Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: グレーター・ロンドン wikipedia
  1. グレーター・ロンドン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › グレーター・ロンドン

    グレーター・ロンドン ( 英: Greater London )は、 イギリス および イングランド の首都 ロンドン の 行政区画 を形成する リージョン の1つであり、 地方長官職を任官する目的で設置されるカウンティ の1つでもある。

  2. グレーターロンドン (競走馬) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › グレーターロンドン

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 グレーターロンドン ( Greater London )は、 日本 の 競走馬 、 種牡馬 。 主な勝ち鞍は 2018年 の 中京記念 (GIII)。

    • Greater London
    • 鹿毛
  3. グレーターロンドン - Greater London - Wikipedia

    japan2.wiki › wiki › Greater_London

    グレーターロンドン リーズ の 儀式郡 であり、 ロンドン 。 この 地域 は ロンドン の行政境界を形成し、33の 地方都市 、ここ32の ロンドン特別区 と にコレクションた。

    • 1572 km(607 sq mi)
    • 5,701 / km(14,770 / sq mi)
    • 8,961,989(2019年半ばのオンライン)
    • サウスワーク
  4. List of Greater London boundary changes - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › List_of_Greater_London
    • Administrative Boundaries
    • Electoral Boundaries
    • Proposed Changes

    Adjustments permitted by the London Government Act 1963

    Greater London was created by combining whole existing units of local government and it was anticipated that this might provide an arbitrary boundary in some places. The London Government Act 1963 Section 6 (4) provided a mechanism for communities on the edge of Greater London to petition for transfer to a neighbouring county. The legislation required the petition to be submitted between 1965 and 1970, to be signed by more than 300 local electors and for the area to be transferred to have no...

    Principal Area Boundary Reviews

    The Local Government Boundary Commission for England (or LGBCE) was established by the Local Government Act 1972to review the administrative boundaries of every local authority in England. Between 1974 and 1992 they completed a series of Principal Area Boundary Reviews; reviewing the administrative boundaries of local authorities at their request.

    Mandatory Reviews of non-Metropolitan Counties, Metropolitan Districts and London Boroughs

    In 1985, they began the first full administrative review of all non-metropolitan counties. Their reviews of metropolitan counties and Greater London began in 1987 and both reviews were completed in 1992. † = also altered the boundaries of the Metropolitan Police District Other mandatory meviews of non-metropolitan counties, metropolitan districts and London boroughs 1. Report No. 627: The Boundaries of Greater London and the London BoroughsMay 1992 1. Map showing the City of London boundaries...

    First periodic review

    The Local Government Boundary Commission for England (or LGBCE) was established by the Local Government Act 1972 to review the electoral boundaries of every local authority in England. In 1973, there were early reviews of the electoral boundaries of Bexley and Kensington and Chelsea which needed minor boundaries redrawn in time for the 1974 local elections. In 1974, they began the first full electoral review of all metropolitan and non-metropolitan districts, completing it in July 1980. Their...

    Second periodic review

    The Local Government Act 1992 established the Local Government Commission for England (or LGCE) as the successor to the LGBCE. In 1996, they began the second full electoral review of English local authorities. After the 1998 Greater London Authority referendum held on 7 May 1998 resulted in a yes vote, the LGCE drew the electoral boundaries for the new Greater London Authority and London Assembly. On 1 April 2002 the Boundary Committee for England(or BCfE) took over the functions of the LGBCE...

    Further electoral reviews by the LGBCE

    The Local Government Boundary Commission for England (or LGBCE) was established by the Local Democracy, Economic Development and Construction Act 2009on 1 April 2010 as the successor to the BCfE. It continues to review the electoral arrangements of English local authorities on an ‘as and when’ basis.

    In 2004, following a poll, a move was mooted by the London Assembly to entirely align the Greater London boundary to the M25 motorway. The Mayor of London suggested in 2005 that Dartford, Thurrock and Watford could be given the opportunity to vote on inclusion in Greater London in local referendums although these never took place. In 2010, it was suggested that an extension of the boundary to include Elmbridgewas being considered.

