Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 8 resultados de búsqueda
  1. Anuncios
    relacionados con: 1842年 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Find Info Answersite.com. Search From Wikipedia Today!

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 水戸市水戸市 - Wikipedia

    Hace 1 día · 1842年(天保13年):徳川斉昭が藩主となり幕末に水戸藩が政治的に重要な地域になる。 明治から第二次世界大戦まで. 1871年(明治3年)8月29日:廃藩置県により茨城県に属し、水戸は県庁所在地となった。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 彦根市彦根市 - Wikipedia

    Hace 1 día · 1842年(天保13年):彦根藩第14代藩主・井伊直亮治世下で湖東焼「絹屋窯」が召し上げられ、藩直営となる。 1850年(嘉永3年)10月2日(11月5日):井伊直弼が彦根藩第15代藩主に就任。江戸幕府の掃部頭(掃部寮長官)に就任。

    • 日本
    • 彦根市章, 彦根市の中心にある金亀山(彦根山)の亀甲をかたどり、外枠右側に「ヒ」、左側に「コ」、中心に「ネ」を配して図案化したもの。, 1938年(昭和13年)4月11日制定。
  3. Hace 1 día · 1842年 - ジェームズ・ブルックがサラワク王国の国主となる。 1855年 - イギリスとシャムが通商貿易に関する ボーリング条約 (英語版) (不平等条約)を締結。 1874年 - イギリス領マラヤ成立。錫鉱床の開発が進む。

  4. ja.wikipedia.org › wiki › ペルーペルー - Wikipedia

    • 国名
    • 歴史
    • 政治
    • 軍事
    • 外交
    • 地方行政区分
    • 地理
    • 経済
    • 国民
    • 文化

    公用語による正式名称は、スペイン語表記では「República del Perú (レプブリカ・デル・ペルー)」。ケチュア語、アイマラ語表記は共に「Piruw」である。通称は Perú。公式の英語表記は「Republic of Peru (リパブリック・ オヴ ・ペルー)」で、国民・形容詞はPeruvianで表される。日本語表記による正式名称の訳はペルー共和国。通称はペルー。漢字表記では秘露, 平柳と記される。 ペルーという言葉の語源には諸説あるが、16世紀始めにパナマ地峡のサン・ミゲル湾付近を支配していたビルーという首長に由来し、パナマの南にビルーという豊かな国が存在するとの話を当地の先住民から伝え聞いたスペイン人が転訛してピルーと呼ぶ様になり、それがペルーになったというものが最も有力な説である。その後、スペイン人のコンキスタドールによってインカ帝国はペルーと呼ばれ、そこからペルーという言葉がこの地域を指す名称となった。植民地時代にはペルー副王領が成立し、19世紀に独立した後もペルーの名が用いられている。

    先コロンブス期

    紀元前3000年から紀元前2500年頃にスーペ谷に、カラル(Caral)という石造建築を主体とするカラル遺跡(ノルテ・チコ文明(英語版))が現れる。 1000B.C.頃 - 200B.C.頃、アンデス山脈全域にネコ科動物や蛇、コンドルなどを神格化したチャビン文化が繁栄する。その後、コスタ(es)北部にモチェ文化がA.D.100頃 - A.D.700頃、現トルヒーリョ市郊外に「太陽のワカ」「月のワカ」を築き、コスタ南部では、A.D.1頃 - A.D.600頃に、信仰や農耕のための地上絵を描いたナスカ文化が繁栄した。 紀元800年ごろ、シエラ(es)南部のアヤクーチョ盆地にワリ文化が興隆した。ティワナクの宗教の影響を強く受けた文化であったと考えられ、土器や織物に地域色は見られるものの統一されたテーマが描かれること、いわゆるインカ道の先駆となる道路が整備されたこと、四辺形を組み合わせた幾何学的な都市の建設などからワリ帝国説が唱えられるほどアンデス全域にひろがりをみせ、1000年頃まで続いたと考えられる。コスタ北部のランバイエケ地方には、金やトゥンバガ製の豪華な仮面で知られるシカン文化が...

    タワンティン・スウユの繁栄と滅亡

    15世紀になりクスコ周辺の南部の山岳地帯が、1438年に即位したケチュア人の王パチャクテクによって軍事的に統一されると、以降は征服戦争を繰り広げて急速に勢力を拡大してきた、ケチュア人によるタワンティン・スウユ(ケチュア語族: Tawantin Suyu、インカ帝国)によってペルー、および周辺のアンデス地域は統合される。 続くトゥパク・インカ・ユパンキの代になると、チムー王国も1476年頃に征服されて、その支配体制に組み込まれた。続くワイナ・カパックの征服によりアンデス北部にも進出し、アンデス北部最大の都市だったキトを征服することになる。またワイナ・カパックはマプーチェ人と戦ってチリの現サンティアゴ・デ・チレ周辺までと、アルゼンチン北西部を征服し、ユパンキの代から続いていた征服事業を完成させ、コジャ・スウユ(ケチュア語族: Colla Suyo、「南州」)の領域を拡大させると共にインカ帝国の最大版図を築いた。 インカ帝国はクスコを首都とし、現ボリビアのアイマラ人の諸王国や、チリ北部から中部まで、キトをはじめとする現エクアドルの全域、現アルゼンチン北西部を征服し、その威勢は現コロンビ...

