Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 13 resultados de búsqueda
  1. 16/06/2022 · 株式会社インターネットイニシアティブ ( 英: Internet Initiative Japan Inc. 、略称 IIJ )は、 日本 の 電気通信事業者 である。 東京証券取引所 プライム市場において 株式公開 している。 外資( 1992年 12月、AT&T Jens株式会社)に続き、商用サービスを開始した インターネットサービスプロバイダ (ISP)であり、 インターネット 接続、 仮想移動体通信事業者 (MVNO)、システム・インテグレーション、アウトソーシングなど 法人 向けが主要事業である。 ISP事業者に対する、ISP事業の OEM ・ 移動体通信事業者 (MNO)とのL2接続による 仮想移動体サービス提供者 (MVNE)も行っている。

    • 生活型と生活環
    • 進化
    • 分布
    • 系統と分類
    • 日本の種
    • 利用
    • 参考文献

    ヒカゲノカズラ科を含む全ての維管束植物は、その生活環に胞子をつくる胞子体と配偶子(卵と精子)を形成する配偶体を持ち、それが世代交代を行う。 ヒカゲノカズラ科の胞子体の生活型は地上生、着生または岩上性で、常緑多年生である。匍匐する地上性種には安定した開けた場所に「妖精の輪」と呼ばれる群落をつくるものがある。この輪の外周では盛んに匍匐茎が成長する一方、前年に成長した部分の群落が枯れる。その輪は円形となり、時間経過に伴い指数関数的に直径が大きくなる。1964年に直径11.25 m(メートル)と測定された輪は1839年に起源すると算定されている。 染色体基本数は x = 23, 31, 33?, 34, 35, 39。

    最古の化石記録は古生代のデボン紀である。Lycopodites はデボン紀中期から石炭紀で見つかり、現生のヒカゲノカズラ科につながる系統の祖先型と考えられる。小舌を印象化石や圧縮化石で確認することは難しいため、有舌類との区別は困難であるが、ヒカゲノカズラ類がデボン紀からほとんど形を変えずに現在に至ったことは間違いないと考えられている。 分子データからも、ヒカゲノカズラ科はデボン紀に分岐したと考えられている。また、本項(以下)に示すヒカゲノカズラ科内部系統である各亜科、ヒカゲノカズラ亜科(広義のヒカゲノカズラ属)、ヤチスギラン亜科(広義のミズスギ属)、コスギラン亜科(広義のコスギラン属)は何れも石炭紀に分岐したと考えられている。ヒカゲノカズラ類の網状紋のある三溝粒胞子の形態属 Retitril...

    全世界に分布し、熱帯に多い。温帯や北極地域に分布するものも存在する。全世界で約400種(PPG I (2016) では388種とされる)。単型属であるフィログロッサム Phylloglossum はオーストラリア周辺に限られる。 日本産のものは22種が認められる。

    上位分類

    1. ヒカゲノカズラ科を含む、より上位の関係に関しては「小葉植物」および「ヒカゲノカズラ綱」も参照。 現生ヒカゲノカズラ科は単独でヒカゲノカズラ目を形成し、イワヒバ科(イワヒバ目)、ミズニラ科(ミズニラ目)とともにヒカゲノカズラ綱を構成する。以下に現生のヒカゲノカズラ綱の系統関係を示す。

    内部系統

    Field et al. (2015) による分子系統解析に基づくヒカゲノカズラ科現生種の内部系統関係を示す。

    下位分類

    PPG I (2016) に基づく下位分類は以下の通りで、現生のものは16属に分けられる。現生属は旧来ヒカゲノカズラ属 Lycopodium と フィログロッサム属 Phylloglossum の2属に分けられていた。このうちヒカゲノカズラ属 Lycopodium s.l. は初期には、はっきりとした胞子嚢穂を作らず均等な二又分枝を行う Urostachya と、明らかな胞子嚢穂を持ち、不等二又分枝を行う Rhopalostachya の2亜属が識別されるとする考え方があった。このうち Urostachya 属は Urostachyaceae という別の科に置く考えもあった。分子系統解析の結果からヒカゲノカズラ属 Lycopodium s.l. はヒカゲノカズラ属 Lycopodium、ヤチスギラン属 lycopodiella、コスギラン属 Huperziaに分けられた(なおこれは下記の亜科にそれぞれ対応している)。この分類では特異な形質を持つフィログロッサム属がコスギラン属に内包されてしまうため、フィログロッサム属を維持するためにより細分化された。 1. ヒカゲノカズラ目 Ly...