  5. Greater London Authority Act 1999 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Greater_London_Authority

    Greater London Authority Act 1999. Parliament of the United Kingdom. Long title. An Act to establish and make provision about the Greater London Authority, the Mayor of London and the London Assembly; to make provision in relation to London borough councils and the Common Council of the City of London with respect to matters consequential on ...

    • 1999 c. 29
    • 11 November 1999
    • 2 December 1998 (Commons), 7 May 1999 (Lords)
    • England, Scotland and Wales
  6. Greater London Authority Act 2007 - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › Greater_London_Authority

    t. e. The Greater London Authority Act 2007 (c 24) is an Act of the Parliament of the United Kingdom . It gave extra powers to the Greater London Authority and the Mayor of London, which had been created by the Greater London Authority Act 1999 . This legislation in the United Kingdom, or its constituent jurisdictions, article is a stub.

    • 2007 c 24
    • England
    • 23 October 2007
    • Ruth Kelly
  7. グレーター・ロンドン・カウンシル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › グレーター
    • 設立
    • 政治
    • 廃止

    1934年から労働党がロンドン市議会を握り、1950年代には選挙で圧倒的に労働党が有利だった。この頃のロンドン市議会の管轄する地域はロンドン中心部のみであり、保守党はロンドン全体を管轄する団体を提案した。 1957年に検討委員会が設立され、1960年には、52のロンドン行政区を設立し、市議会を、公共交通、道路、住宅供給、地域再生に限定した、権限の小さい自治体に変える提案がなされた。 この提案は、行政区の数が32に減らされたことを除いてはほぼこの通りに実現された。大ロンドンはロンドンの各区、ミドルセックスのほか、エセックス、ハートフォードシャー、ケント、サリー各州の一部、クロイドン、イーストハム、ウェストハムに及んだ。境界付近には、増税を避けるために大ロンドンに入らない地域もあった。

    初めての選挙は1964年4月9日に行われ、各区が代表を選出した。保守党の思惑とは異なり、労働党が64議席、保守党が36議席を獲得した。議長には保守党のビル・フィスケが就任した。 1967年の第2回選挙では、国政への不満から保守党の大勝利となり、保守党が82議席、労働党が18議席を獲得した。これにより、33年ぶりに保守党の議長が誕生した。1970年も、議席は減らしたが保守党が勝利した。 1972年には小選挙区制に移行し、1973年の選挙では労働党が強力な社会主義を標榜し、57議席を獲得した。保守党は33議席、自由党は2議席を獲得した。 1981年五月の選挙は、保守党サッチャー主義とマルクス主義的労働党の政治思想が争点となった。増税と大型事業の労働党が僅差で勝利した。議長には、労働党左派のケン・リヴィングストンが労働党右派のアンドリュー・マッキントッシュに勝利した。

    リヴィングストンの社会主義的な政策は、マーガレット・サッチャーの保守党政権と真っ向から対立する形になった。1983年にはGLCを廃止することが閣議決定され、各区がそれぞれ機能を担うことになった。1985年の地方自治法は大きな反対を受けたが、1986年3月31日深夜で廃止されることが決定した。

  8. グレーター・ロンドン・オーソリティー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大ロンドン庁

    グレーター・ロンドン・オーソリティー ( 英: Greater London Authority 、略称: GLA) または 大ロンドン庁 (だいろんどんちょう)は、 イングランド の グレーター・ロンドン において最上位に位置する 地方自治体 である。. 直接選挙 により選出される ロンドン ...

  9. グレーター・ロンドン庁 (-ちょう、 英: Greater London Authority; GLA) は、 イングランド の グレーター・ロンドン で最上位にある行政府である。

  10. 10/04/2021 · グレーター・ロンドン Greater London; カウンティおよびリージョン: イングランドにおけるグレーター・ロンドンの位置: 座標: 北緯51度30分 西経0度5分  /  北緯51.500度 西経0.083度  / 座標: 北緯51度30分 西経0度5分  /  北緯51.500度 西経0.083度  /

  1. Anuncios
    relacionados con: グレーター・ロンドン wikipedia