    スペイン植民地時代

    植民地下のペルーでは、最初期は南アメリカ全体を統括していたペルー副王領の首都が高山のクスコから太平洋沿岸のリマに移され、金銀などの鉱物の搾取が宗主国スペインによって行われた。ミタ制によってポトシ鉱山開発に酷使された先住民の多くは苦役の末に死亡し、その数は100万人とも言われる。どれだけの人口減があったかは定かではないが、少なくとも全盛期にインカ帝国の人口が1600万人が最高だといわれたのが、18世紀末のペルーでは108万人になったといえば、その凄まじさが理解できるであろう。 このような状況の中で1780年、インディヘナやメスティーソは、クリオージョに対する反抗とスペイン王への忠誠を唱え、トゥパク・アマルー2世を首謀者にした反乱(スペイン語版、英語版)(1780年 - 1782年)を起こした。この反乱は、当初は白人も含んだ大衆反乱だったが、次第にインカ帝国の復興という目標を掲げて、白人に対する暴行、殺害が相次ぐようになると、当初協力的だった白人の支持も次第に失って行き、トゥパク・アマルー2世は遂に部下の裏切りにより捕らえられ、先祖と同様にクスコの広場で処刑された。

    大統領を元首とする共和制国家であり、行政権は大統領が行使する。大統領、副大統領共に普通選挙によって選出され、任期は5年。現行の憲法は1993年憲法であり、同憲法の規定では大統領の権限が強力であるが、大統領の再選は2000年の憲法改正により禁止されている。また、大統領によって首相に当たる閣僚評議会議長が任命される。 立法権は一院制の共和国議会によって担われ、議会の定数は120人となっている。 司法権は最高裁判所によって担われる。 1980年頃から反政府左翼ゲリラの活動が活発になった。センデロ・ルミノソとトゥパク・アマルー革命運動(MRTA)が反政府活動の主流である。これら左翼ゲリラの活動と軍との衝突によって、農村部の人口を中心に3万人を超える犠牲者が出たと言われている。 1990年に誕生したフジモリ政権は治安回復に取り組んだが、少数与党であった為議会運営に問題を抱えていた。そのため議会と憲法を停止するという強引な方法で全権を掌握し、対ゲリラの治安対策と経済対策を行った。この手法は民主主義に反すると諸外国から抗議があったが、センデロ・ルミノソのグスマンをはじめとする左翼ゲリラの最高責任者を逮捕するなど治安回復に効果をあげた。経済政策にもインフレ抑制など特筆すべき成果を挙げており、貧困層からは未だ[いつ?]に人気が高い(要出典)。

    かつて徴兵制が敷かれており、成人男子は2年間の兵役の義務を有していたが、1999年に廃止されて志願兵制を採用している。 1960年代後半からベラスコ将軍の革命政権時代にソ連との友好が図られたため、1980年の民政化後もペルー軍は基本的には東側の装備である。ペルーにおいて軍隊、特に陸軍はメスティーソやチョロといった貧しい階層の出世が可能な唯一の組織であったといっても過言ではなく、サンチェス・セロやベラスコ・アルバラードなど、過去にクーデターで政権を握った軍人にもそういった階層の出身者は多かった。こうしたある意味で民主的な陸軍の伝統がある一方、対照的に海軍はイギリス海軍の影響を受けて貴族的であり、多くの機会において有色人種や身分の低い階層よりも白人が優先されていた。 軍隊は憲法の番人を自認しており、文民政権が違憲的な政策を行った場合にそれをたしなめ、憲法に沿った形で公正な政治を文民に行わせるのが、長らく軍隊の役割であるとされてきた。

    ペルーが参画する主な国際間組織等

    1. アンデス共同体 2. 南米諸国連合 3. ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体 4. ラテンアメリカ統合連合 5. ラテンアメリカの前進と発展のためのフォーラム 6. アジア太平洋経済協力 7. イベロアメリカ首脳会議 8. 環太平洋パートナーシップ協定

