Wikipedia

    In 1160, Sultan Suleiman-Shah named Arslan Shah his heir and gave him governorship of Arran and Azerbaijan, fearful of the power of Eldiguz. Contents 1 Status of the Empire in 1160 2 Reign of Arslan Shah II 3 Reign as figurehead Sultan 4 Events between 1187 – 1190 5 Events of 1192 - 1194 5.1 Truce with Shah Tekish 6 Breaking the Truce

    • Arslan Shah
    • 1176-1194
    • Arslan Shah
    • Office abolished
    • География
    • История
    • Национальный Состав
    • см. также

    Серый Клин — название пространства, охватывающего бывший Степной край, то есть современный северный Казахстан, юг Омской области, Барабинскую степь в Новосибирской области, Кулундинскую степь — частично в Новосибирской, а частично в Алтайском крае, а также некоторые другие районы Алтая.

    Впервые украинцы появились на просторах Сибири вместе с отрядами Ермака Тимофеевича: среди ермаковских казаков упоминаются «черкасы». Одним из них был знаменитый Черкас Александров, участник Ермакового похода (вероятно, первый историограф Ермака) и посольства до Ивана Грозного, а с 1598 — атаман тобольских служилых конных татар. От первых десятилет...

    По переписи 1926 в степном краю проживало 1 358 000 украинцев. Выделяют полосу шириной 150—500 км, в которой украинцы составляли большинство. Её площадь 460 тыс. км², в том числе 405 тыс. км² в Казахстане и 5,5 тыс. км² в Сибири. Она простиралась почти на 2 000 км от Оренбурга на Западе до Семипалатинска в предгорье Алтайских гор на Востоке. На это...

    • укр. Сіра Україна, Серая Украина
    • XIX век — наши дни
    • Leben
    • Das Barbarossa-Bild Der Nachwelt
    • Quellen
    • Literatur
    • Weblinks
    • Anmerkungen

    Herkunft und Aufstieg der Staufer

    Friedrich entstammte dem adligen Geschlecht der Staufer. Dieser Name ist jedoch eine Begriffsfindung der Historiker aus dem 15. Jahrhundert. Die Ahnen väterlicherseits waren unbedeutend und wurden nicht überliefert. Abstammung und Herkunft der Familie sind bis heute ungeklärt. Der Familie gelang es durch konsequente Nutzung von Klostervogteien, kluge Inanspruchnahme der Ministerialität und enge Zusammenarbeit mit Klerus und Volk der Bistümer Würzburg, Worms und Speyer ihre Herrschaftsposition...

    Königswahl

    Bereits zwei Wochen nach dem Tod Konrads wählten die Fürsten am 4. März 1152 in Frankfurt am Main seinen Neffen Herzog Friedrich III. von Schwaben, den Sohn des Thronkandidaten von 1125, zum neuen König. Otto von Freising zeichnet das Bild einer einmütigen Königserhebung und zwangsläufigen Nachfolge Friedrichs. Friedrich sei gewählt worden, da er den beiden verfeindeten Familien der Heinrici de Gueibelinga (Heinriche von Waiblingen) und der Guelfi de Aldorfio (Welfen von Altdorf) angehöre; er...

    Personelle Veränderungen und Kontinuitäten

    Mit der Königsherrschaft Barbarossas setzte eine Verschiebung der Machtstruktur besonders bei den weltlichen Fürsten am Hof ein: Die beiden Welfen Heinrich der Löwe und Welf VI. wurden als ehemalige Gegner des alten Königs Konrad zuverlässige Vertraute des neuen Königs und besuchten von allen Fürsten am regelmäßigsten den Königshof. Welf VI. wurde im Juni 1152 erstmals als „Herzog von Spoletto und Markgraf von Tuszien und Fürst von Sardinien“ bezeichnet. Neben den Welfen tauchten auch die Wit...

    Beurteilung im Mittelalter

    In der historiographischen Überlieferung vollzog sich ein Wandel der Leitbilder und Normen. Neben traditionellen christlichen Normvorstellungen (clementia, misericordia, humilitas) trat in der stauferfreundlichen Geschichtsschreibung das sich im 12. Jahrhundert ausbildende ritterliche Herrscherideal stärker hervor. In den Kämpfen Barbarossas mit den italienischen Städten werden die heldenhafte Tapferkeit und die überlegene Kampfkraft des Herrschers als ritterlicher Held demonstriert. Die gegn...

