Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 27 resultados de búsqueda
  1. Lazare Carnot Lazare Nicolas Marguerite, Count Carnot ( French pronunciation: [lazaʁ nikɔla maʁɡəʁit kaʁno]; 13 May 1753 – 2 August 1823) was a French mathematician, physicist and politician. He was known as the "Organizer of Victory" in the French Revolutionary Wars and Napoleonic Wars . Contents 1 Education and early life 2 Political career

  2. В сентябре 1797 года Гамалеевский монастырь был упразднен, а Иероним Загоровский 14 января 1799 года был определен к переводу в Нижегородский Печерский монастырь; но по состоянию здоровью он отказался от нового ...

  3. Hace 1 día · John Crang Hancock (erwähnt 1770–1799), London Joachim Harbich (um 1840), Wien Carl Hardt (Anfang 20. Jahrhundert), Stuttgart Georg Hasska (Haschka) sr. (1772–1828), Wien Georg Hasska (Haschka) jr., Wien Ferdinand Hauck (1805–1871), Habelschwerdt, Niederschlesien John Isaak Hawkins (um 1801), Philadelphia Franz Anton Hayer (um 1820)

    • 早年生活
    • 从三级会议到制宪会议
    • 战争和审判国王
    • 雅各宾专政
    • 热月政變與被處死
    • 评价和影响
    • 参考文献
    • 外部链接

    罗伯斯比尔出生于法国北部亞多亞省(今加来海峡省)阿拉斯,父亲、祖父和曾祖父都是当地律师,传说是爱尔兰移民的后裔,他的姓“Robespierre”可能本來是“Robert Speirs”,後來以訛傳訛變成“Robespierre”。其父弗朗索瓦·巴泰勒米·馬克西米連·羅伯斯庇爾(法語:François Maximilien Barthélémy de Robespierre)在1758年1月2日和釀酒商的女兒賈桂琳·瑪格麗特·軋倭(法語:Jacqueline Marguerite Carrault)結婚。馬克西米連是4個孩子中的長子,父母結婚4個月後出生。1764年7月7日,羅伯斯庇爾的母親產下一個死胎,9天後去世,父親隨後離家出走,到處遊歷,1777年11月6日死於德國慕尼黑。羅伯斯比的兩個...

    1788年,法国面临经济政治危机,要求召开三级会议的呼声不断。罗伯斯比尔发表了《致阿图瓦人民书——论改革阿图瓦三级会议的必要性》(按当时的区划阿拉斯属于阿图瓦郡),叙述中世纪以来当地三级会议历史,强烈抨击阿图瓦贵族强佔了理应属于人民的权力,剥削压迫普通民众,呼吁进行制度改革。文章中提及路易十六時仍使用了尊敬的语言。 王室宣布召开三级会议后,他积极投入了竞选工作,成功当选为第三等级代表,1789年5月离开阿拉斯。在凡尔赛期间,他曾发言提议教会代表与第三等级联合,而在一位主教以救助饥荒为由劝说第三等级与一二等级合作时,他发言抨击教会生活奢侈。尽管他的演说不像米拉波等代表那样富于个人魅力,但他演讲的水準迅速提高,在三级会议及制宪会议期间共发言276次,在代表中排第20位。他在演讲中支持男性公民普选...

    1791年9月3日,制宪会议通过宪法,30日会议解散。由于罗伯斯比尔的提议,包括他本人在内的原制宪会议成员不能参加新成立的立法会议选举。他在制宪会议结束后返回故乡阿拉斯,直到11月才回到巴黎。在此期间,奥地利和普鲁士组成了第一次反法联盟,战争的阴云笼罩着法国。立法议会中吉伦特派的领袖之一布里索呼吁惩罚逃亡贵族并直接向列强发起主动进攻。国王和王后希望依靠外国势力恢复昔日的王权,也同样积极支持法国表现出强硬态度。 罗伯斯比尔返回巴黎后起先也拥护吉伦特派的好战立场,但随后改变了看法,从12月初起与布里索展开了长达数月的激烈辩论。除在雅各宾俱乐部发表演讲外,他还创办了《宪法保卫者报》表达自己的观点。他声明自己并非反对一切战争,但指出法国并未做好战争准备,人民手中缺乏武器,而军队掌握在贵族手中,而宫廷...

