Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Cerca de 9.870 resultados de búsqueda
  1. Wikipedia®和维基百科标志是维基媒体基金会的注册商标;维基™是维基媒体基金会的商标。 维基媒体基金会是按美国国內稅收法501(c)(3)登记的非营利慈善机构。 隐私政策; 关于维基百科; 免责声明; 手机版视图; 开发者; 统计; Cookie声明

    • 1399年3月16日
    • 明仁宗(洪熙帝)
    • 1425年5月29日-1435年1月31日(9年247天)
    • 明英宗(正統帝)
  2. 明宣宗朱瞻基(1399年3月16号-1435年1月31号),是朱棣个孙子,仁宗 朱高熾个大儿子。1425年继位,年号宣德。伊统治辰光,欢喜斗蛐蛐,人稱“促织天子”。是个弗学无术个皇帝。1435年纵欲过度死脱,儿子英宗继位。

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 宣徳帝宣徳帝 - Wikipedia

    : 在位期間: 洪熙元年6月12日 - 宣徳10年1月3日 (1425年 6月27日 - 1435年 1月31日) 都城: 北京: 姓・諱: 朱瞻基: 諡号: 憲天崇道英明神聖欽文昭武寛仁純孝章皇帝: 廟号: 宣宗: 生年: 洪武32年2月9日 (1399年 3月16日) 没年: 宣徳10年1月3日 (1435年 1月31日) 父: 洪熙帝 ...

    • 朱瞻基
    • 北京
  4. 宣宗. 维基百科,自由的百科全书. 跳到导航 跳到搜索. 宣宗 作为 庙号 ,可以指下列君主(按时间顺序):. 唐宣宗 李忱,846年 - 859年在位. 高麗宣宗 王運,1083年 - 1094年在位. 遼宣宗 耶律淳 ,1122年在位. 金宣宗 完顔珣,1213年 - 1223年在位. 明宣宗 朱瞻基,1425 ...

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 明明 - Wikipedia

    • 歴史
    • 政治
    • 経済
    • 文化
    • 明の皇帝
    • 明の元号
    • 関連項目
    • 外部リンク

    朱元璋の建国

    モンゴル帝国(Yeke Mongγol Ulus)から分裂した後、カアン位を継承しモンゴル平原と中国大陸を支配した元朝(Dai-ön Yeke Mongγol Ulus)は、14世紀に入ると複数の皇后が生んだ男子に漢人が文官として後ろ盾となり、帝位の相続争いが起こり統治能力が低下した。さらに疫災が相次いだため、白蓮教徒が1351年に紅巾の乱を起こすと反乱は瞬く間に広がった。紅巾軍の一方の将領であった貧農出身の朱元璋(太祖洪武帝)は南京を根拠に長江流域の統一に成功し、1368年に明を建国した。洪武帝は建国するとただちに北伐を始め、元の皇帝恵宗(トゴン・テムル・ハーン)は大都を放棄して北に逃れ、万里の長城以南の中国は明に統一される。江南から誕生した王朝が中国を統一した。 洪武帝は中華統一を達成すると外征を抑え、農村の検地や人口の調査を進めて里甲制・衛所制を布き、内政の安定に力を注いだ。一方で洪武帝は建国の功臣を粛清し、宰相にあたる中書令を廃止して六部を皇帝に直属させる皇帝独裁体制を築いた(詳細は胡藍の獄を参照)。 1398年に洪武帝が崩じて皇太孫の建文帝が即位すると、建文帝の叔父に当...

    属領の拡大と朝貢国の増加

    永楽帝は、北京に遷都し洪武帝の慎重策を改めて盛んに勢力を広げた。北に退いた元朝の残党(北元、明ではこれを韃靼と呼んだ)は1388年にトゴン・テムル・ハーンの王統が断絶していたが、永楽帝は遠征により制圧した。満洲では服属させた女真族に名目的な役職を与え羈縻衛とし、1411年(永楽9年)黒龍江流域に奴児干都司を設置し管轄した。南方では大越(ダイベト・ベトナム北部)を陳朝・胡朝の内乱に乗じて征服した(第四次北属期)。 さらに海外の東南アジア、インド洋にまで威信を広げるべく鄭和に率いられた大艦隊を派遣し、一部はメッカ、アフリカ東海岸まで達する大遠征の結果、多数の国々に明との朝貢関係を結ばせた。 永楽帝の死後、モンゴルへの遠征、東南アジアへの艦隊派遣は中止され、女真族を管轄した奴児干都司も1435年(宣徳10年)に廃止、大越(ダイベト)では征服からわずか20年で黎朝が独立した。しかし永楽帝の子の洪熙帝・孫の宣徳帝の二代に明は国力が充実し、最盛期と評価される(仁宣の治)。