    Rezeption

    In der Erinnerung war zunächst Friedrich II. bedeutsamer als sein Großvater Friedrich I. Barbarossa. Der Kaiser werde am Ende der Zeiten zurückkommen und Reich und Kirche erneuern. Zum Ende des Mittelalters wurde diese Vorstellung allmählich von den Humanisten auf Friedrich I. Barbarossa übertragen, denn Friedrich II. verbrachte mit 28 von 39 Herrschaftsjahren die meiste Zeit in Italien und konnte daher kein geeigneter Repräsentant Deutschlands sein. Im Volksbuch von Kaiser Friedrich Barbaros...

    Geschichtsbilder und Forschungsperspektiven

    Die Historiker des 19. Jahrhunderts fragten nach den Gründen für die verspätete Entstehung des deutschen Nationalstaats. Sie suchten im Mittelalter nach den Gründen für dieses Geschehen und insbesondere nach den Ursachen für die Schwäche des Königtums. Die national gestimmten Historiker beschrieben die Geschichte des mittelalterlichen deutschen Reiches unter dem Gesichtspunkt der Macht. Die mittelalterlichen Könige und Kaiser wurden als frühe Repräsentanten einer auch für die Gegenwart ersehn...

    MGH, Diplomata regum et imperatorum Germaniae, Bd. X/1–5, Friderici I. Diplomata. Bearbeitet von Heinrich Appelt, Hannover 1975–1990.
    Otto von Freising und Rahewin, Gesta Frederici seu rectius Cronica (= Ausgewählte Quellen zur deutschen Geschichte des Mittelalters, Freiherr vom Stein-Gedächtnisausgabe.) Bd. 17. Übersetzt von Ado...
    Das Geschichtswerk des Otto Morena und seine Fortsetzer über die Taten Friedrichs I. in der Lombardei (= MGH Scriptores rerum Germanicarum, Nova Series.Bd. 7). Herausgegeben von Ferdinand Güterbroc...

    Allgemeine Darstellungen 1. Knut Görich: Die Staufer. Herrscher und Reich. 4., durchgesehene und aktualisierte Auflage. Beck, München 2019, ISBN 978-3-406-73805-0. 2. Werner Hechberger, Florian Schuller (Hrsg.): Staufer & Welfen. Zwei rivalisierende Dynastien im Hochmittelalter. Pustet, Regensburg 2009, ISBN 978-3-7917-2168-2. (Rezension) 3. Hagen ...

    Literatur von und über Friedrich I. im Katalog der Deutschen Nationalbibliothek
    Werke von und über Friedrich I. in der Deutschen Digitalen Bibliothek
    Heiner Wember: 29.07.1167 - Kaiser Barbarossa erobert die Peterskirche in Rom WDR ZeitZeichenvom 29. Juli 2017. (Podcast)
    • Friedrich Barbarossa
    • Kaiser des Heiligen Römischen Reiches
    • um 1122
    • Friedrich I.
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 平治の乱平治の乱 - Wikipedia

    • 背景
    • 二条親政派の攻勢
    • 経過
    • 戦後
    • 影響
    • 異説
    • 年表
    • 平治の乱を扱った作品
    • 参考文献
    • 関連項目

    信西の執政

    保元元年1156年の保元の乱に勝利した後白河天皇は、同年閏9月に『保元新制』と呼ばれる代替わり新制を発令した。「九州の地は一人の有なり。王命の外、何ぞ私威を施さん」と王土思想を強く宣言したこの新制は、荘園整理令を主たる内容としていた。鳥羽院政期は全国に多くの荘園が形成され、各地で国務の遂行をめぐって紛争が起きていた。この荘園整理令はその混乱を収拾して、全国の荘園・国衙領、公領を天皇の統治下に置くことを意図したものであり、荘園公領制の成立への大きな契機となった新制と評価されている。その国政改革を立案・推進したのが、後白河の側近である信西であった。 信西は改革実現のために、記録所を設置する。長官である上卿には大納言・三条公教が就任、実務を担当する弁官からは右中弁・藤原惟方、左少弁・源雅頼、右少弁・藤原俊憲(信西の嫡子)が起用され、その下で21人の寄人が荘園領主から提出された文書の審査、本所間の争論の裁判にあたった(後白河が「暗主」であるという信西の言葉は、この記録所の寄人だった清原頼業が九条兼実に後年語ったものである)。さらに内裏の復興にも着手して、保元2年(1157年)10月に再建...