    24の県(departamentos)とカヤオ特別区(Provincia Constitucional del Callao)によって編成されている。 1. 北部 1.1. トゥンベス県(Tumbes) 1.2. ピウラ県 (Piura) 1.2.1. ワンカバンバ郡 1.3. カハマルカ県 (Cajamarca) 1.3.1. ハエン郡 1.4. アマソナス県(Amazonas) 1.5. ロレート県 (Loreto Region) 1.5.1. アルト・アマソナス郡、マイナス郡、マリスカル・ラモン・カスティージャ郡 1.6. ランバイエケ県(Lambayeque Region) 1.7. ラ・リベルタ県 (La Libertad) 1.7.1. パタス郡、ボリーバル郡、フルカン郡、サンチェス・カリオン郡、サンティアゴ・デ・チュコ郡、オトゥスコ郡 1.8. サン・マルティン県 (San Martín) 1.8.1. トカチェ郡、モヨバンバ郡、ベジャビスタ郡、エル・ドラード郡、ワジャガ郡(スペイン語版、英語版)、ラマス郡、マリスカル・カセレス郡、ピコタ郡、サン=マルティン郡 1. 中部 1.1. アンカシュ県 (Ancash) 1.1.1. パリャスカ郡、コロンゴ郡、シワス郡 1.2. ワヌコ県 (Huánuco) 1.2.1. ワカイバンバ郡、ワマリエス郡、レオンシオ・プラード郡、マラニョン郡、ワヌコ郡、アンボ郡、ドス・デ・マヨ郡、パチテア郡、プエルト・インカ郡 1.3. ウカヤリ県 (Ucayali) 1.3.1. パドレ・アバッド郡、コロネル・ポルティージョ郡 1.4. リマ県 (Lima) 1.4.1. カハタンボ郡(en)、バランカ郡(en)、オヨン郡(en)、ワウラ郡(en)、ワラル郡(en)、カンタ郡(en)、ワロチリ郡、ヤウヨス郡(en)、カニエテ郡(en) 1.5. パスコ県 (Pasco) 1.5.1. オクサパンパ郡ビジャ・リカ町、パスコ郡、オクサパンパ郡 1.6. フニン県 (Junín Region) 1.6.1. ワンカヨ郡サント・ドミンゴ・デ・アコバンバ町、コンセプシオン郡アンダマルカ町、サティポ郡、チャンチャマヨ郡、ハウハ郡、フニン郡、タルマ郡、チュパカ郡 1.7. カヤオ特別区(Callao) 1. 南部 1.1. イカ県(I...

    ペルーの国土は三つの地形に分けられ、砂漠が広がる沿岸部のコスタ(es、国土の約12%)、アンデス山脈が連なる高地のシエラ(es、国土の約28%)、アマゾン川流域のセルバ(es、国土の約60%)である。このように3つに分けられる地形に加え、さらにコスタとシエラでは北部、中部、南部の違いがあり、それも大きなペルーの地域性の違いとなっている。気候としてはペルーは基本的には熱帯であるものの、標高の差や南北の差により各地域で大きな違いがある。 コスタは太平洋から東に向けて標高500mまでの地点を指し、この幅50kmから150km程の狭い地域にペルー国民の半数以上が居住している。砂漠であるものの、フンボルト海流の影響で緯度の割には気温は一年を通して過ごしやすく、最も暑い2月の平均気温が22℃、最も寒い8月の平均気温も14℃であり、灌漑を行えば通年で農耕が可能な土地である。ただし、後述するように海流の関係で霧が発生し、湿度は非常に高い。冬の日はどんよりとした天気が続く。人が住めるのは古代からずっと砂漠の間を通る川の流域や、湧き水で出来たオアシスの周囲のみであり、前インカ期からこうした地域に古代文明が栄えていた。なお、こうした河川はコスタに50以上ある。 シエラはコスタの終わるアンデス山脈の西斜面の標高500m以上の地域から、東斜面の標高1,500m程までの地域を指し、その標高によってシエラ内でも幾つもの地域に細分化されている。標高2,000m以下の暑い地域をユンガといい、この地域ではコーヒー、果物などの亜熱帯作物が育つ。標高2,500mから3,500mまでの温暖な地域をケチュア(キチュア)といい、タワンティンスーユの中心だったクスコもこの範囲内にあった。この地域ではジャガイモが育つ。標高3,500mから4,100mの冷たく涼しい地域をスニといい、リャマやアルパカの放牧に適している。4,100m以上の人間の居住には適さないぐらい寒冷な地域をプーナと呼ぶ。 シエラの農村部では、インディヘナ(ペルーでは公式にはカンペシーノ=農民と呼ばれる)の農民が、インカ帝国時代とあまり変わらない形態の農業を続けており、アイユと呼ばれる村落共同体の伝統が未だ[いつ?]に重要な経済単位となっている。 セルバ(モンターニャ)はアンデス山脈東斜面の標高2,000m以下の地域を指す。標高2,000mから...

