Yahoo Search Búsqueda en la Web

  1. Anuncios
    relacionados con: シティ・オブ・ロンドン wikipedia
  1. シティ・オブ・ロンドン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › シティ・オブ

    シティ・オブ・ロンドン ( 英: City of London )は、 イングランド の ロンドン 中心部に位置する地区 である。 周辺地域と コナベーション を形成し 、現代の メトロポリス ・ ロンドン の起源となる地域で、範囲は 中世 以降ほとんど変わっていない 。

  2. City of London Corporation - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › City_of_London_Corporation

    e. The City of London Corporation, officially and legally the Mayor and Commonalty and Citizens of the City of London, is the municipal governing body of the City of London, the historic centre of London and the location of much of the United Kingdom 's financial sector . In 2006 the name was changed from Corporation of London as the corporate ...

    • Catherine McGuinness
    • William Russell, since 9 November 2019
  3. ロンドン市長 (シティ・オブ・ロンドン) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ロンドン市長

    ロンドン市長 (ロンドンしちょう、 英: Lord Mayor of the City of London / Lord Mayor of London )は、 イギリス の首都・ ロンドン の中心地区である シティ・オブ・ロンドン の 首長 。

  4. City of London Sinfonia - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › City_of_London_Sinfonia

    City of London Sinfonia (CLS) is an English chamber orchestra based in London. CLS performs regularly across the city of London in venues from East London clubs to traditional Central London concert halls. CLS is Orchestra-in-Residence at the critically acclaimed Opera Holland Park (since 2004) and holds a residency at St Paul's Cathedral.

  5. Category:シティ・オブ・ロンドン出身の人物 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Category:シティ・オブ

    カテゴリ「シティ・オブ・ロンドン出身の人物」にあるページ. このカテゴリには 30 ページが含まれており、そのうち以下の 30 ページを表示しています。

  6. シティオブロンドンは、他の3つの独立した学校– シティを管理しています。 of London School (男の子向け)、 City of London School for Girls 、および共学の City of London Freemen's School 。

  7. ロンドン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ロンドン

    シティ・オブ・ロンドンは自らの警察機構であるロンドン市警察を有している 。イギリス鉄道警察はロンドンのナショナル・レールやロンドン地下鉄に関してその責任を有している 。

  8. シティ・オブ・ロンドン - Wikipedia 13 users ja.wikipedia.org コメントを保存する前に 禁止事項と各種制限措置について をご確認ください

  9. City of London Cemetery and Crematorium - Wikipedia

    en.wikipedia.org › wiki › City_of_London_Cemetery

    Location. The cemetery is on the north-east side of Aldersbrook Road, in Manor Park, in the London Borough of Newham, near Epping Forest.It has two entrances: the Main Gate, close to the junction of Aldersbrook Road and Forest Drive; and the South Gate, a small gate at the junction of Aldersbrook Road and Rabbits Road.

    • 1856
    • 200 acres (81 ha)
  10. グレーター・ロンドン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › グレーター・ロンドン
    • 歴史
    • 地理
    • 統治
    • 人口統計
    • 経済
    • 宗教
    • 教育
    • 姉妹都市
    • 郵便区域
    • 関連項目

    Greater London(グレーター・ロンドン)という語は、統治、統計、歴史、日常など、さまざまな分野を説明するために使用されている。 典礼カウンティの面では、ロンドンは小さなシティ・オブ・ロンドンと、それよりもはるかに大きなグレーター・ロンドンに区分される。この編成は、ロンドンという地域が成長を続け、隣接する地域を吸収合併していく中でも、一連の行政改革がシティ・オブ・ロンドンを周辺の都市的地域と合併させることなく、その独特の政治機構を存続させてきたために生じたものである。シティを囲む境界線の外側では、1855年以来多様な行政区画の配置が行われ、最終的には1965年に行政区域としてのグレーター・ロンドンが創設されるに至った。 Greater London(グレーター・ロンドン)という用語は、1965年よりもかなり前から使われており、特にロンドン警視庁管区(Metropolitan Police District) (1901年の国勢調査にて)、首都水道委員会(Metropolitan Water Board) (ロンドン・カウンティ・カウンシルが統計において援用)、ロンドン旅客運輸地域および戸籍登録長官(Registrar General) がGreater London Conurbation(グレーター・ロンドン・コナーベーション)として定義した地域 において、言及がみられる。The Greater London Arterial Road Programmeという幹線道路計画は、1913年から1916年までの間に考案された。初期の形式で比較的大規模なものとして、Greater London Planning Region(1927年考案)があり、この区域は1,856平方マイル (4,810 km2)の面積に900万人の人口が占めていた。