    平氏一門の台頭

    国政改革推進のため、信西は平清盛を厚遇する。平氏一門は北面武士の中で最大兵力を有していたが、乱後には清盛が播磨守、平頼盛が安芸守、平教盛が淡路守、平経盛が常陸介と兄弟で四ヶ国の受領を占めてさらに勢力を拡大した。また、荘園整理、荘官・百姓の取り締まり、神人・悪僧の統制、戦乱で荒廃した京都の治安維持のためにも、平氏の武力は不可欠だった。大和守に平基盛が任じられたのも、平氏に対する期待の現れといえる。大和は興福寺の所領が充満していて、これまで国検をしようとしても神人・悪僧の抵抗によりことごとく失敗に終わっていた。清盛は武力を背景に国検を断行する一方、寺社勢力の特権もある程度は認めるなど柔軟な対応で、大和の知行国支配を行った。さらに清盛は大宰大弐に就任することで日宋貿易に深く関与することになり、経済的実力を高めた。信西は、自らの子・藤原成範と清盛の女(後の花山院兼雅室)の婚約によって平氏との提携を世間に示し、改革は順調に進行するかに見えた。

    しかし、ここにもう一つ別の政治勢力が存在していた。美福門院を中心に東宮・守仁の擁立を図る勢力(二条親政派)である。美福門院は、鳥羽法皇から荘園の大半を相続して最大の荘園領主となっており、その意向を無視することはできなかった。美福門院はかねてからの念願であった、自らの養子・守仁の即位を信西に要求した。もともと後白河の即位は守仁即位までの中継ぎとして実現したものであり、信西も美福門院の要求を拒むことはできず、保元3年(1158年)8月4日、信西と美福門院の協議により後白河天皇は守仁親王に譲位した(二条天皇)。ここに、後白河院政派と二条親政派の対立が始まることになる。二条親政派は藤原経宗(二条の伯父)・藤原惟方(二条の乳兄弟、記録所の弁官の一人)が中心となり、美福門院の支援を背景に後白河の政治活動...

    三条殿襲撃

    12月9日深夜、藤原信頼と信頼に同心した武将らの軍勢が院御所・三条殿を襲撃する。信頼らは後白河上皇・上西門院(後白河の同母姉)の身柄を確保すると、三条殿に火をかけて逃げる者には容赦なく矢を射掛けた。警備にあたっていた大江家仲・平康忠、一般官人や女房などが犠牲となるが、信西一門はすでに逃亡していた。信頼らは後白河と上西門院を二条天皇が居る内裏内の一本御書所に移して軟禁状態にした(ただし、『愚管抄』には後白河は「すゑまいらせて」とあり、信頼は一本御書所に後白河を擁したとも解される記述をしている)。後白河を乗せる車は源師仲が用意し、源重成・源光基・源季実が護送した。源光基は美福門院の家人・源光保の甥であり、京都の治安を預かる検非違使別当は藤原惟方であることから、クーデターには二条親政派の同意があったと推測される。翌10日には、信西の子息(俊憲・貞憲・成憲・脩憲)が捕縛され、22日に全員の配流が決定した。13日、信西は山城国田原に逃れ、土中に埋めた箱の中に隠れたが、発見されて掘り起こされる音を聞き、喉を突いて自害した。光保は信西の首を切って京都に戻り、首は大路を渡され獄門に晒された。 信...

    二条天皇の六波羅行幸

    清盛は、熊野詣に赴く途中の紀伊国で京都の異変を知った。動転した清盛は九州へ落ち延びることも考えるが、紀伊の武士・湯浅宗重や熊野別当・湛快の協力により、17日帰京する。帰京までに、伊藤景綱・館貞保などの伊賀・伊勢の郎等が合流した。一方、義朝はクーデターのため隠密裏に少人数の軍勢を集めたに過ぎず、合戦を想定していなかった。京都の軍事バランスは大きく変化し、信頼の優位は揺らぐことになる。信西と親しかった内大臣・三条公教は信頼の専横に憤りを抱き、清盛を説得するとともに二条親政派の経宗・惟方に接触を図った。二条親政派にすれば信西打倒を果たしたことにより、信頼ら後白河院政派は用済みとなっていた。公教と惟方により二条天皇の六波羅行幸の計画が練られ、藤原尹明(信西の従兄弟・惟方の義兄弟)が密命を帯びて内裏に参入する。25日早朝、清盛は信頼に名簿を提出して恭順の意を示し、婿に迎えていた信親を送り返した。信頼は清盛が味方についたことを喜ぶが、義朝は信親を警護していた清盛の郎等(難波経房・館貞保・平盛信・伊藤景綱)が「一人当千」の武者であることから危惧を抱いたという(『古事談』、ただし同書は18日のこ...