    北虜南倭と内乱の危機

    一方このころ、モンゴル高原では西モンゴルのオイラトが力をつけ、モンゴルを制圧したオイラト族長エセン・ハーンは明へ侵攻してきた。1449年、英宗は側近の宦官王振の薦めでオイラトに親征を行ったが、自ら捕虜となる大敗を喫した(土木の変)。捕虜になった英宗に代わり皇弟の朱祁鈺が即位した(景泰帝)。 エセン・ハーンは内紛で殺され危機を免れたが、後に帰還して奪門の変で復位した英宗以来、歴代の皇帝は紫禁城から出ることを好まず、また政治を顧みない皇帝も多く、国勢はしだいに低調となった。また、同時期1448年、小作人鄧茂七(中国語版)が地主への冬牲や小作人負担による小作料運搬の免除を求めて反乱を起こし、鎮圧には成功したものの最終的に叛徒は数十万人に膨れ上がっている。 弘治帝の施策により明の国勢は一時的に持ち直すものの、正徳帝の世になると再び国政は乱れた。これに反発するかのように、皇族(寧王の乱)や農民・匪賊の反乱も相次いで起こるようになる。また、倭寇が中国人の密貿易商人と結びついて活動を始め、沿岸部を脅かすようになった(後期倭寇)。さらにモンゴルではクビライの子孫とされるダヤン・ハーンが即位し、オ...

    洪武帝、永楽帝と初期の二人の皇帝が独裁的な政治を行ったため、それ以降の明の政治も同様となった。皇帝の不興を買えば高位の臣でも即座に死を賜ることがあった。明の官吏は常に誅殺におびえ、朝、家族と水杯をし、死を覚悟して出仕し、夕、帰って再び家族と出会えたことに喜んだという。このため明の官吏は多く事なかれ主義に走り、明の政治は皇帝の出来不出来に全てがかかることになった。明では名君の治世は短く(仁宗洪熙帝は1年、宣宗宣徳帝は10年、孝宗弘治帝は18年)、一方で世宗嘉靖帝は45年、神宗万暦帝が在位48年というように暗君の治世が長かった。また官僚の俸禄は低く、忠誠心の低下と汚職による腐敗を招いた。顧炎武はそのような状況を「薄禄の害」と呼んだ。 明代後期より富裕な士大夫層が地方の指導者としての地位を確立し、郷紳と言う新しい身分層を形成する。彼らは基本的に官僚であり、官僚としての地位とその間に積み上げた財産で地方の指導者として政府の地方官に命令するほどの権力を持った。しかし唐以前の貴族とは違い、郷紳は血縁によって財産を保持しているわけではなく、一族の中に科挙に合格するものが出ない場合は没落することになるため、「一代限りの貴族」という表現もある。のちの清代では郷紳層は地方の強い基盤をもとに辛亥革命で活躍することになる。

    元末からの騒乱により中国は荒廃し、特に華北は一面荒野が広がるほどの状態であった。一方で江南地帯の荒廃はそれほどでもなく、強い経済力を有していた。農民出身の洪武帝は江南が強い力を持つことを警戒して、重農抑商の政策を取っていた。農本主義的な朱子学の振興もその一環であり、商人出身者の科挙受験も厳しく制限された。しかしそれでも江南の経済力は成長を続け、明全体の経済の中心として活躍する。

    洪武帝により文人に対しての大弾圧が行われ、明初は知識層が打撃を被った。しかし同時にその国子監をはじめと州県に至るまで全国に国立学校を設立する政策、北は万里の長城から南は広東に至るまで全国で郷試を実施して科挙による人材登用の機会を広げる政策は文化の全国化をもたらす意味も有していた。永楽帝の命により『四書大全』『五経大全』『性理大全』が撰され、全国の学校に科挙の教科書として配布された点も同様である。三田村泰助はこれを国民文化の成立であるとして評している。一般民衆の間に文化が広まったゆえんはそれである。それまでの文人=官僚だった図式が崩れて多くの大衆文化が生まれている。しかしその一方でそれまで高尚とされていた漢詩・歴史の分野ではあまり見るべきものが無い。