    海老原 (2016)に基づき、日本産の全種を示す。但し、学名(属名)はPPG I (2016)のものを採用した。いずれもヒカゲノカズラ属 Lycopodium とされた経緯があるため、属名を Lycopodium とするシノニムも知られる。なお、エゾヒカゲノカズラ以外の変種は海老原 (2016)では採用されていない。

    ヒカゲノカズラは、植物体全体が神事に用いられる。また、マンネンスギは地上部全体を「立桂」として料理の飾りに用いる。 ヒカゲノカズラの胞子は「石松子」として丸薬の衣に用いられる。ほかにも、"Lycopodium powder" として売られ、花火の製造に使われる。外科用手袋や丸薬のまぶし粉としての使用も行われたが、ヒカゲノカズラの胞子は手術などの傷に対して炎症を引き起こすため、使用は減少してきている。

    Field, Ashley R.; Testo, Weston; Bostock, Peter D.; Holtum, Joseph A.M.; Waycott, Michelle (2015). “Molecular phylogenetics and the morphology of the Lycopodiaceae subfamily Huperzioideae supports...
    Fujinami, Rieko; Nakajima, Atsuko; Imaichi, Ryoko; Yamada, Toshihiro (2021). “Lycopodium root meristem dynamics supports homology between shoot and root in lycophytes”. New Phytologist 229 (1): 460...
    Holub, Josef (1985). “Transfers of Lycopodium Species to Huperzia: With a Note on Generic Classification in Huperziaceae”. Folia Geobot. Phytotax. (Praha) 20 (1): 67-80. https://www.jstor.org/stabl...
    PPG I (The Pteridophyte Phylogeny Group) (2016). “A community-derived classification for extant lycophytes and ferns”. Journal of Systematics and Evolution (Institute of Botany, Chinese Academy of...
  2. en.wikipedia.org › wiki › BiographyBiography - Wikipedia

    Biographical research is defined by Miller as a research method that collects and analyses a person's whole life, or portion of a life, through the in-depth and unstructured interview, or sometimes reinforced by semi-structured interview or personal documents. [22] It is a way of viewing social life in procedural terms, rather than static terms.

  3. nak.scottexteriors.com › try-https-en › wikiSharia - Wikipedia

    01/07/2022 · search Islamic law.mw parser output .hatnote font style italic .mw parser output div.hatnote padding left 1.6em margin bottom 0.5em .mw parser output .hatnote font style normal .mw parser output .hatnote link .hatnote margin top 0.5em Islamic law...

  4. nak.scottexteriors.com › try-https-en › wikiOnion - Wikipedia

    01/07/2022 · The onion has been grown and selectively bred in cultivation for at least 7,000 years. It is a biennial plant but is usually grown as an annual. Modern varieties typically grow to a height of 15 to 45 cm (6 to 18 in). The leaves are yellowish- to bluish green and grow alternately in a flattened, fan-shaped swathe.

  5. it.wikipedia.org › wiki › DerutaDeruta - Wikipedia

    Sito istituzionale. Modifica dati su Wikidata · Manuale. Derùta è un comune italiano di 9 422 abitanti [2] della provincia di Perugia, noto per la produzione delle ceramiche artistiche [5]. Posta su una collina situata a 15 chilometri da Perugia e a 150 da Roma, è inserita fra i borghi più belli d'Italia .

  6. 01/07/2022 · search Supposed phenomena not subject the laws nature.mw parser output .hatnote font style italic .mw parser output div.hatnote padding left 1.6em margin bottom 0.5em .mw parser output .hatnote font style normal .mw parser output .hatnote...