    六波羅合戦

    信頼側の戦力は、三条殿襲撃に参加した源義朝・源重成・源光基・源季実、信西を追捕した源光保らの混成軍であった。義朝配下の軍勢は、子息の義平・朝長・頼朝、叔父・義隆、信濃源氏の平賀義信などの一族、鎌田政清・後藤実基・佐々木秀義などの郎等により形成され、義朝の勢力基盤である関東からは、三浦義澄・上総広常・山内首藤氏などが参戦したに過ぎなかった。義澄は義平の叔父、広常は義朝を養君として擁立していた上総氏の嫡子、山内首藤氏は源氏譜代の家人であり、いずれも義朝と個人的に深い関係を有する武士である。保元の乱では国家による公的な動員だったのに対して今回は反乱のための隠密裏の召集であり、義朝が組織できたのは私的武力に限られ兵力は僅少だったと推測される。 清盛は内裏が戦場となるのを防ぐために六波羅に敵を引き寄せる作戦を立て、嫡男・重盛と弟・頼盛が出陣した。『平治物語』では重盛と義平が待賢門で一騎討ちを繰り広げ、御所の右近の橘・左近の桜の間を7度も義平が重盛を追い回した、頼盛が退却中に敵に追いつかれそうになり重代の名刀「抜丸」で辛くも撃退した、という逸話が出てくるがこれらは話を盛り上げるための創作と思...

    後白河院政派の壊滅

    藤原信頼・成親は仁和寺の覚性法親王のもとへ出頭した。清盛の前に引き出された信頼は自己弁護をするが、信西自害・三条殿襲撃の首謀者として処刑された。成親は重盛室の兄という理由で助命され、解官されるに留まった。逃亡していた師仲は、神鏡を手土産に六波羅に出頭するが処罰は厳しく、下野国への配流が決定した。 義朝は東国への脱出を図るが途中で頼朝とはぐれ、朝長・義隆を失い、12月29日尾張国内海荘司・長田忠致の邸にたどり着いたところを鎌田政清とともに殺害された。義朝と政清の首は、正月9日、京都で獄門に晒された。義平は18日、難波経房の郎等・橘俊綱に捕らえられ、21日、六条河原で処刑される。頼朝も2月9日、頼盛の郎等・平宗清に捕まりやはり処刑されるところを、清盛の継母・池禅尼の嘆願で助命された。 この背景には頼朝が若年であったことに加え、彼がすでに上西門院の蔵人をつとめていたため、上西門院とその近臣である熱田大宮司家(頼朝の生母が熱田大宮司家の出身であり、頼朝自身も熱田神宮で生を受けた)が待賢門院(後白河上皇・上西門院の母)近臣家出身の池禅尼に働きかけた可能性が考えられる。義朝と行動を共にした源...

    経宗・惟方の失脚

    合戦の終息した12月29日、恩賞の除目があり、頼盛が尾張守、重盛が伊予守、宗盛が遠江守、教盛が越中守、経盛が伊賀守にそれぞれ任じられ、平氏一門の知行国は乱の前の5ヶ国から7ヶ国に増加した。同日、二条天皇は美福門院の八条殿に行幸し、清盛が警護した。翌永暦元年(1160年)正月、二条は近衛天皇の皇后だった藤原多子を入内させ、自らの権威の安定につとめた。実権を握った二条親政派の経宗・惟方は、後白河に対する圧迫を強めることになる。正月6日、後白河が八条堀河の藤原顕長邸に御幸して桟敷で八条大路を見物していたところ、堀河にあった材木を外から打ちつけ視界を遮るという嫌がらせを行った。後白河は激怒して清盛に経宗・惟方の捕縛を命じ、2月20日、清盛の郎等である藤原忠清・源為長が二人の身柄を拘束、後白河の眼前に引き据えて拷問にかけた。貴族への拷問は免除されるのが慣例であり、後白河の二人に対する憎しみの深さを現わしている。経宗・惟方の失脚の理由としては、信西殺害の共犯者としての責任を追及されたことによるものと見られる。 2月22日、信西の子息が帰京を許され、入れ替わりに3月11日、経宗が阿波、惟方が長...