    ー歴代皇帝ー 1. 太祖洪武帝(朱元璋 在位1368年 - 1398年) 2. 恵宗建文帝(朱允炆 在位1398年 - 1402年)洪武帝の皇太子朱標の子。 3. 成祖(太宗)永楽帝(朱棣 在位1402年 - 1424年)洪武帝の子。建文帝の叔父。 4. 仁宗洪熙帝(朱高熾 在位1424年 - 1425年)永楽帝の子。 5. 宣宗宣徳帝(朱瞻基 在位1425年 - 1435年)洪熙帝の子。 6. 英宗正統帝(朱祁鎮 在位1435年 - 1449年)宣徳帝の子。 7. 代宗景泰帝(朱祁鈺 在位1449年 - 1457年)宣徳帝の子。正統帝の弟。 8. 英宗天順帝(朱祁鎮 在位1457年 - 1464年)第六代正統帝の重祚。 9. 憲宗成化帝(朱見深 在位1464年 - 1487年)正統帝の子。 10. 孝宗弘治帝(朱祐樘 在位1487年 - 1505年)成化帝の子。 11. 武宗正徳帝(朱厚㷖 在位1505年 - 1521年)弘治帝の子。 12. 世宗嘉靖帝(朱厚熜 在位1521年 - 1566年)成化帝の孫。正徳帝の従兄弟。 13. 穆宗隆慶帝(朱載坖 在位1566年 - 1572年)嘉靖帝の子。 14. 神宗万暦帝(朱翊鈞 在位1572年 - 1620年)隆慶帝の子。 15. 光宗泰昌帝(朱常洛 在位1620年8月 - 9月)万暦帝の子。 16. 熹宗天啓帝(朱由校 在位1620年 - 1627年)泰昌帝の子。 17. 毅宗崇禎帝(朱由検 在位1627年 - 1644年)泰昌帝の子。天啓帝の弟。

    明は初めて一世一元の制を施行し、かつ越年改元制を実施したので、元号は各皇帝につき一つずつである(二度即位した英宗は例外)。そして、皇帝が崩御すると、在位中の元号の足に「帝」を付けて追号された。例えば、成祖(在位1402年7月 - 1424年7月)は、在位中の元号が「永楽」(1403年1月 - 1424年12月)なので、「永楽帝」と呼ぶ。 1. 洪武(1368年 - 1398年) 2. 建文(1399年 - 1402年) 3. 永楽(1403年 - 1424年) 4. 洪熙(1425年) 5. 宣徳(1426年 - 1435年) 6. 正統(1436年 - 1449年) 7. 景泰(1450年 - 1457年1月) 8. 天順(1457年 - 1464年) 9. 成化(1465年 - 1487年) 10. 弘治(1488年 - 1505年) 11. 正徳(1506年 - 1521年) 12. 嘉靖(1522年 - 1566年) 13. 隆慶(1567年 - 1572年) 14. 万暦(1573年 - 1620年7月) 15. 泰昌(1620年8月 - 12月) 16. 天啓(1621年 - 1627年) 17. 崇禎(1628年 - 1644年)

    明史 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:明史
    明史紀事本末 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:明史紀事本末
    明 - 507年間生存したアイスランドガイの個体に名付けられた名前。
    • Ming² ch'ao²
    • Míng cháo
  6. ja.wikipedia.org › wiki › 景泰帝景泰帝 - Wikipedia

    生涯. 宣宗宣徳帝の次子として生まれる。 兄・正統帝(英宗)の即位後、郕王に封じられる。 土木の変で正統帝がオイラトに囚われると、北方の脅威を感じた群臣により南京遷都論が出されたが、兵部侍郎(軍事次官)の于謙が、南遷後に滅亡した南宋を例示し南遷論を排除すると共に、北京 ...

  7. ja.wikipedia.org › wiki › 英宗_(明)英宗 (明) - Wikipedia

    • 生涯
    • 人物
    • 宗室
    • 脚注

    皇帝即位

    第5代皇帝の宣宗宣徳帝の長男として生まれる。宣徳3年(1428年)に皇太子に冊立された。 宣徳10年(1435年)、父帝の死去により9歳で皇帝に即位する。治世初期は太皇太后(祖父の洪熙帝の皇后)張氏や、父帝の遺臣であり一般に三楊と称される楊士奇らの有能な官僚の輔政により政局は安定したが、成人した頃には彼らが死去したり隠退したりしたため、皇帝の家庭教師であった宦官の王振の専横を許すことになった。王振は蓄財を目的に自宮(自ら去勢)して宦官となった人物であり、政治に対する理念に乏しく、権勢と蓄財に邁進する性格であった。この王振の専横により国政は弛緩し、国内では社会不安が高まって思任発や鄧茂七らの反乱が勃発し、明朝の混乱に乗じ北方のオイラトはしばしば長城を越えて侵入して来た。