    1793年4月,国民公会开始迫害革命公社,逮捕马拉。5月26日,罗伯斯庇尔号召人民进行起义,清除国民公会中的吉伦特派。6月4日,他当选为新国民公会的主席,主持通过新宪法,保障公民享有人身、信仰、出版、请愿、结社的自由,有受教育和受社会救济的权利,规定如政府侵犯人民权利,人民有权起义。 7月13日,马拉被吉伦特派的拥护者夏绿蒂·科黛刺杀,26日國民公会授权救国委员会逮捕可疑分子,27日罗伯斯比尔参加救国委员会,改组革命法庭,简化审判程序,实行雅各宾专政,以革命的恐怖政策惩罚罪犯和革命的叛徒,史称“恐怖统治”,许多无辜的人都被诬告并杀害,成千上万人被送上断头台。其中包括国王的亲属和大部分贵族,有人批评这种政策为“诛九族”和违反人道。 救国委员会新组建革命军,一方面平定内乱,一方面击败外国干涉军,...

    1794年7月初,他开始停止参与救国委员会的工作。7月26日,他去国民公会发表了四小时的演讲,暗示将清算国民公会和救国委员会中的阴谋家和骗子。7月27日(热月9日),圣鞠斯特准备在国民公会发表演讲,虽然批评国民公会,但并未提出逮捕要求,具有妥协精神。但他的发言刚刚开始便被粗暴打断,国民公会随即通过逮捕罗伯斯庇尔及其支持者的法令,但罗伯斯比尔等人随即被公社解救。革命公社调集武装,但迟迟未接到明确指令,在夜深后开始解散。当晚,国民公会宣布剥夺他的公民权,公会卫队前往逮捕他,他的下颚被子弹击中,經過革命法庭不到半小時的審判,革命法庭宣布死刑,次日下午和圣鞠斯特、库东等追随者總共二十二人一起被送上断头台。这一事件历史上被称为热月政变。

    罗伯斯比尔是法国大革命中最有争议的人物之一,直到今日,除了在蒙特勒伊(巴黎郊區)一個羅伯斯庇爾地鐵站的和幾個街道約二十個鎮以他的名字命名外,在法蘭西沒有他的紀念館或紀念碑。由于他的手稿和笔记未能全部保存下来,为研究工作带来了很大困难,而对他的评估也往往反映出评论者本人的意识形态。 有些人认为他过于理想主义或思想僵硬,缺乏实际行动能力,但另一些人则认为他善于审时度势,能够抓住适当时机采取行动。批评者称他自我中心、疑心过重、不通人情;支持者则称赞他廉洁正直、目光敏锐,以国家和革命为重。一些人批评他见风使舵,不断改变立场,但也有人认为他坚持的原则和目标始终未变,只根据形势选择达到目标的不同手段。一般认为他在热月期间表现失常,引起国民公会恐慌,造成自己的失败。一些人猜测他当时对革命丧失信心,因此采取...

    《罗伯斯比尔选集》,罗伯斯比尔著;王养冲、陈崇武选编 华东师范大学出版社 ISBN 7-5617-0074-1
    《罗伯斯比尔》,热拉尔·瓦尔特(Walter, Gérard)著;姜靖藩等译 商务印书馆
    《罗伯斯比尔评传》,陈崇武著 华东师范大学出版社 ISBN 7-5617-0463-1
    互联网档案馆中马克西米连·罗伯斯庇尔的作品或与之相关的作品
    (法文) Association des Amis de Robespierre[永久失效連結]
    (法文) Les Annales historiques de la Révolution française (页面存档备份,存于互联网档案馆) 马迪厄创办的罗伯斯比尔学会(Société des études robespierristes)出版的季刊《法国革命史论丛》。
    • 形態
    • 分類
    • 生態
    • 人間との関係
    • 画像
    • 参考文献

    全長オス45 - 60センチメートル、メス39 - 55センチメートル。尾長オス10.5 - 15.2センチメートル、メス8.5 - 13センチメートル。全長はオスで最大630mm、メスで最大550mm、尾長は85 - 150mm、体重はオスで1 - 3kg、メスで0.7 - 1.8kg。胴体は細長く、流線型。尾は幅広く、扁平。全身には1cm²当たり600本以上の柔らかい体毛が生えている。体毛の色は背面は褐色から茶褐色で、腹面は乳白色である。外側の毛は水を弾き、内側の毛は保温性に優れている[要出典]。 被毛は一般的な哺乳類と同様であり、一次毛胞の周囲に2つの二次毛胞が付随する毛胞群から形成される特徴を有し、一次毛胞の中心保護毛と1本の下毛とからなる毛束、側部保護毛と数本の下毛からなる毛束が確...