    IMFの統計によると、2013年のペルーのGDPは2,024億ドル(約22兆円)である。一人当たりのGDPは6,541ドルであり、世界平均の60%ほどの水準にある。アンデス共同体の加盟国、メルコスールの準加盟国であり、アジア太平洋経済協力と南米共同体の加盟国でもある。 現行の通貨はs/. ヌエボ・ソル Nuevo Sol(訳 : 新しいソル。ソルは太陽を表す。かつての通貨ソルに代わって導入された)その下に補助通貨単位としてセンティモ(Centimo)、s/.1=100Centimosが存在する。 産業の中心は、銅・鉛・亜鉛・銀・金などの鉱業である。特に銀は世界第2位の産出量である(2003年)。石油やガスなどの天然資源も産出する。ただし、鉱山の近くでは、適切な環境保全対策や、住民の保護が全く行われておらず、周辺住民は住まいを追われ、鉱毒に侵されている。 また、中華人民共和国に次いで世界第2位(2003年)の漁獲高を誇る水産業もペルーの主要な産業であると言える。

    植民地時代にリマがペルー副王領の首都であり、そのため独立前からクリオージョ支配層がグアテマラ、メキシコと並んでラテンアメリカで最も貴族的な階層を築き上げていた。独立後もその傾向が是正されず国民意識が白人層にしか共有されなかったという問題は現在[いつ?]も続く。しかし2001年7月28日 - 2006年7月28日までチョロ(インディオ系ペルー人)の愛称で有名になったアレハンドロ・トレドが大統領に上ったことから現在[いつ?]国民意識が変わりつつある。現在[いつ?]のペルー人に共通し、これがペルー人であるという答えは多様な人種から生まれた文化であることだ。 ペルーの民族構成はメスティーソ45%、インディヘナ(先住民、公式にはカンペシーノなどと呼ばれる)37%、ヨーロッパ系ペルー人15%、アフリカ系ペルー人、中国系ペルー人(華人)と日系をはじめとするアジア系ペルー人などその他3%とされており、非常に複雑で多様な人種から構成されている。長らく日系ペルー人は8万人といわれてきたが、この調査は数十年前に行なわれたものであり、しかも当時、ペルー国外に住む日系ペルー人は調査対象とはならなかったうえ、日本人の血の割合が低い混血の人たちをカウントしなかった。これらの事実と、その後の自然増を勘案すれば、現在[いつ?]の日系ペルー人は数十万に達している可能性がある。 インディヘナに関してはケチュア人とアイマラ人が圧倒的に多いが、セルバのアマゾン低地にも多数の民族集団があり、近年[いつ?]彼らの文化の独自性がどれだけ保たれるかが懸念されている。 アフリカ系ペルー人は植民地時代にコスタの大農園での労働力として導入された黒人奴隷の子孫である。アフリカ系ペルー人の文化はコスタの音楽や舞踊、宗教、食文化など広範な分野に大きな影響を与えている。 ヨーロッパ系ペルー人としては、植民地時代からのスペイン人の他に、イタリア人、フランス人、ドイツ人、バスク人などが1850年から1880年の間に2万人ほど流入した。 アジア系ペルー人としては、やはり1850年から1880年の間に10万人ほどの中国人(クーリー)が流入し、コスタの現地文化に同化した。中国人の導入が廃止された後は日本人が導入され、1899年から1923年までの間に2万1000人の日本人が契約移民として流入した。ヨーロッパ系もアジア系も移民は185...

    ペルーの文化はインカ帝国や、それ以前から続く前インカ期からのインディヘナの文化と、16世紀にペルーを征服したスペイン人の文化に根を持ち、その上にアフリカ系住民や近代になって移住してきたアジア系、ヨーロッパ系の諸民族の影響も受けている。

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 9月3日9月3日 - Wikipedia

    Hace 7 horas · 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 9月3日 (くがつみっか)は、 グレゴリオ暦 で年始から246日目( 閏年 では247日目)にあたり、年末まであと119日ある。.

  6. 27/10/2021 · リンク Wikipedia 外套 (小説) 「外套」(がいとう、露: Шинель)は、ニコライ・ゴーゴリの短編小説。1842年出版。 本作は近代ロシア文学の先駆けとなり、多くのロシア作家に影響を与えた。

  7. 26/10/2021 · 1842年(天保13年)には幕府も測量調査を実施したが 、莫大な費用及び周辺集落の反対により起工には至らなかった。 この間にもたびたび大洪水が発生し、 明治維新 後の 1869年 ( 明治 2年)に 白根 の庄屋、田沢与左衛門らが分水工事を 越後府 に請願 [4] 。

  1. Anuncios
    relacionados con: 1842年 wikipedia
  2. 100,000+ usuarios visitaron search.alot.com el mes pasado

    Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!

  3. 10,000+ usuarios visitaron answersite.com el mes pasado

    Find Info Answersite.com. Search From Wikipedia Today!