    土木の変

    この時期のオイラトは、エセンが出現したことで強大な政治勢力に成長していた。エセンは朝貢貿易による利益確保と、それを利用した政治体制の強化を目指し、明との交易交渉に臨むが、交渉が決裂したことでエセンは明領に侵入した。 正統14年(1449年)、王振はエセン征伐のため正統帝に親征を要請、朝廷内の反対を押し切り、行軍の規模を誇示するために、閣僚などの文官も含めた50万の軍勢による北方攻撃に着手した。明軍が大同まで至ると、明軍の敗北の報告を受けた王振は、オイラト勢力の軍事力を恐れて撤退を決意する。北京までの帰路、輜重部隊を待つために土木堡で野営した。そこをエセン率いる軍勢が攻撃、明軍は壊滅的な被害を受け、正統帝はオイラトの捕虜となった(土木の変)。しかし、エセン側としては貿易交渉の延長線上の戦闘であったため、捕虜となった正統帝は厚遇され、2人は友人付き合いをするほどまでに親密な間柄となったという。 皇帝捕虜の知らせを受けた朝廷では、南京への遷都も検討されていたが、于謙の反対で北京に留まり、皇弟の朱祁鈺が即位した(景泰帝)。于謙は石亨らと協力して、兵力を北京とその周辺地域に集中して軍備を強...

    奪門の変

    上皇となった正統帝は政治的影響力を失い、事実上の監禁状態に置かれた。さらに景泰帝は、正統帝の子である朱見深(成化帝)を立太子することを約束しながら、のちにそれを反故にしたことで不満を高めた。景泰8年(1457年)、景泰帝が病床に就いた際に石亨や曹吉祥らによって政変が発生し、于謙ら景泰帝派の重臣は粛清され、景泰帝も同年に死去して正統帝は復辟した(天順帝)。

    伝統的に暗愚であるという評価がされている。奪門の変では、弟の景泰帝側にも立太子の件での対応などの問題があったが、変後の于謙に対する報復的な処刑や、一連の政変の発端となった土木の変への正統帝の対応は、非難されても仕方のないところである。
    建文帝の遺児で、永楽帝に50年以上監禁されていた朱文圭の釈放や、崩御時の殉葬の禁止など、評価すべき点もある。
    于謙を処刑したことを最後まで悔いていたという。後に成化帝の代に于謙の名誉は回復された。

    后妃

    1. 正室:銭皇后(孝荘睿皇后) 2. 側室:周貴妃(孝粛皇后) 3. 宸妃万氏、恵妃王氏、淑妃高氏、徳妃魏氏、順妃樊氏、安妃楊氏、賢妃王氏、敬妃劉氏、麗妃劉氏、昭妃武氏、和妃宮氏、恭妃劉氏、賢妃李氏、荘妃趙氏、成妃張氏、充妃余氏、麗妃陳氏、貞妃王氏

    男子

    1. 成化帝 朱見深- 母は孝粛皇后。 2. 徳荘王 朱見潾- 母は宸妃万氏。 3. 朱見湜- 夭折。母は宸妃万氏。 4. 許悼王 朱見淳- 母は恵妃王氏。 5. 秀懐王 朱見澍- 母は淑妃高氏。 6. 崇簡王 朱見沢- 母は貴妃周氏。 7. 吉簡王 朱見浚- 母は宸妃万氏。 8. 忻穆王 朱見治- 母は宸妃万氏。 9. 徽荘王 朱見沛- 母は徳妃魏氏。

    女子

    1. 皇女- 夭折。 2. 重慶公主 - 母は孝粛皇后。 3. 嘉善公主 - 母は恵妃王氏。 4. 淳安公主 - 母は宸妃万氏。 5. 崇徳公主 - 母は安妃楊氏。 6. 広徳公主 朱延祥- 母は宸妃万氏。 7. 宜興公主 - 母は徳妃魏氏。 8. 隆慶公主 - 母は淑妃高氏。 9. 嘉祥公主 - 母は麗妃劉氏。 10. 皇女- 夭折。母は順妃樊氏。 11. 皇女- 夭折。母は徳妃魏氏。

  1. Anuncio
    relacionado con: 明宣宗 wikipedia
  2. Search for Domo Wikipedia info. Research & compare results on Alot.com online today. Find all the information you need for Domo Wikipedia online on Alot.com. Search now!