    属名 Ornithorhynchus は、古代ギリシャ語で「鳥(ornia) + 嘴(rhynchos)」の意がある語に由来する。種小名 anatinus は、「カモのような・カモに似た」の意。原記載の属名 Platypus は「平たい足」の意。この属名は甲虫類の学名として既に用いられていたため、属名が変更された。 1798年に乾燥した毛皮が、ヨーロッパに持ち込まれた。その際にカモの嘴と哺乳類の部位を合成した、紛い物の剥製とみなされることもあった。カモノハシがヨーロッパ人によって最初に発見されたのは1798年のことであり、カモノハシの毛皮やスケッチが第2代ニューサウスウェールズ州総督であったジョン・ハンターにより、グレートブリテン王国へ送られた。1799年に『Naturalist's Mis...

    熱帯雨林(クイーンズランド州)から積雪のある山地(ニューサウスウェールズ州)にも生息する。河川や湖などに生息する。群れは形成せず単独で生活し、夕方や早朝に活動が最も活発になる薄明薄暮性である。 食性は動物食で、主に蜉蝣目・甲虫目・双翅目・蜻蛉目・毛翅目などの昆虫といった底棲の無脊椎動物を食べるが、甲殻類、二枚貝、ミミズ、魚類の卵、両生類の幼生なども食べる。水中では目を閉じて泳ぐが、くちばしで生体電流を感知し獲物を探す。動かなければ最大で11分ほど水中に潜っていることができるが、通常は1-2分程度である。 水辺に穴を掘って巣にする。巣穴の入り口は水中や土手にあり、さらに水辺の植物などに隠れ、外からはわからないようになっている。 繁殖期は緯度によるが8月から10月である。繁殖形態は哺乳類では非常...

    アボリジニからの呼称として、billadurong, mallangong, mallunggang, tambreetなどが記録されている。初期の入植者による呼称として、duckbill, duckmole, watermoleなどが挙げられる。 包括的な生息数の推移に関するデータはないものの、生息数は減少していると考えられている。家庭用・農業用・工業用の水の利用に伴う河川の流量の減少、都市開発や農地開発・林業などによる生息地の破壊、水質汚濁や重金属などによる水質汚染、漁業による混獲などによる影響が懸念されている。長期化する干ばつによる影響も懸念され、一方で気候変動による影響も懸念され北部個体群ではサイクロンに伴う洪水により繁殖率が低下しているという報告例もある。生息地では法的に保護の対象...

    Cath Jones and Steve Parish, Field Guide to Australian Mammals, Steve Parish Publishing, ,ISBN 1-74021-743-8
    ANIMAL, David Burnie, Dorling Kindersley, 2006, ISBN 9781740335782
    浅原正和『カモノハシの博物誌――ふしぎな哺乳類の進化と発見の物語』技術評論社、2020年。ISBN 978-4-297-11512-8。
  4. IC 1797 est une galaxie spirale barrée située dans la constellation du Bélier. Sa vitesse par rapport au fond diffus cosmologique est de (3871 ± 24) km/s, ce qui correspond à une distance de Hubble de 57,1 ± 4,0 Mpc (∼186 millions d' a.l.) 1. IC 1797 a été découvert par l'astronome français Stéphane Javelle en 1896 .

  5. it.wikipedia.org › wiki › ViterboViterbo - Wikipedia

    Hace 5 horas · la città sorge a 326 metri sul livello del mare, con una superficie di 406,23 km², che la pone al secondo posto tra i comuni del lazio, all'interno di un ampio falsopiano, situato sulle prime pendici settentrionali del monte palanzana (che i viterbesi chiamano semplicemente la palanzana ), appartenente al gruppo dei monti cimini, rilievi di …