    グレーター・ロンドンは継続してグレーター・ロンドン都市的地域(Greater London Urban Area) およびその歴史的な緩衝地帯の最も密接に関連する部分を含んでいる。このようにして、5つの特別区では、市内の公園と同様の方法で指定された緑地を守るメトロポリタン・グリーンベルト(Metropolitan Green Belt) の重要な部分を含んでいる。グレーター・ロンドンは、北方ではハートフォードシャー、西方ではバークシャーとバッキンガムシャー、南東ではケント、南方および南西ではサリーの“ホーム・カウンティ(英語版)”と隣り合っている。標高が最も高い地点はケントとの境界線上にあるノース・ダウンズ(英語版)のウェスターアン・ハイツ (Westerham Heights) で、標高は245メートルである。 1965年の設置以来、中央政府はグレーター・ロンドンの境界線の変更(英語版)を重ねてきたが、中でも最大の変更は1969年のファーリー(英語版)のサリーへの編入とノックホルト(英語版)のケントへの編入である。そのほかには、テムズ内の2島をサリーと交換したり、1990年代に環状自動車道であるM25高速道路近くの3つの特別区の境界線の一部を調整したりしたことが挙げられる。この環状高速道路の外側に位置するグレーター・ロンドンの唯一の部分は、その中心から最も遠い土地であるノース・オッケンドンである。 グレーター・ロンドンの大部分は2008年2月4日に発効したロンドン低排出ゾーン(London low emission zone) を形成している。

    ロンドン市長

    ロンドン市長(Mayor of London) は直接公選制の政治家で、ロンドン議会と協力して、グレーター・ロンドンの戦略的政府に責任を負う。

    ロンドン議会

    ロンドン議会(London Assembly) の議員選挙は、ロンドンを14の選挙区に分割し、各選挙区に2つないし3つの特別区を代表させて行われる。このうち、シティ・オブ・ロンドンはシティ・アンド・イースト(City and East) 選挙区の一部である。

    英国議会

    英国議会下院の総選挙において、ロンドンは73の国政選挙区(Parliamentary borough constituencies) に分かれており、それらは1つまたは2つ以上の特別区から、複数の区(wards) が合体した地区から構成される。典型的に、1つの特別区(borough) は、2つか3つの選挙区にわたっている。

    工業化が進んだことにより、19世紀から20世紀初めにかけて、ロンドンの人口は急速に成長し、1925年にニューヨークにその座を奪われるまで、世界で最も人口の多い都市であった。人口がピークに達したのは1939年で、当時の人口は8,615,245人であった。 ロンドンの連続的な都市圏はグレーター・ロンドンの境界線を越えて拡大し、2005年には推計9,332,000人が在住していた[要出典]。一方で、グレーター・ロンドンよりも広範囲に及ぶ都市圏人口は、都市圏の定義にもよるが、1200万人から1400万人程度である。 リージョンの面積は1,579平方キロメートルで、人口密度は4,761人/平方キロメートルである。これは、他のどのイギリスのリージョンと比べても10倍以上の数字である。人口の多さという点では、ロンドンは世界で25番目の都市であり、17番目の都市的地域である[いつ?]。米ドル換算の億万長者の居住者数では、世界第4位の都市である。また、東京とモスクワに並んで、世界で最も生活費のかかる都市の1つでもある。

    次の表は、国家統計局が 公表 (pp. 240–253) した、インナー・ロンドンの当期基本価格ベースの地域別粗付加価値額(英語版) (GVA) の傾向を示す(単位は全て「100万英ポンド」)。 Eurostatのデータは、インナー・ロンドンの域内総生産 (GDP) は2009年には2320億ユーロを計上し、一人当たりのGDPは78,000ユーロであったことを示している。 次の表は、国家統計局が 公表 (pp. 240–253) した、アウター・ロンドンの当期基本価格ベースの地域別粗付加価値額(英語版) (GVA) の傾向を示す(単位は全て「100万英ポンド」)。 Eurostatのデータは、アウター・ロンドンの域内総生産 (GDP) は2009年には1030億ユーロを計上し、一人当たりのGDPは21,460ユーロであったことを示している。