    平氏政権の成立

    後白河上皇と二条天皇の対立は双方の有力な廷臣が共倒れになったため小康状態となり、「院・内、申シ合ツツ同ジ御心ニテ」(『愚管抄』)とあるように二頭政治が行われたが、乱勝利の最大の貢献者である清盛はどちらの派にも与することなく慎重に行動した。平氏一門は院庁別当・左馬寮・内蔵寮などの要職を占め、政治への影響力を増大させた。平氏の知行国も平家貞が筑後守、藤原能盛が壱岐守・安芸守、源為長が紀伊守となるなど、一門だけでなく郎等にも及びその経済基盤も他から抜きん出たものとなった。さらに多くの軍事貴族が戦乱で淘汰されたため、京都の治安維持・地方反乱の鎮圧・荘園の管理の役割も平氏の独占するところとなり、国家的な軍事・警察権も事実上掌握した。清盛はその経済力・軍事力を背景に朝廷における武家の地位を確立して、永暦元年(1160年)6月に正三位に叙され、8月に参議に任命され、武士で初めて公卿(議政官)の地位に就いた。やがて一門からも公卿・殿上人が輩出し、平氏政権を形成していったのである。

    後白河上皇が平治の乱の背後にいたとする説

    近年になって、河内祥輔が『平治物語』では、後白河上皇・二条天皇は藤原信頼に押籠められたことになっているが、『愚管抄』では二条は「とりまいらせ」、後白河は「すゑまいらせ」と区別され後白河が拘束を受けたとは書かれていないこと、『公卿補任』によると、信西の子・俊憲の配流先の変更(越後国⇒阿波国)が信頼一派の壊滅後の翌年正月に行われている(配流を命じた信頼らが謀反人として討たれても、信西一族への処分は取り消されていない。2月になって赦免が出される)ことなどを挙げ、藤原信頼の信西殺害は後白河の命令によるものであったとする説を提示している。 同説ではそもそも鳥羽法皇が後継者として指名したのは二条天皇であり、後白河はその即位までの中継ぎに過ぎず鳥羽法皇の死去によって本来であれば院政を行う資格のない後白河上皇が形式的に院政を行うことになったものとする。信西は経歴的に「鳥羽法皇の側近」であって、法皇の生前の意向通りに二条天皇による親政を実現させる役割を担っており、将来的には信西によって自己の院政が停止させられると考えた後白河が、二条の親政が始まる前に信西を排除して名実ともに自己の院政を実現させるた...

    保元の乱における源義朝への恩賞と平治の乱の関係を巡る説

    一方、その元木は平治の乱の原因とされてきた「保元の乱における論功行賞」の問題について、清盛が受領としては最上位で将来は公卿への昇進が約束されるのに対して、義朝は右馬権頭(後に左馬頭)に任じられて昇殿を許され、更に下野守重任、従五位上への昇進が認められたに過ぎない義朝が一族を犠牲しながらも奮闘した結果を考えると冷遇されてきたと考える古くからの見方に対して、恩賞の多寡を考えた場合正四位下刑部卿平忠盛の子で自身も保元の乱の段階で正四位下安芸守であった清盛と従五位下下野守であった義朝の間に格差がつくのは当然で、しかも父親や弟が謀叛人として処刑された義朝が院近臣の重職である左馬頭に任じられてなおかつ河内源氏で初めて昇殿を許されたことは「破格の恩賞」であって、義朝が恩賞に不満を持っていたとは考えられないとする説を提示している。これについては本郷和人や高橋昌明もこれを支持する見方を示している。 これに対して、古澤直人は左馬頭が源経基・源満仲父子が任じられて以来 清和源氏とゆかりが深い官職で、義朝が右馬助(下野守)から右馬権頭、更に左馬頭に昇進したのは一定の配慮の結果であることは認めている(古澤...