    最大の宗教的集団を形成しているのはキリスト教徒 (48.4%) で、ムスリム (12.4%) 、ヒンドゥー教徒 (5.1%) 、ユダヤ教徒 (1.8%) 、シク教徒 (1.5%) がそれに続き、無宗教の人々も相当の割合である (20.7%) 。イギリスは伝統的にキリスト教徒の国であり、ロンドン(特にシティ)は多くの教会を抱える。シティにあるセント・ポール大聖堂とテムズ川南岸にあるサザーク大聖堂は共に聖公会の行政上の中心地[訳語疑問点]であるが、イングランド国教会および世界中に広がるアングリカン・コミュニオンの長たるカンタベリー大主教の公邸はランベス区のランベス宮殿にある。 国家および王室の重要な儀式はセント・ポール大聖堂とウェストミンスター寺院との間で分かち合われている。この寺院は、その近隣にあるイングランドおよびウェールズで最大のローマ・カトリック教会の大聖堂であるウェストミンスター大聖堂と混同すべきでない。ロンドンにおける宗教的実践は、他のイギリスあるいは西欧のどの地域での実践よりも低く、アメリカの平均のおよそ7倍低い。聖公会系の教会が広く普及しているにもかかわらず、近年は(特にロンドンの福音的な聖公会系教会で)礼拝出席者が増え始めているものの、毎週の行事はその教派内においては少ない。 ロンドンは相当に大きなヒンドゥー教徒、ムスリム、シク教徒およびユダヤ教徒の諸コミュニティの本拠地でもある。多くのムスリムがタワーハムレッツ区とニューアム区に居住しており、ホワイトチャペル地区のイースト・ロンドン・モスク(英語版)とリージェンツ・パークの辺縁に位置するロンドン中央モスク(英語版)は最も重要なムスリム建築である。ロンドン北西部のハーロウ区とブレント区にはヒンドゥー教徒の大きなコミュニティがあり、後者には欧州最大のヒンドゥー教の寺院の1つであるニーズデン(英語版)寺院がある。 シク教徒の諸コミュニティはイースト・ロンドンとウェスト・ロンドンにあり、特に西部のイーリング区にあるサウスオール(英語版)地区には、ロンドンで最大のシク教寺院がある。イギリスのユダヤ教徒の大多数はロンドンに居住しており、重要な諸コミュニティがスタンフォード・ヒル(英語版)地区(ニューヨーク市とイスラエル以外では最大の正統派の地域)と、ノース・ロンドンのセント・ジョンズ・ウッド(英語版)、ゴル...

    1988年教育改革法(英語版)が1990年に制定されて以来、公的資金で賄われる教育は、シティ・オブ・ロンドンおよびロンドン32区に対応する、33の地方教育局(LEAs) を通じて管理されている。1965年から1990年までは、インナー・ロンドン12区とシティ・オブ・ロンドンの教育はインナー・ロンドン教育局(英語版)が管轄していた。 回状 10/65(Circular 10/65) の指示により導入された総合制中等学校(comprehensive school) は、主にグレーター・ロンドンでみられた一方、いくつかのアウター・ロンドンの特別区では19校のグラマースクール(最多はサットン区で5校、ベクスリー区で4校、その他の5区で残りの10校)が存続された。これらの区の公立学校 (state schools) の教育は、(比較的少数の)インデペンデント・スクールよりも優れている。インナー・ロンドンでは私立学校 (private schools) が常に最高の成績を取っており、数の上でも公立校より多い。義務教育修了に相当する中等教育修了一般資格(General Certificate of Secondary Education, GCSE) および大学入学資格に相当するGCE-Aレベル(GCE-A level) の試験で、アウター・ロンドンの特別区はインナー・ロンドンの特別区よりも広範に良い成績を残している。 GCSE試験で最上位の成績を出した区はキングストン・アポン・テムズ区で、僅差でサットン区がそれに次ぐ成績であった。両特別区はセレクティブスクール (selective schools) を有しており、LEAsが管理するイングランドにおいて、GCSE試験の平均点の上位2位を占めている。次いで、ケンジントン・アンド・チェルシー区がイングランドで3位で、レッドブリッジ区、ハマースミス・アンド・フラム区、ブロムリー区、バーネット区およびハーロウ区がそれに続く。GCSE試験の成績がイングランドの平均を下回ったのは10区のみである。2009年のGCSE試験では全体的に、グレーター・ロンドンはイングランドのリージョンの中で最も良い成績を残した。グレーター・ロンドンは全般的に裕福なリージョンであり、裕福な地域は一般的にGCSE試験の結果が優良である。シティ・オブ・ロンドンに...

    GLAは以下の各都市と双子都市または姉妹都市提携を結んでいる。 特別区 (Borough) の双子・姉妹都市提携については、イングランドの双子都市および姉妹都市の一覧(List of twin towns and sister cities in England#London) を参照。

    ロンドンの郵便区域(London postal district) はグレーター・ロンドン全域には及んでいない。グレーター・ロンドンの郊外地域には、グレーター・ロンドンの外側にある郵便町名(post town) に基づく住所表記がある。

    地理関連

    1. セントラル・ロンドン(英語版) 2. インナー・ロンドン 3. アウター・ロンドン 4. ロンドン特別区 5. グレーター・ロンドン都市的地域(英語版) 6. ロンドン通勤圏(英語版) 7. ロンドン警視庁管区(英語版) 8. M25モーターウェイ

    政治関連

    1. ロンドン市長 2. グレーター・ロンドン統監の一覧(英語版) 3. グレーター・ロンドン州長官の一覧(英語版) 4. ロンドン計画(英語版) 5. シティ・オブ・ロンドン

    歴史関係

    1. 首都事業委員会(英語版)(1855年-1889年) 2. カウンティ・オブ・ロンドン(英語版)(1889年-1965年) 3. 大ロンドン計画(1944年) 4. グレーター・ロンドン・カウンシル(1965年-1986年)

  1. Anuncios
    relacionados con: シティ・オブ・ロンドン wikipedia