    年月日は出典が用いる暦であり、当時は宣明暦が用いられている
    西暦は宣明暦の元日に合わせて変更している

    ゲーム

    1. 保元・平治の乱 (ウォーゲーム日本史)

    保立道久『平安王朝』岩波新書、1996年、ISBN 4004304695
    網野善彦『日本社会の歴史(中)』岩波新書、1997年、ISBN 4004305012
    河内祥輔『保元の乱・平治の乱』吉川弘文館、2002年、ISBN 4642077871
    元木泰雄『保元・平治の乱を読みなおす』日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2004年。
    • 藤原信頼処刑・, 源義朝敗走後死亡、他信頼に与力した武将自害または処刑, 藤原経宗、藤原惟方ら配流
    • 12月9日, 二条親政派、藤原信頼, 12月26日, 藤原信頼, 2月20日, 藤原惟方藤原経宗(二条親政派)
    • 历史
    • 结构
    • 文化

    古代

    卢沟桥的所在位置,早年间是一处卢沟河[a]上的重要渡口。渡口处曾多次修建浮桥,但均已被毁:643。大定二十八年(1188年),金世宗为方便使者和旅人来往于卢沟河两岸,遂下令在卢沟河上修建一座石桥,但桥梁尚未建造,金世宗就已驾崩。金章宗继位后于大定二十九年(1189年)下令建造石桥,当年工程开工,三年后的明昌三年(1192年)修建完成,初建成时名为广利桥。又因桥梁位于卢沟河之上,故又名卢沟桥:392。此桥后经马可·波罗记入《马可·波罗游记》中:643,故又被称为“马可波罗桥”:489[b]。 自金代以来,卢沟桥的主要维修内容为桥面更换和栏板更换。金代和元代并未留下任何维修记录。明、清两代先后维修12次,分别为明永乐十年(1412年)、正统九年(1444年)三月:429、弘治三年(1490年)、嘉靖二十年(1541年)、嘉靖三十四年(1555年)、嘉靖三十五年(1556年)、清康熙元年(1662年)、康熙八年(1669年)十月初九日、雍正十年(1732年)、乾隆十七年(1752年)、乾隆五十年(1785年)、乾隆五十二年(1787年)。光绪三十四年(1908年),为将清德宗灵柩送至清...

    中华民国时期

    1914年,卢沟桥所设置的工税全部划归崇文门税关征收:117。1935至1936年间,卢沟桥两侧原有四坡瓦顶的碑亭因年久失修被全部拆除,“卢沟晓月”碑和乾隆石碑的碑亭被改建为无顶框架式石质碑亭。此外为防止桥面被常年碾压变形,桥面原本堆有大量砂土,后改为沥青混凝土面。桥面靠南侧另铺有一层专供马车使用的薄花岗岩石板。这一时期还曾经重修过部分望柱,所用石材相对较黑[c]。1933年,卢沟桥的碹脸曾被维修,方式为用青砖或水泥修补脱皮的表面。这次维修在水泥或青砖表面表面刻下了维修的年份:249-250。1937年7月7日晚,驻北平丰台日军河边旅团第一联队第三大队第八中队在卢沟桥北侧举行夜间演习,深夜时该部队中队长清水节郎以一名日军士兵失踪为由,要求进入宛平城搜查,同时要求驻守宛平城的中国军队全部撤出。驻守宛平城的国民革命军第二十九军拒绝了该要求,日军随即炮击宛平城和卢沟桥,二十九军第三十七师的团长吉星文随即率部反击,卢沟桥事变爆发。该事件成为全面抗战爆发的开端事件:382。

    中华人民共和国时期

    中华人民共和国成立后,卢沟桥起先归属河北省管辖,1950年9月开始交由北京市养护。1950年,卢沟桥整体重修。桥面的积土和杂草得到全部清理,全部11个桥洞两侧的碹脸全部用水泥涂抹,覆盖了原有的石质表面。同年当地人发现卢沟晓月碑亭的亭柱出现断裂情况。受限于资金和物资条件,这次修复仅将原物复位。1952年10月,桥面东侧的4节栏杆被撞入河中,捞起后发现两根望柱上的石狮已经无法复原。相关部门只得参照其他柱子上的狮子形态予以补刻。1956年9月下旬找到新石料后,北京市人民政府拨款重修了卢沟晓月碑亭。1957年至1958年,卢沟桥的石缝先后两次得到清理,并用水泥砂浆填实:250-251。1961年,卢沟桥被列为全国重点文物保护单位,宛平城被包含于同一单位中。1967年9月至1968年12月,卢沟桥望柱和石栏下方的地伏被全部拆除,原有石板铺设的桥面被开凿出57道沟槽,上方铺设钢筋混凝土板并铺设沥青,从原有的路面向两侧各挑出1米,路边还加装了电线和路灯:643;原有的望柱和石栏改用混凝土固定,为了调节栏杆的长度,施工人员替换掉了8块较短的石栏,更换掉了91根风化严重的望柱,同时调整了部分望柱的...

    桥体

    卢沟桥位于丰台区中部,宛平城西门外170米的永定河上,东西走向,通体石砌,是北京地区历史最悠久的大型联拱石桥:6, 392。宛平城与卢沟桥之间有石板路相连。桥身和引桥的总长268米,宽9.4米,其中桥身长212.75米。东侧引桥纵坡为5.4%,西侧引桥为4.5%:247-249。底部共有10个桥墩,宽6.5至7.9米不等,底部长4.5米至5.2米不等:643,无明显沉陷。底部面向上游一侧砌出分水尖,尖顶还铸有垂直的三棱柱形铁柱,以在冬天迎击冰块,保护桥墩;面向下游一面略作流线型向内收进,以利水流分散。桥墩上方以桥拱相连,共计11孔,顶部均为圆弧状,相连的两个孔均有一个共同的拱脚,各孔跨度不同:33,750-751,介于11.4米至13.45米之间。桥拱堆砌方法为纵联式,中心桥拱两面的碹脸和西侧第五拱各保留了一个龙头,形制上看应为金代原物。桥墩和桥拱的各块石材之间均用腰铁加强链接。桥面为花岗岩铺砌:247,桥面两侧共安装有281根望柱、279块石栏。每根望柱高约1.4米,柱头雕刻有仰覆莲座,座顶均有一组狮子,有的仅有1只大狮子,有的为1只大狮子带着若干小狮子。石栏上雕刻有花纹图案。...

    附属建筑

    在卢沟桥的两侧桥头各立有两根石雕华表。每根高4.65米,下方为须弥座,座上为八角石柱,石柱上半段由串有一根云版,柱头为仰覆莲座的圆盘,圆盘顶部各雕刻有一只石狮子。根据建筑风格推断,这些华表可能为金代原物,后世有所整修:122。 东侧桥头北侧立有清康熙七年修桥的碑记,通高5.78米,碑身高4.53米,顶部为螭首;宽1.17米,厚0.57米。西侧桥头北侧立有乾隆五十一年修桥的碑记,通高5.5米,龟趺座,座下雕刻有水漫、鱼、虾等纹饰;碑身高4.4米,宽1.18米,厚0.58米。桥东北侧立有乾隆御书“卢沟晓月”碑,通高4.52米,碑身高3.66米,宽1.27米,厚0.84米。该碑正面为“卢沟晓月”,背面为卢沟桥诗。碑外建有石质无顶碑亭,四角为龙柱,顶部为平板枋。西北侧为康熙御书碑,通高3.79米,须弥座,碑身高3.03米,宽0.96米,厚0.33米,正面为《察永定河诗》。碑外建有石质无顶碑亭,形制与卢沟晓月碑亭类似。:393:643

    自卢沟桥建成至今,民间创作了大量关于卢沟桥的传说和故事,题材包括卢沟桥的来历、桥梁修建、典型构件、附属景观、抗战故事等。1982年丰台区文学创作协会与丰台区文化馆联合编制了10余篇卢沟桥传说,发表于刊物《卢沟晓月》中。此后相关内容经过整合,集结为《卢沟桥的传说》出版发行。2007年,北京市将丰台区报送的“卢沟桥的传说”列入北京市第二批非物质文化遗产名录中:362。2014年11月11日,卢沟桥传说列入第四批国家级非物质文化遗产名录中:144。 燕京八景中,卢沟桥以“卢沟晓月”一景入列其中:194。1986年10月9日,“新北京十六景”群众投票评选结果出炉,卢沟桥排名第十四位,成功入围:532。1992年9月11日,卢沟桥举行建桥八百周年纪念碑揭幕仪式:533。

    • 革命遗址及革命纪念建筑物
    • 1-24
  3. pricode.eon.airlinemeals.net › content-https-enList of saints - Wikipedia

    20/05/2022 · navigation Jump search List Christian saints from 451 AD.mw parser output .hatnote font style italic .mw parser output div.hatnote padding left 1.6em margin bottom 0.5em .mw parser output .hatnote font style normal .mw parser output .hatnote...

  4. 20/05/2022 · Ultrasonics is a bimonthly peer reviewed scientific journal published by Elsevier and covering research on theory and application of ultrasonics in physics, biology, chemistry, medicine, underwater acoustics, industry, materials characterization, control, and other disciplines.